時代の常ではあるけれど

●風が

不穏な感じです。

音が不気味。

外に出ようと思ってたけど、やめたほうがいいかな。

(^~^;)







●3歳の女の子

って純粋に、あたりまえに、お母さん大好きだと思うんだ。

いろいろ知恵がつくころで、でも、まだまだ赤ちゃん。

帰ってこないお母さんを慕って、ひたすら泣いただろう。

お腹が空いて、誰もいないのがこわくて、助けてほしかっただろう。

お母さんに。

お母さんだけを呼びつづけただろう。

そう思うとね、やりきれません。

痛ましい。

3歳長女放置死 1カ月半以上外出させず 育児放棄が常態化か



大阪で二人の幼児が放っておかれて死んじゃった衝撃の事件から、10年。

あの事件の若いお母さんは殺人罪で起訴されました。

懲役30年で、刑は確定してます。

今度の事件も内容が似てるので、殺人での立件があるかもね。

保護責任者遺棄致死じゃなくて。



サイテーだと思うし、厳罰を望む気持ちはある。

当然、ある。

見知らぬ人ではあるけど、許せないと思う。

でも、なんというか。

まちがっても被疑者を擁護するわけじゃないけど、

「親(とくに母親)なら、なにがあっても、死んでも、すべてを犠牲にしても子供を最優先すべき」

という価値観というか、概念というか。

それを社会が期待しすぎるんじゃないか、という気はするのね。

母親の重圧。

若い女性が遊びたくなったり、幼児の世話にうんざりしたり。

そういう現象自体は、あるだろうなあと思うから。

手伝ってくれるひとが周囲にいなくって、なんかもう投げやりになって、

「もういや! めんどくさい! 逃げ出したい!」

という気持ちを、表に出せる場所があればいいのかな、とは思う。

理由を聞かず預かってくれる場所とか、制度があればいいのかも。

「何をいってるの、お母さんでしょう」

無責任でしょうと諭すのは、そういう人には効かないよね。

「親になる覚悟もないのに、子どもを産むな」

って、子どもが生まれた後でいっても遅い。

それじゃ命は救われない。

事件が起きてから被疑者を非難するのは簡単だけど、命はかえって来ない。

世の中のお母さんの大半は、死にもの狂いで子供のためにがんばってる。

でも、頑張れない、頑張りたくない人もいる。

そういうひとをただ責める、批判するんじゃなくて、

(ペナルティはあっていいと思うけど)

「そうか、じゃあしょうがないね・・・」

と子供を預かってくれる、あるいは里親制度とか。

気軽にアクセスできればいい、のかなあとは思います。

親を甘やかすなっていわれそうだけど、親のためじゃないよ。

小さな子供が放置されて殺されるよりはいい。

命を救う工夫。

できることがあると思いたいです。







●羽生世代としては

ちょっとね、複雑ではある。

※「はぶ」ですよ!

羽生善治という、世紀の天才棋士。

なんのことかというと、もちろん、17歳の藤井聡太くんの快進撃だ。

14歳でプロ入りしてから、破竹の勢いで勝っている。

いや、もちろん、負けるときもあるんだけど。

なんというか、凄みを感じる強さなのです。

しかもどんどん強くなってる。

高校生だよ~?

いや、高校生だから、かな。

将棋や囲碁の世界では、10年とか20年に一度、こういう若手が登場する。

すごい。

ちなみに>>

中学生でプロ棋士になったのは、彼で5人目である。

加藤一二三、谷川浩司、羽生善治、渡辺明。

みんながみんな、歴史に残る輝かしいキャリアを積んでます。

さすが。



わくわくする一方で、わたしは羽生さんファンなので、

「いやいやいやいや、まだまだ羽生さんには勝てまい・・・!」

「おっさんがんばれ、応援しちゃうぞ!」(笑)

なんてね、思ってたりもする(笑)。

ま、羽生さんにも勝ってるけど。

(^~^;)

まして、これですよ>>

藤井七段「神様にお願いするなら?」 どよめき神回答

これにはしびれた。

マジしびれた。

なんだよこれ。

将棋の神様がいるなら、一局お手合わせ願いたい・・・!?

こんなこと、いえるか普通。

ああこの子はバケモンだ、と思った瞬間でした(笑)。

そして、思う。

若き日の羽生さんもきっと、同じことをいっただろうなあと(笑)。



ほんで、ね。

藤井くんは今や、2つのタイトル戦に挑戦してるわけです。

2章1敗と有利なのが、棋聖戦。

※まだタイトルを獲ったことはない。

お気の毒なのは、本当に気の毒なのは、タイトル保持者の渡辺明三冠です。

今の日本でいちばん強い、かもしれない棋士。

羽生さんの次の世代の天才。

わたしにとっては、渡辺「竜王」のイメージがつよい。

―――なんですけど、なんかね。

すごい経歴を持ちながら、なんというか、さー。

羽生さんの風下で今ひとつ目立たなくて、今は今で、藤井くんのヒール役。

どういう星のもとに生まれたんだ。

地味すぎるのか・・・?

ともあれ、今ではなんというか、谷川名人を思い出す。

羽生さんが初の七冠を達成したとき、最後に王将の座を明け渡したのが天才・谷川さん。

あの「負けるべきひと」役に回らざるを得ないとか、いやすぎる。

というわけで、藤井くんの快挙を期待する。

一方で、ひそかにおっさんも応援するわたしです。

いや、ごめんなさい。

渡辺さんは36歳と若いので、わたしなんぞがおっさん呼ばわりは失礼だ。

(そこそこに) がんばれ渡辺!

おじさん(おにいさん)の意地を見せてくれ。

(//∇//)



では、またね。。。


【11/07/2020 15:21】 社会・時事ニュース | Comments (0)

ふう。

・・・

いつやむんだよ、おい。

(^~^;)

むこう一週間、かくもりしかない。



ww10072020a.jpg



ww10072020b.jpg



首都圏はこんな感じ。

すでに豪に見舞われた地方は、こんなんじゃすまない。

もう梅明けでいいじゃない。

おねがいします。







●嫌なことが

あると、なんかしんどいよー。

金曜日だと、よけい引きずってしまう。

うにゅ。

(((((((;´д`)))))))

週末だ。

なにか予定があるわけじゃないけど、ゆっくりしよう。

人混みはやめよう。

コロナこわすぎる。



では、またね。。。



【10/07/2020 23:22】 社会・時事ニュース | Comments (0)

224人

も風も

いつまでいるんでしょう。

もういらないよ。



ww09072020a.png



ww09072020b.gif



夏はきらいだ。

でも、その前の梅もいやだよ。

災害のニュースももう見たくないよ。

「時により過ぐれば民の嘆きなり八大龍王やめたまへ」

建暦元年(1211年)の洪水のときの、源実朝の歌です。

まさにこれ。







●明らかに

これはやばいでしょ。

(((((((;´д`)))))))

第二波なのかどうかは知らない。

でも、感染拡大ですよね?

市中に蔓延する・・・ちょっと手前ぐらい?

コロナ陽性が東京で224人。

史上もっとも多い。



EceTWanXQAAeB68.jpg



ww09072020c.jpg



特定の業界に集中してるなら、そこだけ営業自粛してもらうしかないのでは。

ごめんね、でも感染者おおすぎ。

(足りないだろうけど) お金あげるから、うちにいて。

―――そう、なぜいわないんだろうね。

ピンポイントで、抑え込めるかもしれないのに。

「医療体制は逼迫していない」

「若い人が多い」

というのも、よくわからない。

それが自粛要請をしない、非常事態を宣言しない理由だそうだ。

ちょっと待て。

「大丈夫、病床に余裕があるからオッケー!」

って、なんか変じゃない?

病院が、ギリギリあっぷあっぷになるまで待つの?

待って、どうする?

いざ重症者が増えて、入院するべき人が入れなくなって、で・・・?

そこから自粛だのステイホームだの、いっても遅いよね。



経済を止めたくないのはわかる。

めちゃくちゃわかる。

春の自粛で、経済は死んだ。

今やっと一部で息を吹き返してるけど、まだまだだ。

倒産も解雇も、失業手当と生活保護のラッシュも、これから来る。

経済を回したいのは政府だけじゃなくて、みんな同じだ。

わたしも。



でも、どうしようもなくない?

コロナを抑えないと、どうにもならない。



もしも本当に、今のままでも死ぬほど心配しないでいい理由が、あるなら。

それを教えてほしいよね。

陽性率とか、検査数とか。

感染経路不明医者の割合とか。

なぜまだ大丈夫だといえるのか、根拠を示してほしい。

こういうときの、専門家ではないのか。

(もしも政府が 「大騒ぎするな」 といってるのだったら、それは暴露されるべき。)

世の中には情報があふれている。

でも、本当にほしい情報はどこ?

マスコミも、ただ報道するだけじゃなくて、ただ批判するだけじゃなくて。

ちゃんと情報を提示してほしい。

ね。



みなさま、どうぞご自愛ください。

では、またね。。。



【09/07/2020 20:17】 社会・時事ニュース | Comments (0)

ライブ感

●すっかり

忘れかけていましたが、あれです。

大谷翔平くん。

(人´∀`).☆.。.:*・゚

26歳。

つい先日、お誕生日を迎えたのでした。

(//∇//)

※いちおういいますが、彼のことを忘れていたわけではない。



しかし、若い!(笑)

若すぎて、なんか笑ってしまう。

メジャーデビューして、活躍して。

大きなけがをして。

ひじの手術して、2年ちかいリハビリを経て、ふたたびマウンドへ。

いろいろ経験して、メジャー3年目。

それでもまだ26歳だもんなー。

未来しかない。

希望しかない。

素晴らしい。

ヽ(*´∀`*)ノ

二刀流、復活へ。

飛べ、翔平!



ん?

今日のピッチングはサイテーだった?

うにゃ。

(^~^;)

まあ、まだ練習中じゃないか。

これからだよ。

んね。



ところで、まーくん

ヤンキーズのエースね。

スタントンの打球が頭に直撃したときは、死ぬかとおもった。

わたしが。

ひええ!!・・・ぱにくった。

でも、今のところ、大事はない・・・ようだ。

今のところ。

無事でいてほしい、ずっと。

頼むよ。

まーくん神の子ふしぎな子。

そういったのは、野村監督だ。

ノムさん、天国から見守ってね。







●それにしても

プロ野球も、サッカーもそうですが、無観客試合ってさびしい。

なんというか、むなしい気がしちゃうね。

映像を見ていて、コレジャナイ感がすごい。

もちろん、コロナ予防のためには必要なんだろう。

仕方ない状況なのはわかる。

今後は少しずつ、観客を入れるのも知ってる。

でも、プロスポーツって。

これじゃダメだよね。

お客さんがいてナンボ。

しみじみ、そう思った次第です。

「オマエ、そもそもネットでしか見ないじゃん!」

といわれると、たしかにそうだ。

でもさ、わたしは映像で見るとしても、ですよ。

その画面の向こうには、プロ選手と、彼らを応援するファンがいる。

ファンの歓声、拍手、悲鳴、たまに怒号。

そのライブ感がなければ、スポーツはつまんない。

それを痛感しています。

コロナのばか。

早くどっか行けよ。



では、またね。。。


【08/07/2020 22:26】 スポーツ | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

06月 | 2020年07月 | 08月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。