屁理屈

●今日は

雨模様だそうです。

日中かなり強い雨が降ると、予報がいってます。

梅雨だしまあしょうがない。

けど、それだけで気が滅入りますね。

ぐう。

|||(-_-;)||||||



昨日は暑かったですねえ。

都心でほぼ30度くらい?

(まあ東京的には、「まだ30度」程度なんですが。)

いよいよ来たか、という感じの蒸し暑さでした。

今まではなんとなくごまかし、ごまかして来たけど、もうダメかな。

辛いシーズン幕開けです。



ランチ休憩のとき、(銀行に行くなど外に出る)雑用がなければ、この時期はオフィスの屋上に逃げます。

高層ビルの上の隠れ?ガーデン。

背の高い樹も、芝生もあって、おまけに鳥が住み着いている(笑)。

ちょっとした癒しの空間ですね。

地上がそこそこ暑い日でも、そこは涼しい風が吹いていたりする。

日陰のベンチに座っていると、気持ちよくていやなことを忘れます。

お昼寝もできちゃいます(笑)。

・・・なのですが、昨日はさすがに暑かったなあ。

風がふいても、まったく冷たく感じない。

「ダメだ・・・!」

逃げ場を奪われた気分でした(苦笑)。

|||(-_-;)||||||







●そういえば

ノンアルコールビールのネタ。

定期的に出てくる気がしますが、昨日も見かけました。

職場で、休憩中にノンアルコールビールを飲んでいたら叱責された、的な話です。

なんなんでしょうね?

正直にいうと、別にいいんじゃないの、と個人的には思います(笑)。

(わたしはお酒自体が好きではないため、そもそも外野なんですけどね。)

ほっとけ。

アルコール分が本当にゼロなら、それは炭酸ドリンクみたいなものでは?

理屈では、ね。

―――が、しかし。

一見お酒にしか見えないものを、もしオフィスで飲んでいたのなら、

「そら、トラブルの元でしょう・・・」

とも思う。

イギリスで働いていたころは、そもそも 「お昼にビール」 はありだったけど、日本はそうじゃない。

(文化として許容されているけど、もちろん、べろべろに酔っていいわけではない。節度と良識は問われます。)

日本では(一般的には)ダメなんだから、そりゃあ、なんていうの?

職場から離れた場所で飲む、とか。

なるべく目立たないようにする、とか。

そういう工夫をすべきなんじゃなかろうか。

自衛の手段として、ね。

が、それと同時に、

「そうやってこそこそしなくちゃいけないのに、それでもノンアル飲みたい?」

「そこまでして、お酒(っぽいもの)が欲しいのか?」

っていう気もしてきます。

本来なら、お酒じゃないんだから、コソコソする必要すらない・・・はず。

だけど社会的には、それでもアウト。

だから隠れて飲む。

う~ん。

楽しくなさそうだなあ。



似たような議論に、未成年とノンアル、もありますね。

お酒じゃないのだから、誰が飲んでも問題はないはず。

ホントのホントにノンアルなら、ね。

(微量であってもアルコールが入っているなら、ダメだというのはわかります。)

だけど、一般的にはこれもアウト。

・・・なんですよね?

お酒の味を覚えることにつながるから、とか。

あのテイストに慣れ、いずれ本物を飲みたくなるだろうから、とか。

そういう理由だと思います。

(ぱっと見、本物のお酒を飲んでるようにしか見えない、ってのもあるかな。)

教育的な配慮。

それはわかるけど、

「でも、アルコール分がないなら、ただのちょっと苦い炭酸飲料では・・・」

と思わないでもない(汗)。

理屈が通らない、のがどっか気になってしまうのですね(汗)。

|||(-_-;)||||||







●まあ

いいや。

そのうちまた考えます。

では、またね。。。


【21/06/2017 06:16】 雑談☆日々のあれこれ | Comments (0)

ありがとう!

●たくさんの

レビューの感想やコメント、拍手をありがとうございます。

待っていました、という言葉もうれしい。

腰に注目していた方はほかにもいらっしゃるようで、そのフェチぶりも素晴らしい。

楽しいけど、頼むから表紙をめくって先に進めてくれ、というご意見も。

(ちょっと笑った。)

続きもがんばります。

はい。

なるべく。

が、ああいうのを書くのにはわりと時間がかかります(汗)。

エネルギー消費も半端ない。

ですので、毎日つるつる書けない、とお断りしておきます。

すみません。

のんびり、さして期待せずに待っていてくだされば。

・・・都合のいい話ですが。

σ(^_^;)







●それにしても

暑い

暑いですねえ。

じわじわと気温が30度に接近するにつれ、心が沈みます。

げんなりします。

27度あたりで、すでに精神的には限界(笑)。

気力、体力ともに低空飛行です。

ああ、夏はキライ。

本当にねえ。

(o_ _)o

では、またね。。。


【20/06/2017 06:22】 「ゆすらうめ異聞」関連 | Comments (0)

美味しいがいっぱい

●最近の

食べてみた/飲んでみたもの(笑)。

チロルチョコの「完熟梅」。

和歌山産南高梅使用。

http://www.tirol-choco.com/info.html

チョコレートと梅の取り合わせってどうよ?

と思いましたが、食べているとおいしい。

かなり美味しい。

(´∀`σ)σ



濃いめのカルピス。

宮古島の雪塩使用。

もはや夏になると、塩分チャージをうたったドリンクがあたりまえになってきましたね。

濃いめというだけあって、甘いです。

かなり甘い。

カルピスウォーターのあの濃さ(薄さ)に慣れていると、びっくりするほど(笑)。

だけどこれ、冷凍OKボトルなのです。

絶対に凍らせたほうがおいしいな、と思ったので、そうしてみた。

・・・ら、イケます。

甘いので、なめらかなガッチガチの氷になるのではなく、ザクザクシャクシャクになります。

いったん凍らせて、それを冷蔵庫に移して少しずつ解凍する。

その解凍の加減をまちがえなければ、ほぼカルピスのかき氷です(笑)。

これは、うんまい♪

シャクシャクじゅわっと甘くて、ホントおいしい。

暑い日にはきっと、大活躍すると思います。

(//∇//)



守山乳業の、アイスレモネードティー。

セブンイレブンで売ってます。

http://www.fujimilk.co.jp/products/chilled.html

このブログにコメントをくださる某さまのおすすめ。

とろっと濃厚なフレーバーの紅茶飲料です。

ほんの気持ち、甘すぎる気がするので、氷を入れたらちょうどいいんじゃないかなあ。

( *゚w゚)



POMえひめ逸品柑橘 愛媛河内晩柑サイダー。

炭酸飲料です。

https://www.ehime-inryo.co.jp/products/fruit-juice/137820.html

みかん系には弱いので、試してみました。

おいしい。

甘すぎることもなく、ちゃんと炭酸が効いていて。

ただ、あっという間にコンビニから消えてしまった・・・(汗)。

(^~^;)



みかんつながりで、今いちばん好きなのはコレ。

https://7premium.jp/product/search/detail?id=4008

セブンプレミアムの、温州みかん氷。

みかんラバー垂涎。

ちょっと高いけど、衝撃的なおいしさでした(笑)。

いわゆる氷菓の、ザクザクゴリゴリ固い感じではなくて、氷が細かくなめらかで軽い。

カップの「かき氷」も進化するんだなあ、と実感しました。

そして濃厚なみかん果汁。

やや食べにくい気がしないでもないけど、そんなのは気にしない。

(カップのふちまで、氷とみかん果肉が盛り上がりすぎてるんだと思う。たっぷり感はありますが。)

セブンプレミアムの氷シリーズは、他にもあるそうです。

(ティラミス氷はまずまず美味しかった。あとは知らない。)

試す機会があればいいなあ。

(´∀`σ)σ



・・・って、まあ。

甘くて冷たいものばっかりですみません。

ほぼコンビニスイーツなのも、わたしの乱れた?食生活が透けて見えますね(汗)。

毎日なんか買ってる、わけではありません。

ホントです(汗)。







●ああ・・・

セ・パ交流戦が、終わりました。

プロ野球の話。

あっという間だったなあ。

ブログに書きすぎるのもアレなので、いちいち書いていませんが。

毎日まいにち、試合の結果はチェックしています。

ひいきのチームや選手が活躍すれば、ハイライト動画を探して見ています。

ダメはときは、気づかないふりをします(笑)。

落ち込むことは落ち込むけど、まあ、気に留めないようにつとめます。

(まーくんネタとか、ホントしんどいから完全スルーで。)

落ち込むと、昨年の日本シリーズの動画を見て、過去の栄光に浸ります。

第3戦から第6戦ね。

最高の心のリハビリです(笑)。



それにしても、日ハムが冴えない。

本当に、今年はダメなんかなあ。

投打の中心である大谷翔平くんがケガでいないのはしんどいけど、でもなあ。

代わりに近藤くんが、大田くんが、松本くんが活躍しているし。

スターがいないわけじゃないんだけどな。

投手陣の力が不足してるのはしょうがないけど、不運もあるよなあ。

メンディ(メンドーサ)みたいに、好投してもなかなか勝ちがつかないピッチャーもいるし。

今シーズンは、ほら。

ロッテが連敗街道を突っ走り、中日やオリックス、そしてヤクルト。

なんつうか、連敗トンネルにはまったチームが多すぎる。

読売まで、球団史上最悪の13連敗を喫してましたよね。

そんな情勢なので目立たないけど、日本ハムも地味にヤバいです。

去年、あのすさまじい粘りと劇的な展開で、日本一になったのがうそのようだ。

(((((((;´д`)))))))



いいニュースといったら、大谷くんの回復が順調だってことぐらい?

それでも復帰は7月だそうですが、彼がいないと寂しい。

ファンだからとかじゃなくて、本物のスターってそういうものじゃないかしら。

彼がいないとつまらない。

彼がいるからステージが輝き、ドラマが起き、みんなが注目する。

千両役者なんだと思います。

(彼の「アンチ」ですら、彼がいるといないとでは、野球の注目度が違うことは認めるんじゃないかと思う。)

あわてて欲しくはない。

じっくり、きちんと怪我を完治させてほしい。

だけどファン心理としては、一刻も早く大谷くんに一軍に戻ってきてほしくもある。

もし本当に彼が来期メジャーに行くのなら、日本で見られるのは今年かぎり。

そう思うと、やっぱり。

今のうちにたくさん見たいよなあ。

(o´_`o)ハァ・・・







●とか、

なんとか。

すっかりリバイバル野球女子(おばちゃん)になってるわたしです(汗)。

今年はきっと、球場に行く。

そう誓ってます(笑)。

一方で腐女子の自分も、むろん健在。

健在ですが、そういえば、わりと切り離してますね。

そういう趣味を、野球を見てるときに発揮させようとは思わないなあ。

そういう発想にあんまりならない。

あたりまえですがプロ野球って、男だけの世界ですから。

その手のネタは、あくまでネタとしてですが、結構ありますけどね(笑)。

A選手とB選手がアヤシイとか、そういうのを聞いても、面白がりはするけど萌えないなあ。

萌えを感じるような美形がいれば、別なのかしら(笑)。

野球選手についていわれる 「イケメン」 は、まずあてになりません。

帽子補正、ユニフォーム補正が大きすぎて。

(o´_`o)ハァ・・・







●では、

なんだか意味不明でしたが、またね。。。


【19/06/2017 22:24】 旅★たべもの | Comments (0)

春を抱いていた ALIVE 4 (コミックスを読んで) No.1

●ましゅまろんどん、

盛大にやらかす。

(ノд-。)。。。

「またかよ?」(うんざり)

とお思いでしょうが、はい、そうです。

|||(-_-;)||||||

またしても、やってしまいました。

なんのことかというと、父の日です。

何をどうやって実家の父に贈るのか、あらかじめちゃんと決めていたのに、すっぽ抜けてました(爆)。

ガ━(゚Д゚;)━ンゴ━Σ(゚Д゚;)━ンギ━Σ(゚Д゚||;)━ン!!!

手配し忘れ。

明らかに、確実に、今日には間に合いません。

_(_"_;)_

まずい。

どう考えても全部わたしが悪い。

。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。

しょうがないので、実家に電話しました。

遅れます、すみません・・・と、ごにょごにょ言い訳。

伝家の宝刀(=仕事が忙しくて・・・)を持ち出すとか、本当にヤなやつ。

親は笑ってましたけど、がっかりしただろうなあ。

なにかほしいわけでも、もらって当然だと思ってるわけじゃなくても、ほら。

ご老人の日曜日ですからね。

息子とお嫁さんから、孫たちから、甥っ子姪っ子から、そして娘から。

なんだかんだ次々と届くイベント(のひとつ)なので、とても楽しいらしい。

そういう意味で、やっちまったなあ。

うむむ。

わたし以外のプレゼント贈り隊はみなさんマメなので、たぶん予定通りでしょう。

(^~^;)

それだけが救いです。







●さて、

コミックスの感想。

感想とかレビューってほどじゃないけど、ちょっとだけ。

思ったことを少しずつ、書いていこうと思います。




9784799733523sssssss.jpg




※ネタバレあり。

※いつものことですが、レビューは個人の超☆主観的な、勝手な、フリーダムな感想です。

※愛にあふれるイジリやツッコミ、矛盾や疑問点や誤字脱字の指摘など、結構なんでもあり。

※自分自身が以前に書いたレビューと食い違うことを、しれっと書いちゃったりも(稀に)します。

※二次創作ネタとの絡みや、筆者の愛する他作品との比較なんかもたまにあり。

※そういうのが苦手な方は、この辺で読むのをやめたほうがいいかもしれません。












まずは、表紙だ。

春抱き』連載20年目にして、はじめての岩城さんソロ表紙。

すっきりカッコいい。

柴又の寅さんみたいなポーズなのに、それでもカッコいい。

しゅごい。

40歳代も後半・・・ゲホゲホ・・・とは思えない(笑)。

かといって、じゃあ若者に見えるかっていうとそうでもない。

堂々としたフレームおさまりの良さは、やっぱり中年なのかもしれない。

(少なくとも、もう20年近く、年下の旦那のお嫁さんをやってるようには見えん。ぐふ。)

ま、不思議な人ですね。

岩城さんの、岩城さんたるゆえんか(笑)。

ちょっとラインが細いかなあ、とは思う。

(個人的には、7巻~9巻ぐらいのぶっとい主線の絵が好きなのです。くふ。)

あと、髪の毛。

なんども染めてると、こんなふうになるよね、とか・・・(爆)。

(これも個人的には、一時期のブラウンがかったカラーリングより好き。)

芸能人としてはファッションが地味すぎる!

・・・気はしますが(笑)、カッコいいからセーフ。

(//∇//)



そう。

かっこよければすべて許される。

この絵のポイントは、三つあります(と、えらそうに断言)。



※個人的な見解です。

※ひとりのファンの勝手な意見ですからね?



ひとつは、きれいに整えられてつやつやの爪。

ネイル。

きれいだなあと思いつつ、誰が手入れをしてるんだろう? と気になります。

本人は・・・あまり積極的にやるとは思えない。

(ヴァイオリニストの役をやる?らしいから、手に気を配ることにはなるでしょうけど。)

「はい岩城さん、手ぇ出して?」

手先の器用な香藤くんがうれしそうに手入れしてる姿が、もちろん容易に目に浮かびます(笑)。

たんなるイチャイチャの口実やね(笑)。

浮かびますが、さて?

どうだろうなあ。

ダンナはダンナで忙しくて、けっこうあっちこっち飛び回ってるじゃない?

やりたくても、たぶん現実的には、岩城さんの身体のメンテに専念するわけにもいかない。

だから、やっぱりプロに頼るだろうなあ。

お互いにヘアとかメイクとか、当然、専門家に任せる姿勢ではないかと思います。

基本的にはだから、ネイルも同じじゃないかしらね。

昔の香藤くんならともかく、今のふたりの間で、嫉妬でイライラ!とかもないでしょうし。

それは当然だと思う反面、やきもち香藤くんが見られないのは残念ではある・・・かも。

ダンナの嫉妬を、媚薬だと言い切っちゃう岩城さんにとっても、ね。

(´艸`*)

ただ、ふふ。

足の爪のお手入れは、他人には任せないんじゃないかな~。

(´艸`*)

女優さんとちがって、ふだんあまり素足をさらすこともないでしょうし、そこは旦那の専有ゾーン。

「これだけは俺がやるの♪」

楽しそうな香藤くんの顔が、目に見えるようです(笑)。

(´∀`σ)σ



ふたつ目は、岩城さんの腰です。

というか、左手を置いている位置の問題、かな?(笑)

今回のイラストで、まず真っ先に目が行ったのは、実はこの 「腰問題」 でした。

この位置に腰。

この位置に、腰・・・・?

ここに腰。

(´ε`;)ウーン…

何がいいたいか、おわかりでしょうか?

わたしも香藤くんとまったく同意見で、岩城さんはもっとずっと体重増やしていいと思うの。

がっちり体形でいい、というかそれが好き(笑)。

芸能人はやたら細い風潮がありますが、岩城さんの身長からいって、もっと重くていいはず。

・・・という持論はさておき、ですよ。

岩城さんは、中年男性にあるまじき細いしなやかな腰の持ち主です(笑)。

ほっそいほっそい腰に、香藤くんの両手のひらに収まってしまうようなお尻。

魔性のお尻。

ヽ(*⌒∇⌒*)ノ::・'°☆。.::・'°★。.::・'°☆。

・・・じゃなくて(爆)。

4巻の表紙を見て、だからまず思ったのは、

「これ、腰に左手を置いてるんだとしたら、ずいぶん骨盤しっかりしてないっすか?(汗)」

(*´∀`*)

ということでした。

女性なら、ほそい腰からぐっと広がるお尻、はわかる。

が、男性はそういうのはあまりない・・・よね?

となると、どういうことなのか。

見切れている下半身が気になって、気になってしょうがない(笑)。

一日考えて、考えすぎて寝ちゃった。

①岩城さん、実はけっこう腰が張ってがっちりしている。
これはわたし的には、いちばん萌え度が高い。

②望遠レンズのマジック。
芸能人のポートレート撮影に、望遠レンズをあえて使う写真家がいるとは思えないけど。

③見切れている下半身、実は大きく股を広げている。
なぜ・・・?

④下半身、実は高いスツールみたいなものに座っている。
まあ年を取ると、長時間の撮影もキツイしね・・・?

⑤左のパンツのポケットに何かかさばるものが入っている。
なんだろう?

⑥あんまり細身なので、スタイリストの意向で腰から腹にタオルでも巻いている。
ええ、歌舞伎役者ならフツウのこと。

⑦しれっとして見えるけど、実は走って来ている。
なぜだ。
つかこの格好で走って来てたら、太陽にほえろ!の世界だわね。

・・・などなど。

妄想が止まらないので、この辺でやめておきます。

ああ、岩城さんの腰。

彼と巡り合って以来、いったいもう何年、この腰に悩まされて来たことか。

いまだにそうなんだもの。

ホント、岩城さんの魔性には参ります。



みっつ目。

三つめは、ぶっとい腕です。

たくましい、筋張った男らしい腕。

(//∇//)

たまりません♪



そして、番外編。

それはもちろん、コミックスの帯の惹句です。

お気づきでしょうか?

いや、

「貴方に恋をした。貴方も俺に恋をした。」

じゃなくて(これもすごく好きだけど)、そのあと。

フォントの小さいほうです。

この間の be-boy GOLD 2017年6月号に載っていた、「新田先生のコメント」をベースにしてます。

ほぼ同じ文章を引用してるんだけど、一か所だけ。

重要な違いがありますよね(笑)。

<be-boy GOLD 2017年6月号>

「外ではエグゼクティブ、中身は新妻」の岩城。
そんな岩城に辛抱たまらない「見た目は20代、度量は50代」の香藤。
(以下略)

<春を抱いていたALIVE 4巻の帯>

外はエグゼクティブ、中身新妻の岩城。
彼に辛抱堪らない、見た目20代度量∞の香藤。
(以下略)

わはは。

(//∇//)

これを読んだとき、思わずにやりとしていまいました(笑)。

「外では」と「外は」では、もちろん意味が変わる。

でも、それは些末なことです。

「度量は50代」

もうね、この言葉のインパクト!(笑)

最初にGOLDを読んだとき、この言葉しか脳内に残らなかったレベル。

ヽ(´▽`*)人(*´▽`)人(´▽`*)人(*´▽`)ノ

言いえて妙。

ほんとうに、絶妙(笑)。

先生じゃなくちゃ絶対に言えないよなあ、こんなこと。

そう、しみじみと感嘆したものです。

だってさ、岩城さんの年齢を考えてみるとね?

あれを余裕をもって包み込む度量っていったら、どうしたって50代オーバーになってしまう(笑)。

「ですよね~」

・・・うぷぷ。

(先生はそういう意味で書いたわけじゃないだろうけど。)

(*´∀`*)

それが、おや?

コミックスの帯でふたたび巡り合ったと思ったら、ちょっとちがう。

度量は∞。

たしかにそうだけど、「50代」どこ行った(笑)。

消えちゃったのか。

もったいない。

それがおもしろかったのに。

・・・と思ったものの、ものすごく納得もしました。

BLコミックスの帯に「50代」って言葉は、やっぱり商業的にキツイのかな、とか。

香藤くんを知ってるわたしたちはいいけど、知らない人が見たら、

「見た目は20代、度量は50代」

のキャラクターってなんだよ?(笑)

どんなオッサンやねん、って思うかもしれないよなあ、って。

なんとなく、そんなふうに思いました。

度量50代、ツボだったんだけど。

それを作者みずからがいうところが、『春抱き』のいいところなんだけど。

先生なら、50代のエロでも余裕で描くし、描けるんだけど。

(例: 愛内料理長。・・・とかね。)

でも、これはきっとしょうがないんだろうな。

50代の壁どころか、たぶん商業BLの世界では、30代の壁すら存在するんだろうな。

(^~^;)

ふう。







●以上です。

というか、異常じゃないっすか、これ(汗)。

コミックスの表紙イラストと帯の文句だけで、どんだけ書くんだ。

バカじゃないの。

では、またね。。。


【18/06/2017 14:09】 春を抱いていた | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム