暑かった

●お彼岸渋滞

日曜日、墓参に出かけました。

(*´∀`*)

なんとなく母の名代・・・なのですが、この言い方はおかしいですね。

自分自身の祖父母などが眠っているお墓なのだから、

「誰かの代理」

ではないよなあ。

いちいち頼まれて行くわけでもないし。

でも、感覚的には母の代理。

どこかそんな気分が抜けないのは、精神的に 「母の子」 として考えているからでしょうね。

おもしろいものです。



父方の祖父母のお墓に参るときは、そういう感覚はない。

うむむ。

どっちが好きとかきらいとか、どっちがより身近だとか。

そういう発想はないんですけどねえ。



まあ、いっか。

代理かどうかはさておき、母方の一族の墓はうちからわりと近いのです。

それがいちばんの理由ですね(笑)。

いちおう都心に位置するんだけど、これがねー。

最寄り駅までは電車で数分。

が、そこから先が長い。

ローカルなバスに乗り換えて、延々30分、40分くらい?

(^~^;)

通常でもそのくらいかかるのに、ましてお彼岸です。

墓参ラッシュ。

・・・ってあるんだなあ、って今回はじめて気づいたかも。

一年に一度、二度は行くのですけど、いつも混雑する時期を避けてお参りします。

つまりお盆とか、お彼岸には行かない(笑)。

それが今回どういう風の吹き回しか、お彼岸の週末でしたからね。

(思い立ったが吉日ってだけで、特に意味はない。)



広大な霊園はド田舎にありますが、そこに至る道のりは、ふつうの住宅街です。

対面通行の細い道がうねうねと続く。

その道がね、ずーっと車でひしめいていました。

当然ながら、わたしの乗っていたバスものろのろ運転です。

いつもの倍・・・以上の時間がかかったんじゃないかなあ。

特に何にもない、普段ならガラガラの道路です。

いや、ほんと。

お彼岸ラッシュなんてものがあるなんて。

(((((((;´д`)))))))



ともあれ、霊園についてあとはてくてく歩く。

坂があって上ったり下りたり、かなりの距離があります。

園内の道路も、ちなみに激混み。

あんなにたくさん墓参客がいるの、ホント初めて見たなあ。

日曜日は午前中はきれいに晴れたけど、びっくりするぐらい暑かった。

もうちょっと涼しいと踏んでいたのですが、甘かったですね。

il|i(p′Д`;)il|i

いや、しんどかった。



P9245571mss.jpg



P9245573mss.jpg



ひとつ驚いたのは、曼珠沙華がほぼ終わっていたこと。

例年は10月に来てもきれいに咲いてたりしたのに、おかしいですね。

悪天候のせいなのかな。

あ、この写真

黄色いのはリコリスです。

彼岸花のお仲間ですが、外国産の園芸品種じゃないかしら。



P9245575mss.jpg



P9245577mss.jpg



ね、ご覧のとおり。

まだ頑張って咲いている花もあったけど、おおむね曼珠沙華はおわり。

おどろおどろしい枯れ花になっちゃってました(汗)。

なるべく写さないように真上からアップで撮ろうと心がけたけど、無理。

群生してるので、避けようがありませんでした。

(o´_`o)ハァ・・・



P9245579mss.jpg



P9245581mss.jpg



ポトリと落ちてたけど、これは落とされたのかなあ。

他の花はまだくっついてたからなあ。

大ぶりの美しい薄黄色の花。

ムクゲ・・・いや、フヨウ?

調べてみると、ハマボウか、トロロアオイかもしれない。

オクラ説もある。

(--;)

よく見かける花なのに、確信は持てない(汗)。

ぐう。







●では、

またね・・・(汗)。


【25/09/2017 02:52】 旅★たべもの | Comments (0)

歴史に 「if」 は山ほどある

●スッコーン!

こんなに気持ちのいいホームラン、見たことある?

ないよね?(笑)







ヽ(´▽`*)人(*´▽`)人(´▽`*)人(*´▽`)ノ

豪快にもほどがある。

早すぎて見えないバットスイング、打球。

インパクトの瞬間、球がつぶれたんじゃないかっていう音。

外野はまったく動けない。

そして、ボールを視線で追ってから悠々と一塁に向かう、確信歩き。

なんてかっこいい。

ホームランバッターにだけ許された、この一連の動作。

打者・大谷翔平の魅力が、凝縮されてます(笑)。

メジャーには投手で行くんでしょうが、このバッター大谷翔平を封印するのは惜しい。

惜しすぎる。

アメリカでも二刀流を続けてほしいと、切に思います。

ホント。







●TBのお題から

「好きな戦国武将は?」

おお。

待ってました。

ヾ(〃^∇^)ノ♪♪♪

歴史オタク(自称)のわたしとしては、なんだ。

こりに凝った(ひねくれた)回答を用意して、ドヤ顔をしようかと・・・思ったけど。

(((((((;´д`)))))))

ダメです(笑)。

いろいろ思いつく名前はありますが、織田信長にはかなわない(笑)。

結局、昔からいちばん好きなのです。

織田信長。

戦国最強。

有名すぎて、意外性のカケラもないですね。



ちなみに、今どきの 「歴女」 とちがうのは、ゲーム関係ない!

・・・ってこと。

最近の若者の武将の好みは、多分に戦国時代を下敷きにしたゲームのキャラに由来していると聞きました。

(それはつまりアニメとか、イラストとか、場合によっては声優ってことですよね。)

それはそれで悪くない。

悪くないですが、オバチャンにはついていけません。

(^~^;)

ちなみにこれは軽蔑とか、揶揄ではないですよ。

だってゲーム由来ではないけど、わたしの信長びいきの一端は、確実に、

「ドラマで織田信長を演じて来た俳優さんたち」

に影響されていますから(笑)。



そもそも、信長役者って特殊なのです。

どういうわけか昔から、とにかくカッコいい役者にしか回ってこない役。

演出的にも、それが冷淡であれ残酷であれ、怜悧であれ豪胆であれ、

「ひたすらかっこよく」

「他の有象無象とはちがう」

「周囲を圧倒する迫力で」

魅力的に、描かれますからねー。

「おんな太閤記」では、藤岡弘。

「徳川家康」では、役所広司。

・・・このあたりが、わたしの原点です(古い、笑)。



これまで大河ドラマで、いったい何人が信長を演じたのか?

と思っていたら、こんな記事をNHKさん自らつくってくれてました(笑)>>

大河ドラマの“信長”

うひゃあ。

たしかに、錚々たる顔ぶれですね。

正直にいうと、「真田丸」での吉田鋼太郎だけは、なんか違う気がしました。

役者さんは好きなので、単なる・・・なんだろう?

主観的には、ミスキャストということかも(すまん、汗)。

海老蔵の信長は、残念ながらまだ見たことがありません。

本気を出したらマジで震え上がるほどイイ、と思うの。

風貌も似あってるし、何しろ海老蔵は美声です。

年齢的にもドンピシャでしょう。

いつか総集編あたりで、見られるといいなあ。



あとは、民放か映画か。

覚えていないけど、伊勢谷友介も演じたことがあった気がする。

※今ネットで調べてみたら、海老蔵主演の 「利休にたずねよ」 でした。

(團十郎の遺作ですね。見てないのよ。)

あと、東山紀之も信長を演じてたよなあ。

この人はホント時代劇で映えるので、とても似合ってた。



あともちろん!

岩城京介の演じる織田信長も、いつか見てみたいです。

香藤くん、DVD貸して・・・(笑)。



おっと。

好きな戦国武将から、はるかに逸脱してしまいました(汗)。



信長さまね。

あらためてマジメに、どこが好きなのか?

革新者であること。

経済的なセンスがあったこと。

グローバルな視点を持っていたこと。

・・・この3点に尽きますね。

それまで常識と思われてた(だけどよく考えたら不条理だったり、不公平だったりする)ことを、

「何でそうなのか。おかしい。こうしたほうがいいじゃないか」

と自分でアイディアを出し、それを実行するところ。

楽市楽座とか、関所の撤廃とかがそうですね。

既得権益を破壊したこと。

偏見にとらわれず南蛮の文化に興味を持ち、海外貿易にも積極的だったこと。

一流の武将でありつつ、為政者としての能力もあった気がするのよね。

それから、家族には意外にも甘かったところ。

人間性が垣間見えます。

まあ、あれだ。

妹たちはバンバン政略結婚に利用するわりに、娘たちは(安全な)腹心の部下たちに嫁がせるとか。

わりと温度差があるとは思いますけどね・・・(汗)。

そして、本能寺の変。

あのとき彼は、49歳でした。

厳密にいうと家督はすでに息子に譲っていて、ご隠居の立場。

(といいつつ、実権はがっちり握ってたけど。)

もちろん孫もいる。

49歳かあ。

当時の平均年齢からみると普通ですが、今の感覚では若い。

めちゃくちゃに若い気がします。

その歳で、あと一歩で天下を統一するところまで来ていたのか。

彼の眼には、どんな日本が見えていたんだろう。

もし本能寺で生き残っていたら(本能寺の変が起きてなかったら)、日本はどうなっていたんだろう。

興味は尽きません。



織田信長以外だと、前田利家。

真田信之。

(真田幸村のお兄ちゃんね。)

・・・意外ですか?(笑)

腹に一物も、二物もあったろうと思いますが、私利も私怨もぐっとこらえる。

戦国時代に武将がいちばん大切にしていた価値観を、他の何をおいても守り切る。

大事にしてたって、もちろん、お家の存続です。

自分と、家族と、家臣たちのサバイバルですからね。

文字通り、命がかかっている。

徹底して生き延びる、それって凄いことだと思う。

前田家も真田家も、戦国・江戸時代を生き抜いて、明治まで家を残した。

負け組で、唯々諾々と徳川に下ったように見えて、実は究極の勝ち組。

そう思います。

ああ、そうか。

その発想でいうと、島津のお殿様はもっとタフなのかも。

島津家の場合は、「唯々諾々」ですらないものなあ。



で、徳川家康。

東照大権現=神様になった武将。

好きな武将云々になると、きまって素通りされますが、ひどい話だ(笑)。

庶民人気はいまいちかもしれませんが、ホンマモンの戦国最強でしょう。

バッドエンドは死しかない時代のサバイバルレースに、最後まで勝ち残ったのだから。

判官びいきの多い日本では 「狸おやじ」 呼ばわりです。

でも、天才じゃん。

秀才でもあるけど、やはり天才なのだと思う。

しいていえば、努力する天才(イチローか)。

徳川15代将軍のうち、いちばん有能であったと思います。

逆にいえば、子孫は誰も、この狸おやじ殿を超えられなかった。



・・・などと。

勝手に盛り上がりましたね(汗)。

この時代の話はこれだから、もう。







●では、

またね。。。


【24/09/2017 08:55】 社会・時事ニュース | Comments (0)

一喜一憂(でもない)

●朝、

いや、朝ではすでになかったかも(汗)。

ともかく朝、起きて。

今日は涼しいなあ、と思って。

PCを立ち上げて、まずはニュースをちら見します。



巨人が前夜の試合で負けた。

結局Bクラス停滞なんじゃないの?

本日の気分、プラス10点。



まーくんが満塁ホームランを浴びてノックアウト。

今年は洒落にならないくらい打たれるよなあ。

本日の気分、マイナス30点。



清宮幸太郎くんがプロ入りを表明し(昨日のニュース)、全12球団が大騒ぎ。

18歳の高校生とはとても思えない、ふてぶてしい(褒めてます)記者会見だったなあ、と回想。

王さん(早実の大先輩)の記録を抜きたいという、なんとも豪快な発言に好感。

本日の気分、プラス10点。

だけどお父さん(清宮克幸、ラグビー界の重鎮)にとっては、嬉しくも複雑だろうなあ。

本日の気分、マイナス5点。



相変わらずの北朝鮮。

解散と選挙。

・・・もうね、知らんよ。

本日の気分、マイナス15点くらい。



安室奈美恵の引退ニュース、引き続きなぜか大騒ぎ。

アムラーの時代はすごかったけど、今もそんなに人気だったのか。

まったく知らんかった。

一年先に引退するというのに、どうしてここまでみんな騒ぐのでしょう。

40歳でアーリーリタイアに憧れる、というならわかるんだけどなー。

というかもう40歳なのか!

本日の気分、プラスマイナス0点。

稲垣吾郎くんなど、某事務所を出た3人が立ち上げたサイトが話題に。

やっと画像、ネットで解禁になるんですかね。

念願の自由を勝ち得たと思いたいので、今後の活躍をお祈りします。

マジで。

本日の気分、わずかに上昇。



もうお昼の時間だったので、セブンプレミアムの肉まんを食べた。

賞味期限は切れてたけど気にしない。

本日の気分、プラス10点。



絶対王者が、カナダの大会に出場。

ショパンのバラードNo.1(新バージョン)を優美にすべって、ぶっちぎりの世界最高得点。

まあ、その前の記録も彼自身が持ってるんだけど。

本日の気分、プラス100点。

ヽ(✿◕‿◕)ノ” ❤







●お彼岸なので

お墓参りに行こうかなあ。

どうしようかなあ。

もうちょっと後でもいいかなあ。

悩み中。

では、またね。。。


【23/09/2017 17:12】 スポーツ | Comments (0)

宝の山

●TBのお題から

「あなたは何系男子・女子?」

さて。

(´ε`;)ウーン…

どういう答えが期待されているのか、わからん(笑)。

(わからないなら、そんなお題を取り上げるなよ、って言われそう。)

マジメ系クズとか、そういうの?

ちがうかな(笑)。

とりあえずは 「肉食系女子」 ですね。

ヽ(*´∀`*)ノ

精神的な意味でも、物理的な意味でも。

文系女子。

・・・事実ですが、つまらない(笑)。

サボテン系女子。

もぐら系女子。

あは、ありかもしれない。

(最近、モデル&グラビア兼務の芸能人を 「もぐら」 とかいうらしいけど、それとは違います。)

メカ系女子。

いや、単に、カメラとPCが好きなだけですが。

腐女子は・・・ 「系」 が使えないじゃないか(笑)。

しいていうなら、昭和系腐女子・・・?

JUNE系腐女子?

変ですね。

(*´∀`*)

っていうか正直なところ、一般的な腐女子としては、とっくに引退してますね(笑)。

イマドキのBLの流行にはまるでついていけないし。

ついて行きたいとも思えないし。

(^~^;)

興味が枯渇してるからね・・・(笑)。

結論。

よくわかりません、すみません。







●最近

秋の夜長のお供は、ようつべです。

ようつべに限らず、無料で見られる動画全般。

海外のものも多いですが、けっこう真面目なドキュメンタリー。

文化や歴史、科学などの検証番組。

偉人の業績を振り返るもの。

たまに美術や、文学、過去のニュース報道など。

非常に勉強になることが多く、興味は尽きません。

娯楽というよりお勉強寄りなんですけど、おもしろいんですよね(笑)。

これもなんというか、老化の一種かな。

(((((((;´д`)))))))

ネットにはいったいどれだけ、有用なものが転がっているんだろう。

今さらですが、そう思います。







●では、

またね。。。

【22/09/2017 02:26】 雑談☆日々のあれこれ | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム