幼馴染み

●土曜日は

暑かったですねえ。

(υ´Д`)アツー

へろへろ。

晴れてもいないのに、あんだけ暑い

湿度ってあかんね。

今まで涼しかったけど、そろそろ終わりか。

ぐう。

ι(´Д`ι)アチィ…







●でも

約束があったので、せっせとお出かけ。

何年ぶりかで、地元のお友だちに会いました。

12歳(中学一年生)のときからの長いつきあい。

今となっては、まあ幼馴染みと呼んでいいでしょう。

お互いに実家も知ってるし、家族もみんな知ってる。

きょうだいのことも、知ってる。

ね。

おいしいお寿司を食べて、おしゃべり。

スタバに入って、おしゃべり。

外をちょっとだけ散歩して、おしゃべり。

また別のカフェに入って、おしゃべり。

楽しかった。

変わらないものと、変わったこと。

いろいろありますけど、おおむね問題なし。

そういう関係は他にあまり例がないので、おたがいに貴重です。

たのしいひとときを過ごしました。

(〃∇〃)

なつかしい。

おもしろい。

気安い。

なんの警戒心も、見栄も要らないっていいねえ。

また会おうね。

そう誓って別れました。



では、またね。。。



【20/07/2019 23:17】 雑談☆日々のあれこれ | Comments (0)

冷静に、事実だけを

●今月の

わたしは、ダメダメです。

(ρ_;)。。。

まだひどく暑いわけでもないのに、なんかもうバテバテ。

息切れ。

しんどくて、しんどくてたまらん。

一週間の5日間、まともにフル出勤できない感じ。

休みやすみ、なんとかごまかしてます。

おばちゃんとはいえ、情けない。

うぐぐ。

(^~^;)

クライアントが、けっこう心配してくれたりさー。

かわいい後輩や部下が、がんばってカバーしてくれてる。

ありがたいけど、申し訳ない。

ぐう。

いやだねえ。

自己嫌悪。







●そんなわたしですが

みなさまのコメントやメールには、元気づけられます。

見てくださってありがとう。

いつもいつも、本当に感謝しています。

ありがとうございます。

本当に、ありがたい。







●さて、

30人以上が亡くなったという、京都の悲惨なビル火災。

まだ行方不明の方もいるという。

重症の方ももちろん。

あまりの酷さに、目を疑いました。

真っ昼間の、オフィスでの火災なのに、なんでこんなに大勢が犠牲に?

どうして逃げられないの?

最初は、そう思いました。

が、のちに事情が判明。

ガソリン。

ああ。

大量のガソリンをまいた上での、放火だという。

以前そういう、なんというか、そういう事故調査の報告書を見たことがあって、ね。

それで納得しました。

いや、納得はちがうな。

戦慄した、が正しい。

それはもう、いわゆる火災じゃない。

ほぼ、ガス爆発に近いと思います。

大きな爆発があって、内部が吹き飛ばされた。

それと同時に、大量の煙が発生した。

そういうことなのだと推察します。

ご存知のとおり、火災では、煙を吸って動けなくなるケースがいちばん怖い。

火から逃げる前に、倒れてしまう。

もうもうと噴き上がる黒煙の映像を見ました。

あれでは、逃げようがない。

恐ろしすぎる。



消防法がどうの、とか。

避難経路がどうだった、とか。

建物のセキュリティがどうなの、とか。

ネットではいろいろな意見が出ています。

今はまだ何もわからないのに、勝手にいろいろ批判する人もいるよね。

でも、さ。

こんな凄まじいガソリン放火をする犯人が、悪いんでしょう。

爆破テロみたいなものです。

どうやって、それを防げと。

容疑者はいちおう捕まっている(重体らしいけど)。

真相究明はこれから。

その彼以外の人を責めるのは、拙速ではないでしょうか。

どんな動機があったのか、なかったのか。

知らないけど、どんな理由があったとしても許せない。

ありえない。

ありえないよ。



なんでも、有名なアニメの制作会社なんですってね。

個人的には知らなかったけど、海外でも騒がれるほどの存在らしい。

世界に誇る日本のアニメの担い手だった。

そういう高い技術を持った大勢の人たちが亡くなったと思うと、やりきれない。

本当にやりきれない。

それと同時に、いやな予感がしました。

どうしても世の中には、アニメというだけで色眼鏡で見る人たちがいます。

マンガとか、アニメとか、どうしても 「オタク批判」 したがる人たち。

いるよねえ。

頭の古い一部のマスコミ。

(なにせ登戸の事件のときですら、被疑者の自宅にゲームがあったって騒いだからね。あほか。)

一流の制作者たちへの嫉妬や筋ちがいの恨みじゃないか、とか。

作品内容への不満が原因じゃないか、とか。

勝手な憶測が、すでにずいぶん飛び交っている。

そうかもしれない。

そうじゃないかもしれない。

いずれにしても、そういう 「特殊要素」 探しは要らないよ。

今回の事件。

とにかく、凄まじくひどい犯罪だ。

戦後最大級の放火事件なのです。

民間企業が、理不尽なテロの被害者になった。

(厳密にはテロ=政治犯的な要素はないかもしれないけど。)

被害は甚大です。

大勢の命が失われた。

会社は優秀な社員の半数を失って、存亡の危機にある。

それだけで十分におおごとです。

オタク要素の出る幕はない。

(そもそも今の世の中、アニメは普遍的な日常的な趣味なので、特別視するほうが変だけど。)

冷静に、きちんと報道されることを望みます。







●では、

またね。。。


【19/07/2019 03:09】 社会・時事ニュース | Comments (0)

しゅごい。でも、こわい。

●天下の

アストロズ相手に、おやおや。

エンジェルズが連勝してる。

どういうことだ(笑)。

☆⌒└( ̄・  ̄*)♪

主砲マイク・トラウトがいないのに、なぜだ。

投手陣が奮闘・・・まあ、それなりに・・・してる。

なんでだ。

嬉しいけど、ちょっとこわい。







●ひるがえって、

日本ハムが、首位のソフトバンクを3タテ。

敵地でスイープ。

※三連勝のこと。

7ゲーム差あったのに、4ゲーム差まで追い上げた。

ええ?

どういうことなの。

(^~^;)

ボコボコにされると思ってたのに、どうなってるの。

調子がいいと、うれしい。

というよりコワイ。

そんなファン心理。



8回をたったの2安打に抑えた、有原くん。

リーグ一番乗りで10勝目。

完全にエース。

もはやキングの風格。

どうなってるんだ。

覚醒しっぱなし?

ぼんやりした顔すら、キリっと引き締まって見える(笑)。

どういうことだ。

おかしいよ。

(^~^;)







●そわそわと

落ち着かないね。

応援してるチームが勝って、うれしいはずなのに。

うぎゅ。

では、またね。。。

【18/07/2019 07:17】 スポーツ | Comments (0)

海老蔵と外郎売

●ご存知とは

思いますが、海老蔵が病気でダウン。

声が出ないのでは、しょうがない。

悔しいだろうけど、本当にしょうがない。

7月公演の一部には代役がたち、一部は中止になっているようです。

ご本人がどれだけ無念かは、いうまでもない。

6歳の息子をひとり、舞台に送り出すことになろうとは。

海老蔵も、想像だにしなかったでしょう。

どんだけ不本意か。

焦っても、しょうがない。

焦るなというほうが無理だろうけど、治すしかない。

早い回復を祈ります。



思ったことが、三つあります。



ひとつには、海老蔵ほどの多忙な人間が、ひとり親をやっているという事実。

どう考えても無理がある。

体力ありまくりの41歳だから、かろうじて、今までやってこれた。

ぶっ倒れずに、ここまでは来た。

でも、限界だよね。

それをあらためて、認識しました。

日本中でほぼいちばん、忙しい歌舞伎役者だ。

それが、シングルファーザーをやってるわけです。

もちろん、天下の成田屋です。

お母さんもいるし、妹もいるし、亡き麻央ちゃんのご両親もいる。

お弟子さんもたくさんいるし、なんならお手伝いさんもいる。

誰もが全力で、彼をサポートしているはずです。

でも、小さな子供の親の代わりにはなれない。

ふたりのまだ小さな子供。

お母さんをなくしてしまった子供。

あたりまえですが、親の愛情が、手間が必要です。

抱きしめてあげるあたたかい腕が必要です。

それを、海老蔵は独りでやってる。

お父さんとお母さんを両方やってる。

ぶっちゃけ、麻央ちゃんが入院してるころから、ずっとです。

その重要な仕事だけは、誰にも代われません。

奥さんは、単なる奥さん(お母さん)ではない。

歌舞伎の世界では、じつに重要な働き手です。

来年は、團十郎の襲名がある。

勸玄くんは同時に、新之助を名乗る。

襲名披露の準備だけで、本当は手一杯のはずです。

おまけに来年は、オリンピックがあります。

海老蔵はそこでも、重要な役目を果たす。

そういうときに、伴侶がいないのは辛い。

本当に辛い。

精神的にはむろんですが、実際に、手痛いはずです。

海老蔵にとって安らげる、甘えられる人がいないのは辛い。

海老蔵を支える大きな存在がいないのが、辛い。

・・・わたしは、麻央ちゃんが大好きでしたので、ね。

はやく再婚しろよ、といってるわけじゃありません。

彼女を責める?変な人もいるけど、お門違いも甚だしい。

でも、誰かがいてくれたら、と。

そう願わずにはいられません。

海老蔵が最近、歌舞伎俳優の 「働きかた改革」 をいってるでしょう?

あれ、本当に必要だと思うよ。

奥さんがいても、必要です。

いないなら、なおさら。



ふたつめ。

市川海老蔵 休演のお詫びとお知らせ

歌舞伎座「七月大歌舞伎」7月16日(火)公演についてのお知らせ

歌舞伎座「七月大歌舞伎」7月17日(水)以降の公演についてのお知らせ

歌舞伎俳優が、病気や怪我で休演を余儀なくされるとき。

あんまり芸能ニュースでは語られないけど、ルールがあります。

※わたしの情報がもし古かったらごめん。

舞台に穴をあけるというのは、もちろん、彼らにとっては最悪の事態です。

たいていは強い薬や注射を打ってでも、必死に舞台に出続けます。

ただ、それでも、ダメはときはダメだ。

たいていの場合は、その月の芝居に出演している誰かに代役を頼みます。

歌舞伎の場合は、伝統的なレパートリーが多いでしょう?

だから、急に代役を頼まれても、その役を演じたことのある俳優がいる、ものです。

必ずいるとはいえないけど、たいていはね。

有名な役なら、そもそも台詞を覚えているケースも多い。

だから、いきなりの代役が成り立ちます。

(稽古も見ているので、その役者独特のアレンジとかにも、ある程度なじみがあります。)

ただ、問題は衣装です。

いや、むしろカツラかなあ。

衣装やかつらは、その月の公演のために、その役者ごとにぴったりと調整します。

新調するにしろ、そうでないにしろ、完全なオーダーメイドです。

特にかつらは、まあ、他の人のものは使えない。

つまり 「明日から ×× のお役を引き受けてね!」 といわれると、あれだよ。

床山さんも、衣装さんも、もちろん代役の役者の付き人や部屋子たちも、まず眠れない。

不眠不休で、急ごしらえの準備をします。

代役の相手方をつとめる役者も、たぶん深夜まで、急な稽古につきあう。

大変なことらしいですよ。

なので、休演はだいたい3日ごと、だと聞いています。

一度お願いしたら、少なくとも3日間は代役をやっていただく。

その間に治れば、頭を下げて4日後からは復帰する。

無理そうなら、さらに3日おねがいする。

海老蔵の場合でいうと、15日から17日までがお休み。

18日から復帰の予定。

演目を見ると、伝統的な 「素襖落」(すおうおとし) には代役に右團次さん。

「外郎売」(ういろううり) には、聞くところによると、市川新蔵が代役・・・いや、ちがうなあ。

成田屋の番頭さんみたいな(亡き團十郎の)お弟子さんですよね。

ちがってたらすまん。

彼は外郎売の役をやったわけではなくて、勸玄くんの舞台での付き添いかな。

※ごめん、確かな情報は今のところ見つかりません。

教えてほしい・・・(笑)。

口上は梅玉(ばいぎょく)さんが代わりにつとめたというから、そこかな・・・?

夜の部は、運が悪くというべきか、海老蔵の13役早変わりです。

ほぼ、彼のオリジナル。

これには代役を立てようがない。

いや、お弟子さんの中には誰か、できる人がいるかもしれませんよ?

台詞とお芝居の動きだけならね。

だけど上記のとおり、海老蔵用にしつらえたすべての衣装とかつら。

こればっかりは、代わりは立てられないでしょうね。

つか、海老蔵以外の誰が演じようと、お客様は納得しないでしょう。

アンダースタディではお金はとれない。

海老蔵を見にいく、芝居ですもの。



みっつめ。

海老蔵と「外郎売」は、なんか、相性が悪いんじゃなかろうか。

不吉な因縁があるんじゃ?

ふと、そう思ったわたしです。

なぜか?

もう10年近くも前だけど、こういういきさつがあるからです。

海老蔵代役「片岡愛之助」評判!「こっちの方がいいんじゃない?」

ええ、あれです。

若き日の海老蔵の、例のやらかし。

殴られて、謹慎処分。

(よく考えると、暴力沙汰の被害者なのに、いやまあ叩かれたよね、ほんと。)

あのとき海老蔵が舞台に開けた穴を埋めたのが、愛ちゃんでした。

演目はもちろん、外郎売。

これをきっかけに愛之助はブレイクを果たし、やがて「半沢直樹」の出演につながった。

なつかしい。

(^~^;)







●ともあれ

海老蔵の復活を、心より祈る次第です。

かけがえのない存在です。

海老蔵ね。

成田屋もね。

長生きしてほしい。

では、またね。。。



【17/07/2019 20:34】 歌舞伎2013~ | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

06月 | 2019年07月 | 08月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。