人間の人間たる所以

●しかし・・・

コロナって残酷だ。

感染拡大を防ぐために、いろいろと我慢する。

それはもう、しょうがないと思う。

日本はまだ (世界からみて) 恵まれていて、おおむねご飯は食べられる。

きれいな水道水があり、ガスも電気も通信も異常はない。

衛生的で、医療レベルもそこそこ高い。

命があってなんぼ。

それは本当だよね。

今は、そこが最優先。

それはみんなわかってると思う。



だけどさ、人間はそういう 「最低限」 だけじゃ生きられない。

生命を維持するだけでは、まっとうな社会生活とはいえない。

娯楽とか息抜きとか、なんていうの?

生きる糧というか、よすがというか、人生の彩りというか。

必要最低限以外の何か、が必要なんですよね。

よくばり、ではない。

本質的に、人間が動物とちがうのはそこじゃないかなあ。

(動物にも、娯楽が必要な種類もあるのかもしれないけど。)

高尚なものばっかりじゃなくて、ときにそれは猥雑だったりもする。

ときにはおしゃべりとか、単なるご飯だったりもする。

いっとき消費されるだけの、そういう楽しみの存在。

それが奪われるのってつらい。

それにかかわる、それを提供する人たちは、大変な目に遭ってる。

音楽や、お芝居や、テレビ番組。

各種スポーツ。

提供する側は、それができないことで甚大な損失をこうむっている。

享受する側は、それがないことで精神的に非常につらい。

単につまらない、じゃないと思うのね。

ひいきの役者を観れないとか、好きな歌手のライブに行けないとか。

応援してるスポーツ選手の活躍を見られないとか。

あるいはもっとシンプルに、友だちとごはんに行けないってのも。

子供たちにとっては、部活ができないってのも。

塾やお稽古に行けないのも、同じだね。

ソーシャルな生物である人間が、そのソーシャルな部分を奪われている。

生きる楽しみ、慶び。

生きる目的。

生きがい。

そういうもの一切をあきらめて、生命の維持だけに集中しろって。

そういわれてるのが、現状だ。



戦争にたとえるのはあんまり好きじゃないけど、たまに本当かもしれないと思う。

自分が、家族が、コミュニティが生き残ることだけを考えろ。

楽しみなんか望むな。

贅沢は敵。

毎日サバイバルできたらそれでいい。

―――ねえ。

そういう価値観に生きろ、っていわれてるみたい。

戦時中か。



ひとが集うこと、ひとが愉しむことをひとつひとつ潰す。

命を奪うのは稀でも、ソーシャルな社会のコアを奪う。

人間の人間たる所以を殺しにかかる。

コロナは悪魔だ。

死ねよウィルス。

マジで。







●コロナは

わたしから、歌舞伎を奪った。

4月の新橋演舞場と、もしかすると5月の團十郎の襲名披露。

メジャーリーグも、日本のプロ野球も奪った。

どちらも今や、今シーズンが開幕するかどうかもわからない。

『半沢直樹』も、その他のドラマも収録が遅れていてはじまらない。

カメラを持って散歩する自由すら、制限してくる。

そして何より、お茶会。

5月のお茶会は決行する気でいるけど、暗雲が立ち込めている。



上記はわたしの場合ですが、みなさまにもたくさんあるでしょう。

キャンセルになったイベントや、行けなかった場所。

会えない人。

本当にしんどい。

しんどい。

恐怖にさいなまれながら生活を維持するのは大変だけど、それ以上に。

心が死んでしまう。



では、またね。。。


【07/04/2020 11:39】 社会・時事ニュース | Comments (0)

いよいよ。でも。

●たくさんの

コメントやアドバイス、いつもありがとうございます。

感謝しています。



さて。

報道によれば、いよいよ緊急事態宣言が出るらしい。

ほう。

冷静に、いきましょう。


都市は封鎖されません。


仕事へは行けます。

(リモートで仕事ができる人はそのほうがいいけど、経営者が決めることだね。)

食べ物や日用品の買い物もできます。

物流は止まりません。

つまり、日常生活はおおむね今と同じ。

同じなのです。

パニック買いとか、要らないはずです。

スーパーやコンビニは基本、平常どおり営業するよん。



きっとね、長丁場になります。

残念ながら、そう思います。

1か月っていうけど、もっと延びるかも。

緊張感を持つのはいいけど、あまり身構えると続かない。

疲れ果ててしまう。

すでにもう、疲弊してるのに。

だからリラックスして、なるべく平常心で。

我慢できることは我慢して。

そう心がけたいと思います。



電車の本数を減らすという説もあるけど、どうだろうなあ。

やめたほうがいい気もする。

満員の通勤電車、たしかに前よりは減りました。

でも、体感で2割とか、3割ぐらい。

ぎゅうぎゅう詰めじゃなくなって助かった、ぐらい。

それでも他人と距離をとるのは難しいよ。

欧米でいうようなソーシャル・ディスタンスはない。

無理。

本数が減ったら、また混んでしまう。

せっかく極度の密着からちょっと逃れられたのに、元の木阿弥。

んね。

少なくとも、朝夕の電車は減らさないでほしいな。

終電の時間を早くして、みんなが早く帰宅するインセンティブに。

・・・と思うけど、あれだ。

シフト勤務とか、夜遅くに仕事するひともいるから、それも問題か。

医療従事者も、物流を担うひとたちも、真夜中に仕事するものね。

都市部にとって、鉄道やバスはライフラインです。

水や電気と同じくらい、なくてはならない。

簡単に、減らすとかいわないでほしいなあ。



worldcorona_7april2020who.jpg







●昨日のつづき

補足してみる。

わたしは誰もが認めるぐうたらで、お掃除ダイッキライ(できない)人間です。

汚部屋ですみません。

が、矛盾するようだけど、強迫神経症的にきれい好きでもある(笑)。

自称ですみません。

一例ですが、電車のポールやつり革にほぼ触れません。

自分のバッグを地面に置くことができません。

オフィスの自分のデスクやファイル、キーボードや電話などを、毎朝しつこく拭きます。

他デスクの受話器に触れません。

他人が触れたキーボードやマウスもダメなので、他者が触れたら都度ふきます。

(そのひとがきらいとか、バッチイ扱いしてるわけではない。)

帰宅したとき、着ていた服でそのまま自分の部屋やベッドに行けません。

靴を脱いだあとの靴下で歩くルートが決まっている。

すぐに脱いで、除菌ウェットで最低でも足だけはゴシゴシ。

(というか、ほぼ服は玄関で脱ぐ・・・うぎ。)

特にコートは、玄関から中に持ち込まない。

週末ごとに洗う。

(洗濯機で洗えるものしか着ない、ということでもある。)

部屋の掃除はろくにしないくせに、変ですよね。

矛盾だらけ。

自分勝手な話です(笑)。

そういう人、結構いるんじゃないかなあ。

コロナに関係なく、前からそうなのね。

花粉とも関係ないし、いわば自分がイヤだってだけのマイルール。

うは。

今はコロナがこわいので、過敏になっています。

実家に戻ったときの行動も、その延長です。

外で着た服は、家では着ない。

部屋着にする服は、洗いたてだけ。

そうじゃないと、ろくにソファに座ることもできない(笑)。

矛盾だというのは、あれです。

そこまでするなら、帰宅したらダッシュでお風呂に行けばいい。

着てるもの全部を洗濯機にダンクして、全身きれいに洗えばいい(笑)。

夏はだいたいそうだけど、冬は・・・徹底されていない。

うひ。

気持ちの問題というのは、そのあたりが理由です。

サイエンティフィックではなく、マイ衛生ルールにしたがっているだけ。

(^~^;)



では、またね。。。


【06/04/2020 20:05】 社会・時事ニュース | Comments (0)

寒い

●今日は

寒かった。

昨日とはおおちがい。

(^~^;)









小鳥さんの真似をして、あげてみる。

今はアメリカもヨーロッパも、もちろんアジアも、自分たちのことで手いっぱい。

なかなかアフリカの心配をする余力がない。

・・・ようだ。

自国の国民を守るのが精いっぱい、なのは本当だ。

でも、アフリカ。

コロナできっと、壊滅的な打撃を受ける。

エイズ禍がそうであったように。

大勢の犠牲者が出る。

感染者数が非常に少ないのは、検査どころじゃないから。

(日本も検査数は少ないけど、理由はちがう。)

清潔な水にアクセスすらできない人が多く、医療が行き届いていないからと思われる。

コロナの猛威にきっと無力だ。

どれだけひどいことになるか。

他人事ではない、と思うのね。

人道的な理由だけではない。

変容したコロナの第二波、第三派の震源地になりかねない。

We are the world.

世界がこれだけ繋がってしまうと、よそ事はない。

彼らの感染爆発はいつか、我々にもはね返ってくる。

むろん、そうならないことを祈りますが。







●事情があって

実家に行きました。

外出自粛の要請に従えないときも、たまにはある。

(なんというか、それでも後ろめたい気持ちはあります。)

高齢のご家族がいる方はわかっていただけると思いますが、本当にいやなものです。

いつも以上に神経をとがらせて、念入りに予防する。

自分の体調に、とにかく敏感になる。

着るものも持ち物も、ぜんぶ家に入る前に除菌する。

玄関より中に、なにも持ち込まない。

手洗いうがいは当然ですが(コロナに関係ない習慣)、部屋の窓を開けて、換気を徹底する。

うっかり家にウィルスを持ち込んでしまうのではないか。

自分がもしも、症状の出ないタイプの感染者だったらどうしよう。

(そうでなくても、潜伏期間が異様に長いのに。)

どんなに注意していても、ありえないとはいえない。

リスクはある。

絶対に排除できない。

つねに漠然とした不安がつきまといます。

本当に怖い。



電車も街も、さすがに人が少ない。

普段の半分以下かもしれない。

がらん。

閉店してるお店も多くて、閑散とした印象でした。

すでに疲弊しています。

ひとも、ビジネスも。

春なのに。

学校に行けない子供たちのことも、本当に気になる。

あるべき日常を奪われている。

これだけ長期的に、まともに学校で勉強するチャンスがない。

将来、どれだけ悪い影響が出るだろう。



DVの増加も心配です。

親子間、夫婦間。

老人ホームとか、そういう施設も。

いいたかないが、お金の問題は家族をゆがめる。

未来への見通しが立たず、ゆとりを失う人も多いでしょう。

ストレスにつぐストレスだもの。

政府が約束した?30万円。

あれ、もらえそうな人は激レアだものね。



でもこれ、きっと、あと何か月も続く。

「今だけの辛抱」 といいつつ、きっと長期化する。

新型コロナウイルスのせいで、世界は変わってしまった。

そう望むわけでは決してないけど、そう思った。

ポジティブになる理由が見えない。

楽しいことが、少しぐらいあればいいのに。



worldcorona_5april2020who.jpg



では、またね。。。


【05/04/2020 23:20】 雑談☆日々のあれこれ | Comments (0)

泰然自若

●なんというか

せつないのは、今年のソメイヨシノです。

東京で開してから、すでに2週間。

史上もっとも早い開でしたよね。

の日も、つよい風の日もあったけど、がんばってまだ咲いている。

もう葉っぱが出ている木ももちろんあるけど、まだ咲いてる樹木も多い。

見ごろがこれだけ続くって、すごい。

電車の窓からソメイヨシノを見るたびに、なんというか、いじらしいなあと。

じわり涙が出そう。

美しいなあ。

強いなあ。

こんなにきれいなのに、こんなにを保ってくれてるのに。

はかないはずのが、生命力を見せてくれてるのに。

でも、今年はなかなか振り返ってもらえない。

愛でてくれる人は少ない。

校庭に子供たちはいないし、都立公園には入ることもできない。

さみしい。

すごくさみしい。

感染症でみんな、手いっぱい。

どういう年なんだよ、2020年。

未知のウィルスで世界中の人間が汲々としていても、は咲く。

は咲く。



ん・・・?

春抱き』が・・・?

ナンノコトカナ。



ソメイヨシノは、都心ではそろそろ終わる。

だけど、これから遅咲きのが咲くからね。

のシーズンは終わらない。

まだまだ、これから。

北のほうでも、まもなく咲く。

咲き誇る。

人間がの下で浮かれようと、浮かれまいと。

泰然自若か。

それが自然の強さなのね。



自粛要請が出てるので、人混みには行きません。

だけど、不要不急か・・・?

を見に行くのが・・・?

気持ちがねえ。

今年のの美しさ、尊さは、今年の春しか見られないのに。

うにゅ。

納得しがたいと思ったりもする。

あんまりにも、心がそわそわする。

(^~^;)

今ががまんのときだって、わかってますけどね。







●それでも

ふと思い出す。

いま世界中で、どんだけの人が苦しんでいるのか。

自分も苦しみたくはない。

自分が、誰かを苦しめたくはない。



worldcorona_4april2020who.jpg



news_4april2020a.jpg



news_4april2020b.jpg



news_4april2020c.jpg



ウィンブルドンの全英オープン中止。

平塚の七夕祭りも中止。

プロ野球もサッカーも、いつ開幕するかもわからない。

いつもそこにあるはずの日常が、どんどん消えていく。

(ρ_;)。。。



では、またね。。。



【04/04/2020 01:47】 社会・時事ニュース | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

03月 | 2020年04月 | 05月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。