しょーへー・・・ (*´∀`*)

●毎日

仕事から帰ってくると、夜の11時とか。

それより遅かったり。

とんでもなく忙しいです。

あぐ。



しかし、変な夏だなあ。

暑いのは、まあ、もちろん。

7月の、あの悪夢のような酷暑ほどじゃない、けど。

深夜の気温は、ちょっと下がって来た。

暑すぎたせいなのか、セミがおかしい。

※キライです。

あんまり鳴いてないし、あんまりその辺でぽっくり逝ってないし。

※いないほうがいいです。

ミンミンまだ聞こえるし。

たまに。

死に絶えたとしてもわたしの胸は痛まないが、でも、まあ、風物詩だし。

そういう意味では調子が狂う。

かもね。



そういえば、蚊もほとんど見ない。

暑すぎると動けなくなるとか、どこかで聞きました。

マジか。



数日前から、リンリンは聞こえるようになった。

真夜中ちかく、帰って来るじゃない?

「おや?」

かすかに、りんりん。

近くの駐車場とかで。

クソ暑いのに、それでも秋の虫は生息してるらしい。

秋の虫には詳しくないので、声で聞き分けはできません。

りーりー。

そうか。

君はいてもいいよん。

ヾ(´▽`;)ゝ







●そして

大谷翔平くん。

投手として復帰するために、ちょっとずつ準備をしてるらしい。

それは嬉しい。

本人も投げたがってるし。

でも、やっぱり心配だよね。

靱帯の部分断裂って、そんなにすぐに治るもの・・・?

ほうっておくといずれは治る。

というのは事実ですが、いや、でも。

まだ2か月ちょっとしか、経ってないですよね。

なにしろ本人が投げたがっている。

チームも彼の投手としての復帰を待ち望んでいる。

ファンも、いうに及ばず。

そんな中で、ダメなもんはダメだ、って。

彼の長期的なキャリア展望。

彼の腕の、肘のためにいちばんいいこと。

何か月かかろうと、回復に必要なら休ませる。

それを断固として主張して、押し通す人はいるんでしょうか。

たとえそれが、ポピュラーなことじゃなくても。

んね。

それはひそかに心配です。

報道によれば、あれだ。

大谷くんの治療方針とか、そういう大きな判断が必要なときには、ネズ・バレロが呼ばれるらしい。

大谷くんの代理人です。

エージェントって、契約交渉で登場するイメージですけど、それだけじゃないのね。

クライアントの利益を包括的に考えて、アドバイスする・・・らしい。

彼が、正しい判断をしていてくれることを祈る。

「休むべきときでも投げたがる」 (栗山監督談)

大谷くんの意志よりも、エージェントのほうが信頼できるかも(笑)。

まあ。

あれです。

エンジェルズのGMも、ちゃんと考えていてくれると思いたい。

目先の利益だけじゃなくて、5年後、10年後の大谷くんのこと。

エンジェルズは、彼との契約が6年あるからね。

せっかくの金のたまご。

使い捨てにはしない。

だろう。

と、思う。

(^~^;)











うひひ。







●では、

またね。。。


【17/08/2018 06:36】 スポーツ | Comments (0)

アツ━━━━(´Д`υ)━━━━・・・

暑い・・・

いつになったら、氷河期が (以下略)。

(((((((;´д`))))))))))

暑すぎ (以下略)。

(((((((;´д`)))))

溶 (以下略)。

(((((((;´д`));;






●では、

ま。。。


【16/08/2018 23:58】 雑談☆日々のあれこれ | Comments (0)

あぢい。よね。

●おばちゃんに

なると、涙もろくていけない。

うるうる。

うむ。



山口県のどこかで、2歳の男の子が行方不明になったニュース。

2歳ですよ。

まだ赤ちゃんに毛の生えた程度。

そんな小さい子が、2日だか3日だか、いなくなったという。

表向きはいわないけど、内心やっぱり

「事故なのか、事件なのか。いずれにしても、もう・・・」

って、心がざわざわしていたと思います。

よくない想像。

しちゃうよね。

いやな感じしかしない、と思っていたら、

「無事に見つかった!」

という報道が。

よかった。

ああ、もうね、本当によかった。

うわーん。

はるばる大分県から捜索に参加したボランティアのおじちゃんが、見つけたんですって。

それも、森に入ってわずか20分で。

すごいとも思うし、地元の警察は何をしてたんかい、とも思う。

いずれにしても、ホントによかった。

男の子が、わりと元気らしくて二重によかった。



しかし。

誰も責められるべきじゃないとは思うけど、不注意は不注意だよね。

ほんの1分、2分。

ほんの50メートル、100メートル。

ほんの 「うちの玄関先」。

その 「ほんの」 一瞬の隙に、いなくなった子供の話が多すぎる。

しょっちゅう聞くでしょう?

いつものショッピングセンター、とか。

いつもの駐車場、とか。

おじいちゃん、おばあちゃんのおうちの前、とか。

本当に怖い。

予測がつかないものね。

子供ってさ。

そして、誰もが今回のように、運がいいとは限らない。

必ずしも、探すのが上手なおじさんに助けてもらえるわけじゃない。

不幸な事故が起きたり。

意図的に、悪い人に連れ去られたり。

・・・こわいことのほうが、世の中多いものね。



ともあれ、無事でよかった。

怖い思いをしただろうけど、でも、元気でよかった。

うる。







●終戦記念日

実際に、終戦を体験した世代は、もう少ない。

ですよね。

うちの両親は、かろうじて、その日のことをそれなりに覚えています。

高齢だからね。。。

でも、それでも、昭和20年には小さな子供だったわけです。

戦争体験はたしかにあるのですが、それはあくまで、子供としての体験です。

疎開先でのあれこれ、とかね。

おとなになってから考えると、かなり限定的な記憶でしかない。

戦争体験を語る、というほどのものではない。

それでも、今のうちに、聞いておきたいなと思います。

できることなら、孫たち(わたしの甥っ子ちゃんたち)には、知ってほしいなあ。

学校で、

「おじいちゃん、おばあちゃんの戦争体験について聞いてくる」

とかいう宿題が出ると、いいんですけどね。

(そういう宿題がわたしの子供のころはありましたけど、今はどうなんでしょうね。)

近くにいないから、ちょっとむずかしいかな。

昨年の

ふとしたきっかけから、両親に、なんとなく空襲のことを聞いたのね。

NHKスペシャルを見たから、かなあ。

そうしたら、出てくる出てくる。

今まで聞いたことのなかった、小さな話がいっぱいでした。

この歳になって、今まで知らなかった親の昔話を引き出して、なんというか、

「教えてくれればよかったのに・・・」

いや、自分からもっと聞けばよかった。

ってね。

しょうがないんですけど。

ふだん、話題にしないものね。

戦争を知ってる世代には、まだまだ、語ることがあるんだと実感しました。

知るって、大事ですね。

本当にそう思います。







●では、

またね。。。

【15/08/2018 22:50】 雑談☆日々のあれこれ | Comments (0)

夏休み?

●そんなものは

わたしにはない。

※以下グチ。

あるわけねえ。

ちぇっ。

8月13日、14日、15日。

ふつうにお仕事ですとも。

ぐう。



通勤電車はね、ちょっとすいてる。

それはいい。

ただ、ガラガラではない。

全然ない(笑)。

むしろ、でかいスーツケースをゴロゴロ引きずった観光客。

思わず二度見しちゃうような、奇妙キテレツな服装の外国人さん。

でかい人も、ちっさい人も。

日本人も、そうではない人も。

くっさい人も(きつい香水)も、くっさい人(タダナラヌ体臭)も。

まあ、いっぱいいますね。

みんな、楽しそう。

賑やかで、エネルギッシュだと思う。

ホント。

夏がキライなわたしにとっては、

「このクッソ暑いのに、何がたのしくて日本になんか来るんだよ・・・」

(げんなり)

って思っちゃうけど。

ヾ(´▽`;)ゝ

それはわたしの偏見ですね。

夏休みだもん。

そりゃあ、旅行をしたくもなるでしょう。

暑すぎて、倒れないといいけど。



そういえば、先週はヨーロッパからのお客さんが立て続けに来ました。

ルーマニア、フランス、ポルトガル。

続いたのは、偶然ですけど。

こんなバカンス真っ最中の時期に、わざわざ東京に出張で来るなんて。

「こんなに暑いのに・・・」

というのは、ほぼ社交辞令ですね。

でも、あれだ。

ご存知かもしれませんが、異常な暑さは日本だけじゃない。

ヨーロッパも、実は大変なことになっています。



Weather Maps Max temperature Europe WeatherOnline14082018



ね、真っ赤でしょう。

「うちのほうなんか、45度だよ」

うんざりした表情で、ポルトガルのお兄さんはいってました。

うげえ。

45度とか。

生きていけない・・・(汗)。

(((((((;´д`)))))))







●夏休みはないけど

最近の、ちょっとカルチャーめいたこと。

先月ですが、川崎に行きました。

死ぬほど暑い週末でした。

(36度、とかだったと思う。ふへ。)

ミューザ、というコンサートホールがありまして。

ご招待で、リサイタルに行ったのですね。

オーケストラ、すんごい久しぶりでした。

サマーフェスタ、なる連続イベントの初日。

わたしの愛してやまないガーシュインの「ラプソディー・イン・ブルー」。

もっと愛してるかもしれない、バーンスタインの「シンフォニック・ダンス」。

いやあ、よかった。

本当によかった。

しみじみと、涙が出るくらい、聞きほれました(笑)。

んで、指揮者だよ。

ジョナサン・ノット

名前を聞いた瞬間イギリス人だと思ったけど、やっぱりそうだった。

じょなさんのっと。

イングランドやね。

いやあ、彼にも惚れた(笑)。

顔じゃなくて、髪でもなくって、その躍動する後ろ姿に。

好きな指揮者は、たくさんいます。

特に好きなのは、カルロス・クライバー。

ファビオ・ルイジ。

・・・などなど。

指揮している背中の躍動感、というか張りつめた美しさ。

が、ポイントかもしれない(爆)。

ホントよかったなあ。

じょなさんのっと、は日本にいることが多いらしいので、また聞く機会もあるでしょう。

※東京交響楽団の第3代音楽監督。

てへ。

ヽ(*´∀`*)ノ

あ。

ついでにいうと、声はダメでした(笑)。

うっかり動画でインタビューを見ちゃったけど、あはは。

残念ながら好みではない。

声は聴かないほうがいいかも、です。

うひ。



それから、横浜そごうの中の美術館ね。

偽物・・・いえ複製品・・・しかない、フェルメールの展覧会。

とてもよかったです。

全作品が並んでいる、というこの威容。

それだけで、ファンはへらへらしちゃうかもしれません。

デジタル複製。

フェイク?

まあ、そうだ。

そうなんだけど、作品を比較して、行きつ戻りつ、じっくりと楽しめる。

写真も撮れる(笑)。

ホンモノではないので、気軽に、無遠慮にじっと見ていられる。

空いてる。

・・・といっても、けっこう人はいましたけどね。

だけどもし(ありえないけど)ホンモノだったら、何重にも人垣ができて、混んで混んで、大変な騒ぎになると思う。

束の間、架空の贅沢を味わった気分です。

(*´∀`*)



秋は、本物のフェルメール

もしかすると、今度はオペラのじょなさんのっと。

・・・などと、勝手に目論んでいます。







●では、

またね。。。


【14/08/2018 22:49】 雑談☆日々のあれこれ | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

07月 | 2018年08月 | 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。