Pain is still raw

●こんな

しょうもないブログに、来てくださってありがとうございます。

拍手やコメント、たくさんいただいてます。

今回はさすがに、あれだもんね。

みんな、ぶつけどころのないもやもやとか、衝撃とか、憤りとか。

ォ━━(#゚Д゚#)━━!!

悲しみとか、怒りとか、そういうものを置いていく。

ぶちまけてく。

うはは。

そういうの、大歓迎ですから。

(*´∀`*)

どんどん言っちゃって。

がまんしてると、身体にわるい。



Tさま、いちどお会いしたいですね。

きっと一晩中おしゃべりできる(笑)。

お茶会にいらしてくれるなら大歓迎ですが、なにしろ遠い。

遠いですねえ。

うちのお茶会には、ときどき東北や近畿からきてくれる人もいますが、もっと遠い。

うーん。

わたしが京都か大阪に行ったら、もしかして会えるかな。



Mさま。

わたしはいまだに、あの言葉を口に出せません。

直視できません。

彼が・・・なんだって?

なにしたって?

いえない。

書けないし、口に出せない。

認められないし、認めたくない。

貴女のコメントを見てると、真摯に、立ち向かおうとしている。

理解しようとしている。

それゆえの苦しみを感じます。

強い。

わたしは、全然ダメですね(笑)。

もうね、完全に現実逃避してます。

しばらくは、そういうことにさせて。

痛いものは正視したくないのだ。

(^~^;)



では、またね。。。



【05/03/2020 23:53】 春を抱いていた | Comments (0)

In denial...

●人間の脳は

とてつもない、耐えがたい痛み、悲しみに遭遇して

「フリーズする」

「否定する(なかったことにする)」

「打ちのめされ、ただ嘆く」

・・・などの反応を見せるといいます。

どこかの脳科学者の受け売りです。

そうね。

わたしの個人的な考えでは、まっすぐに受け止めて打ちのめされ、嘆く人は、

「もしかしたら、心の強い人なんじゃないだろうか」

あるいは、とても心のまっすぐな人。

などと、思います。

勝手な想像です。



受け止めきれない。

信じたくない。

耐えがたい。

―――そういう気持ちが、逃避に向かうこともある。

否定って、そういうことだよね。

そんなことは起きていない。

そんなことは知らない。

なかったのだ。

そんな事実はなかったのだ。



わたしはそう思うし、そう信じています。

起きていない。

信じていない。

知らない。

知らねえよ。



他にも、山ほど考えたことはある。

冷静な心で考えたことも、激情にまかせて思ったことも。

それはきっと、たぶん、いつか、ここに書けるかな。

書けるといいな。

書けないかもしれないけど。

春抱き』は、ファンのものです。

でしょ?

ファンが思いたいように思って、いいじゃない。

見たくないなら、見なければいい。

受け止められないものを、受け止めなくてもいいじゃない。

やだよ。

やーだよ。



では、またね。。。



【03/03/2020 22:10】 春を抱いていた | Comments (0)

お茶会はやったよ。

●ご心配を

おかけしてすみません。

わたしは元気です。

たくさんの方が見に来てくださったのに、ブログ更新できてなくて。

申し訳ない。

ものすごく。

諸般の事情がありまして。



とりあえず、お茶会自体は盛況でした。

皮肉なことに、自粛の嵐が吹き荒れた東京で、数少ない 「決行」 イベントでしたので。

うは。

喜んでいいものなのか。

たくさんの退院お祝いをちょうだいしました。

本当に、ありがたくて。

涙が出ます。







●しかし、

うにゃ。

(たぶん) 期待されていることは、まだ書けません。

全然むり。

だが、ひとつだけ言っておこう。

春抱き』は終わらない。

わたしにとって、永遠である。

誰がなんといおうと、神様がどう決めようと、知らない。

岩城さん香藤くんがふたりずっと、ずっと幸せであること。

譲れません。

譲れるものか。



では、またね。。。


【02/03/2020 20:42】 春を抱いていた | Comments (0)

50歳!!!ヾ(*´∀`*)ノ

岩城さん

50歳。

半世紀。

50歳・・・うっとり。

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

お誕生日、おめでとうございます。

本当にめでたい。

ヽ(*´∀`*)ノ

本当に、本当にあなたが好き。

どうしようもなく、好き。

香藤くんと一緒にいるあなたが好き、でもある。

うは。



ずいぶんと長いおつきあいになりました。

でも、変わらずに好きだよ。

これからも、ずっと。

(//∇//)







●では、

またね。。。

【27/01/2020 23:11】 春を抱いていた | Comments (0)

(;´д`)ゞあちぃ~(´∀`;)ゞ (この夏43回目)

●ところで

すみません。

いちおう、ちょっと書くつもりではいるんです。

書きたくないわけじゃないのです。

最新の 『春抱き』 の感想。

サクラコンパス、ですね。

が、気力が・・・(汗)。

(^~^;)

あつすぎて。

ほぼシンデマス。

がんばって書きたい。

おばちゃんの体力、気力がもうちょっと、あればね・・・(汗)。







●ところで

なんか、久しぶりに大谷くんがホームランを打った。

いつぶりだろう。

16号が出てから、いったい何週間ぶりだ。

ほっとしました。



では、またね。。。


【08/09/2019 13:55】 春を抱いていた | Comments (0)

ごめん、最新の『春抱き』は・・・

●まだ

読んでおりません。

|||(-_-;)||||||

ごめんなさい。

忙しすぎて、ぜんぜん be-boy GOLD 買いに行けないという(汗)。

が、しかし。

珍しく?すばやく読んだ小鳥さんに、内容は聞きました。

いちおう。

ちゃんと聞いた、つもり。

だが。

わたしの感想は: 「うにょ???」

(^~^;)

うん?

なんだろう?

いろいろとすっ飛ばしている感じ・・・?

わかりません。

あぐぐ。

早く、読みたいよ~。



では、またね。。。



【29/08/2019 21:49】 春を抱いていた | Comments (0)

なくなるわけじゃない。

●雨・・・

なまけ者の節句ばたらき。

3日連続で雨とか、ないわー。

ひどい。

(途中から晴れたけど。)

あっついよりはいいけど。

休日出勤のいいところは、すこし電車がすいてること。

ちょっとだけ、ですけど。



オフィスは静かで、平和でした。

つか街に人があんまりいない。

連休中の空洞化か。

ふだん見かけない警視庁のバンは、新天皇即位にあたっての警備なのかな。

要人が来日してるときの機動隊ではなくて、白い地味な車。

オフィス界隈は (たぶん)皇室のみなさまの行動エリアではない、はず。

念のため、みたいな感じ?







●さて

平成最後の日。

サイトのレンタルサーバーの契約更新をしました。

「ゆすらうめ異聞」 は、ひとまず無事です。

そのはずです。



みなさまから、たくさんのお便りやコメントをいただきました。

春抱き』 がどうなってしまうのか。

来年以降どうなるのか。

心配でしょうがないファンのみなさんからの悲鳴にも似た声。

今のところ、何にもわかりません。

「ましゅまさんなら、なにかご存知なのでは?」

という問い合わせもいただいてますけど、ごめんね。

本当に、なんにも知らないのです。

期待はずれで申し訳ない。



終幕というからには、やはり・・・?

うん。

思うところは山ほどありますけど、一年先のことです。

まだ、わからない。

まだ、どうなるかわからない。

個人的には、先生の健康上の理由ではないことを祈る、としかいえません。



あのね。

岩城さん香藤くんがいなくなるわけじゃない。

春抱き』 がなくなるわけじゃない。

死なないし、減らないし、失われるわけじゃない。

愛は揺らがない(笑)。

誰にも奪えないもん。

いつでも、そこにある。

そう信じてます。



では、またね。。。


【02/05/2019 22:00】 春を抱いていた | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

03月 | 2020年04月 | 05月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。