忘れてはいない。

●たくさんの

拍手とコメント、本当にありがとうございます。

感謝しています。

ものすごく。



春抱き』コミックス。

もちろん、忘れているわけではありません。

新刊が出るたびに、嬉しい。

ほっとする。

たくさん売れて、次につながりますように。



内容的には、あれだ。

昔からのファンにとっては、なかなかつらいシーンが続きますからね。

楽しい! うれしい!

と、ひらひら浮かれる気分にはなかなかなれない。

・・・というのは、事実ですよね。

楽しくはない。

ま、それはしょうがない。

翔くん・・・というより、霧胡さんか。

存在が大きすぎる。

大きすぎる。

良くも、悪くも。



彼女が登場して、『春抱き』は根本的に変わったと思います。

これはもう否定できない。

避けられない。

長い連載の中のひとつのエピソード、では済まないもんね。

そんなもんじゃない。

それが受け入れられなくて、ものすごく辛い思いをしてるファンも大勢います。

と、断言しちゃう。

断言していいと思う。

わたしのところには、そういうひとたちからのコメントもいっぱい来ますから。



でも、でも。

先生がこの話を描いたのには、それなりの理由があるんだと思います。

わからないけど。

無責任な二次創作ではなく、本編で、こういう話が出てくる。

今後のストーリーに、永遠に影響を及ぼす。

あの人たちがいなかった頃には、二度と戻れない。

それだけのことをしたんだ。

それなりの覚悟というか、深謀遠慮というか。

そこに何かあるんだろう、と思いたい。



今回のコミックス。

落ち着いて読みながら、それをずっと考えていました。

ずっとよ。

春抱き』のハッピーらぶらぶ、傍若無人にふたりの愛しかない世界。

岩城さん香藤くんがいれば世界が完結した、そんな物語。

そこに、ぽとり。

あえて黒い墨を落とした。

もはやどれほど洗っても、洗っても、染みは決して消えない。

なかったことにはできない。

その理由。

今後の展望。

それをずっと、考えていました。

ずっと。



いずれ、また。

元気になったら、ここに書けるといいな。

考えがまとまれば、ですが。

そう思います。







●では、

またね。。。

【15/06/2018 02:15】 春を抱いていた | Comments (0)

雨・・・

●ああ、

だ。

アメダ。

AMEDA。

も近いですね。

うぐぐ。







●某さまからの

コメントに、思わずうひひ。

>そして、こんなに凄かったっけ?と、
>穴が開くほど香藤くんの腹筋を見つめる毎日。

ああ、うん。

わかりますー。

わたしもアレ、つい見ちゃう(笑)。

今度の表紙ですよね。

ヾ(´▽`;)ゝ

もうそろそろ、本当に穴があくかもしれません。

腐女子の熱視線、骨や筋肉をも通す。

あの身体で岩城さんを・・・というよりも、ですね。

この身体を岩城さんは(たまに)抱くのか、と。

ヨクジョーするのか、と。

そっち方面に脳内アラームが鳴ります。

やばいでしょ。

(*´∀`*)

野獣はどっちだ。







●オフィスでふと

先日、言われたこと。

「ほんっとーに、マジで、興味がないんだねえ」

「ほんと不思議!」

ヘ( ̄ー ̄)ノ

何のことかというと、芸能人ネタ。

(いい歳してこんな雑談、ホントすみません。)

・・・の一環である恋愛ネタとか、出産ネタです。

芸能ニュースの中で、なぜそれが話題になるのかわからないのが、

「アナウンサーのAさんが2人目の妊娠を発表」

「歌手のBさんが、ITベンチャー社長のCさんと熱愛発覚」

とか、そういうの。

なのです。

ヾ(´▽`;)ゝ

単にAさん、Bさんを知らないからというなら、当然かもしれません。

でも、仮に知っていても、やっぱり・・・なんというか、

ほお。

へえ。

そうなんですね。

という平たい反応しかできない(笑)。

好きかきらいかは、関係ない。

本音を言えば、なぜそれが芸能ニュースになるのかわからない。

単に、ヨソサマの恋愛ネタに関心がないの。

誰かの恋愛や結婚が発表されて、ショックを受けた・・・ことがない、気がする。

そもそも芸能人に対して、(妄想)恋愛目線で見ないからかも。

アイドルに萌えない、たぶん最大の理由ですね。

まして妊娠や出産に関しては、どうして発表する必要があるのかもわからない。

・・・んですけど、

「たぶん、産休に入ったりして芸能活動をしなくなるから、言わざるを得ないんだろう」

と理解しています。

業界内の連絡事項、みたいな。

(^~^;)

プライベートだもん、ほっとけ。

・・・そう思うのよね。



あ、でも。

不倫報道とかなら、まだ、わかるんだ(笑)。

わかるというのは変かな。

やってはいけないことが絡むのなら、そこにはまだニュースバリューがあるんだろうと思える。

未婚の母とかでも。

(放っておけよとは思うけど、日本ではあまり多くないから注目されるんだろう、と。)

カツマなんとかのカミングアウトとかは、

「おおー」

とは思った。

そりゃ珍しいから、ニュースになるのはわかる。

けどねー。

外野がどうこういうことじゃない(特に関心もない)。



自分の好きなタレントさん、有名人だったら? 

関心あるよね?

と思うけど・・・どうだろう???

芸能人では、思いつかない(笑)。

しいていうと、一部の歌舞伎役者ぐらいかなあ。

古すぎる価値観だと批判されるかもしれないけど、あの世界では、お嫁さんは大事。

超大事。

子供(息子)を産んでもらわないと、伝統芸能が死ぬ世界ですからね。

恋愛ならご自由にどうぞですが、結婚ならば、やはり気になります。

たとえば愛ちゃん(片岡愛之助)は、そりゃあ、自分的にはとても愛してますが(笑)。

「その人を選んだか・・・」

結婚相手がイヤとかではないですが、まあ子供は無理だろうなあ・・・と。

そこだけは寂しく思いました。

ま、余計なお世話だよね(汗)。

本人が幸せなら、それでいいさ。



それ以外では、気になるかなあ。

仮にオオタニくんが、15歳年上の美女と婚約! ・・・とか、ニュースになったら???

ああ。

そりゃ仰天しますね。

たしかに、無関心ではいられないかも。

|||(-_-;)||||||

腰を抜かすと思いますが、嫉妬はしないんじゃないかなあ。

彼の年齢に15歳を足しても、まだ30代じゃないか(笑)。

じゅうぶん若い!

ポイントはそこじゃなくて、

「あの究極の野球マシーンみたいな人が、女性との交際に時間を割いていたのか!?」

(まさか極秘デートにも、ミズハラ通訳が車で送り迎えか・・・!?)

という驚きかと思いますが、いや、待て。

20代の健康な男性なら、それは当然ではなかろうか。

ねえ。

ヾ(´▽`;)ゝ

むしろまーくんみたいに、いいお嫁さんを見つけてほしい。

年上とか芸能人とか、どうでもいい。

里田まいちゃんだって、結婚当初はさんざん言われていた。

でも、今はどう?

奥さんとしての評価はおそらく、最上級でしょう。

勝手な願望ですが、ああいう奥さんをもらってほしいですね。



あら。

すっかり脱線してしまった。

すみません。。。







●では、

またね。。。

【30/05/2018 23:22】 春を抱いていた | Comments (0)

『春抱きALIVE』 5巻、来月発売

●そうじゃないかな、

と思って(期待して)はいましたが。

でも、やっぱり決まるとうれしいですよね。

春抱きALIVE』の5巻。

ヾ(〃^∇^)ノ♪♪♪

6月9日に、発売決定したそうです。

・:*:・( ̄∀ ̄ )。・:*:・

※教えてくださった某さま、ありがとうね!

6月は基本的にキライ。

雨が降って暑いから。

(´-`).。oO...

香藤くんだけじゃなくて、小鳥さんのお誕生日も、6月なんですけどね。)

でも、『春抱き』コミックスが出るというだけで、生きていける気がする(笑)。

もうちょっとだけ、がんばろうと思えます。

ヽ(*´∀`*)ノ

うれしいなー。

わりとマジに、生きる糧です。

春抱き』。

ねえ。

加筆は当然、あるんですよね?(笑)

お愉しみ、ですよね?(笑)

( *゚w゚)

えへへ。

最近はほとんど見られない、傍若無人ないちゃらぶ。

そういうのを、見たいです(笑)。

無茶ぶり?

でも、それまでがんばって生きよう。

諦めずに生きよう。

そう思わせてくれる岩城さん、偉大です。







●え?

最近のオマエは、大谷翔平のことしか書かねえだろって?

ヾ(´▽`;)ゝ

いやあ。

それはそうなんですけど。

大谷くんはたしかに、今のわたしの喜びです。

希望の光。

えへ。

厳密にいうと、2016年の9月ぐらいから(笑)。

そのころに何があったかというと、個人的なことですが、いきなり入院しました。

あれはしんどかったなー。

目の前が真っ暗になったもんなあ。

※生死にかかわるようなもんじゃなかったけど。

ちょうどそのころ、日本ハムが破竹の勢いで、パ・リーグ制覇に邁進していた。

ソフトバンクに追いつけ、追い越せ。

大谷くんの活躍もあって、とても勢いに乗っていました。

その熱にたまたま触れて、それで感化されたんだと思います(笑)。

単純だから、勝ち馬に乗ったのかも。



でも、まあ。

今アメリカで、毎日キラキラ輝いてる大谷くんを見ると、うるっとします。

がんばってるなあ。

嬉しくて、楽しくてしょうがないんだなあ。

活躍もしてるけど、課題もいっぱい。

毎日がチャレンジで、それがたまらなく面白いんでしょうね。

未完の大器。

まだまだこれから。

それでいて、周囲をあっといわせてる。

なんかね、昨年までふつうに日本でプレイしてたのが、信じられない(笑)。

それも昨シーズンはケガで、まともに仕事できてなかったもんなあ。

ああ、そうか。

昨年まともに野球ができなかったからこそ、いま思いっきりできるのが楽しいんだね。

それはよかった。

(*´∇`*)



どうでもいいですが、不思議なことに。

一昨年たまたま日本ハムの躍動が目について、わたしはなんとなくファンになった。

贔屓のチーム、という意識はないけど。

でも、選手たちはみんなわりと好き(笑)。

エンジェルズのメンツも、同じです。

大谷くんがいるから見てるだけですが、なんかみんないいやつっぽい。

メジャーのわりには、殺伐としてないのよね。

ほんわかしてる、気がする。

それがまあ、チームが頂点に行かない理由かもしれないけど・・・(汗)。

ちなみに>>

ほんわかゆるい、と感じるのは、東部ヤンキーズと比較しての話だ。

カリフォルニアと、ニューヨークの違いだろうか。

まーくんがいるから何年も見ていますが、いつまでたっても、ヤンキーズは好きになれない(笑)。

選手たちにも、あまり好感は持たない、持てない。

(((((((;´д`)))))))

どうしてでしょうね。

※あくまでわたしの主観です。ファンの人にはすまん。







●では、

またね。。。



【12/05/2018 23:57】 春を抱いていた | Comments (0)

読んだ。

●ギリギリ

間に合って、閉店前の地元の本屋さんへ。

はい。

ちゃんと買いました、be-boy GOLD

2月28日。

うん。



で、読みました。

Tree ringsの最終話。

「あ・・・れ?」

うん?

えー。

えー。

そうなんだ。

そうなのか。

わお。

あぐぐ。

いろいろとびっくりしたので、読み返さなくちゃ。

このお話を通して読んでみよう。

ひとまず。







●というわけで

外は、なんかどしゃ降りっぽい。

音だけですが。

(((((((;´д`)))))))

朝までには、上がってほしかったなあ。

気温がかなり上がると聞いたけど、どんなもんでしょうね。

やっだー。

3月です。

もう。

信じられん。

では、またね。。。


【01/03/2018 06:03】 春を抱いていた | Comments (0)

いよいよ!

●今日も

また、やってしまった。

完全に寝落ち。

最近、ぜんぜんベッドまでたどり着けません(汗)。

気づくとPCの前で、もう朝。

完全に朝。

寝てるけど、寝てない。

この奇妙な脱力感。

いい歳のおばちゃんが、何をやってるねん。

ねー。

我ながら、げんなり。







●落ち込みますが

だからって、今から寝るわけにもいかない。

だから、がんばります。

いちおう。

そして、今日はbe-boy GOLDの発売日だ。

よね・・・?

なんとか仕事を終わらせて、本屋さんに飛び込みたいものです。

11時までやってる本屋さん。

間に合わせなくては(汗)。







●では、

またね。。。

【28/02/2018 06:25】 春を抱いていた | Comments (0)

もういくつ寝ると・・・

●今日はもう

力を振り絞って、起きました(笑)。

ホントならもうね、一日中ぐったり寝ていたかった。

このところ残業だらけで、エネルギー残量がゼロに近いし。

おばちゃんだし。

ねえ?

・・・なんですけど、幸か不幸か、小鳥さんと約束があって。

別にどこかに行くとかじゃなくて、単におしゃべりするだけですが(汗)。

「うぬ、起きねばならぬ・・・」

ならぬ。

ならぬ。

ならぬのじゃ。

と思ったタイミングで、彼女からメールが来ました。

着信音でわかる。

♪ぴろろん♪

ああ、うん。

わたしが寝すごすといけないから、起こしてくれたのか。

ほーい。

うーい。

へーい。



というわけで、まあ。

土曜日としてはまともに?すごしました。

よし、よくがんばった。

この程度で、自分をほめてあげる自分が痛い。

ヾ(´▽`;)ゝ



お昼ごろだったせいか、風はぬるめ。

あったかいな、と思いました。

春風。

そりゃもうね、2月も終わりだ。

いくばくかでも暖かくなってくれないと、困ります。

あれ・・・?

困る?

困るかな。

うーん。

よくわからない。

(((((((;´д`)))))))

ごく個人的なことでいえば、あんまり困らないかも。

春の花はいとおしい。

撮りに行きたい。

が、花粉が飛ぶし。

寒くなくなると途端に、暑い地獄がやって来る・・・気がします(汗)。

それはやだなあ。

んね。







●オリンピックは

実はほとんど見ていません。

拒絶してるわけじゃなくて、単に時間がないだけ。

(^~^;)

知人や友人から、話題はいろいろ入ってきます。

で、それをあとでネット動画でチェックする。

そのぐらい(笑)。

絶対王者だけ、見ます。

それだけで十分だと思うのよね。

他には何にも要らない。











えへへ。







●そろそろ

雑誌be-boy GOLDの発売日ですよね。

なんか、そんな気がする。

よね?

ということはつまり、お茶会だ。

わお。

今度の土日のどこかで、開催予定。

ひなまつり?

うんにゃ。

関係ないです(笑)。

春抱き』の展開については、いろいろと気になってしまう。

ドキドキよりも、心配が先に来る(笑)。

非常に悩ましく、非常に不安でもある。

が、それでもね~。

読まないってわけにもいかないでしょう。

うむ。

ハラハラしつつ、その日を迎えそうです。

では、またね。。。


【24/02/2018 23:36】 春を抱いていた | Comments (0)

岩城京介、4回目の年男

●なんだろう

春抱き』と出会ったのは、今から約13年前。

2005年のことです。

オギャアと生まれた赤ちゃんが、中学生になるぐらいの時間が過ぎました。

長いようで、短い。

短いようで、長い。



そんだけ経てば、そりゃあわたしも歳をとります(笑)。

春抱き』仲間もみんな、同じだけ年齢を重ねました。

当時はギリ若者・・・だったような気がしますが(ん?)、それも遠い昔。

あは。

今では、まあ、精神的に若いつもりの(というかいつまでもオトナになりきれない)オバチャンだわね。

残念?かな。

どうでしょう。

歳をとったなあ、と思うことが増えた。

成熟したなあ、と思うことはめったにない。

ヾ(´▽`;)ゝ



それなりに長いこと、ずうっと『春抱き』を好きで。

岩城さんと、香藤くんを好きで。

ひたすら好きで好きで、これ以上に好きになれるものはない、と。

決めてしまったけど、後悔はしてない(笑)。

迷うこともなかったなあ。

実際、2005年以降、これ以上に愛する作品には出会っていません。

たぶん、これからもない。

つまり、岩城京介。

おまえがパラダイス。

じゃなくて、おまえが俺の最後の女・・・じゃなくて、男だ。

うふ。

(´∀`σ)σ



熱が冷めることはない。

終わることもない。

だけど、それなりの年月が経ったぶん、愛のかたちは変わっているかもね。

暑苦しく、爆発的に、激しくそのことしか考えられない、みたいな。

そういう好きとは、今はずいぶんちがいます。

落ち着いているつうか、余裕があるというか。

まあ、他のことに、関心を振り向けることもある。

でも、それは、冷めたわけじゃないのよ(笑)。

自分では、そんなつもりはない。

だって、岩城さんが不動の一位だ。

世の中の何がどう変わろうと、それだけは変わらない。

絶対に。



いつも、いつでも、いつまでも。

心のど真ん中に、彼はいます。

あ、もちろん旦那と一緒にね(笑)。



いうまでもないですが、香藤洋二も好きです。

本当に好きだ。

めちゃくちゃに好きだ。

ここ最近のお話の展開で、よけいに惚れた。

岩城さんにじゃなくて、香藤くんにね。

彼だけがひとり、なんも悪くない。

本当に、まったく、後ろめたいことがない。

それなのに、いちばん苦しみ、傷ついている。

それなのに、絶対に岩城さんを責めない。

彼は今、ある意味で完全な被害者だと思うけど、本人はそういう考えかたをしない。

悩みつつ、でも迷いはない。

まっすぐに、前だけを見ている。

香藤くんがもがいている姿を見るのは辛いけど、それでも、彼は雄々しいよね。

しかも雄々しいだけじゃなくて、成長している。

ひとはこんなに強くなれるのか。

そういう意味で、尊敬もしています。



そして、最後の男。

岩城さんには、たくさんの注文があります。

でも、究極にはひとつだけ。

香藤くんを幸せにしてあげて。

貴方には、その義務がある。

貴方の人生に、彼を引き込んだ責任がある。

あは。

まさかこんなことを、岩城さんにいう日が来るとは思わなかったね(笑)。

いつもなら、逆です。

岩城さんを幸せにしてよね、と。

いつもなら、香藤くんにいいたくなる(笑)。



わたしは、年をとった今の岩城さんがいちばん好き。

今の香藤くんがいちばん好き。

あら。

ということは、今の『春抱き』がいちばん好き、ってことですね。

あは。

不思議だ(笑)。

大人になった二人の、抜き差しならない関係が好き。

パッションだけでは片づけられない面倒ごとも含めて、ふたりの人生が好き。

深化したふたりが好きです。

どうしようもなく。



というわけで、岩城さん。

お誕生日おめでとうございます。

健康に留意して、たのしく長生きしてね(笑)。

いつまでも、ふたりでいてね。

わたしはそれをずっと、ずっと見ていたいです。







●では、

またね。。。


【27/01/2018 23:41】 春を抱いていた | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

05月 | 2018年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。