とりとめのない話

●そういえば

バレンタイン・・・とは関係ないと思うけど、お土産として。

最近、もみじ饅頭をもらいました。

・:*:・( ̄∀ ̄ )。・:*:・

北海道に行ったら、白い恋人。

仙台に行ったら、萩の月。

京都に行ったら、生八ツ橋。

広島に行ったら、もみじ饅頭。

なんというか、ド定番ってありますよね。

・:*:・( ̄∀ ̄ )。・:*:・

いいよね、ド定番。

銘菓って、やっぱり理由があって銘菓だと思うし。

外さないって、それはひとつの価値観です。

安定感があるし、誰にも顔をしかめられたり、胡散臭げに凝視されたりしない。

「あ、広島行ったんだ?」

って、自然と会話がはじまったりします。

予定調和。

相手を驚かせない、って大事よね。



若いころは、そういうのをバカにしてました(笑)。

ヾ(´▽`;)ゝ

定番とか、予定調和とか大きらい。

・・・でしたね。

だから自分にしか思いつかない、なにかスペシャルなお土産。

「おお、さすが!」

ひと味ちがうと思われたくて、凝ったもの、珍しいものを探してました。

うん。

今ならわかる。

気負ってて、とんがってたんだなあ。

(´∀`σ)σ



たかがお土産じゃん(笑)。

無難でいい。

奇をてらわないでいい。

無難に徹するって、要は省エネですよね。

あれこれ悩まずに済む。

そこで ☆彡ありったけの自分のセンス☆彡 を披露する必要は、ない。

・・・ない、よねえ。

(´∀`σ)σ



不思議なものです。

歳をとったせいか、いろんな考えが変わってきた。

それを実感する毎日です。

見栄とか、自己顕示欲とか。

完全になくなったわけではないと思う(汗)。

エゴはある。

ありますね、残念ながら(笑)。

周囲から良く思われたい、ほめてもらいたいという気持ちは、いつもある。

あるけど、でも、以前ほど固執してない気はします。

評価されればうれしいけど、されなくても、とくに落ち込んだりはしない。

たぶん。

あればラッキー。

なくても、別にいい。

過度なアピールはしないし、正直する気力もないや(笑)。

「みんなとおんなじ」の価値を、今さらながら知ったというか。

あきらめ、とはちがいます。

普通に、淡々と毎日をすごす。

他者からの評価に動じない。

求めない。

気にしない。

それがいちばんストレスがたまらないと、気づいた感じでしょうか。

ヾ(´▽`;)ゝ



未熟な人格かもしれないが、それでもちょっとは大人になった。

なりつつある。

・・・そう思いたいですね(笑)。







●ちなみに

広島にはいちどだけ行ったことがあります。

厳島神社には、行ったことがない。

行ってみたくてたまらないけど、遠いよなあ。

毛利元就の厳島の戦いを調べて、なお行きたくなりました。

いつか、きっと。

いくぜ宮島。

では、またね。。。


【15/02/2018 07:07】 旅★たべもの | Comments (0)

おいしいは正義ってことで・・・

●10日は

前日と打って変わって、寒かった。

冷え冷え。

うぐぐ。

(--;)







●たくさんの

拍手とコメント、本当にありがとうございます。

応援してくださる言葉のひとつひとつ、身に沁みます。

発信してるのはわたしかもしれないけど、わたしのほうがみなさまの温かさに元気をもらっている。

あらためてそう感じます。

あ、もちろん!

意見がちがうのは全然へんだと思いません。

「わたしはそうは思わない」

は否定でも、攻撃でもありません。

わたしとちがう観点からのコメントは常に大歓迎です。

そこまで心は狭くない・・・と思いたい(笑)。







●TBのお題から

「好きなお餅の食べかたは?」

あー。

すんません。

この上なく保守的で、つまんないです(笑)。

磯辺焼き。

こんがり焼いたお餅を海苔で巻いて、お醤油ね。

(ひとによっては、お醤油に浸してから海苔、かもしれん。)

母のお雑煮。

関東風なので、かつお節で取ったおすましに鶏肉。

乗せるのはのの字(なると巻)と三つ葉、ときどき削ったゆず。

お椀の中ででろ~ん、うにゅ~ん、ととろけるお餅(角餅)。

(最近は市販の切り餅ですが、昔は、というか長いことお米屋さんが運んでくるのしもちでした。なつかしい。)

お餅は時短のために別に焼いておいて、最後に汁をくぐらせる感じですね、最近。

あうう。

書いてるだけで、よだれが出そう(おい)。

(* ̄¬ ̄*;)

これ以上おいしいお正月のごちそうがあるだろうか。

いや、ない。







●とある

新橋のラーメン屋さんが、お気に入りである。

特別に美味しいわけじゃないだろうけど、それなりに人気らしい。

ひとりで入りやすい。

これがたぶん、いちばんのポイント(笑)。

わたしはひとり牛丼だろうと、何だろうと特に気にしませんが、なんでしょうね。

ラーメン屋さんに関しては、おばちゃんになった今でもびびることが多い。

ハードル高い気がして。

が、このお店。

しれっと入れるようになってしまった。

せいぜい、月に1回ぐらいだけど(笑)。

混んでるとき、つまり行列ができてるときは行きません。

座りたい席が決まってるので、そこが空いてるときを狙います。

頼むものも、なんとなく決まりつつある。

基本の鶏ラーメンと、餃子と半ライス。

・・・うは、オヤジっぽい。

どちらかというと餃子がメインで、ラーメンのほうがおまけ。

ヾ(´▽`;)ゝ

結局、餃子が好きなんかい!

って感じですね。

うふ。

※ちなみに、わたしは餃子を食べるのに白いご飯がいる派です。

ヘルシーにはほど遠いので、頻繁には行きません。

というか、ヘルシーを気にしてたら、そもそもラーメン屋には行かないか(汗)。

うぐ。

でも、おいしいんだもん。

冬はとくに。

ヾ(´▽`;)ゝ







●では、

またね。。。

【11/01/2018 02:32】 旅★たべもの | Comments (0)

夜の日本庭園

●月曜日から

あー、疲れた(笑)。

まだ4日もあるのかあ。

しんどいですね。

(((((((;´д`)))))))

おう。

そういえば、金曜日はもう12月なんですね。

こわすぎる。







●暑がりのくせに

寒がり。

「冷えのぼせ」って、こわいのね。

解消は・・・なかなかむずかしい。

あぐ。







写真もまだ

整理できていないけど、書いちゃう。

先日、六義園の紅葉のライトアップを見に行きました。

寒いし、仕事の後で疲れるし、どうしようかと迷っていた。

だけどどうしても諦めきれず、数人で出かけました。

すごい。

あれは本当に美しい。

そこそこ寒いけど、風のまったくない夜でした。

池がね、まさに鏡のごとく庭園の木々を、岩石を、照明を映します。

水鏡、というやつ。

そこに、三日月が映る。

幽玄。

荘厳。

そんな言葉が思い浮かびました。

ポスターの写真よりも、ずっときれいです。

行ってよかった。

12月6日まで。







●では、

またね。。。

【27/11/2017 23:11】 旅★たべもの | Comments (0)

旅行の虫

●さっむ~い

一日でした。

最高気温が2ケタに、ギリギリ行くか行かないかぐらい。

11月の東京としては、かなり冷えました。

紅葉の本番はこれから。

これからよ!

これからなのに・・・(汗)。

(((((((;´д`)))))))

なのに、もう気分は冬です。

やーね。

明日も、似たようなお天気みたいです。

しばらくは冷える。

うん。

きゅっと冷たい空気はキライじゃないです(笑)。

寒い

うふふ。

(だけど、晴れてなければ意味がない。です。)







行のムズムズ

ほしいものがあるとき。

その 「欲しさ」 の度合いには、けっこう波があったりしません?

さほど欲しくはない、というかそのものを忘れてすらいるとき。

毎日まいにち気がつくと検索してて、価格を調べてて、もうそのことで頭がいっぱいなとき。

(そういう昂ぶりのの頂点で、ついに買っちゃう、みたいな?)

食べたいもの、でも。

行きたい場所、でも。

何でもいいんですけど、欲望の波(笑)。

押し寄せては引き、ひいてはまたやって来る。

そんな気がします(笑)。

ヾ(´▽`;)ゝ



わたしの場合は、カメラかなあ。

なにしろ今は日常的に稼働してるカメラが、2台しかない。

そのうち1台は黒くって重たい一眼レフで、常用するにはしんどい。

ということは、つまり、1台しかない(笑)。

これが不具合を起こしたら、一巻の終わり。

・・・これが危機でなくてなんでしょう(笑)。

この異常事態に陥って、もう何年かなあ。

新しいカメラがほしい。

新しいカメラがほしい。

いや、新しくなくてもいいや。

中古でもいいので、きちんと動くカメラがほしい。

ってね。

ヾ(´▽`;)ゝ

そう念じない日はないけど、それでも波はあります。

何か月か前かなあ。

若い同僚がひとり、

「もう使わないから、貸してあげるー」

とほぼ永久貸与してくれたのが、ニコンのミラーレス(かわいい)。

(彼女とは物々交換・・・っぽいのかな、リクエストどおりに、ビーズのアクセサリーをつくりました。)

あこがれの初ニコン!

めちゃくちゃにうれしかったのですが、あらら。

覗いてみると、レンズにカビが生えてました・・・(爆)。

※カビはレンズの外側ではなく、内側です。素人には取れません。

分解修理に出すゆとりもなくて、結局、泣く泣くお返ししました。

あれはショックだったなあ。



それ以来、ちょっと波が引いています。

かわりに最近むくむくと、の虫が(笑)。

どこかに行きたい。

どこかに行きたい。

ああどこかにに出たい、というアレです。

もともとわたしが体内に飼っている、つまり常在菌みたいなもの。

なかなか強力なので、再燃するとやっかいです。

それをなだめるために、最近ちょこちょこ出かけているのですが、これがね。

むしろ逆効果だったみたい(笑)。

(´∀`σ)σ

よけいにに出たくなってしまった。

駅などで行のパンフレットを集めて、うんうん言いながら検討してます(笑)。

検討してるうちに、虫がおとなしくなるといいなー。

そうじゃないと、大変なことになってしまう。

「え、3万円ちょっとで奈良に行けるの!」

うふふ、と。

妄想が広がります。

あそこにも行きたい、そっちにも行きたい。

でも、ここで邪念が。

「でも、その3万円があったら、新しいカメラが買えるじゃん・・・」

おっと。

長期化したカメラ欠乏症の逆襲。

行の虫と、わたしの脳内で延々とケンカしています(笑)。

あはは。

(^~^;)

アホっぽいですが、まじめな悩み・・・かも。







●かわいい~







もうすぐ会えるねえ。







●では、

またね。。。


【20/11/2017 23:05】 旅★たべもの | Comments (0)

好きこそものの

●TBのお題から

「好きな手帳のタイプは何ですか?」

いちばん好きなのはねえ、京都手帖です。

持ってるだけで幸せになれる、気がするから(笑)。

こまごまと書かれていることを、地道に読むのが好き。

地図を延々と眺めるのが好き。

http://www.mitsumura-suiko.co.jp/

京都でしか買えない、京都限定版がほしくて、ほしくて。

そのためにわざわざ、12月の後半に京都にをしたこともあります。

今年のも、どう見ても京都限定版のほうがいいなー。

うらやましい。

うぐぐ。



あ、あれ?

お題に合ってるんだろうか、この答え(汗)。



実用的な側面からいうと、月曜日始まりが好きです。

好きというか、月曜始まりじゃないとヤダ。

カレンダーも同じ。

土日って、繋がってるべきだと思うんですよね。

週末って、まとまった時間だと思うから。

土日の計画を立てるとき、隣り同士じゃなとやりにくい。

そして、これはみんながみんなじゃないのはわかりますが、

「一週間の仕事のはじまり」

って、月曜日だよなあ。

月~金でひとつのかたまりで、土日でひとつのかたまり。

そんな感覚です。

ヾ(´▽`;)ゝ







●先日

ごく偶然に、どういうわけか。

伊能忠敬についてのドキュメンタリーを見ました。

伊能忠敬(イノウタダタカ)、そう。

日本全国の海岸線を歩き倒して、精密な地図をつくったひとです。

伊能地図。

その当時、世界中さがしても、同じくらい精細な地図はなかったかもしれないって。

列強各国が、腰を抜かした精度だったとか。

グローバル・スタンダード。

それを鎖国中の江戸時代に成し遂げた、驚異の人物です。

で、なにがすごいってね?

もともと彼は千葉の裕福な商人で、一生懸命に商売をして、ちゃんと成功してさ。

いわばもういいだろうと、悠々と楽隠居を決めこんだのね。

そのとき、すでに50歳。

その当時の感覚でいえば、この時点ですでに十分に長生き。

そこで悠々自適の彼が、どうしたか?

「思う存分、好きな天文学の勉強をしたい!」

ひとり江戸に出て、幕府の天文方(という部署というか組織があった)の先生に弟子入り。

先生は19歳年下だったというから、息子みたいなものでしょうね。

「はあ? なんだこのジイサン・・・」

と思われたでしょうが、そんなの気にしない。

好きなことを勉強できるのがうれしくて、夢中になって研究した。

寝食を忘れて没頭した。

そのころ、西洋の学問はいろいろ日本にも入って来ていた。

地球が丸いというのも、ある程度は知られていた。

伊能さんは何を知りたかったのか?

地球が円球だというなら、どのくらい地球は大きいんだろう?

地球の円周を求めたい!

って、思ってたそうです。

なんだろう。

すごい。

科学知識欲というか、根本的に、探求心が旺盛なんでしょうね。

学者って、こういう素質がないとできないだろうと思います。



それで、いろいろあった挙句、とうとう蝦夷地の測量に出かけることになった。

地図づくりの始まりです。

(いちおう幕府から許可が出たものの、費用はほぼ自腹だったそうです。)

このとき伊能さん、56歳。

・・・56歳・・・???

どういうことなの。

それが端緒で、そこから延々と足かけ17年。

17年!!!

日本中をくまなく歩き、調べ、世界が驚嘆することになる地図をつくりあげました。

歩いた距離はすべて合計すると、なんと約40,000キロ。

この距離は、伊能さん自身がはじき出した地球の円周の距離とほぼ同じ。

鳥肌ものです。



厳密にいうと、全国の測量を終えて、最終段階。

いざデータをまとめて全国の地図をつくろうという過程で、彼は亡くなっています。

74歳。

弟子たちは伊能さんの死を伏せて、最終的に地図を完成させて幕府に献上したそうです。



学校で必ず習うから、伊能忠敬はみんな知ってる。

地図をつくった人だよね、って。

だけど、まさかこんなに凄まじいお人だったとは。

隠居のおじいちゃんの趣味からスタートして、好きこそものの・・・の精神で精進して。

天文学者になって、やがて幕府にも認められて。

幕臣に取り立てられて、全国津々浦々に名前を知られる有名人になって。

地図づくりが 「わたしの天命だ」 という言葉を残して死んだ。

すごい。

そして明治時代になって、朝廷から正四位の位を贈られています。

(かなり高い身分を追贈されたことになります。)



地図をつくることの意味。

現代のわたしたちにはたぶん、わからない。

当然ですよね。

実地で全国を歩いて測量する、その大変さは想像がつきますが。

(いや、想像を絶するかな。)

当時すでに、ヨーロッパやアメリカの列強が艦隊を派遣して、日本の近海にうろうろしていた。

アジアやアフリカの、ちょっと発展の遅かった場所は、どんどん植民地化されていた。

ロシアが、アメリカが、イギリスが。

隙あらば・・・と、日本を狙っていた。

そういう世界情勢を、幕府はある程度は知っていた。

国防のためにも、貿易のためにも、「領土」を知る必要があった。

その時点で日本人は、もしかしたら、「領土」というコンセプトもあいまいだったかもしれない。

伊能地図を見てはじめて、国土、国家、国民、国境・・・そういうものを認識したかもしれない。

・・・と、そんな説明でした。



そうなのか。

そうなるとますます、伊能先生の業績はすごいや。



そして、わたしは彼のような非凡はないけれど、

「人生、これからでも遅くない」

と、思わせてくれますよね(笑)。

60歳、70歳になってから、人生の絶頂期が来る人もいる。

好きなことに夢中になるのに、年齢は関係ない。

見返りも求めずに趣味に没頭したから、彼の偉業はあったのかもしれない。

うん。

あきらめることはない。

悲しむこともない。

淡々と好きなことに邁進すれば、道はひらけるかもしれない。

(*´∇`*)







●と、そんな

ポジティブな気分になりました。

伊能先生、ありがとう。

(まあ伊能先生は、空前絶後の天才なんですけどね。)

では、またね。。。


【17/11/2017 23:41】 旅★たべもの | Comments (0)

ぬーぼーっとね

●ふう

ぼーっと。

ぼんやりとオートパイロット状態で、朝の道を歩きます。

で、ふと。

目に留まったのが、駅前のコンビニのポスター。

「11月17日(木) いよいよ解禁!」

ああ。

あれか。

ボジョレー・ヌーヴォー。

ぼやーっと。

そっか、そういう時期かあ。

そう思ってポスターを通り過ぎてから 「ん?」 と思いました。

(。´・ω・)ん?

あれ?

あれえ?

11月17日・・・って、木曜日だっけ。

つか今日、木曜日じゃなかったっけ。

あれ、今日って16日じゃないっけ。

(--;)

混乱。



いや、ワインはどうでもいいの。

一部のひとたちが大騒ぎしようと、好きにして。

(かつての、バブル時代の狂騒を知ってる身としては、かわいいもんだ。)

本日解禁!なんとボジョレーの全生産量の半分は、日本に輸入されている!?

ボジョレー・ヌーヴォーの半分が日本に輸入されてようと、まあ、あれだ。

経済がまわっていいですね、くらいなもん(笑)。

めでたい。



が、しかし。

通勤途上で見かけたポスターのせいで、一日中もやもやしてました(笑)。

ネットで調べると、なんだ今日じゃんか。

11月16日が、解禁日。

・・・なのよね?

11月17日ってのは、単なる間違い。

しかしあれ、手書きのポップじゃなかったよなー。

カラー印刷されたものだった。

おかしくない?

なんでそんな間違いを???

(((((((;´д`)))))))

究極にどうでもいいことで、むだに脳みそを使ってしまった。

うぐ。



ちなみに、あれです。

普段ワインを飲むわけでもないわたしが、さらにどうでもいいことをいいますと、

「ボジョレー」

はなんか嫌です(笑)。

せわしない、せこい感じがしてしまう。

いつの間にそういう表記が増えたのかしら。

「ボージョレ」

だと思うのよ。

ぼー、じょ、れ。

そのほうがのんびり、言いやすいと思うの(笑)。

フランス語の発音はその中間ぐらいな気がするけど、どうでしょうね。

ふう。

ホントにどうでもいいな(笑)。



ロンドンにいたときは、ちょっとワインの勉強をしました。

ワイン通の友人に教わったり、テイスティングの会に参加したり。

好きだったというより、教養というか。

そういうのをある程度は、知識として持ってないとはずかしい。

そんなふうに考えていたのだと思います。

ヾ(´▽`;)ゝ

好きになれれば、よかったのにね。

もっと楽しめばよかった。

もったいなかったなあ。







●というわけで

すみません。

時間がないので、このあたりで。

では、またね。。。


【16/11/2017 23:32】 旅★たべもの | Comments (0)

秋ですもの

●TBのお題から

「おすすめの紅葉スポットは?」

わ、大変だ(笑)。

まじめにリストをつくり始めたら、きっと何日もかかってしまう。

♪ q(^-^q)(p^-^)p q(^-^q)(p^-^)p ♪

が、まあ。

ガイドブックやランキングでいつも上位に挙げられる、超がつくほど有名な場所はパス。

京都とか、鎌倉とか。

わたしがここに書かなくても、いくらでも情報がある。

・・・ので、それ以外で。

過去にこのブログに書きましたが、以下をピックアップします。

※いずれも十分に有名です(汗)。



☆大雄山最乗寺(箱根)

http://www.daiyuuzan.or.jp/

だいゆうざん さいじょうじ。

天狗伝説のある、スケールの大きな山寺です。

東京から簡単に日帰りできる距離にありますが、まさに別世界。

深山のおもむきがあります。

ここの紅葉は、紅蓮の炎です。

タイミングがあえば、二度と忘れられない鮮やかな紅葉に出会えます。

かなり歩きますし、登ります。

滑らないトレッキング靴と、リュックサックにお弁当は必須かも(笑)。

「でも、ましゅまろんどんが歩ける程度なんでしょ?」

と言われれば、まあ、そうです。

でもわたしは途中でくたびれてしまって、奥の院まで行ってません。

同行の同い年の友だちは、余裕できつい階段を上って行きましたけどね・・・(汗)。

散歩が好きな人なら、ぜひ。

写真を撮るのが好きなひとなら、絶対。

おすすめです。



☆仙石原 長安寺の五百羅漢(箱根)

https://www.hakone.or.jp/535

せんごくばら ちょうあんじの、ごひゃくらかん。

「アンタ、またそのネタかよ!」 って言われそう(笑)。

ええ、すみません。

またしても箱根、またしても長安寺です。

そしてここは、写真撮影や写生のメッカです。

土日・祝日はとても混みます。

でも、なぜかは行けばわかります。

目にも鮮やかな紅葉。

うっそうとそびえ立つ樹々。

意外なところに、小さな稲荷社。

雰囲気は、森林の中です。

そういえば、立派な竹林もあったなあ。

そして、山の斜面という斜面に、小さな石像がいっぱい。

五百羅漢・・・本当に500人いるかどうかは、知らない(笑)。

生き生きとした表情の羅漢がかわいくて、ユーモラスで、いとおしい。

「羅漢」とは何か?

っていうと、お釈迦さまのお弟子さんですね。

仏ではなく人間ですが、仏教の修行を積んだ人たち。

とても徳の高い、だけど人間らしさを残した表情をしてるのは、それが理由です。

笑っていたり、うーんと伸びをしていたり。

落ち葉のこぼれる境内に、いっぱいいます。

興味が湧いたら、ぜひ会いに行ってみてください。



他にもいろいろ、おすすめスポットはありますが。

きりがないので、ここで終わり。



まだ行ったことがなくて、行ってみたいのは、

☆養老渓谷(千葉)

☆国営昭和記念公園(東京都)

☆花園渓谷(茨城)

と、関東しばりで(笑)。

(〃∇〃)

全国に広げてしまうと、いっぱいありすぎますから。







●というわけで

木曜日は寒いみたいです。

また。

やあね。

おやすみなさい。。。


【19/10/2017 00:40】 旅★たべもの | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

01月 | 2018年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。