おやすみぴょん。

●たくさんの

激励・・・見舞いコメント、ありがとうございました。

感謝です。

(*´∀`*)

今回はわりと、持ちこたえているほうです(笑)。

バテてない。

仕事にも行く。

(最近のわたしは身体がしんどいと、つい自宅勤務を選んでしまう。あかん。)

週末はふたたび小鳥さんと ぼへ るので、寝込んではいられない。

ヾ(*´∀`*)ノ



某さま。

白桃、土筆、たで。

うるわしい言葉がいっぱいのコメント、ありがとうございました。

いいなあ、里山の春を連想しました。

昨年の水害でひどい目にあった桃の木たちは、元気でしょうか。

しかし。。。花粉症だったのですね。

お身体にあう薬があって、よかった。

どうかお大事に!

おっしゃるとおり、

「あの症状が、このしんどさが、実は花粉症(アレルギー反応)だった!」

という人は多いようですね。



実は、花粉で咳が出る人もいる、頭痛がする(熱が出て頭がぼおっと重くなる)人もいる。

皮膚炎になって、顔中が腫れる人もいるそうです。

友人のひとりは、泣きはらした後みたいに目と周辺が真っ赤になった。

俗にいう花粉症の症状=くしゃみ、鼻水 ではないから、気づかないんですね。

もしこれを読んで、よもや・・・? と思う方がいたら。

お医者さんに行ってください。

アレルギーかもしれない。

風邪じゃないかもしれない。

身体が疲弊して、悲鳴を上げているかもしれない。

アレルギーは治らないといいますが、症状は薬で止められます。

軽減できます。

毎日が楽になりますので、ぜひ。







●ちなみに

「自分のお葬式のときに、どのクイーンの曲を流してほしいか?」

とお母さまに聞かれたという、某さま。

なかなかファンキーな質問に、ちょっと笑いました。

実にいいお母さまだ。

遺書にそれ、書いておくべきですね。

つか、クイーン限定なんかい!(笑)



そうかあ。

わたしなら、どうするかなあ。

もちろんクイーンも好きですけど、他にもいろいろ候補があるなー。

うーん。

クイーンなら、「Fat bottomed girls」でお願いします。

グルーヴィーでハイになるから。



パッと思いつくのは、ラフマニノフ

ええ、あのピアノ協奏曲2番です。

あれで見送られたら、うっとり昇天まちがいなし。

※エクスタシー的な意味で(笑)。

(//∇//)



あるいは、さだまさし

好きな曲がありすぎて選べないので、ベスト盤でいいです。

♪運がいいとか 悪いとか~

・・・あうう。

辛気臭いわね(爆)。

♪昨日までの 君は死にました おめでとう おめでとう~

なんて、軽く悪趣味かもしれない(笑)。

うはは。

いいと思うわ。



もっとマジレスすると・・・やめた。

きりがないわ。







●では、

またね。。。

【15/03/2019 23:45】 音楽(全ジャンル♪) | Comments (0)

今から楽しみ。

●なんか、

ほら。

あっという間に2月も終わりです。

早い。

早すぎるじゃないの。

うぐぐ。







●でも、

このおじいちゃんたちを見て、元気になろう!(笑)









1.じいさんになろうと、ロジャーは超イケメン。

2.齢70をすぎて、投げキッスが許されるのはブライアンぐらい。

3.この二人の言葉の感じだと、クイーンの日本ツアー、あるね。

☆⌒└( ̄・  ̄*)♪



では、またね。。。



【28/02/2019 01:20】 音楽(全ジャンル♪) | Comments (0)

気づいてしまうと、もっと気になる(笑)

●この記事を

音楽のカテゴリーに入れるか、映画のほうがいいのか。

ちょっと悩みました(笑)。

(*´∀`*)

どっちでもいい?

まあ、そうよね。

(。・_・`。)



昔からのブライアン・メイのファンには、きっとつまらない話でしょう。

そこは新参者なので、許してね。

そんで、ギターに関してはド素人なので、そこも許してね。



本日のトリビア。

それは3本のギターです。

映画 『ボヘミアン・ラプソディ』 には入っていないシーンのひとつ。

ライヴ・エイドで、フレディがギターを抱えて歌う 「A Crazy Little Thing Called Love」 です。









いい曲よね、これ。

曲そのものは前から知ってたけど、あれだ。

配給会社が公開した映像を見てて、ふと気づきました。

おや?

なんか、見るたんびにブライアンが弾いてるギターがちがう。

気のせい?

うにゃにゃ。

最初は、アコースティックギターを弾いてない?

ワンコーラスはそのまま。

でも次に気づくと、黒いギターを持ってる。

こっちはアンプに繋がってて、ふだんよりキュイーンとクリアな高い音が出てる。

ほうほう。

そんで最終的には、いつもの。

かの有名なレッド・スペシャルが登場します。

うひ。

あの乾いた音が聞こえてくると、ホントほっとする(笑)。

そうそう。

これがブライアンの音よね、みたいな感じで。

(*´∀`*)



え、それだけ?

と思ったかた、すみません(汗)。

それだけなんです。

映像をみると、ちゃんとギターを替えてるところも映ってますね。

そうなのかー。

あは。

というか、映画でそうやってるってことは、実際にそうだったってことよね(笑)。

ライヴ、なにしろ完コピなんだもの。

気づいてなかったなあ。

(^~^;)



スタジオ収録で、いろんなギターを使ってるのは知ってます。

だからこそ、クイーンのアルバムはさ、

「これはいったい、何人いるバンドなんだろう?」

って思っちゃうぐらい、音が複雑に重なって、絡みあってる。

コーラスだけじゃなくて、楽器もね。

でも、こんなに短い曲の中で、何度もギターを替えてるとは知らなかった。

気づかなかった。

うぐ。

あほ。



おまけ>>

ところでこの曲のときのラミ、特別にかっこよくない?(笑)

表情が、ほかの曲のときと違ってない?

エルヴィスもーど、なんでしょうか。

ヽ(*´∀`*)ノ

すっごい好き。

(ちなみにオリジナル映像をみる限り、フレディの表情がここだけ違う、って感じはしないの。)







●というわけで

では、またね。。。


【30/01/2019 03:55】 音楽(全ジャンル♪) | Comments (0)

SONGS再放送

●あうう

これ、今夜なのね。

見たいー。

SONGS | 第477回 クイーン - NHK

うちはテレビないので、どなたか録画してくださらないかしら。

あう。

(ρ_;)。。。

気になりますね。

(しかし、NHKのクイーン推しがスゴイ。なんでだろう。)

では、また。。。

【16/12/2018 10:22】 音楽(全ジャンル♪) | Comments (0)

ふわふわ。

●開店休業中

ぽわん、と。

( _ _ )..........o

ぼおっと。

( _ _ )..........o

頭が動かない。

( _ _ )..........o

絶賛ダラダラだめだめよれよれ中です。

( _ _ )..........o

うぐぐ。

クイーンの音楽が脳内でぐるぐる、ぐるぐる。

おかげで夜も寝られません。

今日のテーマは「Keep yourself alive」と、「Another one bites the dust」です。

なぜかは知らない。

ちなみに、今日は暑いです。

本気で暑い。

やめてー。



ところで>>

お礼を。

ボヘミアン・ラプソディ』をご覧になった大勢の方から、拍手やコメントをいただいてます。

みなさま、本当にありがとうございます。

クイーン世代のみなさまの熱い感動が伝わって来るようです。

泣いた、という声がいちばん多い。

そうなのよね。

みんな泣いてる。

それなのに、どういうわけかうるっと来ても泣けないでいるわたし。

どうしてかなあ。。。

愛が足りないのか。。。

それだけは自分でもわかりません。



それから>>

某さま、いつもコメントありがとうございます。

気になる映画ボヘミアン・ラプソディ』、ぜひ! ご覧になってみてください。

東京にいるなら一緒に見に行けるのにね。

クイーンのファンじゃなくても、ほとんど曲を知らなくても、まったく問題ないです。

この映画は、なんも予備知識がない人にこそ、見てほしいです(笑)。

※いや、まあもちろん、ロック音楽が嫌いな人には、さすがに推薦しづらいですが。

うひひ。







●では、

またね。。。

【04/12/2018 22:22】 音楽(全ジャンル♪) | Comments (0)

遅すぎる

●日曜日は

ずっと、クイーンでした(笑)。

ようつべ三昧。

ホンモノのときもあれば、映画のときもある。

アダム・ランバートとの共演も。

なんか、ひたすら。

はまってますね。







これを、だね。

着信音にしたいの。

したいんだけど、どうすりゃいいんだ(笑)。

わたしのぼろいガラケーでは、無理なんだろうか。。。

(^~^;)



あ。

ご存じない方のために説明すると、これは映画会社のファンファーレです。

映画の冒頭に、流れるやつ。

通常のバージョンではなくって、ですね。

ボヘミアン・ラプソディ』(映画) のために、わざわざクイーンが編曲したんですね。

ギターのブライアン・メイと、ドラムのロジャー・テイラーの演奏ですね。

これが、いい。

なんだろう。

聴いた瞬間に、ああブライアンだ、ってわかる。

エンドレスに聞いてしまう(笑)。

このファンファーレで、『ボヘミアン・ラプソディ』がはじまるんです。

もうね、この音を聞くだけで盛り上がる。

ォ━━(#゚Д゚#)━━!!

ドキドキする。

恋かよ(笑)。



ボヘミアン・ラプソディ』がおしえてくれたこと。

山ほどありますが、そのひとつが、

「ああ、わたしってブライアン・メイが好きだったんだ・・・」

という、衝撃の事実です(笑)。

知らなかったなあ。

ホント。



イギリスでは、大御所も大御所。

このうえなく有名で、なにかと見かける存在でした。

女王様のGolden Jubileeでのアレは、今も語り草です。

アレ>>  https://youtu.be/DoIWHKfW3P4

いくらライブとはいえ、BBCの映像がひどすぎる。

もうちょっとまともな記録はないのかねえ。

ちなみにこの映像はちゃんと、ロイヤル・ファミリーの公式チャンネルにもあります。

こっちは途中からですけど。

https://youtu.be/t7tIRRRSMk0

とても背が高い。

頭がいい。

穏やかなしゃべりかたをする。

大学の教授みたいな。

・・・いや、実際に博士号を持ってるけど。

ギターがうまい(笑)。

ギタリストに特に敬意を払ったことはないわたしですが、ブライアンの音は好きなのだ。

なぜか。

ついでに、Mayという姓も素晴らしい。



イギリスに長年いる間に、なぜブライアンが好きだと気づかなかったのか。

知っていたら、コンサートに行けたかもしれないのに。

ねえ。

これだけは後悔が残る。

ちぇ。







●では、

またね。。。


【03/12/2018 03:06】 音楽(全ジャンル♪) | Comments (0)

再評価というより、再発見なのかも

●思いがけず

写真にたくさんの拍手とコメントをいただいてしまった。

(//∇//)

みなさま、ありがとうございます。

励みになります。

うれしいです♪







●最近わりと

かゆい。

全身あっちこっちかゆい。

乾燥シーズンの到来なんでしょうか。

もうね。

早すぎない?

ワセリンが手放せません。

あぐぐ。







●最近の

お気に入りは、ローソンのチーズラスク。

ナチュラルローソンかも。

小さなパッケージに、あんまり入ってない。

コスパ悪いような気もしますが、おいしい。

(^~^;)







●相変わらず

脳内には、クイーンの音楽がノンストップ。

映画ボヘミアン・ラプソディ』のどこかの場面のフラッシュバックとともに。

いい加減しつこい(笑)。

でも、止まりません。

また見に行く気まんまんで、小鳥さんもずっと盛り上がりっぱなし。

なんかね。

リアルタイムでクイーンを好きだったひとたち、とくに女性たち。

彼女たちのパッションが凄い。

(もともと) クイーンが世界を制覇して当然だと信じていた人たちが、今になって、

「でしょ? あたりまえじゃん!」

何を今さら、凄い凄いっていってるのよ。

最初から、すごいっていってるじゃんか。

今ごろになって、この映画がヒットしてることで、あらためて意気軒昂ですね。

わたしは正直、そこまでのファンではなかった(当時)。

なので、引きずられている感はあります。

うん。

でも、たのしい。

本当にたのしい。







●では、

またね。。。

【28/11/2018 07:22】 音楽(全ジャンル♪) | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

02月 | 2019年03月 | 04月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。