天神様の梅まつり

●先週の

土曜日のことです。

3月2日。

よく晴れてました。

・:*:・( ̄∀ ̄ )。・:*:・

小鳥さんと一緒に、朝からお出かけ。

はい。

映画館です。

うは。

ボヘミアン・ラプソディ』 ですよ。



ドラえもん、じゃありません。

映画館は、ぴーぴーきゃーきゃー走り回る大勢のお子様で、なかなかカオスでしたけど(笑)。

「ガキさまが・・・」

「なんだこりゃ・・・」

思わず、小鳥さんと顔を見合わせました。

ヾ(´▽`;)ゝ

ふだんあんまり、あれだけの子供って見かけないから(笑)。

映画館にほぼ毎週、通ってるとはいえ、わたしたちは映画ファンではない。

なので、映画の話題にはうとい。

ぼへ 限定で、詳しいだけで。

「ゴジラかな?」 (謙さんが出てるやつ)

「ポケモンかな?」 (実写化したやつ)

と、今までに見た予告編の中から想像した。

はずれた(笑)。

ドラえもんかあ。

一度も予告編を見なかったから、知るわけがありません(笑)。

春休み。

なるほど、子供むけ映画の鉄板ですね。

映画のドラえもんって、一度も見たことないや。



飛んで火に入る・・・じゃなくて、翔んでどっかの海なし県、でもないよ。

すんごいヒットしてるらしいけど(笑)。

(´艸`*)

魔夜峰央のシュールなマンガが、平成も終わろうという今、なぜか流行っている。

面白いもんだなあ、と思います。

埼玉ディスりは当然として、あのマンガ、実は他の県にもけっこうヒドイよね。

チバラキやグンマーのみなさんは、どう思っているのか。

埼玉県民ほど寛容ではない、ような気がしないでもない。

そこが知りたい。

・・・かな?

((((^ー^;)ゝ

ちなみに、関東と縁のない地域に住んでるひとは、この映画を面白がるんだろうか。

基本的に、関東の都県のヒエラルキーつうか、序列で遊んでるわけです。

せっまいエリア限定の価値観です。

埼玉とか、千葉とかいわれても、ピンと来ない人はいるだろうなあ。

(^~^;)







●さて

それは、さておき。

映画を見るまえに、上野でモーニング。



P3028962ss.jpg



そう。

モーニングセット。

昭和の香りただようすてきな喫茶店を、探し当てました。



P3028964ss.jpg



個人経営の、昔からあるコーヒー屋さん。

※時代の波には逆らえず今は禁煙ですが、明らかに、昔は吸えたと思うわ。

自家焙煎のコーヒー。

おいしかった。

カリカリふかふか分厚いトースト。

チーズトーストは、パンを割いて中にチーズがたっぷり。

ちょろっとサラダもついてる。

うは。

(´∀`σ)σ

小鳥さん、ご満悦でした。



路地の奥にあるお店です。

地元では有名らしいけど、一見さんがふらっと入って来る感じではない。

どうやって見つけたのか?(笑)

わたしが、前夜グーグルマップで見つけました。

偶然っていいよね。







●映画のあとは

ついでにお散歩の時間です。



P3028965ss.jpg



P3028969ss.jpg



どこへ行ったのかというと、湯島です。

知らなかったけど、こんなそばに湯島の天神様があったのだね。

映画館から、ゆっくり歩いても10分ぐらい。

「行きたい! 行かせて! つきあって!」

小鳥さんに懇願して、一緒に行ってもらいました。

カメラを持ってる時点で、偶然の発見、ではない(笑)。



P3028972ss.jpg



そんなわけで、湯島天満宮です。

天神様。

菅公。

菅原道真公のことね。

晴れた土曜日の午後。

ちょうど、まつり。

紅白ピンクのが満開でした。

・・・つまり、混んでました。

ただでさえ狭いのに、ホント。

混みすぎて、ろくな写真が撮れなかった。

(((((((;´д`)))))))

あ、坂・・・というか、ちょっと階段があります。

男坂と、女坂。

えっちらおっちら、のぼりました。



P3028983ss.jpg



P3028987ss.jpg



ちゃんとお参りするために、並んだ。

えらい。

わたしは、わたしたちは、菅公には弱いのだ(笑)。

ヾ(´▽`;)ゝ

恥ずかしいことを告白すると、今年はまだ初詣に行ってませんでした。

3月になって・・・(汗)。

遅すぎですが、行かないよりいい。

のんのん。

ぼへ のついでですみません。

でも大好きです、菅公。



P3028989ss.jpg



P3028991ss.jpg



といえば、メジロです。

鳥のめじろ。

かわいいよね。

どんな都会でもいるし。

最後の写真にもいますが、見えますでしょうか。

遠い。

鳥を撮影するのに適したカメラではなかったので、この程度。

ヘタクソ。

・・・あぐぐ。







●では、

写真のつづきは、次の機会に。

またね。。。


【06/03/2019 22:56】 写真☆カメラ | Comments (0)

青の洞窟 渋谷のイルミネーション2018

●23日は

お茶会でした。

クリスマス企画として、イルミネーション鑑賞ツアーを兼ねて。

昨年は、表参道でした。

・・・あのときの写真、まだ全部アップしてないや・・・(汗)。

(^~^;)




PC238646sss.jpg




今年は、渋谷です。

というか、代々木公園のあたり。

どうでもいいけど、イルミネーション企画では、ふだんめったに足を踏み入れない場所に挑戦してます。

(理由は特にない。うは。)

去年の表参道もそうでしたけど、今年もそう。

渋谷って、ふだんほとんど用がないせいで、何年も行ってない。

最後に訪れたのが4年ぐらい前で、その前となると20年ぐらい前?(爆)

ほぼ、未知の領域です。

映画オタクだったころ、単館ロードショーの映画を見に、わりと行ってました。

オフビートな、アート系ヨーロッパ映画。

そういうのを上映する映画館が、わりとあったのね。

昔、むかしのことですが。



今回は、これです。

http://shibuya-aonodokutsu.jp/

青の洞窟。

って、あのカプリ島・・・のイメージなのかと思ったら、ちがった。

特別協賛、日清フーズ。

ということで、つまり、パスタソースだった(笑)。

(´∀`σ)σ

わお。

ろまんちっくなのか、そうでないのか微妙にわからない。

(*´∇`*)

でもまあ、きれいだからいいよ。



春抱き』ブルー。



と、強引にそう呼ぶことにします。

思いこもうと思えば、そう思えないこともない(笑)。







●それにしても

わかってはいたけど、混雑がすごい。

クリスマス三連休の真っ最中。

渋谷。

イルミネーション。

―――これで、混まないほうがありえないとはいえ、すごかった。

がちだったのもあって、カフェ難民になったし。

(何度目だよ?)

公園通りなんて、正直、カフェだらけなんです(笑)。

プロントやスタバみたいなチェーン店だけじゃなくて、もうちょっと個性的なお店も。

ほとんどビルの1階が全部そうじゃないかってぐらい、カフェが多い。

それでも、マジ入れないもんなあ。

(((((((;´д`)))))))

もうね。

「クリぼっちが怖いわけでもないのに、なんでわたし、こんなところにいるんだろう・・・?」

思わないでもない(笑)。

でも、それをいったらおしまいなのさ。



PC238585sss.jpg



PC238593sss.jpg



PC238591sss.jpg



PC238601sss.jpg



PC238603sss.jpg




そんなわけで、がんばった(笑)。

公園通りをのぼって、NHK方面へ。

ご覧のとおり、青い。

とにかく、青い並木が続きます。

大量のバエと戦いながら、必死に写真を撮ります。

満員の通勤電車か(笑)。

バエというのはもちろん、スマホで写真を撮ってる人たちのことです。

いや、人はいいんだ。

でもみんな、思いっきり両腕を上に伸ばして、あるいは自撮り棒をつかって、撮影してますからね。

それがなるべくフレームに入らないように。

こっちも目いっぱい、背伸びします(笑)。

写真をとりつつ、同時に、同行するお友だちを見失わないように。

はぐれたら、ちょっと探せないと思う。



この日は、やっとがあがったという天候。

重たい雲が、立ち込めていました。

でね?

写真をみるとわかりますが、反射するんです。

街の灯りが強すぎて、明るすぎて。

雲がぼうっと、不思議な黄色っぽい色に染まる。

へんに明るい。

本来なら、もっともっと暗いはずの空が・・・要は、見えないのですね。

背景が黒(夜の空の群青というか)ではない。

そのせいで、写真もちょっと変です(汗)。

露出をかなり注意していても、背景がおかしなことに。

あうう。



PC238624sss.jpg



PC238627sss.jpg



PC238634sss.jpg



PC238636sss.jpg



PC238643sss.jpg



PC238645sss.jpg




背景がもっと暗かったら、もうちょっとまともに写っていただろうなあ。

シャッター速度を上げるために、ISO感度もギリギリまで上げています。

だから余計に、なんというか、画質が荒れる。

残念。

それでも、きれいでした。

一面の青。

目の覚めるような青。

壮観でした。




PC238647sss.jpg



帰り道では、仕事中のサンタを発見。

一年でもっとも忙しい時期ですね。

サンタ、がんばれ。




PC238648sss.jpg



PC238654sss.jpg



PC238657sss.jpg



これは別の場所・・・ですが、うは。

パンダのクリスマスツリーです。

パンダがいっぱい。

かわええ。







●というわけで

では、またね。。。


【24/12/2018 05:48】 写真☆カメラ | Comments (0)

晩秋 お散歩日和 その3

●もう

月が変わってしまったけど・・・(汗)。

もうちょっとだけ、新宿御苑の写真を。



PB238467sss.jpg



PB238473sss.jpg



広大な公園の外は、都会。

それが見えちゃうのは、興ざめ・・・かな、と思うんだけど。

でも、あれ。

こうやって見ると、悪くないかも。

NYのセントラルパークが、こんな感じだ。

公園と摩天楼。

お互いに見栄えがよければ、ありなのかも。




PB238479sss.jpg



この木の力強さに、魅かれた。

・・・んだけど、写真がいけてない。

がっくり。




PB238482sss.jpg



この写真の主役は、左下のカモたち。

子供からちょっと若者ぐらいの、カルガモじゃないかと思うけど。

水の中で何を見つけたのか。

くるくる、くるくるとひたすら追いかけてる。

何羽も。

頭を水の中に突っ込むようにして。

何してるんだ?

わからなかったけど、妙にかわいかった(笑)。

こういうのは動画で撮ればよかったのに!

・・・と、あとで思いました(汗)。




PB238488sss.jpg



PB238489sss.jpg



「ん?」

石の灯籠。

それ自体は珍しくも、なんともない。

むしろ日本庭園に、灯籠がないほうが不思議だよね。

でも、これ。

石をそのまま、削らずに、まんま使ってない・・・?

真ん中の、中心をくり抜いた石だけは、明らかに加工されてる。

つうか、その石だけ材質がちがうみたい。

それ以外は、切り出した天然のかたちを、そのまま生かして使ってる?

みたいに見えます。

おもしろい。

存在感が半端なかった。




PB238492sss.jpg



PB238496sss.jpg



PB238500sss.jpg




以上です。

この日、撮ったショットは100枚を超えますけど、今回はヒット率が低い。

カメラって、いじってないとだめですね。

ふだんから撮ってないと、使えなくなる。

操作を忘れるんじゃなくって、なんというか、勘みたいなもの。

直観的な何かが、失われてると感じました。

がっくり。



たとえば、今回の2枚目。

池に、青空と雲が映っていることに、撮影時は気づいてなかった(爆)。

写真を整理してるときに、はじめて気づきました。

ばっかじゃないの。

気づいているべきだし、気づかないとか間抜けすぎる。

そのときに、ちゃんと意識していたら。

むしろ映り込むほうをメインに、もうちょっといい写真が撮れてたかもしれないのに。

ねえ。

撮影って、気づきがすべてだと思うのよ。

カメラを構えて、ファインダー・・・じゃなくて、液晶越しに見て、さ?

フレームの中に、入れたいものが入っているか。

入れたくないものが、入ってないか。

アングルはまっすぐか。

逆光でホワイトアウトが起きてないか。

へぼカメラーだけど、そのぐらいは、確認するべきなのだ。

慌てていて、それを怠るとひどい目にあう。

それを痛感しました。



デジタル写真は、あとで加工できる。

まあ、それはそうだけど。

でもだからこそ、撮る瞬間が大事だと思います。

うへ。







●では、

またね。。。

【10/12/2018 22:58】 写真☆カメラ | Comments (0)

晩秋 お散歩日和 その2

●もうちょっと

の新宿御苑の写真を。



PB238387ass.jpg



誰が置いたのか。

あきらかに、自然の状態ではないと思う。

でも、きれいだったなあ。



PB238388ss.jpg



PB238390ss.jpg



PB238392ss.jpg



大木戸門(入口)のそば。

まず出迎えてくれたのは、黄葉でした。

広葉樹林。

コウヨウ、だらけ(笑)。

あんまり自信はありませんが、最初のまるい葉っぱが、カツラの黄葉。

次の細長い葉っぱのが、ムクロジ。

そして3枚目が銀杏です。

・・・たぶん。



PB238395ss.jpg



池の奥にある、一本の細い木。

緑の葉っぱのところどころに、真っ赤な葉っぱが混ざっていて。

とても印象的でした。

が、うむむ。

写真では、そのインパクトが見えませんね。

ちぇ。



PB238398ss.jpg



PB238399ss.jpg



きれい。

なんですけど、画像がイマイチだなあ。



PB238401ss.jpg



PB238403ss.jpg



PB238404ss.jpg



この3枚は、有名なプラタナスの並木です。

日本語でいうと、鈴懸(すずかけ)の木。

パリの街路樹のイメージ。

もっとゆっくり、時間をかけて撮りたかったけど、寒かった(汗)。

そして、人が多すぎた。

無念。



PB238432ss.jpg



バラ園の写真は、日を改めます。

かなり量があるので。

このお花は、ピュア・ポエトリーという品種です。

こうやって一輪だけ抜くと、なんか寂しそう。

背景もなんとなく寒々しいし。

でも実際には、かなりの規模のバラ園に咲いていました。

うつくしい。



PB238456ss.jpg



PB238458ss.jpg



PB238461ss.jpg



PB238464sss_20181126234637c38.jpg



PB238475ss.jpg



なにしろ、広いお庭です。

延々と歩いて、ようやく日本庭園エリアに。

そりゃあ、歩数計がはかどるよなあ。

日差しがないので、このころにはだいぶ冷えてました。

庭園の写真も、また別の機会にしますね。

(^~^;)

なお、お庭はかなり混んでいました。

外国人観光客もいっぱいだし、ツアーのお客さんもいた。

でも、なにしろ、18万坪ですからね。

どれだけひとがいても、まぎれてしまう。

散ってしまう。

だから、芋を洗うような事態にはなりません。

さすがですね。

ロンドンにハイドパークがあり、ニューヨークにセントラルパークがあったり。

それと同じように、新宿には御苑がある。

そう思えば、なんとなく納得です。







●では、

またね。。。


【27/11/2018 00:28】 写真☆カメラ | Comments (0)

晩秋 お散歩日和

写真

アップするのは、久しぶりです。

あらためてチェックすると、クオリティが微妙。

ホント微妙。

(^~^;)

写真って、撮ってないと下手になるんだなあ。

・・・というわけで。

しょうもない画像ですが、見ていただけると嬉しいです。



の三連休の一日。

『春抱き』のお仲間と、ふらっと新宿に行ってきました。

ちょっと寒いけど、晴れてました。

の心地よさ。

いいですよね。

芸術の

観光の

散策

・・・は、二の次です(笑)。

食欲の

というか、肉食の秋?(爆)

「それは、一年中おなじなのでは?」

というツッコミはなしで。




PB238356ss.jpg



秋の都庁と、紅葉と、クリスマスツリー。

よくばりセットですね。

なにが残念って、めちゃくちゃに逆光でした。

逆光の日差しが強すぎて、まともにモニター画面が見えなかった。

・・・口実ですね(汗)。

そのせいで、非常に残念なことに。

屋根。

よけいなものが写り込んで、台無しです。

(((((((;´д`)))))))

もうちょっとアングルに気を遣っていたら、いい写真だったかもしれない。

がっくり。




PB238358ss.jpg



PB238365ss.jpg



PB238368ss.jpg



さて、ボリュームのあるお肉で有名なお店です。

ガッツグリル。

新宿はなぜか、お肉ガッツリ系の有名店(お値段はフレンドリー)が多いですね。

ランチだと200グラム、300グラムぐらいのお肉が、1000円前後で食べられます。

予約できないので、並ぶ。

行列覚悟と思ってましたが、この日は前に数人がいるだけ。

ラッキーでした。

ステーキも、カルビも、ハンバーグも美味。

小鳥さんは量にややビビってましたけど、美味しかったようです。

今度は、夜の食べ放題に来たいかも・・・?

((((^ー^;)ゝ




PB238371ass.jpg



食後の散歩は、ふらふらと西新宿のほうへ。

LOVEのオブジェ。

なかなかいいよね。




PB238378bss.jpg



PB238380ass.jpg



PB238383ss.jpg



新宿の喧騒・・・は、まあ、あるけど。

それでもこっち方面は、少し穏やかでした。

ヽ(*´∀`*)ノ

実感まるでないけど、クリスマス仕様なんだよなあ。

ね。




PB238464ss.jpg



PB238385ass.jpg



PB238385ddss.jpg



ご飯のあとはちょっとお茶をして、それから新宿御苑へ。

じつはわたし、初めてでした。

とても有名な都心の庭園だというのに、今まで訪問する機会がなくって。

http://fng.or.jp/shinjuku/

さて、とても広いです。

非常に混んでいますが、どんなにお客さんが多くても、広大な庭園が呑み込んでしまう。

晴れてはいたけど、曇りがち。

午後3時ともなると、だんだん冷えてきます。

さむい・・・(汗)。

風はなかったけど、気温はアウトドアを楽しめるギリギリだったかも。



フランス風のプラタナス並木。

(ツウはここで、さだまさしの 「主人公」 を歌うのさ。あはは。)

薔薇が咲き誇るバラ園。

どちらも、見事でした。

「こんなに冷えてるのにバラ?」

と思うかもしれませんが、四季咲きのバラはこの辺じゃ12月でも咲きます。

わりと、寒さに強いんですよね。

日本庭園の紅葉は、ようやく見ごろを迎えたぐらい。

いちばんいい時期は、あと1週間ぐらいかもしれません。


写真はまだ整理おわっていないので、追ってまたアップします。


途中で、思いがけずひざが痛くなった(笑)。

ババくさ!

(いや、ババアだけどさ。)

秋冬はどうしても、痛くなることは多くっていやね。

あぐぐ。



今日のうんちく>>

新宿御苑は、シンジュクギョエンと読みます。

「御」がつく時点で想像できると思いますが、もともとは皇族の・・・天皇家の庭園でした。

明治のころの話です。

さらにさかのぼると、江戸時代。

信州高遠城主の内藤家の江戸屋敷の一部だったそうです。

とにかく広い。

当初は17万8千坪ぐらいあった、といわれても想像もつきませんね(笑)。

58ヘクタール、といわれてもわからない。

(^~^;)

いくら譜代の家臣であったとはいえ、たかだか3万3千石の大名には大きすぎる。

そんなわけで、内藤家は徐々に土地を幕府に返上してたようです。

それでも、明治の時点で10万坪あったらしいけど。

その後いろいろあって、戦後に国民に開放されるようになったそうです。

環境省の管轄。

東京都の庭園は都が管理してるものが多いけど、御苑の管理は国ってことですね。

なお、桜でとくに有名です。

桜の種類が多いので、たぶん2月くらいから4月まで、長い期間どこかで桜が咲きます。







●この日

わたしのケータイの歩数計は、12000歩を超えました。

いや、よく歩いた。

帰宅の際に電車が止まって、迂回ルートを行ったせいもあるけど。

御苑はまた行ってみたいです。

脚が元気なら。

御苑の写真は、また明日。

では、またね。。。



【24/11/2018 06:56】 写真☆カメラ | Comments (0)

分不相応

●火曜日は

涼しかった・・・(笑)。

最高気温が14度とか、15度とか?

5月かよ、って感じの気温でしたね。

一般的には寒いのかもしれませんが、ええ。

( *゚w゚)

うふ。

気持ちいい。

寒いぐらいで上等。

汗をかく心配もなく、きわめて快適でございました。

が、しかし。

不可解にも、お天気の見積もりを誤ってしまったわたしです。

あほです。

「・・・ん?」

雨が降って来たのはびっくり。

(((((((;´д`)))))))

月曜日からの雨が、徐々にあがると思ってたのに。

(もともとは、そういう予報じゃなかった???)

夕方には完全に雨でしたねえ。

いや、やられた(笑)。

こんなはずじゃなかった、と恨めしい気持ちでした。

(^~^;)



雨はともかく、神様。

一年中このくらい涼しい気温で、お願いします。

つねに15度くらいでいいです。

夏はきらいです。

暑いのイヤです。

頼むぜ。







●同僚に

ですね。

カメラオタクというか、マニアというか。

本格的な、銀塩カメラ愛好家がいます。

※フィルムカメラのことね。

年上のおっさんだ。

お金のかかる趣味だもんね。



わたしはカメラ好きですが、クラシックカメラにはあんまり詳しくない。

が、まあ、多少は知ってる。

ニコンFがどうの、とか。

エルマリートがどうの、とか。

※エルマリートはレンズの種類です。

本当に拝聴するぐらいしかできないけど、おっさんは楽しいらしい。

なにがしかの反応が返ってくるのが、嬉しいらしい。

同じようなクラシックカメラが好きな友人、いないんだとか。

(そりゃそうだ。だから、わたし程度が相手でも楽しいんでしょう。)



で、そのひとが

「これを貸してあげるから、しばらく使って遊んでみなさい」

と、少々強引にわたしにカメラを押しつけた。

(^~^;)

いや、まあ。

普段フィルムカメラなんか、ほとんど使わないけど(汗)。

趣味をわかってくれる仲間がほしいんだろうなあ。

自慢というより、共有したい気持ち、のような感じ。

・・・みたいね。

まあ、いいけどさ。



でも、この、無理やり渡された(貸してもらった)カメラ。

ライカなんですよ。

Leica!

ライカM4。

ご存知でしょうか?

ドイツ製のライカ。

銀塩カメラの世界では、まあいうなれば、フェラーリみたいな存在だ。

毛色は全然ちがうけど(笑)。

カメラというよりは宝石みたいな存在。

「えええ・・・」

(--;)

ライカM4本体に、レンズが全部で3本。

50年ぐらい前の製造。

レンズフードもついてる。

(レンズフードというのは、レンズに変な角度から光が入ってフレアが出るのを防ぐためのアクセサリー。)

ライカの純正レンズフードだけでも、中古で3万円ぐらいするのに。

|||(-_-;)||||||

いやいや、こんな高級品ダメでしょ。

貸してもらって、壊したりなくしたりしたら、わたし弁償できないもん。

(^~^;)



leica-d0130640_17561165.jpg



いろいろいったけど、持たされてしまった。

あぐぐ。

どういうんだろうねえ。

というか、とてもわたしに扱えるとは思えない(汗)。

デカくはないが重たい。

ガッツリ重い。

もちろんマニュアルフォーカス。

全部、手動。

(((((((;´д`)))))))

が、それと同時に。

機械としての圧倒的な質感には、ぐっとくるものがあります。

美しい。

ホント、美しいのね。

誘惑的です。



「さあ、どうしましょう・・・」

一度も使わずに、返すわけにはいくまい。

まずはフィルムを買わなくては。

このご時世、どこで売ってるんだ?(笑)

いくらするんだろう。

というか、天下のライカに、普通のフィルムでいいんだろうか。

・・・などと。

嬉しいというより、途方に暮れてます。

うーん。

しばらくは、眺めていようと思います。

扱いかたを調べて、ちゃんと整備して。

(o´_`o)ハァ・・・







●では、

またね。。。

【09/05/2018 04:12】 写真☆カメラ | Comments (0)

今年は春が早すぎて・・・

●今さら感が

半端ないですが・・・(汗)。

(もともと、ブログに載せようと思って撮った写真のうち、実際にアップしてるのは3割ぐらいですが。)

でも、まあ。

やっと整理できたので。

都心のです。

ソメイヨシノ。

撮影日をチェックすると、今年の3月26日。

早い!(笑)



P3267359ass.jpg



P3267363ass.jpg



P3267368ass.jpg



P3267373ass.jpg



スペイン坂のです。

ちょっと上から見下ろすような、こんな角度で撮れるのは、サウスタワーへの連絡通路のおかげ。

ガラスの回廊・・・というか?

この時期はみんな、写真を夢中で撮っています。

都心の

けっこういいと思います。







●さらに

こちらも3月の出し忘れ(汗)。

3月25日です。

途中まではたしか、ブログに載せたと思いますが。

ヾ(´▽`;)ゝ



P3257309asss.jpg



P3257311asss.jpg



P3257315asss.jpg



P3257331asss.jpg



P3257339asss.jpg



P3257345asss.jpg



P3257347asss.jpg



P3257351asss.jpg


この夕暮れの池の写真は、ほとんど編集していません。

トリミングとサイズ変更はしたけど、色彩はほぼそのまま。

きれいよね。



P3257317asss.jpg


気に入ってるのは、これかも(おですらないけど、笑)。

ヒドリガモのつがい。

・・・と、なぜかすぐそばで動こうとしない鯉。

アナタ何してるの?

ねえ。

(*´∀`*)



ここから下の写真は、もう載せたかも。

覚えてない、すみません。



P3257302asss.jpg



P3257307asss.jpg



P3257286asssss.jpg



P3257292asss.jpg



P3257294asss.jpg



P3257299asss.jpg



P3257301asss.jpg



P3257260asss.jpg



P3257265asss.jpg



P3257269asss.jpg



P3257276asss.jpg



P3257281asss.jpg



以上です。

ヾ(´▽`;)ゝ







●うはは~

イチローくんと、大谷くん。

わけがわからないけど、なんか楽しそう。








イチローと大谷、キャッキャウフフするwwwwwwwwww

なにこれ(笑)。








今日も昨日も、元気に2安打の大谷くん。

イチローくんに誉めてもらいたくて、がんばったんだってね。

❀.(*´◡`*)❀.❀.(*´◡`*)❀

「野球教室にきた小学生が、すごく張り切っていいところを見せようという、そういう気持ちだった」

という台詞に、うきゅきゅ。

かわいくてなごんだわ(笑)。



オリックスのイチローくんが最多安打210本をたたき出し、シーズンMVPに輝いた1994年。

イチロー伝説の始まり、ともいうべき年です。

その1994年に、大谷くんは生まれました。

その10年後、小学生の大谷くんがリトルリーグで野球に夢中になっていたころ。

イチローくんはメジャーでほぼ全盛期。

華々しい活躍自体が、そろそろあたりまえに感じられるほどのスター選手でした。

そう考えると、文字通りに 「あこがれの選手」 だったんだろうなあ。

上の映像の、うれしそうな顔も納得です。



あ!

そういえば、今日の大谷くん。

マリナーズの本拠地で、えらくブーイングを受けたらしいですね(笑)。

それを聞いて、なんか嬉しかった。

変かしらね?

ヾ(´▽`;)ゝ

敵地でのブーイングって、一人前だと認められたってことじゃない?

(大谷くんがマリナーズではなく、エンジェルズを選んだことも理由かもしれない。)

「そうかそうか、キミは遠い日本からやってきて、なんか変わったことをやってるんだって?」

「がんばれよ、若造!」

・・・と思うなら、ブーイングはしないわね。

( *゚w゚)



そして!

今日の話題は、もちろんプーさんだ(笑)。

エンジェルズのぷーさん、ことアルバート・プホルズ選手の3000安打達成。













イチローくんと同時期に、メジャーデビュー。

イチローくんと同時に、MVPと最優秀新人賞をダブル受賞(リーグちがい)。

うむむ。

すごい。

大谷くんいわく、すぐそばの特等席で見られたの、自慢しちゃうってさ(笑)。

(ぷーさんが4番打者、大谷くんが5番なので、ネクストバッターズサークルから偉業達成を見届けました。)

ちなみにぷーさん、大谷くんを可愛がってる。

ほんとありがたいです。







●では、

またね。。。

【06/05/2018 02:48】 写真☆カメラ | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

03月 | 2019年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。