分不相応

●火曜日は

涼しかった・・・(笑)。

最高気温が14度とか、15度とか?

5月かよ、って感じの気温でしたね。

一般的には寒いのかもしれませんが、ええ。

( *゚w゚)

うふ。

気持ちいい。

寒いぐらいで上等。

汗をかく心配もなく、きわめて快適でございました。

が、しかし。

不可解にも、お天気の見積もりを誤ってしまったわたしです。

あほです。

「・・・ん?」

雨が降って来たのはびっくり。

(((((((;´д`)))))))

月曜日からの雨が、徐々にあがると思ってたのに。

(もともとは、そういう予報じゃなかった???)

夕方には完全に雨でしたねえ。

いや、やられた(笑)。

こんなはずじゃなかった、と恨めしい気持ちでした。

(^~^;)



雨はともかく、神様。

一年中このくらい涼しい気温で、お願いします。

つねに15度くらいでいいです。

夏はきらいです。

暑いのイヤです。

頼むぜ。







●同僚に

ですね。

カメラオタクというか、マニアというか。

本格的な、銀塩カメラ愛好家がいます。

※フィルムカメラのことね。

年上のおっさんだ。

お金のかかる趣味だもんね。



わたしはカメラ好きですが、クラシックカメラにはあんまり詳しくない。

が、まあ、多少は知ってる。

ニコンFがどうの、とか。

エルマリートがどうの、とか。

※エルマリートはレンズの種類です。

本当に拝聴するぐらいしかできないけど、おっさんは楽しいらしい。

なにがしかの反応が返ってくるのが、嬉しいらしい。

同じようなクラシックカメラが好きな友人、いないんだとか。

(そりゃそうだ。だから、わたし程度が相手でも楽しいんでしょう。)



で、そのひとが

「これを貸してあげるから、しばらく使って遊んでみなさい」

と、少々強引にわたしにカメラを押しつけた。

(^~^;)

いや、まあ。

普段フィルムカメラなんか、ほとんど使わないけど(汗)。

趣味をわかってくれる仲間がほしいんだろうなあ。

自慢というより、共有したい気持ち、のような感じ。

・・・みたいね。

まあ、いいけどさ。



でも、この、無理やり渡された(貸してもらった)カメラ。

ライカなんですよ。

Leica!

ライカM4。

ご存知でしょうか?

ドイツ製のライカ。

銀塩カメラの世界では、まあいうなれば、フェラーリみたいな存在だ。

毛色は全然ちがうけど(笑)。

カメラというよりは宝石みたいな存在。

「えええ・・・」

(--;)

ライカM4本体に、レンズが全部で3本。

50年ぐらい前の製造。

レンズフードもついてる。

(レンズフードというのは、レンズに変な角度から光が入ってフレアが出るのを防ぐためのアクセサリー。)

ライカの純正レンズフードだけでも、中古で3万円ぐらいするのに。

|||(-_-;)||||||

いやいや、こんな高級品ダメでしょ。

貸してもらって、壊したりなくしたりしたら、わたし弁償できないもん。

(^~^;)



leica-d0130640_17561165.jpg



いろいろいったけど、持たされてしまった。

あぐぐ。

どういうんだろうねえ。

というか、とてもわたしに扱えるとは思えない(汗)。

デカくはないが重たい。

ガッツリ重い。

もちろんマニュアルフォーカス。

全部、手動。

(((((((;´д`)))))))

が、それと同時に。

機械としての圧倒的な質感には、ぐっとくるものがあります。

美しい。

ホント、美しいのね。

誘惑的です。



「さあ、どうしましょう・・・」

一度も使わずに、返すわけにはいくまい。

まずはフィルムを買わなくては。

このご時世、どこで売ってるんだ?(笑)

いくらするんだろう。

というか、天下のライカに、普通のフィルムでいいんだろうか。

・・・などと。

嬉しいというより、途方に暮れてます。

うーん。

しばらくは、眺めていようと思います。

扱いかたを調べて、ちゃんと整備して。

(o´_`o)ハァ・・・







●では、

またね。。。

【09/05/2018 04:12】 写真☆カメラ | Comments (0)

今年は春が早すぎて・・・

●今さら感が

半端ないですが・・・(汗)。

(もともと、ブログに載せようと思って撮った写真のうち、実際にアップしてるのは3割ぐらいですが。)

でも、まあ。

やっと整理できたので。

都心のです。

ソメイヨシノ。

撮影日をチェックすると、今年の3月26日。

早い!(笑)



P3267359ass.jpg



P3267363ass.jpg



P3267368ass.jpg



P3267373ass.jpg



スペイン坂のです。

ちょっと上から見下ろすような、こんな角度で撮れるのは、サウスタワーへの連絡通路のおかげ。

ガラスの回廊・・・というか?

この時期はみんな、写真を夢中で撮っています。

都心の

けっこういいと思います。







●さらに

こちらも3月の出し忘れ(汗)。

3月25日です。

途中まではたしか、ブログに載せたと思いますが。

ヾ(´▽`;)ゝ



P3257309asss.jpg



P3257311asss.jpg



P3257315asss.jpg



P3257331asss.jpg



P3257339asss.jpg



P3257345asss.jpg



P3257347asss.jpg



P3257351asss.jpg


この夕暮れの池の写真は、ほとんど編集していません。

トリミングとサイズ変更はしたけど、色彩はほぼそのまま。

きれいよね。



P3257317asss.jpg


気に入ってるのは、これかも(おですらないけど、笑)。

ヒドリガモのつがい。

・・・と、なぜかすぐそばで動こうとしない鯉。

アナタ何してるの?

ねえ。

(*´∀`*)



ここから下の写真は、もう載せたかも。

覚えてない、すみません。



P3257302asss.jpg



P3257307asss.jpg



P3257286asssss.jpg



P3257292asss.jpg



P3257294asss.jpg



P3257299asss.jpg



P3257301asss.jpg



P3257260asss.jpg



P3257265asss.jpg



P3257269asss.jpg



P3257276asss.jpg



P3257281asss.jpg



以上です。

ヾ(´▽`;)ゝ







●うはは~

イチローくんと、大谷くん。

わけがわからないけど、なんか楽しそう。








イチローと大谷、キャッキャウフフするwwwwwwwwww

なにこれ(笑)。








今日も昨日も、元気に2安打の大谷くん。

イチローくんに誉めてもらいたくて、がんばったんだってね。

❀.(*´◡`*)❀.❀.(*´◡`*)❀

「野球教室にきた小学生が、すごく張り切っていいところを見せようという、そういう気持ちだった」

という台詞に、うきゅきゅ。

かわいくてなごんだわ(笑)。



オリックスのイチローくんが最多安打210本をたたき出し、シーズンMVPに輝いた1994年。

イチロー伝説の始まり、ともいうべき年です。

その1994年に、大谷くんは生まれました。

その10年後、小学生の大谷くんがリトルリーグで野球に夢中になっていたころ。

イチローくんはメジャーでほぼ全盛期。

華々しい活躍自体が、そろそろあたりまえに感じられるほどのスター選手でした。

そう考えると、文字通りに 「あこがれの選手」 だったんだろうなあ。

上の映像の、うれしそうな顔も納得です。



あ!

そういえば、今日の大谷くん。

マリナーズの本拠地で、えらくブーイングを受けたらしいですね(笑)。

それを聞いて、なんか嬉しかった。

変かしらね?

ヾ(´▽`;)ゝ

敵地でのブーイングって、一人前だと認められたってことじゃない?

(大谷くんがマリナーズではなく、エンジェルズを選んだことも理由かもしれない。)

「そうかそうか、キミは遠い日本からやってきて、なんか変わったことをやってるんだって?」

「がんばれよ、若造!」

・・・と思うなら、ブーイングはしないわね。

( *゚w゚)



そして!

今日の話題は、もちろんプーさんだ(笑)。

エンジェルズのぷーさん、ことアルバート・プホルズ選手の3000安打達成。













イチローくんと同時期に、メジャーデビュー。

イチローくんと同時に、MVPと最優秀新人賞をダブル受賞(リーグちがい)。

うむむ。

すごい。

大谷くんいわく、すぐそばの特等席で見られたの、自慢しちゃうってさ(笑)。

(ぷーさんが4番打者、大谷くんが5番なので、ネクストバッターズサークルから偉業達成を見届けました。)

ちなみにぷーさん、大谷くんを可愛がってる。

ほんとありがたいです。







●では、

またね。。。

【06/05/2018 02:48】 写真☆カメラ | Comments (0)

暑いのである。

●さあ

行くわよ、いいわね?

今日の愚痴です(笑)。

ヾ(´▽`;)ゝ

あっちい。

朝夕はともかく、お昼ごろはたぶん軽く20度を超えている。

うにゅ。

いきなり気温が上がったせいか、暑いです。

(υ´Д`)アツー

晴れてるし、ソメイヨシノは満開だし、悪くない。

悪くないのですが、しかし、暑いもんは暑いよなあ。

(((((((;´д`)))))))

ふう。



火曜日。

ようやっとオフィスを出たときには、もう22時を回っていました。

うへえ。

「今晩も、洗濯はできないなあ・・・」

ふらふらと、コンビニに寄ります。

「えー、まだお仕事してたのー」

顔なじみのお兄ちゃんが、カタコトの日本語で心配してくれます。

いい子なんだよなあ。

「これ、ご飯じゃないよね」

わたしが買ったのは、したらばとゆで卵(笑)。

彼がなんとなく心配するのもわかります。

ヾ(´▽`;)ゝ

うぐ。

がんばろう。







●今日の

えっと、昨日の続き(笑)。



P3247234asss.jpg



P3247238asss.jpg



P3247242asss.jpg



P3247244asss.jpg



あは。

星乃珈琲でしたね・・・(汗)。

先日の焼き鳥屋さんのあと、ふらりと入りました。

混んでいたけど、それが幸いしたのか、ちょっと広めのテーブルに案内されました。

半個室みたいな、バブルみたいな(笑)。

「おお、ステラートのようだ・・・」

ご存知でしょうか。

かつてかなり評判のお店だった、ゴージャスな白金台のステラート。

あ、ごめんなさい。

言い方が悪いですね(汗)。

今もちゃんとあります、「Stellato」。

あんな贅沢なお店に、20代のころに(ひとのご招待で、ですが)ふつうに行ってた。

今になって考えると、バブリーだよなあ。

※正確には、バブル後なんですけど。雰囲気がまんまバブル。

まあ、それはいいや。

ヾ(´▽`;)ゝ



P3257286asssss.jpg



P3257292asss.jpg



P3257294asss.jpg



P3257299asss.jpg



P3257301asss.jpg



こうして見ると、光って大事ですよねえ。

夕方の斜光。

黄昏どき特有のやわらかい、オレンジ色の光。

それはそれで素敵なのですが、ソメイヨシノには似合わない。

似合わないというか、淡いあわーい色を殺してしまう。

その中で工夫すればいい、といえばそうなんだけど。

でも、を撮るのに適した光じゃないのは確か。

ヾ(´▽`;)ゝ

もちろん、アレです。

デジカメとPCがあるんだから、加工することはできます。

編集して、まるで朝のうちに撮ったような、爽やかな色合いにできなくもない。

でも、それじゃ意味がないですよね。

写真は記録ですから。

・・・てへ。







●では、

またね。。。


【28/03/2018 02:11】 写真☆カメラ | Comments (0)

さくら、さくら その2

●月曜日は

No PC day だよ、と。

自分で勝手にそう決めたので、寝ました(笑)。

というか、ちょっと愚痴ですが。

月曜から帰宅したのが、午後11時ちょっと前。

こんなんじゃあ、体力がもちません(汗)。

すべて振り捨てて休む。

後は知らん。

そんな覚悟で(笑)。







●今日の

・・・は、日曜日に撮ったやつの続きです。

種類はまだ調べてません(汗)。

河津じゃないと思うけど、どうかな。

濃いピンク色。

ソメイヨシノより大きな

何本もあって、とてもきれいでした。



P3257260asss.jpg



P3257265asss.jpg



何が素敵って、ほら。

満開になったばかりで、まだまだつぼみが多い。

それがよりも濃い桃色なので、まるでさくらんぼ?みたいに見えます。

ピンクの濃淡が、とても鮮やかでした。



P3257269asss.jpg



夕景で思いっきり逆光。

だから、の色は死んでしまう。

でも、構図的にちょっといいかなあ、と。

・・・てへへ。



P3257276asss.jpg



ああ、河津のような気がしてきた・・・(汗)。



P3257281asss.jpg



お気に入りはこれです。

お月さま入り。

よくばりですね。







●では、

またね。。。

【27/03/2018 06:23】 写真☆カメラ | Comments (0)

さくら、さくら

●日曜日は

ぐだぐだ。

精神的にも疲弊していて、なにもしたくない、と。

ぐったり寝てたい。

そう思ってはいたんですけどねー。

でも、おやすみだし。

晴れてるし。

ソメイヨシノは満開だっていうし。

来週まではもう、もたないかもしれないし。

ちょっと運動しないとヤバいくらい、膝や腰が痛いし。

(書いてて情けない!)

ヾ(´▽`;)ゝ

というわけで。

重い腰をあげて、よっこらしょ、と出かけました(笑)。

カメラ散歩。

もうね、すでに午後5時ぐらいでした。

ヾ(´▽`;)ゝ



P3257248asss.jpg



お気に入りの自然公園。

ほぼ毎年、ここに撮りに来ています。

中央に、巨大な池があります。

カモがいっぱいいる池ね。

そのほとりに、きれいな桃色の

なのに、桃色・・・(笑)。

枝垂れ

「おお・・・」

美しい。

(*´∀`*)

若い満開、といったら変かしら。

やっと今日、今日の午後あたりに、満開になったような佇まい。

ほとんど人がいないので、ひとり占めです。

ありがとう。

(*´∀`*)

陰る直前の夕日があたって、ちょっとオレンジがかって見えました。

うつくしい。

いいね。

来てよかった。







●そのほかの

写真は、また明日。

では、またね。。。



【25/03/2018 23:44】 写真☆カメラ | Comments (0)

夜桜にはちと早いが

●これは

いつかな。

おそらく今週のはじめごろに撮ったです。

今年の



P3207179asss.jpg



ソメイヨシノ。

不思議なもので、数本あるのに、この木だけが花をつけていました。

パッと見た感じでは、三分咲きくらい。

ほかのの木は、まだ全部つぼみだけなのに。

面白いよね。

特別に日当たりがいいとか、あるんでしょうか。



P3207188asss.jpg



P3207192asss.jpg



この時期になると、わたしはカメラ常備です(笑)。

どこに出かけても、仕事の帰りでも。

あ、カメラというのは、いつものオリンパスのミラーレスね。

レンズ交換式ですが、つけてるレンズはごく軽いものです。

愛機。

と、いえないこともない(笑)。

かつては24時間?カメラ常備でしたけど。

残念ながら、お手軽なコンデジがぶっ壊れてからはそうもいかない。

うむむ。

新しい(コンパクト)カメラがほしい、ほしいと言い続けて幾星霜。

ヾ(´▽`;)ゝ



P3207197asss.jpg



P3207199asss.jpg



そんなに咲き急いで、どうするの。

そういいたくなります(笑)。

まだお彼岸だよ。

もうちょっと後でもいいじゃないの。

咲いたら、あっという間に終わりなんだもの。

もうちょっと。

もうちょっとゆっくり咲いていてほしい。

ゆっくりでいいから、のんびり咲いてほしい。

焦るから。

なんか、ねえ。



「ひさかたの光のどけき春の日に しづ心なく花の散るらむ」

そううたった紀友則センセイの気持ちが、よ~くわかりますよね。

ホント、まんまだ。

なんでそんなにはらはら、はらはらと散り急ぐの。

美しい

もうちょっと、そこにいてよ。

お願い、もうちょっとゆっくり、ね?

―――ね。

千年も昔の京都の貴族と、まったく同じことを思う(笑)。

日本人のDNA。

そういうもの、かもしれません。







●では、

またね。。。


【22/03/2018 06:08】 写真☆カメラ | Comments (0)

サクラサク

●うちの近くの

ソメイヨシノが、咲いてました。

気づいたのは土曜日の夜。

わずかに、寒そうに、ほんの一輪、二輪。

おお。

もう、か!?

早い。

早いよ。

まだ、名残りの梅も咲いているのに。

ひえ。



だなあ。

もうが来てしまったんだなあ。

焦ります。

よね。

ヾ(´▽`;)ゝ







●では、

またね。。。


【18/03/2018 23:23】 写真☆カメラ | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

04月 | 2018年05月 | 06月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。