幻の桜姫

●今日は

お能の 「船弁慶」(テレビ) を見た。

おもしろかった。

お能には独特の神秘性というか、決然とした品格がある。

その空気感は好き。

でも、きっとわたしなんぞには、半分も理解できていない。

・・・と思う。

(^~^;)

もうちょっと勉強したほうがいいんだろうけど。



庶民むけの娯楽だった歌舞伎のほうが、はるかに気楽です。

歌舞伎はね、純粋におもしろい。

ただ楽しめばいい。

大衆のためのエンターテインメント。

大正義。

(´艸`*)



問題は、四月の公演です。

孝夫ちゃんと玉さまの 『桜姫東文章』 ときけば、平静ではいられません。

なんてことだ。

なんてことだ。

もう二度と、生きて見られることはないと思ってました。

今ここで、もう一度、上演があるのか。

涙が出そう。

。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。

若き日のわたしはこれで歌舞伎にはまった、んじゃないかなあ。

(他にもいろいろあるので、ひとつの演目に特定できない。)

孝夫ちゃんと玉さまの全盛期、に近かったと思う。

たぶん。

チケットが手に入るなら見たい。

もちろん見たいです。

一抹の不安はないではないけど、それでも。







●これは

個人的な感覚なんですけど。

前も書いたかも。

わたしは、無理心中ということばが好きではない。

無理、というのは強制という意味だ。

つまり、亡くなった人間の誰かは一緒に死ぬことに同意していない。

それ、心中じゃないよね。

事情があるにせよ、ただの殺人ですよね。

心中というからには、亡くなった人すべてがその死に同意していなくては成立しない。

殺人者が後を追って、自ら命を絶ったとしても。

(自殺の是非については、ここでは置いておきます。)

多くの場合、背景には悲惨な現実がある。

自宅での介護に限界を感じたとか。

経済的に困窮して行く先を悲観したとか。

ものすごく深刻な、抜き差しならない事情があるのだろうとは思います。

でも、それでも。

特に、こどもの命を親が奪うかたちでの無理心中は、だめでしょう。

許せないと思ってしまう。



先日、ちいさなこどもが三人も亡くなりました。

殺されたらしい、というべきか。

その犯人は親ではないかといわれています。

(命はとりとめたようだ。)

報道は断片的なので、何が背景にあるかは知りません。

でも、心中とか未遂とかいってもらいたくない、よね。

殺人は殺人です。

きっちりお裁きを。

自分の子を手にかける権利なぞ、親にあるはずがない。

こどもの命を親のものだと思うやつは、いますぐシニタエロ。

そんぐらい、腹が立ってしまった。

「残していくこどもが不憫で・・・」

とかいう事情が、もしかしてあったとしても。

江戸時代以前ならいざ知らず、今は通用しない。

駄目でしょう。

こどもにはこどもの命があり、人生がある。

勝手に行く末を決めてはいけない。

未来をつみ取ってはいけない。

それはだめ。



では、またね。。。


【28/02/2021 23:18】 歌舞伎2013~ | CM (-)

もしかすると alter ego

●本日の

おさんどん。

死語か。

お昼に、じゃがいもとしめじとベーコンのグラタン。

うまうま。

夜には、大根と銀杏入りちびがんもといわし天の煮物。

うんまい。

しあわせ~。

いいお味にしあがると、なんかうれしい。

高齢の親の手伝いをする、という風をよそおっていますが、実はちがいます。

自分が好きなものをつくってるだけ。

(^~^;)

よく解釈すれば、一石二鳥かな。







●週末は

上記のとおり親元にいることが多いので、あれです。

大きなテレビの画面で、好きな番組を見られることも多い。

多いけど、まあ限度はあります。

親の家なので、いわゆる チャンネル権(死語?) はありません。

「娘はきっと、大河ドラマの最終回を見たいんだろう」

と気をつかわれて、見た。

麒麟がくる、の最終回。

※感想は後日ね。

見たのはいい。

見せてくれてうれしい。

ですが、なんというか。

うれしいような、うれしくないような。

葛藤、わかります・・・?

両親はふだん見ていないので、登場人物を知りません。

歴史は知ってるだろうけど。

ドラマの、しかも最終回の最中に、

「これは誰?」

とかいちいち聞かれて、楽しいひとはあんまりいない。

(^~^;)

あぐぐぐ。

あのお、今、本能寺の変の真っ最中なんですけど。

緊迫したクライマックスの場面で、気が散ることはいわないで。

つか言うな。

たのむよ。

(^~^;)



後から思えば、録画してもらえばよかったよなあ。

真夜中にひとりで観ればよかったのだ。

不覚じゃ。

ぐすん。

見逃し配信で、ゆっくり見直そう。

うにゅ。



で、ひとこと。

本能寺の解釈として、とてもおもしろい。

家臣の謀反。

たしかに、史実はそうだ。

その裏に、こんなに濃厚な、というか濃密な愛憎関係があったと。

フィクションだけど、すんごい納得したわ(笑)。

信長、光秀にほぼプロポーズしてましたよね(笑)。

ほぼ暴力的な、破壊的な愛情表現。

うひ。



以前 『英雄たちの選択』 で、小谷賢さん(軍事研究)がいってたことがある。

※NHKの歴史番組です。

明智光秀が織田信長を殺したのは、

「陶工が自分のつくった作品を気に入らず、自ら壊して割ってしまったみたい」

な感じじゃないか、って。

はからずも、今回のドラマはそういう流れでした。

自分が人生をかけて作り上げたもうひとりの自分、かな。

それが暴走して制御不能に陥ったとき、

「これを止めるのは自分しかない」

そういう考えだったのかもしれないなあ。



では、またね。。。


【07/02/2021 23:59】 オペラ・演劇・映画 | CM (-)

そこはかとなく漂う、この空気は

●初芝居

初春歌舞伎、こちらもテレビで観ました。

(^~^;)

「傾城雪吉原」 玉さまの美しさ。

あああ陶酔。

「らくだ」 の突き抜けたバカバカしさ。

※ほめてます。

芸達者な芝翫愛之助がおもしろすぎる。

できればライブで観たい。

劇場に行ければいいのに。

ねえ。



なお、愚痴>>

それなりのベテランのはずですが、アナウンサーが下手すぎる。

とちる、だけならまだいいのです。

役者さんたちへの敬意というか、興味がまともにない感じ。

なんなんでしょうね。

謙虚さ、真摯さが欠けている印象でした。

(NHKのアナでそういうのって珍しいよね。)

古典芸能の担当なら、もうちょっと勉強してもいいんじゃないかなあ。







●ドラマ

うつ病九段

実話ベースの、プロ棋士のおはなし。

将棋の話というよりは、うつから少しずつ立ち直る話。

うつ病がどれほどおそろしいか、あらためて感じました。

底なし沼のようなこわさ。

ベテランの棋士が、将棋の指しかたすらわからなくなる。

こわい。

家族がどれほど苦しむか。

戸惑うだろうし、ものすごく対応が難しいだろうなあ、と。

しみじみ感じました。

役者がみなさんうまい。

先崎さんは知っていましたが、こんなことが起きていたとは。

羽生善治先生については、うーん。

ご本人もうちょっとイケメンだよね、とか思ったりね(笑)。

どうでもいいか。



ライジング若冲

日本画家の異端児、奇才=中村七之助

京都の商家の跡継ぎ息子。

彼の発見者であり、理解者であり、パトロンであり、友人であり・・・=永山瑛太。

天才詩人で美貌の僧侶。





うほ?

まさかまさかのBL展開・・・うにょうにょ。

(^~^;)

※念のためにいいますが、おおむねマジメな芸術家の成長物語です。

伊藤若冲、丸山応挙などの青春群像劇でもある。

だが。

ォ━━(#゚Д゚#)━━!!

顔が近い。

執拗な抱擁と、握り合う手の熱。

絡み合う視線と視線。

「およよ・・・?」

まるっきり想像すらしていなかったストーリーに、ドギマギしました。

知ってたら、両親と一緒には見なかったかもなあ。

(((((((;´д`)))))))

いや、もちろん伊藤若冲は知ってます。

というかわりと好きです。

ですが、彼がどういう人だったのかは考えたことがなかった。

だから、びっくりした。

あらら、うっそぉ。

*゚。+(n´v`n)+。゚*

瑛太×七之助

七之助歌舞伎の女形なので、自然とそういう解釈に。

でも個人的には、七之助×瑛太でもいいかなあ、とか思ったりもする。)

「一生、わたしのそばにいてほしい」

あう。

いやん。

そ、そういうことなの?

そういう解釈をしていいの?

わたしが腐ってるからじゃなくて?

・・・あうう。

ああびっくりした。

非常に楽しかった。

よかったです。

いえ、あの、そういうことだから、じゃなくて。

(^~^;)



では、またね。。。


【04/01/2021 01:35】 歌舞伎2013~ | Comments (0)

豚バラ大根

京都

南座での 「吉例顔見世興行」 が、始まっています。

いろいろ・・・本当に冷や冷やさせられたけど、なんとか。

なんとか幕が開いたようです。

休演とか代役とか、ありますけどね。

とにかく無事で、これ以上なにもなく興行が続きますように。

ひたすらそれを願います。



ほんとはねー。

弾丸旅行で見にいく気でいました。

こんな時期だからこそ、孝夫ちゃん(仁左衛門さん)を応援に。

今だからこそ、無理をしても。

ちょこっとだけでも。

役者のみなさんの奮闘を支持している、と。

・・・ですが、まあ、ダメ。

どうしても、行けない。

行けないよぉ。

(^~^;)

総合的に考えると、断念せざるをえませんでした。

師走のこの時期に、万が一のことが起きたら。

もしも起きてしまったら、自分だけの問題では収まりません。

うつすも、うつされるも、可能性はゼロじゃない。

オフィスに、家族に、その周囲に影響が及ぶおそれがある。

あかんでしょ。

空気を読むとか、そういうことじゃないのね。

そうなってしまったら、自分が後悔する。

本当に後悔する。

そう考えないわけにはいきませんでした。

ぐう。

他者からみたら、あたりまえの結論だろうと思います。

でも、くやしい。







●羽生さんが

竜王戦に負けてしまった。

あぐぐ。

100期目のタイトル獲得は、またもお預け。

がっくり。

あ。

豊島さん、初防衛おめでとうございます。

ちなみに>>

羽生さん、渡辺名人には勝ったんですよね?

NHK杯のトーナメント。

調子が悪いわけじゃない。

まだ行ける。

そう信じています。







●新しいレシピで

豚バラ肉と大根の煮物をつくりました。

シンプルで、うんまい。

本当にうんまい♪

(*´▽`*)

豚肉300グラムに対して、大根600グラムぐらい。

と、勝手にアレンジしてしまったけど。

だって味しみしみの大根、いっぱいほしいですよね(笑)。

その時点でレシピを逸脱してるけど、おいしいからいいの。

えへ。







●では、

またね。。。


【06/12/2020 23:51】 歌舞伎2013~ | Comments (0)

久しぶりの歌舞伎座

●さて

じわりと増えてきましたね。

コロナ陽性者の数。

気が緩んで・・・では、ないと思うんだ。

そういう人もいるだろうけど、やっぱり寒さじゃないかなあ。

冷えてくると、換気がつらくなります。

室内ですごす機会が、どうしても多くなる。

飛沫感染リスクは否が応でも増すのだと思います。



japancorona_7nov2020.jpg



www_7nov2020b.jpg



www_7nov2020a.jpg



立冬とは、よくいったもんだ。

東京は紅葉もまだですが、それでも徐々に冷えている。

北のほうはかなり寒くなりそうです。

(^~^;)

まだ、11月。

がんばろう。

コロナに負けない。

気持ちだけは、少なくとも。







●今日は

ほぼ一年ぶりに、歌舞伎座に行きました。

小鳥さんと一緒に 『身替座禅』 を観に。



kabukiza_nov2020.jpg



いわゆる松羽目物

つまりお能や狂言をもとにした古典的な舞踊劇ですが、これがねー。

『身替座禅』 といえば、歌舞伎界きっての人気演目です。

とにかく、おもしろいの。

なんにも知らなくても、わからなくても文句なしに面白い。

もうね、何回みたかわかりません(笑)。

♥♥ヾ(* ̄・ ̄*)〃

それが演劇のすごさであり、役者のうまさであると思います。



お話は、いたって単純です。

主人公は、山蔭右京というお殿様。

愛人の花子(はなご)にぞっこんで、会いに行きたくてしょうがない。

だけど奥様の玉の井がおっかなくて、なかなか自由な時間が持てない。

そこで一計を案じます。

持仏堂にこもって座禅を行うからと奥様を説得し、なんとかチャンスを得る。

家来を身替りに仕立て、その間に花子のもとに行くという算段です。

もちろん、そのまま平穏無事に終わるはずがなく・・・。

(´艸`*)

菊五郎さんが右京で、市川左團次が奥様の役。

当代きっての名コンビです。

(ふだんは女形なんかやらないコワモテ立役が玉の井を演じるというのが、この芝居のミソ。)

安心してみていられるし、本当にうまい。

楽しかった。

(´ー`*)



だが、しかし。

どんなにうまくても、やっぱり寄る年波はありますね。

人間国宝の菊五郎さん、78歳。

唯一無二の左團次さん、79歳。

(どうでもいいが、ばいでんさん77歳、とらんぷさん74歳。彼らより上だ。)

所作でトシを感じることはほとんどないけど、なんというか。

舞踊劇ということもあって、立ったり座ったりが結構ある。

最後はドタバタ展開なので、よけいに。

座っては立ち上がるときに、膝に手をかけてよっこらしょ。

・・・ん?

一度や二度じゃないので、いやでも目につきます。

膝、痛いんだろうなあ。

そりゃそうだよなあ。

衣装は重たいし、踊りは決まりがあるし、しんどいだろう。

(彼らの子供のような年齢のわたしも、ひざ痛いもんなあ。とほほ。)

若い脇役の俳優たちが、何の苦もなく造作もなく、気配もなくすっと立ち上がる。

彼らのほうが衣装は重たいかもしれない。

それを見るにつけ、ややさびしさを感じました。

(^~^;)



念のためにいうと、あれです。

ヨボヨボのじいさんがよれよれ踊っていた、わけじゃありません。

二人の名優のすばらしい芝居が見られる。

それは本当です。

だけど、もう最盛期ではない、と。

それを否定するのもまた、素直じゃないと思うだけです。

うひ。

声もいい、姿もいい、芝居もうまい。

それだけに、ちょっとね。

(--;)



歌舞伎座も、正直いまはふつうの状態ではありません。

やっぱりさびしい。

客席の半数しかチケットを売ってないけど、それすら埋まらない。

活気がないのが恨めしい。

ころなのばか。

では、またね。。。



【07/11/2020 22:28】 歌舞伎2013~ | Comments (0)

ようやく梅雨明け

●本日は

朝から晴れてました。

おう。

晴れたか。

遅い梅雨明けの日が、やっと来たか。

自分自身の虫干し(笑)に、散歩に出かけました。

近くの自然公園まで、てくてくてくてく。

(υ´Д`)アツー

でも、このぐらいならね(笑)。

百日紅、ひまわり、サルビア。

トウモロコシの畑に、終わりかけのバラ園。

(//∇//)

蝉の声が、聞き取れただけで4種類。

(その中にクマゼミはいない。ほっとした。)

おおきな公園では、子どもたちがたくさんいました。

虫捕り網をもって、蝶々を追いかけている。

アゲハ、キアゲハ、シロアゲハ。

おお、だ。

ふう。

写真は、また後ほど。







●そして

5か月ぶりの歌舞伎が、今日から始まりました。

いろいろ試練の八月花形歌舞伎

うまく、無事にいってほしいものです。

(*´∀`*)



九月の歌舞伎の演目をみて、声をあげた。

おどろいた。



kabukiza_01082020.jpg



たぶん、ほぼすべての歌舞伎ファンが息を呑むのは、むろん 「鷺娘」 です。

玉さまの鷺娘、もう二度と見られないと思っていた。

(それも、口上つき。)

それについての感想は、また別の機会に。



今回の注目は、しかし、なんといっても 「かさね」 です。

個人的に、運命の作品(笑)。

20代のころに孝夫ちゃんと玉さまの 「かさね」 を見て、心臓を撃ち抜かれた。

つか、ドはまりしましたからね。

この世界に。

このふたりに。

(^~^;)



色悪を演じられる立役はあまりいないので、孝夫ちゃん(=仁左衛門)以降、ほぼ後継者がいない。

絶滅危惧種かっていうぐらい。

(息子の孝太郎はうまいし、非常に才能がありますが、女形なのだよ。)

それを、幸四郎に教えているのだね。

今月の 「切られ与三」 に続いて、2か月連続。

※これも、孝夫ちゃんの当たり役。

しかし、他にいないとはいえ、幸四郎も大変だ。

演技がうまく、声がよく、姿もよくて、おまけに高麗屋の御曹司。

ちなみに演技は、ちょっと憑依系。

高麗屋の芸を継ぐだけでも大変なのに、あれです。

播磨屋の芸も、その双肩に背負っている。

(播磨屋というのは、吉右衛門さんの家の芸です。後継者がいません。)

そのうえ、上方である仁左衛門(=松島屋)の色悪系の芝居も、ほぼ一手に引き受けてますね。

「女殺油地獄」 なんかも、その一例。

そういえば 「廓文章 吉田屋」 も、やってましたね。

仁左衛門の荒事系は、けっこう愛之助に行ってるんだけど、なー。

水のしたたるいい男系は、幸四郎が請け負っているみたいね(笑)。



あれ。

脱線しました、すみません。

文句をいってるんじゃなくて、楽しみなのです。

幸四郎もむろん楽しみだけど、最大のびっくりは猿之助だよ。

かさねを、猿之助

―――うひゃあ。

この配役には、腰を抜かしそうになりました。

その手があったか。

(初役なのかどうか? 知らないけど。)

かさね、もうね、非常にむずかしい役です。

きれいな女形ならいいわけじゃない。

(とはいうものの、きれいじゃないと説得力がないという。)

玉さまがいったい誰に教えるんだろうと思ってましたが、こう来たか。

妙手すぎて、唸る。

猿之助がうまいのはもちろん、もちろんです。

彼が演じる鬼女を見て、震え上がったもん(小鳥さんもわたしも、笑)。

彼の襲名興行で。

あの鬼気迫る迫力と、凄みと、狂気。

舞台の空気を一変させる、人外っぽい存在感。

あれを思い出せば、かさねの配役に納得です。

納得どころか、ほかに誰が? かもしれない。

玉さまが澤瀉屋推しなのは既知ですが、それだけじゃないね。



それにしても、猿之助がメインストリームに復帰した感、半端ない。

2か月連続、期待の大役で歌舞伎座とか。

夢のようだ。

ながーい排除の時代は終わり・・・なのかな。

喜ばしいことです。

(//∇//)

問題は、どうやってチケットを確保するかだ。

とれるんだろうか。

コロナ対応で、超絶レア化してるからね。

(^~^;)



では、またね。。。


【01/08/2020 23:55】 歌舞伎2013~ | Comments (1)

ォ━━(#゚Д゚#)━━!! 待ってました!

●やっと、やっと

やっと!!

やっと歌舞伎が帰ってきます。

長かった。

本当に、長かった。

8月1日から、歌舞伎座で八月花形歌舞伎

ォ━━(#゚Д゚#)━━!!

泣きそう。

つか、泣く。

(ρ_;)。。。

コロナのバカヤロウのせいで、ひどい目に遭った。

。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。

歌舞伎役者も、スタッフも、ファンも。

本当にひどい目に遭った。



八月の公演も、ふだんとは全然ちがう。

※もともと八月は納涼歌舞伎と称し、ちょっと短めの三部構成が常ですが。

歌舞伎座における新型コロナウイルス感染拡大防止および感染予防対策について

席数を減らし、屋号を大声で呼ぶこともできない。

一幕ごとに客を入れ替え、消毒するそうです。

大変だ。

おそるおそる、コロナの時代に適応するという印象です。

ファンは総じて年齢が高めだから、よけい神経質になるだろうな。

うつすリスクも、うつされるリスクも半端ない。

うん。

大変だ。

人件費などのコストは増え、満席にできないから収入は激減。

しんどいだろうなあ。



それでも、幕は開く。

歌舞伎の幕が、やっと開く。

よかった。

本当によかった。

ああ泣きそう。



では、またね。。。


【30/06/2020 16:10】 歌舞伎2013~ | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

02月 | 2021年03月 | 04月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。