フレディ三昧(また)(まだ)

●たくさんの

拍手やコメント、ありがとうございます。

いつも楽しみに読んでます。

このところ元気だね、みたいなお言葉もいただきました。

おお。

そういえば、そうかも。

残業ばっかりでヘトヘトではありますが、たしかに風邪とか引いてない。

咳がひどい、も今のところありません。

仕事もあんまり(あんまり・・・?)やすんでない。

(*´∀`*)

自画自賛かよ(爆)。



某さま。

お母さまとご一緒に 『ボヘミアン・ラプソディー』 をご覧になったなんて、素敵。

すごくいい話だなあ。

(//∇//)

まったくなんの予備知識がなくても、十分にたのしいと思います。

映画をつうじて、クイーンを好きになってもらえたら、さらに素敵。

そして、あとでPCでホンモノのライヴ・エイド映像をご覧になって、

「ラミ・マレックよりも、本物のフレディのほうが格好いい!」

と仰ったんですって?

ヾ(*´∀`*)ノ すばらしい♪♪

それを聞いたら、小鳥さんはたぶん泣いて喜びます(笑)。

もっと言ってやって!

・・・ふふ。

まあ、わたしはラミのほうが可愛いと思うけどね・・・?(笑)

断然。

でも、かっこいいのはフレディ・マーキュリーです。

間違いない。

そりゃそうだ。

本物だもの。

世界にたったひとりしかいないフレディ。

んね。







●それはともかく

ゴールデングローブ賞をとってから、世界は変わった気がします。

ボヘミアン・ラプソディー』的にね。

主演男優賞は、まあ、そこまでの驚きではない。

ラミの熱演は、誰もが (プロの評価でもまあまあ) 認めるところだったから。

なぜフレディ役にラミ・マレックが起用されたのか

「ダサい邦題」「タレントでPR」、熱心な映画ファンが“無視”される事情
(こっちの記事は『ボヘミアン・ラプソディー』と無関係ですが、面白かったので。)



とはいえ、作品賞は別です。

そういう賞をとれるような映画じゃない、と思われていたからね。

アホな批判については、こないだ書きました。

ので、別の視点から。

というのも、この映画をとったブライアン・シンガーという監督。

実力はあるものの、業界での評判がもともとよくない。

・・・らしいですよ。

実際いま、未成年へのセクハラで訴えられているし。

ボヘミアン・ラプソディー』でも、撮影の途中で解雇されています。

解雇の理由は、職場放棄。

あと2週間ぐらいで撮影が終わるという頃になって、仕事に出て来なくなったとか。

シンガー監督がいうには、「瀕死の親の看病につききりで仕事に戻れなかった」と。

真相は不明。

ラミ・マレックとの不仲説もあるけど、あまり信じてる人はいないみたい。

(わたしのえこひいきではなく、ラミは人格者だと業界では評価が高く、悪くいう人がいないから。)

結局、映画デクスター・フレッチャーが仕上げたそうです。

よく考えるまでもなく、緊急登板の後任監督って大変な仕事よね。

もう何か月も、へたしたら何年も、そこに撮影スタッフとキャストの関係性が出来てる。

そこに、いきなり入って行くんだもんね。

いかにも、しんどそう。

映画のクレジットでは、監督はブライアン・シンガーのまま。

ちょっと納得いかないかもね。

※映画業界のルールで、監督はひとりだけって決まってるらしいよ。



何がいいたいのか、というと。

すぐれた映画作品には、だいたいすぐれた監督がいるものです。

監督に力量があるからこそいい映画ができる、という認識ですね。

作品賞をもらうような映画で、監督賞にノミネートもされない映画ってあんまりない。

・・・んだそうです。

だけど、『ボヘミアン・ラプソディー』は、どこの映画祭でも監督賞はもらってない。

つうか、ノミネートもされてない。

ブライアン・シンガーが、問題の人物だから。

上記のように、撮影過程でゴタゴタがあったから。

ハリウッド・・・とは限らないかもしれないけど、さ。

意外とせまい映画業界は、こういう内輪のもめ事やスキャンダルを何よりも嫌うんだそうです。

一般のひとは、こんなこと興味もないだろうけどね。

―――と、そんな理由で。

監督交代などで揉めにもめた 『ボヘミアン・ラプソディー』 は、作品賞なんかもらえない。

もらえるわけがない。

そういう認識だったらしいですよ。

だけど、ゴールデングローブ賞とっちゃったからね。

もっとも格式の高いといわれる、ドラマ部門の作品賞。

・:*:・( ̄∀ ̄ )。・:*:・

業界が仰天したのも当然です。

監督賞にかすりもしないのに、作品賞をとっちゃった。

(それ以前に、シンガー監督はそもそも授賞式に招待すらされてないという。)

(--;)

じゃあ、監督の役割とは・・・?

名監督あっての名作品、という共通認識はどうなる・・・?

(*´∀`*)

いや、わたしはどうでもいいです(笑)。

『ボヘミアン・ラプソディー』が評価された、それだけでいい。

でも映画界のひとたちは、頭を抱えたらしいですね。

ほーん。



ラミは、わかりますよね。

映画の評価がいまいちでも、役者が孤軍奮闘。

その圧倒的な演技力で、個人で賞をとっちゃう・・・ってことは、ままあるから。

(*´∀`*)

ゴールデングローブ賞で主演男優賞。

それだけで、たぶんオスカーのノミネートは間違いない。

(作品賞は、上記の理由でノミネートすら不透明、かもしれない。)

彼がオスカーをとる確率だって、だいぶ上がったはずです。

がんばれ。

応援しちゃうよ。



役者ってさ、演技力があるだけじゃ足りないのよね。

人気だけでも、ルックスだけでも、それだけでは勝てない。

賞レースで頂点に立つには、とてつもなく大きな運が必要です。

運というか、運命というか、タイミング。

波みたいなもの。

今いちばん波に乗っているのは、ラミ・マレックじゃないかと思う。

ちなみに彼は、ぽっと出の新人ではない。

実力もキャリアもある中堅ですが、これまでスター・・・と呼べる役者ではなかった。

ように思います。

でもフレディ・マーキュリーを演じたことで、彼の運命は変わった。

ハリウッドで最もアツイ役者、になったのではないかと思います。

すごいもんだ。

今オスカーをとらなくて、いつとるんだ。

明らかに、今でしょ(笑)。



ええ、はい。

わたしがオスカーにこだわるのは、もちろん『ボヘミアン・ラプソディー』のためです。

フレディの、クイーンの映画が、頂点に立つ。

すでに社会現象を起こしてますが、もっと話題になりますよね。

プロの批評家を沈黙させ、ファンを熱狂させ、破竹の勢いで進んでほしい。

それを見たい。

(*´∀`*)

クイーンがそうであったように。

行け。

どこまでも飛べ。

うひ。







●では、

またね。。。


【20/01/2019 17:56】 オペラ・演劇・映画 | Comments (0)

ぼへりすぎ。

●水曜日は

レディースデイ、だったので。

どうしてもラミに会いたくなって、ふらっと行ってしまった。

映画館。

※ふらっと・・・は事実ですが、事前に席の予約は必須です。

6日間で3度目。

ここに来て、謎のハイペース。

全部で・・・何回目だっけ?

8回かな???

もはやわからない。

アタマオカシイ。

はい。

自覚はあります。



日本橋のTOHOはきれいだった。

コレド室町2の中なので、あたりまえか。

座席はきれいでふっかふか。

気持ちよかった。

むろん映画はよかった。

これはもう、いうまでもありません(笑)。

ボヘミアン・ラプソディー』。

うひ。

うひ。



だが、しかし。

いくら自宅からそう遠くないとはいえ、いくら仕事の都合とはいえ。

平日に、レイトナイトはちょい無謀でした(汗)。

21:15スタートで、2時間半の映画

終了時刻が、映画館のホームページによれば23:45です。

ビルを出て地下通路を走って、駅のホームにたどり着く時間を考えると、

「どう考えてもギリギリ・・・」

わかってはいたけど、でも焦った~。



ご存知の方もいらっしゃると思いますが、ぼへ の場合、最後まで着席がデフォです。

クレジットが流れる間に、クイーンの名曲が流れますからね。

ホンモノのフレディ、ですからね。

余韻にひたりつつ終わらないで、終わらないで、と。

映画が終わってからもずっと、ひたすら、そう祈り続けますよね。

終わってるのに(笑)。

そうなんですけど、水曜日は無理でした。

終電を逃すリスクというか恐怖がね、勝ってしまった。

えへ。

フレディごめんね。

ホント、途中で席を立ってしまってごめんね。

また来るからね。

心の中で謝りながら、ダッシュしました。

いや走った、走った(笑)。

よく間に合った! と自分をほめてあげたい。

ぜえぜえ。

ふうひい。

次は、もうちょっと余裕のある時間に行こう。







●では、

またね。。。

【18/01/2019 23:39】 オペラ・演劇・映画 | Comments (0)

This is for, and because of you, gorgeous! - Rami Malek, to Freddie Mercury at GG awards

●14日も

元気にぼへって参りました。

7回目? だっけ?

350人が入る大きなスクリーンが、完売につぐ完売。

ボヘミアン・ラプソディー』の奇跡。

アタマオカシイ。

封切から10週目ですよ? 11週目?

先週末の時点で、累積の興行収入が84億円。

動員人数が612万人でしたっけ?

ゴールデングローブ賞ででかい賞をダブル受賞したから、また勢いがついたかもね。



☆彡最新の数字☆彡

公式の発表を見たほうが早い(笑)。






動画をいちいち貼るのも大変(笑)。

なので、こちらをよかったら見てね。

https://www.cinemacafe.net/article/2019/01/15/59810.html

https://www.cinematoday.jp/news/N0106151







●ああ、

そういえば。

来週オスカーのノミネーションの発表があるんでした。

プロの映画評論家による下馬評は、相変わらずイマイチ。

というか、低い(笑)。

どうしてでしょうね。

(^~^;)

「時系列にたらたらとイベントを重ねているだけ」

って、どういう批判だ(笑)。

伝記映画を、時系列以外のやりかたでどう撮るんでしょうね。



「ストレートウォッシュがひどい」

というのも、よく聞く批判です。

ゲイであるフレディ・マーキュリーを、「ふつうの」異性愛者のように描いている、と。

うにゅ~?

(((((((;´д`)))))))

これをいってる人は、たぶん映画を見てないんだと思う(笑)。



メアリーとの恋愛関係は、事実です。

生涯でもっとも信頼していた、というのは本当だ。

ツアーでいつもきれいな女の子たちに囲まれていたって、ブライアンもロジャーもいってる。

クイーンの仲間は、だいぶ後まで、フレディがゲイだと知らなかった・・・というのは有名な話です。)

自分の性的指向に気づくまで、彼は、女遊びが派手だったのよ。

フレディはね、女の子が好きだった(笑)。

当時のロックスターがおおむね、そうであったように。

自分がそっちの人間だと気づいてからは、映画の中でも、十分にゲイゲイしい(笑)。

でしょ?

アメリカツアー中に、男子トイレに入っていくオッサンに目を奪われてみたり。

(小鳥さんいわく、あれはアダム・ランバートのカメオ出演らしいよ?)

「Another one bites the dust」の赤ラミ。

(*´∀`*)(*´∀`*)(*´∀`*)

あのシーンの異様なまでの色気と、隠微な雰囲気。

筋肉を誇示する黒レザーのお兄さんが、(唐突に)入り乱れる。

ヤバイ。

ドラッグ漬けの日々を送ったミュンヘンでも、その手のお兄さんがぞろぞろ。

ジム・ハットンに出会ったシーンも、まあ、その延長だよね。

(思わぬ反撃にびびって、必死で謝っちゃうあたりがなんとも情けないというか、

内面の繊細さと、育ちの良さが垣間見えてカワイイんだけど。)

ライヴ・エイドでも、撮影クルーのお尻にしれっと痴漢行為を・・・(笑)。

(´艸`*)



ねえ。

あんだけ 「いかにも」 な映像があるのに、ストレートウォッシュって(笑)。

なにを期待してたのか。

ポルノみたいに、たっぷりベッドシーンがないと不満だとか?

うは。

要らんでしょ。

フレディの映画をつくるのに、アダルト・コンテンツ要りますか?

いらんでしょ。

(ただしわたしは徹頭徹尾腐っているので、ラミが押し倒されて・・・うにゅうにゅ・・・は見てみたいと妄想する。しねよ。すまんラミ。)

腐女子は空気読めなくてすまん。

悪い冗談です。



少なくとも一時期、フレディの私生活はかなり乱れていたらしい、と。

どれだけ地位と名誉と、富を得ても、拭い去れない孤独があった、と。

それがわかれば、十分ではないでしょうか。

そこは映画にあるよね。

その結果として、彼の早世があるんだし。



「それだけ乱れた生活をしてたら、そりゃ罹るものにも罹るよ」

―――ってね、それをいわせたくなかったのだとおもう。

ブライアンやロジャーはね。

そんなのは、認めたくないけど、実はみんな知ってる。

みんなひそかにそういう感覚を持ち合わせている、とは思う。

でも、だけど。

「はい、享楽的に生きたバツです」 って、そこはポイントじゃねえだろ。

説教くせえ。

ロックバンドだよ。

世界的に大成功したバンドだよ。

堅実な小市民とは、根底から価値観がちがうでしょう。

結局のところ他のメンバーも、それなりに遊んではいた。

ストレートでもゲイでも、叩けばホコリは出て来るだろうね。

といっても、保身じゃない。

フレディみたいにガンガン遊んでいても、サバイバルした人間もいるわけだ。

不運だった、と。

そう思うしかない。

かかるのがもう少し遅かったら、治療薬もできていたわけですし。

(今でもAIDSは不治の病ではありますが、死に至る病気ではなくなっている。)

んね。



映画の中のフレディ・マーキュリーを、きれいすぎる、という人たち。

そう批判する人たちの中のフレディって、どんだけ汚れているんだろう?

酒とドラッグと不特定多数とのセックスで、ボロボロの廃人?

てめえらどんだけピューリタンなんだ?

乱れた生活に甘んじた人間は、ボロボロになってどん底でみじめに死んでいくべき。

・・・そういうことっすか?

ばっかじゃないの。

これは宗教説話じゃないよ。

フレディは聖人君子じゃない。

だけど、乱れた規律の果てに破滅した罪人でもないよ。

ふつうの人間なの。

いや、違うか。

ふつうの人間だけど、神様に愛された才能を持っていた。

最期まで、その才能に殉じた。

ファンも、バンド仲間も、そんなフレディを愛した。

そういうことでしょう。

それを描いた映画ですよね。

それを美化、という人たち。

そうか。

あなたたちは、フレディを愛してないんだね。

―――そう、わたしは思います。

Oh, fuck off, darling.

フレディなら、そういって歯牙にもかけないかも(笑)。







●では、

またね。。。


【16/01/2019 00:31】 オペラ・演劇・映画 | Comments (0)

團十郎への道

●ああ、いかん・・・

せめて1月15日までには、と思っていたのに。

もう時間がない。

(^~^;)

やっばい。

うにゅ。

何のことかというと、初詣です(笑)。

今年はあえて、混雑する三が日をはずして。

少し空いてきてから行こうと思ってました。

忘れたわけじゃないの。

でも、あうう。

もう2週間が過ぎてしまったよ。

(^~^;)

まずい。

今度の週末には、なんとかしよう。

うぐ。







●そういえば

わたしの予想は、ドンピシャだったよね(笑)。

(´艸`*)

なにって、もちろん。

市川海老蔵が、團十郎を襲名する話です。

合わせて、息子の勸玄くん(5歳)の新之助襲名も。

来年の5月から、3か月間の襲名興行を歌舞伎座で。

そう。

ぴったし、オリンピックに間に合うように。

・:*:・( ̄∀ ̄ )。・:*:・

―――予想どおりでしたね。

別に、特別にむずかしい予想ではなかったけど。







團十郎

江戸の花。

大江戸の飾り海老。

これ以上はない、歌舞伎の世界にとっていちばん重たい名跡です。

これを継ぐことは、このお家に生まれた男子にとっては宿命みたいなものだ。

信じられないほどの重責。

であると同時に、そうなることが当然である、という価値観の中で育ってきた。

ついにこの日が来たのか。

そんな思いがあったのではないでしょうか。

勸玄くんのほうは、お父さん(の小さいころ)よりも大物ですよね(笑)。

ナチュラルな自信と、遊び心を失わない胆の座りかた。

そのへんは、もしかするとお母さんの血かもなあ。

海老蔵の少年時代のほうが、いろんな意味で繊細であったような気がします。

いいなあ。

がんばれ。

がんばってください。

何があっても応援する。

そして、長生きしてください。

うんと、うんと。



さて。

襲名興行のチケット、とれるんだろうか。

オリンピックのチケットを買うより大変かもしれないなあ。

来年の5月、6月、7月。

歌舞伎座で3か月連続で襲名披露というのは、さすがに、團十郎だね。

他の名跡では、いくら何でもここまではやらない。

そのどこかで、見に行けますように。

今から、そのぶんお金を貯めておかないとね。

勧進帳(かんじんちょう)があって、暫(しばらく)があって、あとはなんだ。

舞踊も含めて、古典が多いだろうな。

高時、鳴神、鏡獅子、助六があって、切られ与三とかもある?

うふふ。

今から楽しみです。







●では、

またね。。。


【15/01/2019 00:25】 歌舞伎2013~ | Comments (0)

(o´_`o)ハァ・・・ (追記あり)

☆追記☆

本当に、たまたま。

つべを流していて、おかしなものを見てしまった。

(テレビ番組のアップロードですが・・・ゆるして。)

最近ありとあらゆる ぼへ 関連動画を見てますけど、それとはなんの脈絡もなく。

ふと見てしまったのが、ピンクレディーだ。

うは。

・:*:・( ̄∀ ̄ )。・:*:・

それも昔のではなく、昨年暮のレコ大かな?

スペシャルなメドレー。

うわお。

うわ。

わわわわ~。

呆然と、その圧巻の歌とダンスを眺めてました。

ホンモノ???

おいおいおいおい。

マジ???

わたしの小学生の日々のアイドルだよ。

究極のアイドルだよ。

いったい今、何歳なの。

還暦ぐらい、いってるよね???

えええええ。

ォ━━(#゚Д゚#)━━!!

歌ってるだけで、踊ってるだけでもスゴイけどさ。

この美しいスタイルはどうよ?

キラキラしてるよお???

すげー。

すげー。

UFOも、SOSも、渚のシンドバッドも、サウスポーも。

もちろん全曲、今でも歌えます。

たぶん振り付けもだいたい覚えてます。

小学生の記憶はすさまじい。

でも、この人たちって・・・凄すぎない?

聴いているうちに、わたしは涙を流してました。

(ρ_;)。。。

なんでしょうね。

ほろほろと泣いてました(笑)。

感動なのかもしれない。

よくわからないけど。

去年はあむろなみえちゃんすごい、と思ってたけどさ。

この人たちは、下手したら彼女のお母さんほどの年齢では?

それで、同じような恰好してない?

負けてなくない?

しゅごい。

あむらー、に相当する言葉がないのがもどかしいですね。

ピンクレディー世代を、呼ぶ言葉がない。

その言葉がもしあったら、まちがいなくわたしはその世代だ。

意識したことなかったけど、今日思った(笑)。

そっかー。

すごい人たちだったのね。

というか、まさか泣く日が来るとは。

びっくりです。

うる。

。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。







●日曜日は

引きこもりでした。

まあ、洗濯ぐらいはしたけど。

あとは怠惰。

ひたすら。

寒いしさー。

昨日のお昼ごろ、そういえば豊洲では雨がちらほら。

「もう、やめてよ~」

と、雨女の小鳥さんに文句をいった(笑)。

が、あとで。

ニュースを見て気づきました。

ああ、そうか。

都心で雪がちらほら、舞った一日だったのね。

たまたま雨になったけど、あれは雪・・・になるはずだったのか。

冷えたもんなあ。

ふう。







●笑った

のは、昨日の小鳥さんとの会話。

彼女の職場でも、『ボヘミアン・ラプソディー』を観てはまった同僚が続出してるらしい。

そのうちのひとりに、

「応援上映に行かないか」

というようなことを言われたらしい、のですね。

( *゚w゚)

彼女の返事はNOだったわけですが、その理由が、

「絶対にやだ。ペンライトとか振り回す人がいるんでしょ? 冗談じゃない」

「フレディのちょび髭とか、くっつけて歌う人がいたりするのも耐え難い」

┌(・。・)┘♪└(・。・)┐♪┌(・。・)┘

うはは。

はい。

・:*:・( ̄∀ ̄ )。・:*:・

想像はしてたけど、まったくもってわたしと同じことをいってた(笑)。

だよね。

そうだよねえ。

つけ髭はまあ、上映中は見えないから、好きにすれば? 

と思えなくもない。

が、ライトはダメでしょう。

クイーンのライブでそれはねえよ。

あれだけは禁止にしてほしいと思うけど、個人的にはね。

日本のアイドル文化の悪しき影響なんじゃなかろうか。

・・・と思うのですが、まあ、きっと。

きっと、そう感じるおばちゃんはマイノリティでしょうね。

それが応援することだ、と思ってる人も多いんだろうし。

ふう。







●しかし

毎日さむいですね。

乾燥もひどいし、なんだかねえ。

(^~^;)

でも、冬はそれでも好きなのだ。

うん。

たぶん関東平野部海岸沿いに住んでるから、という前提条件つきで。

冬は安心する。

本当に安心できる。

寒いのはほっとする。

ずっとそうあってほしい。

これがね、ちょっとでもぬくくなってくると、怒涛のように不安が押し寄せるのだ(笑)。

花粉が飛ぶ。

いやだ。

暑い時期がやってくる。

(わたしの肌感覚では、GWが終わったら夏。)

いやだいやだ。

―――という、恒例の絶望感。

んね。

まだ1月半ばですけど、不安は尽きない。

確実に寒いのは、せいぜいあと1か月くらい?

うう。



雪の女王の・・・なんだっけ?

松たか子が歌ってたあれ。

ディズニーの。

ありのままの、っていうの。

https://youtu.be/BS0T8Cd4UhA

わたしはあのお嬢さんのように若くも、美しくもないし、魔法もつかえない。

あんなに人生に前向きになれるわけでもない。

でも、彼女の感情にはとても共感する(笑)。

うは。







●明日は

TOHOシネマズデイなんですってね。

お得だと聞くと、どうしても行かずにはいられない(笑)。

そんなわけで、明日もぼへります。

うひ。

では、またね。。。


【13/01/2019 23:58】 オペラ・演劇・映画 | Comments (0)

6回目 (*´∇`*)

●土曜日は

豊洲のららぽへ。

小鳥さんと一緒に、映画ボヘミアン・ラプソディー』を見に行きました。

何度目だ?

6度目だ(笑)。

小鳥さんは、8回目だといってましたね。

そろそろ、何度目なのかわからなくなりそう。

(^~^;)



たぶん300人ぐらい入る、いちばん大きなスクリーンでした。

昼間のせいか? お客さんの入りは5割ぐらいかなあ。

(お正月の地元では、まるっきり座席なんか余ってなかったのに。)

4Dとかではないのですが、壁から聞こえてくる副音声がすごかった。

いい感じでした。



何度みても、新しい発見がある。

思うことも、そのときによって微妙にちがう。

うるっとしたり、しなかったり。

映画があっという間にすぎてしまう、と感じるときと。

そこまでは感じないときもある。

あとで答え合わせのように、

「あのとき、こう言ってたよね?」

細かく台詞を確認する。

毎回たのしい。

ヽ(*´∀`*)ノ

そう。

「なんで、そんなに何回も見に行くの?」

もしそう聞かれたら、答えはシンプルだろうなあ。

楽しいから。

それに尽きる。



ゴールデングローブ受賞後の会見で、ロジャーがいってましたね。

楽しい映画になるように。

映画館から出てきたとき、お客さんが晴れ晴れとした気分でいられるように。

元気になるように。

そんな映画にしたかった、みたいなこと。

そうだよなあ。

フレディがいなくなって悲しい、という映画ではない。

こういう時代があった。

こういう人たちがいた。

みんな懸命に生きた。

みんな仲間を愛した。

人生いろいろあったけど、充実していた。

後悔も、反省もない。

・・・って。

そんなふうに、わたしは受け止めてます。

そこが、何度も見たくなる理由だろうなあ。







●では、

またね。。。


【12/01/2019 22:51】 オペラ・演劇・映画 | Comments (0)

ふう。

●ようやく

週末ですね。

忙しかったなあ。

ホント。

くたくたです。

お正月休み明けだから、ってのもあるけど。

年明けにいきなり、フルスロットルで走ってる気分です。

イントレイにある仕事の量が、なんでしょ。

ふつうにシャキシャキこなして、ちょっとは残業して、まあ一日に片づけられる分量。

・・・の、4.5倍くらい。

(^~^;)

もっとかも。

多すぎだろー。

今やりかけの仕事があって手が離せないので、ちょっと待ってくださいね。

―――と、すべてのクライアントにいってる感じ。

うぐ。

すまん。

待たせて。

でも、無理。

うう。

誰も幸せにならない量だわね(笑)。



部下というか後輩というか、同僚に仕事をふる。

・・・ことも、もちろんします。

できる限りは。

が、ご存知かとは思いますが、仕事をふるのって簡単じゃない。

うちのオフィスには、まったく同じ仕事をする人がいないのです。

みんな専門分野がちがう。

だから、仕事をやってもらうためには、説明をしなくてはいけない。

仕事の内容自体について。

バックグラウンドとして、クライアントの業務について。

何をするべきか。

どのくらい時間をかけるべきか。

どこを調べるべきか。

どこをスルーすべきか。

ね。

意外とめんどくさい。

そしてもちろん、その誰かがやった仕事の確認もする。

修正もする。

つまり、非常に時間がかかります。

これを乗り越えないと若いひとは覚えないから、やりますよ。

ええ。

教えるのって大事だ。

だけど、本当に余裕がないときは、無理ですよね。

自分がやったほうが早い。

究極はそうなってしまう。

(そう思ってたら教えられないから、普段はそう考えないけど。でも、あるよね。)

あがが。







●そして

ぼへ の夢を見る。

うひひ。









で、これはクイーン

ホンモノの、女王様のほうね。

ロンドンのバッキンガム宮殿の、かの有名な衛兵さんたちです。

彼らが演奏しているのは、もちろん。

ボヘミアン・ラプソディー』 です。

クイーンの名曲。

(〃∇〃)

映画が、ゴールデン・グローブ賞を受賞したから。

(作品賞と、主演男優賞とダブル受賞。)

そのお祝い、なんだそうです。

なんとも粋なことをする。

びっくりだよね。

ちなみにこれ、英国王室の公式チャンネルです。

(´艸`*)

二度びっくり。



まあ、さ。

ブライアン・メイを、バッキンガム宮殿の屋上にあげて。

あのギターで、国歌を弾かせるような人たちです。

「God save the Queen」ね。

うは。

生きていれば、きっと。

フレディも宮殿に上っていたでしょう。

勲章ももらっていたでしょう。

うん。



あ。

遅くなりましたが、質問にお答えします。

IMAXシアターで ぼへ を見たことがあるか?

ありません。

音響がよいといわれる、ドルビーアトモスはあります。

よかったよ。

でも、劇的な差はなかった気がする。

ライヴ・エイドのシーンは、そもそも凄いですけど。

あれをIMAXで見たら、きっと臨場感アップだろうと思います。

見てみたいなー。

ムネアツ応援上映に行ったことがありますか?

ありません。

興味はありますけど、あのね。

これはわたしの些細なこだわりなんですけど、ライトが嫌なのです。

ペンライトとか、サイリウムとか?

そういうやつ。

それを振って応援するひとが多いと聞いて、避けてるのだね。

だって、ほら。

フレディのいたころは、そんなもんはなかった(笑)。

そんなもんは要らん。

(ちなみに、コスプレも好きではありません。コスプレするのは他人の自由ですが、見たくはない。)

目の前で、大勢のひとたちがペンライトを振っていたら、たぶん・・・

フレディやブライアンのコスプレしたおっさんおばさんがいたら、たぶん・・・

|||(-_-;)||||||

うだ。

いやん。

やめて。

苦々しく思ってしまう気がするのよ、わたし。

だから行かない。

そんな勝手な感じです。







●では、

またね。。。


【11/01/2019 23:57】 オペラ・演劇・映画 | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

12月 | 2019年01月 | 02月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。