一回おやすみ・・・

●へろへろです

あかん・・・(汗)。

寒いと、地味にひざがいたい。

ばばくさ。

でも、マジこまるよね。

うぐぐ。



いや、寒いのは嫌いじゃないの。

うん。

寒いなあ、とは思うけど、辛いなあ、とは思わない。

はず、なんですけど。

雨はいやだなあ。

うぐ。



がんばれ。

と、自分に言い聞かせる(笑)。

もうすぐ年末だ。

おやすみだ。

ごほうびに、ぼへを見に行こう!(笑)

なんてね。

うひ。

では、またね。。。


【13/12/2018 01:00】 雑談☆日々のあれこれ | Comments (0)

忖度合戦

●すみません

金曜日。

11月30日は、飲み会でした。

いちおう忘年会。

オフィスの、です。

うちのオフィスは 「飲みニケーション」 的なものはほとんどない。

ほぼゼロ。

ありがたいことに、つまり、仕事の付き合いでイヤイヤ・・・的な宴席はない。

ということです。

ボス自身がたぶん、そういうの大っ嫌いなんだと思う(笑)。



といって、別にオフィスが殺伐としてるわけでもない。

むしろ、同僚同士の仲はとてもいいと思います。

東京のオペレーションは人数が少ないから、必然的にある程度は親しくなる。

上下(先輩後輩)関係がゆるい。

組織として 「タテ社会」 じゃない。

だから、仲良し同士で遊びに行くとか、そういうのはわりとあります。

飲みも、おなじ。

好きなもの同士が、好きなときに行く。

声をかけられて、断ってもいい。

行けば楽しい。

気が向かなかったら行かない。

自由ですね。

(^~^;)



正直にいえば、オフィスに関する文句はいっぱいある。

改善すべき点もいっぱいある。

そりゃ、ありますよね(笑)。

だけど、人間関係がいいのは僥倖です。

なにしろ、嫌な人がいない。

「こいつだけはマジ嫌い」 という人がいない。

んね。

※相性のよくない人、はいますけどね(笑)。

(((((((;´д`)))))))







●そんなこんなで

年に一度か、二度くらい。

わたしが幹事をつとめて、飲み会をやります。

非公式のチーム忘年会。



もともと仕切り好きなのもありますが、いちばんの理由はアレです。

―――自分の好みのお店を選べる。

ええ、それに尽きます(笑)。

「面倒くさいことをやらせて申し訳ない」

といわれると、いやいやいや。

お店探しも、出欠確認も、つらいと思ったことはないです。

それが嫌ならやりません。

(//∇//)

「そんなの、若い子に頼めばいいのに」

については、わりとマジで、

「ご冗談でしょう。こんな重要なこと、新人さんには任せられません」

とこっそり思います(笑)。

どうでもいいチェーンの居酒屋とか、居心地の悪いせまい座敷とか。

万が一そんなもんをチョイスされたら、行きたくてもいけません。

(自分の足腰に不安があるので、アクセスや椅子席の有無は重要なポイントなのです。)

(^~^;)

自分のこと最優先かい!

と突っ込まれると、否定はむずかしいな。

ぐは。

そこは幹事特権ってことで。

(。・_・`。)



もっとも男性が多いオフィスなので、それなりの配慮はします。

ガッツリ食べられるかどうか、とか。

生ビールや日本酒があるか、とか。

「喫煙可」 をあえて選ぶときすらあります。

※ふだんのわたしは禁煙ファシストです。タバコ嫌いです。大っ嫌いです。

だいぶ減ったとはいえ、オフィスには今でも2名、喫煙者(おっさん)がいますからね。

じつは、これが。

笑っちゃいますが、忖度合戦になるんですよ。

(´∀`σ)σ

こっちは、そりゃもちろん嫌ではあるけど(ふだんからタバコは嫌だと公言してます)、

「でもお酒の席で、タバコを吸えないのは辛かろう・・・」

と思って、タバコの吸える場所を選ぶ。

(ときもある。)

だけど喫煙者も (喫煙者だけど) 悪い人たちではないので、

「他に誰も吸わないのに、自分たちだけタバコを吸うってのも・・・」

同僚に申し訳ないからと、吸うのを控える。

(-。-)y-゜゜゜

結果、どうあってもタバコ臭いレストランにいるのに、テーブルの同席者は誰も吸わない。

―――なんてことに、なったりします。

|||(-_-;)||||||

あはは。

うつくしい思いやり。

配慮したつもりが逆に 「配慮返し」 されて、誰も得しない状態に。

それなら最初から、禁煙のお店を選べばいいよね(笑)。

うぬぬ。







●そんなわけで

金曜日は、あと5分で日付が変わるって頃に帰宅しました。

|||(-_-;)||||||

予想外に遅かったのは、あれだよ。

帰りの電車で寝こけて、乗り過ごし・・・では、ない。

そうじゃなくて、なんていうんだ?

専用の言葉があるのかな?

うとうとしてて、電車が停まってるのに気づき、どういうわけか

「はっ! いかん!」

慌てて下車したら、自分の駅のいっこ手前の駅だった(爆)。

Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

―――という、この情けない現象。

。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。

「あ、間違った!」

振り返ると、自分が今まで乗ってた(ほぼ満員の)電車のドアが、無情にも閉まる。

閉まる・・・(汗)。

Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

あうう。

なにしろ、終電まぎわのことですからね。

うっかり降りてしまった間抜けさにも腹が立つけど、帰れない恐怖すらある。

「やってもうた・・・」

眠気も、酔いもすっ飛びます。

(カシスオレンジやゆずソーダ程度で、たいして酔うわけないけど。)

深夜の下りホーム。

自宅へと急ぐ人たちが去ったあとの、がらんとした空間。

そこにポツン。

冷たい夜風が身に沁みます。

うう。







●そうやって

11月は終わりました。

さて、もう師走です。

早い。

では、またね。。。


【01/12/2018 22:21】 雑談☆日々のあれこれ | Comments (0)

ねむねむ・・・

●週末は

晴れたけど、寒かった。

月曜日は妙にぬるかった。

暑いとまではいわないけど、ちょっとそれにちかい。

コートを着て出たけど、暑くて脱いでしまった(笑)。

そんな感じ。







●もう

11月も終わりですね。

年末かよ、早いなあ。

(^~^;)

では、またね。。。



【26/11/2018 23:44】 雑談☆日々のあれこれ | Comments (0)

ふう。

●TBのお題から

「自分を動物にたとえると何ですか?」

これ、わからないなあ。

自分を動物にたとえたことが一度もない。

誰かにいわれたこともない。

ナマケモノ。

ぶ・・・た?

それはほぼ悪口では(汗)。

(^~^;)







●片づけと掃除が

本当にきらいなのだ。

きらいであり、苦手であり。

やる気も、時間もありません。

|||(-_-;)||||||

年末も見えてきたので、外注するしかないかなあ。

家事代行サービス、いまどき多いですよね。

それだけニーズがあるんだろうな。

うぐ。







●そういえば

スポーツ紙のゴシップネタで、大谷くんが(東京で)マンション購入!

というのを見た。

結婚間近か!?

みたいな記事(笑)。

何をいってるんだかアホらしい、と思ったけど、ふと考えなおした。

日本ハムにいたころは、必要なかった。

北海道にも、鎌ケ谷(千葉県にある2軍施設)にも、宿舎があったから。

だけど今はもう、彼には東京(の周辺)に拠点はない。

帰国したとき、そりゃ困るよなあ。

実家に帰るだけならともかく、彼の場合、東京での仕事は多いでしょう。

居場所が要りますよね。

(たぶん日本滞在中は、鎌ケ谷の施設を使ったりするでしょうけど、さすがに寮には泊まらないだろう。)

そうか。

ホテル住まいするタイプじゃないし、マンションはホントかもなー。

ぼんやりと思った次第です。

年末はどうするんだろう。

リハビリの都合があるから、お正月は帰れないみたいな話もある。

(^~^;)

日本で、見られるといいなあ。

アメリカにとどまるほうが、日本でマスコミに追い回されるよりはいいかもしれないけど。







●では、

またね。。。

【18/11/2018 09:03】 雑談☆日々のあれこれ | Comments (0)

まさかの (追記あり)

●うれしくないことは

予期しないときにやって来ますよね。

自然災害も、不幸も。

そもそも不吉なので、予期なんかするわけない、ともいえますが。

で、あの。

誰かが死ぬわけじゃないけど、水回りのトラブル。

そう。

トイレの水漏れとか。

|||(-_-;)||||||

そういうのも、唐突にやって来ます。

(((((((;´д`)))))))

あうう。



前のうちでも、真夜中に水道管(温水管)が破裂して、大変なことになった。

キッチンの壁の向こうの出来事で、こちらには何も知らず、何もできなかった。

あれは災難だった。

(うちがというより、下のフロアの住人が。家財ほぼ全損。大家さんも大変だっただろう。)

ほんのこの間みたいな気がしますけど、何年前か。

それに比べたら、まあ今回は小さい。

給水管の水漏れ。

でも、トイレの小部屋はぷち洪水に。

笑えません。

まるっきり。

ひとり大騒ぎして、バスタオル何枚もダメにしました。

まだ新しいのに。

(ρ_;)。。。

(洗ってまた使えといわれても、トイレの床を掃除したタオルとか・・・無理だろう。)



応急処置、つまりタオルとかバケツとかでは、収まらないレベル。

集合住宅でこれはヤバいので、とりあえず元栓を閉めました。

止水栓というやつですね。

わたし的には、これをする知恵があった自分をほめてやりたい。

※前回の経験で覚えた。

ううう。

たしかに、水は止まりました。

ポタポタの音でノイローゼになりそうだったけど、それも止まった。

でも、あれよ。

当然のことですが、家じゅうの水を止めてしまったから、キッチンの水は出ない。

お風呂の水も出ない。

もちろん、トイレもいけません。

お腹がすいても喉が渇いても、こわくて何も口にできない。

トイレに行きたくなると困るから。

そう。

止水栓は、最後の手段。

引き換えに、生活が止まります。

(ρ_;)。。。



さて、業者さん探しです。

これがまあ、見つからない。

本当に見つからない。

なんなのこれ。

どこに電話しても、本日中の対応は難しいといわれる。

「本日、予約が非常にたて込んでおりまして・・・」

近隣のトイレ、みんなぶっ壊れているのか。

週末とはいえ、お昼ごろですよ。

真夜中でもないのに、ひどい。

(--;)

ひとつの業者なんか、いったんは 「午後4時すぎに伺います」 と引き受けておいて、

「渋滞で遅れてる」

「前の仕事が延びて、もうちょっとかかる」

「やっぱり、今日は行けない」

「明日はいつならいるか?」

と、電話がかかってくるたびに言い訳が変わりました。

ひでえ。

※ちなみに、口頭であっても契約なので、これは不履行にあたります。

もう、ね。

腹は立ちますが、どうしようもないじゃないか。

来いといったら来るもんでもない。

いちど仕事を受けておいて、その5時間後に断るのはないよ。

その間、トイレも我慢してるのに?

先約があったのを、断ってうちにいたのに?

やむを得ない事情があったとしても、ひどすぎ。

最初から断ってくれてれば、ほかの業者を探せたかもしれないのに。

。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。



結局もう日が暮れてから、さらに業者さん探しです。

やり直し。

ふう。

よけいに状況が悪い気がしますよね。

24時間対応、夜間サービスをやってるところを探さないといけない。

(((((((;´д`)))))))

電話対応は、おおむねどこもいい。

電話に出ないところもあるけど、そういうのはスルー。

問題は、その先だ。

オペレーターが優秀なところ、そうでないところ。

差がありますね。

たいていはいったん事情を聞いて、作業員を手配するから折り返す、といわれます。

すぐに返事が来るところは、いいのよ。

それがお断りでも、さっさと次に行けるから。

たちが悪いのは、回答がなかなか来ないところ。

必死で探している・・・のかもしれないけど、返事が来ないとこっちも動けない。

それでだめだといわれると、がっかり感がすごい。

|||(-_-;)||||||

便利な時代で、ネットでなんでも調べられる。

ケータイとネットがあれば、どんなサービスでも手に入る。

―――と、そう思いがちですけど、あれよね。

結局のところ、サービスを提供するのは人間なのだよ。

AIに、水道工事はできまい。

とってもマニュアル、とってもローカル。

それを痛感しました。







●で?

どうなったか?

というと、今やっと業者がつかまったところです。

・・・たぶん。

ネット検索でもいろいろ工夫すると、ちょっと変わった結果になる。

全国組織の水回りお助け系サイトじゃなくて、地元の情報。

そこでようやく、同じ区内の業者を見つけました。

近い。

でも、よく見るとうちは対象エリア外(爆)。

例) 同じ港区なのに、赤坂エリアは対象だけど、隣りの六本木エリアは行きません、みたいな。

極端な地元密着型みたいに見える。

ダメ元で電話をしたら、あっさりと? 承諾してもらえました。

おお。

来てくれるのか。

ホント?

頼むよ。







●というわけで

作業員が無事に来てくれることを祈る。

もちろん、修理があっさり終わることを祈る。

では、またね。。。



<追記>

作業員さん、来てくれました。

水、やっと止まった。

やれやれ。

なんとか水漏れの原因を特定し、給水管を取り換え、パッキンを取り換え。

その他よくわからないけど、まあ、いろいろ直したようだ。

ようだ・・・(笑)。

電蝕がどうのいわれたけど、それは大丈夫だったらしい。

ああよかった。

(^~^;)

いつも思うけど、こういうのって素人には判断がつかないから、あれだよね。

マジなのか、コワいこといってぼったくられてるのか、正直わかりませんよね。

Captive audienceというか、うなずくしかない。

信じるしかない。

愛想のいい、テキパキしたお兄ちゃんだったので、とりあえずは信じよう。

うむ。

ほっとしました。

まるまる一日ご飯を食べてないので、マジおなかすいた~。

では、また。

23:05更新

【17/11/2018 21:46】 雑談☆日々のあれこれ | Comments (0)

すみません |||(-_-;)||||||

●がんばって

いるんだけどなあ・・・ ((((^ー^;)ゝ

なかなか時間がとれません。

うみゅ。

がんばります。

奇妙にぬるい日々ですが、そろそろ終わりかな。

秋。

たのむ。

わたしに、それをゆっくり楽しむ時間を。

では、またね。。。


【13/11/2018 02:52】 雑談☆日々のあれこれ | Comments (0)

全然ダメ・・・

●めちゃくちゃに

忙しいのである。

まあ、もう11月だしね。

しょうがないけど。

でも、おばちゃんはしんどい。

がんばるけど。

では、またね。。。

【08/11/2018 23:33】 雑談☆日々のあれこれ | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

11月 | 2018年12月 | 01月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。