屁理屈

●今日は

雨模様だそうです。

日中かなり強い雨が降ると、予報がいってます。

梅雨だしまあしょうがない。

けど、それだけで気が滅入りますね。

ぐう。

|||(-_-;)||||||



昨日は暑かったですねえ。

都心でほぼ30度くらい?

(まあ東京的には、「まだ30度」程度なんですが。)

いよいよ来たか、という感じの蒸し暑さでした。

今まではなんとなくごまかし、ごまかして来たけど、もうダメかな。

辛いシーズン幕開けです。



ランチ休憩のとき、(銀行に行くなど外に出る)雑用がなければ、この時期はオフィスの屋上に逃げます。

高層ビルの上の隠れ?ガーデン。

背の高い樹も、芝生もあって、おまけに鳥が住み着いている(笑)。

ちょっとした癒しの空間ですね。

地上がそこそこ暑い日でも、そこは涼しい風が吹いていたりする。

日陰のベンチに座っていると、気持ちよくていやなことを忘れます。

お昼寝もできちゃいます(笑)。

・・・なのですが、昨日はさすがに暑かったなあ。

風がふいても、まったく冷たく感じない。

「ダメだ・・・!」

逃げ場を奪われた気分でした(苦笑)。

|||(-_-;)||||||







●そういえば

ノンアルコールビールのネタ。

定期的に出てくる気がしますが、昨日も見かけました。

職場で、休憩中にノンアルコールビールを飲んでいたら叱責された、的な話です。

なんなんでしょうね?

正直にいうと、別にいいんじゃないの、と個人的には思います(笑)。

(わたしはお酒自体が好きではないため、そもそも外野なんですけどね。)

ほっとけ。

アルコール分が本当にゼロなら、それは炭酸ドリンクみたいなものでは?

理屈では、ね。

―――が、しかし。

一見お酒にしか見えないものを、もしオフィスで飲んでいたのなら、

「そら、トラブルの元でしょう・・・」

とも思う。

イギリスで働いていたころは、そもそも 「お昼にビール」 はありだったけど、日本はそうじゃない。

(文化として許容されているけど、もちろん、べろべろに酔っていいわけではない。節度と良識は問われます。)

日本では(一般的には)ダメなんだから、そりゃあ、なんていうの?

職場から離れた場所で飲む、とか。

なるべく目立たないようにする、とか。

そういう工夫をすべきなんじゃなかろうか。

自衛の手段として、ね。

が、それと同時に、

「そうやってこそこそしなくちゃいけないのに、それでもノンアル飲みたい?」

「そこまでして、お酒(っぽいもの)が欲しいのか?」

っていう気もしてきます。

本来なら、お酒じゃないんだから、コソコソする必要すらない・・・はず。

だけど社会的には、それでもアウト。

だから隠れて飲む。

う~ん。

楽しくなさそうだなあ。



似たような議論に、未成年とノンアル、もありますね。

お酒じゃないのだから、誰が飲んでも問題はないはず。

ホントのホントにノンアルなら、ね。

(微量であってもアルコールが入っているなら、ダメだというのはわかります。)

だけど、一般的にはこれもアウト。

・・・なんですよね?

お酒の味を覚えることにつながるから、とか。

あのテイストに慣れ、いずれ本物を飲みたくなるだろうから、とか。

そういう理由だと思います。

(ぱっと見、本物のお酒を飲んでるようにしか見えない、ってのもあるかな。)

教育的な配慮。

それはわかるけど、

「でも、アルコール分がないなら、ただのちょっと苦い炭酸飲料では・・・」

と思わないでもない(汗)。

理屈が通らない、のがどっか気になってしまうのですね(汗)。

|||(-_-;)||||||







●まあ

いいや。

そのうちまた考えます。

では、またね。。。


【21/06/2017 06:16】 雑談☆日々のあれこれ | Comments (0)

ぐう。

●きのうは

涼しかったねえ。

肌寒かったというべきなのでしょうけど、それはいわない(笑)。

気温が上がらないほうが、わたしにはいいので。

梅雨寒とか、梅雨冷えとか。

そんな言葉が浮かびました。

気温の変動が激しいシーズンです。

みなさま、風邪をひかないでね。



コミックスの感想を書きたいけど、なかなか時間がとれません。

期待してくださっている方には、申し訳ない。

もう少しお待ちください。







●昨日は

帰りがけにターミナル駅で、くまを落としました。

くま。

通勤用のリュックについている、ちりめん製のくまのマスコット。

(いいおばさんがリュックにくまをぶら下げている時点でアレでしょうが、そこはスルーで。)

もっとも、背面で起きたことなので、わたしは知りません。

気づくわけもありません。

が、しかし。

くまが決死の脱出ダイヴを試みたのを、見てる人がいたのですね。

混雑する駅のコンコースだもんなあ。

「あの・・・」

落としましたよ、と。

若いサラリーマンが、くまを手渡してくれました。

おお。

感動。

一生懸命、お礼をいいました。

手元には、リボンの切れたくま。

無事だった。

ああよかった。

お兄さん、ありがとう。

くま、帰ってきてくれてありがとう。

混雑の中で、感情を消してロボットみたいに動いてることが多いけど。

ひとには親切にしよう。

こういうこともあるんだもの。

そう実感しました。







●では、

またね。。。

【14/06/2017 06:47】 雑談☆日々のあれこれ | Comments (0)

6月!

●おお・・・

カレンダーをめくりながら、おお。

もう今年も半分すぎつつあるのか、と愕然としました。

もう6月・・・!ヽ( ゜□ ゜;)ノ

今年も残すところわずか7か月。

びっくりやね。

今日の都心はくもり~雨の予報です。

梅雨にはまだもうちょっと早い。

でも、もうそんな季節なのね。

しみじみ。







●TBのお題から

「サングラスをかけますか?」

目が弱いせいか、サングラスは必須です。

日差しがまぶしくてくらくらするから、夏は手放せない。

特に朝。

イギリスあたりではわりとふつうですが、日本ではあんまり見ませんね。

通勤中のサラリーマン(ウーマン)のサングラス姿。

でもまあ、気にしない(笑)。







●なんか違う・・・

と思ったのは、今年の伊藤園の梅ドリンク。

昨年まで、「冷梅」という名前のついていた商品です。

大ブレイクはしてないけど、そこそこ堅実に売れてると思ってました。

だって、毎年ちゃんと出てたし。

わたしの大のお気に入りで、夏はまとめ買いしていました。

そのままでおいしい。

冷凍庫で冷やして、シャリシャリするシャーベット状態にしてもおいしい。

猛暑対策の必須アイテムでした(笑)。

今年ももちろん、発売されると思ってました。

で、さて。

去年までの「冷梅」とほぼ同じパッケージで、別の商品が出ました。

「梅の実力 天然水」

とかなんとか、そんな名前の新商品。

名前がちがう時点で、いやな予感はしてました(笑)。

飲んでみると、やっぱり違う。

全然ちがう。

酸味が消え、甘さが増し、かつ全体をお水でうすめた感じでしょうか。

(・・・というのは、実は『春抱き』仲間兼冷梅ファン仲間のS様のお言葉です。あまりに的確なので引用。)

「ええ・・・」

あらら?

これはこれでおいしいのかもしれないけど、冷梅ではない。

ひやしうめ、好きなのに。

(ρ_;)。。。

このコレジャナイ感を、どう表現したらよいものか(汗)。

腰が抜けるようながっかり感。

わざわざ天然水って、いうぐらいだもの。

昨今ものすごく流行っているフレーバーウォーター市場に参入したかったのでしょう。

うーむ。

わかりますが、でもなあ。

いや、待て。

「冷梅」という名前を使ってないのには、理由があるんじゃない?

もしかして、今後あらためて出るんじゃない?(笑)

などと希望的観測を述べてみる。

たのむよ、伊藤園さん。

長年の冷梅ファンの意向も汲んでもらえませんか。

冷梅、カムバック。



そういえば、サントリーのアレもそうだ。

プルミエルージュ、でしたっけ?(笑)

一見パッケージが似てますが、かつての「ブラッドオランジーナ」と違いますよね。

ブラッドオランジーナには一時期、かなりはまりました(笑)。

でも、新製品は微妙にちがう。

なんだろうね。

ブラッドオランジーナにあった酸味が消えて(あるいは減って)いる。

ブラッドオランジーナより甘い。

「似てる。似てるけどさ・・・?」

でも、プルミエルージュにははまらないだろうなあ。

どっちも美味しいかもしれないけど、方向性がちがう気がします。



・・・って、あれ。

書いてて思ったけど、なんかわたしマズい・・・?(汗)

要するにこれって、

「昔はよかった」

ってことじゃない?(汗)

新しいものよりも、以前からあった慣れ親しんだほうを好むっていう。

ヾ(´▽`;)ゝ

あう。

歳をとったせい、なのか。。。







●では、

またね。。。


【01/06/2017 06:22】 雑談☆日々のあれこれ | Comments (0)

うだうだと

●無為に

週末をすごしてしまった・・・(汗)。

まずい。

あれもこれも、やろうと思いつつ為せず。

暑くなって、怠惰にも磨きがかかっているようです。

あぐぐ。



あの、例の『春抱き』の感想文。

応募しようと思いつつ、なんか言葉がまとまらない。

ぜんぜん進まない。

オフィシャルなのは苦手です(笑)。

う~ん。

なんとかしたい。







●そんなわけで

ブログもまとまらず、週末が終わってしまいました。

不甲斐ない。

それでもきてくださるみなさま、コメントをくださるみなさま。

本当にありがとうございます。

いつもいつも感謝しきりです。

「まーくん打たれたけど、ましゅまさん落ち込んでない?」

みたいなお言葉までもらってしまうと、もう恐縮するばかり。

そういうのは、都合よくしれっと見ないふり。

心を動かされる前に情報をシャットアウトしてたりします。

本田くんのミランでのラストゲームとか。

書きたいこともありますが、気力が・・・(汗)。

では、またね。。。


【29/05/2017 06:05】 雑談☆日々のあれこれ | Comments (1)

通勤中に

●電車の中で

見かけた光景。

「いや、やめて・・・やめて、近づかないで」

という若い女性の声が聞こえました。

朝の満員ラッシュのさなかですから、当然ながら、

「すわ、痴漢か!?」

とね、周囲の人間がいっせいに視線をそちらに向けました。

(ただし無言。)

が、しかし。

なんか様子がちょっとおかしい。

「やめて」と抗議している女性はすぐにわかりましたが、ん?

彼女の周囲の人間の半分は女性でした。

勝手な思い込みですが、女性が女性に・・・ってのはあまり聞かない。

・・・と思う。

彼女の前にはたしかに男性が数名。

だけど背中を向けていたり、リュックを抱え込んで手先でスマホをいじっていたり。

要するに、はたからみて、痴漢行為ができる位置に人がいない。

冤罪以前に、容疑者ゼロ。

そんな状況でした。

「???」

なんだろう?

気のせいかな?

そう思っていると電車はまた停まり、さらに人が乗って来ました。

この区間はとくに混みあう、というサイテーな数分間です。

みんな辛い。

と、そこに再び、同じ女性の声がしました。

「いや・・・そばに来ないで!」

汗がキモイとか、どうやらそんなことをつぶやいている。

Σ(゜Д゜;≡;゜д゜)

ええ・・・!?

もしかして、満員電車でぎゅうぎゅう身体を押しつけあうのがいやだ、と言ってるのか。

不快だから周囲の人間は自分のそばに寄るなって?

うっそお。

だけど、そういうふうにしか取れない。

さすがにびっくりしました。

(((((((;´д`)))))))

そのころにはもう、姿勢を変えて彼女のほうを見ることもできなかったけど。

つか、あまり見たくもないけど。

東京の満員電車で、なにをおっしゃる。

いや、わかるよ?

わかりますよ?

目の前にサラリーマンのぐっしょり汗でぬれたシャツの背中、とか。

申し訳ないけど、ものすごく体臭のきついひととか。

(逆にというか、香水や柔軟剤のにおいのキツすぎる人も、それはそれでつらい。)

髪の毛や肩にフ〇が・・・(書きたくないから略)・・・で、うわあって思う人とか。

好んでお近づきになりたくないひとはいる。

もちろん(不幸なことに)いる。

うぎゃあ、って思うこともあります。

でもさ、朝のラッシュですよ。

可能なかぎりは必死で逃げるけど、できないこともある。

内心ではそりゃ、

「そばに来ないで~」

と思いはしますが、だけど、不可抗力だもんなあ。

(o_ _)o

「どうしろと?」

現実問題、どうしようもない気がするけどなあ。

(ついでにいうと、自分が誰かにそう思われてる可能性だって、ないわけじゃない。)

よほど不快だったんだろうな、気の毒に。

ラッシュに慣れてないんだろうな。

・・・そう思わないこともないけど、なんだろう。

ナニイッテンノコイツ感のほうが強かったのが、正直なところです(汗)。

冷たいのかねえ。







●もうひとつ

通勤がらみのネタ。

以前と同じTBのお題から。

「最近おどろいたことはありますか?」

ですね。

(眞子様のニュースより先に、実はこっちをドラフトしてました。)

ちなみに、偶発ながらデバガメ的です(汗)。

すみません。







あー、あります。

びっくりしたこと、ありますねー。

つい先日の朝のことです。

満員の電車を降り、地下道をてくてく歩いて抜けてからオフィスまで。

何分かの道のりを、のろのろと歩いていました。

都心のオフィス街ですが、駅を出るとなぜか人がばらける。

そのせいで、あまり歩道は混んでいない。

5メートルほど前には、たまたま若い男女が歩いていました。

ごくふつうの紺のスーツを着た、背の高いサラリーマン。

その隣に、OL風の女性。

薄い生地のカーディガンにひざ丈のスカート、3.5センチヒールとか、たぶんそんな感じ?

よくある姿です。

ふたりは、

「最寄り駅でたまたま鉢合わせした同僚と一緒にオフィスに向かうの図」

・・・そんなふうに見えました。

平凡な朝の光景で、とりたてて何か目を引くこともなかった。

が、しかし。

細い横道にさしかかったところで、ふたりは一瞬たちどまって。

なんの前触れもなく、熱烈なキス。

Σ(゜Д゜;≡;゜д゜)

そしてスタスタと、それぞれちがう方向に別れて歩き出しました。

( ゚Д゚)・・・

ひゅう。

ヽ( ゜□ ゜;)ノ おぉ~!

ひと呼吸おいて、ちょっと驚いてしまったわ(笑)。

あはは。

まったくカップルには見えていなかったこと。

ニッポンでは、あまりそういう光景を目にしないこと。

そら、驚くっしょ・・・?



不肖わたくし、自慢するわけじゃないが、欧米での生活がそこそこ長かった。

そのせいで、

「カップルの人目をはばからぬいちゃいちゃ、らぶらぶ、ちゅっちゅ♪」

ダァ━━(*´Д`人´Д`*)━━スキィ!!

な光景には、多少なりとも免疫があります。

あると思ってました。

イギリス人はあまりやらないけど、フランス人とか、イタリア人とか。

どこにいようと、周りに誰がいようと、お構いなしに強烈らぶらぶアピール!

って人たちとも、そこそこつきあいがありましたから。

適度にひやかしたり、あるいはスルーしたり。

しれっとやりすごすスキルは、いくらかあると思ってました。



しかし、想定外だったんでしょうね(苦笑)。

びっくりしちゃったもの。

(;゚Д゚)・・・

日本ではあんまり見ないもんなあ。

★。*゚☆ ヽ(*´・`**)チュッ♪

日本人はあまりやらない、というか。

※日本人に見えたけど、そうじゃない可能性もありますね。

朝のオフィス街では、まあ、めったに見ないよね。

(´-`).。oO...

(と、わたしがそう思い込んでるだけだったらどうしよう!?)

そのふたりが最初からいちゃいちゃしてたら、話は別かも。

ぜんぜんそんなふうに見えてなかった。

手をつなぐとかさ、いろいろあるじゃない?

距離の近さとか、身体のサインとか、かわす目線とか。

気づかなかったなあ。

というか、いちいちそこまで観察しないか(笑)。

偶然、見ちゃっただけだし。

以上、そこはかとなく珍しい体験でした。

それだけの話。







●では、

またね。。。


【26/05/2017 00:35】 雑談☆日々のあれこれ | Comments (0)

母の日

●TBのお題から

「最近のマイブームはなんですか?」

なんだろう。

なんだろうなあ。

いろいろあると思います。

プロ野球・・・?(笑)

実際にスタジアムに観戦に行きたくて、行きたくてしょうがない。

それから、『パ・リーグTV』の契約もしたいと思ってしまう。

しょうもないなあ。



それから、カレーでしょうか。

オフィスの近くに、お気に入りのインドカレーのお店を見つけてしまった。

場所柄のわりにはお値段が控えめで、気持ち的に行きやすい。

おいしい。

なんか知らないけど、妙に口にあう。

ふらっと、つい行ってしまいます。

適度になれなれしい(笑)お兄さんが、わたしの好みのオーダーをきっちり把握してるのもナイス。

行きつけ、ってほどじゃないけど、そのうちそうなるかも。

(もうなってるかもしれない?)



あとは、DEAN & DELUCAのコーヒーか。

「京都ブレンド」がお気に入り。

近くの店には豆はなくて、いつも粉だけなのが残念。







●母の日

このところはアイディアが尽きて、お花ばっかりです。

花キューピット最強(笑)。

大変いつもお世話になっています。

洋服とか、ストールとか、カバンとか。

いろいろ考えてはみるのですが、この年齢になるとむずかしいですね。

この年齢というのは、母子ともに、という意味。

こういってはなんですが、高齢とはいえ母はそこそこ健康ですし、母子関係も悪くない。

でも、だからこそ。

長年のつきあいでいろいろ知っているからこそ、むずかしいってありません?

これぞと思って贈ったものが、実はそれほど喜ばれていなかったとか。

なにげなく渡したものが、何年も何年も大事に、気に入って使ってもらっているとか。

よーく知っているようで、意外と知らない、わかっていない母の趣味。

好みを完璧に把握するって、無理なんじゃないかって。

歳をとればとるほど思います。



念のためにどうでもいいことをいいますと、母はさほど気難しいタイプではありません(笑)。

何をあげてもニコニコお礼をいってくれるし、注文も愚痴もいわない。

気持ちがうれしいのよ、っていう。

それはたぶん、本音だとも思います。

でも、長年のことなので、わかるじゃない?(笑)

ああ、あれはイマイチだったんだなとか、こっちもいろいろ察しますよね。

子供の(もっと自分が若かった)ころは、

「せっかく悩んで選んで買ったのに、なんで使ってくれないの?」

なんてグジグジ思いもしたけど、今はそんなふうには思いません。

とてもじゃないけど、そこまでワガママにはなれない(笑)。

親にだってそりゃあ着たいもの、身に着けたいものがあります。

子供がくれたからって、なんでも気に入る道理はない。

・・・って気づくのに、何年かかったかね(汗)。

(((((((;´д`)))))))

お嫁さんからもらうものだと、実は好みじゃない場合でも、けっこう一生懸命に使ってるけど。

(こういう面をみると、姑も大変だなあ、と思うわ。)



娘からもらうものだと、気に入らなければ、しれっと使用しなくなります(笑)。

「あれはかわいいけど、でもちょっと重くって・・・」

とかね、ちゃんと使わなくなった理由も言ってくれますし。

なるほど、そうか。

正直に感想を言われたほうが、こっちも助かります。

反省点を活かして次こそは、と思うけど、でもなあ。

普段づかいのバッグひとつにしても、長年つみ重なった条件が多すぎる(笑)。

おまけに、趣味って変わるのです。

以前はよいと言っていたものが、今は好みじゃない、なんてザラ。

いろいろありすぎて、そのうち、

「めんどくさい!」

結局は、無難なことこの上ないお花にたどり着きます。

手抜き・・・?

いやいや。

いろいろ考えて、考えすぎた結果、お花になるんですって(笑)。

心のどこかで、

「なんだかんだ、お花が届かなかったら寂しいんじゃないかな」

って思ってる部分も多分にあります。

お嫁さんからもお花が届いたりするから、重なるかもしれないな、と思いつつ。

「でも、今年は彼女がお花じゃなくて、ほかのものを贈るかも・・・?」

なんてちらっと考えてしまう。

(お菓子だったり、きれいなスカーフだったりすることもあるので。)

カーネーション自体はどうでもいいです(笑)。

ふつうのアレンジメントでいい。

鉢植えでもいい。

なんでもいいの、生花なら。

でもお花って、好きなひとには、やっぱり特別感がありますよね。

・・・とか、なんとか。

やや自己弁護ぎみですが、そんなふうに思います。

今日は母の日。

ちゃんと花が届くのか、例年どおりドキドキします。







●では、

またね。。。


【14/05/2017 11:35】 雑談☆日々のあれこれ | Comments (0)

すみません |||(-_-;)||||||

●連休明けの

やけになが~い一週間が終わりました。

(o´_`o)ハァ・・・

しんど。

「つ~か~れ~た~よ~」

とかなんとか、つい愚痴ってしまうわ。

(o´_`o)ハァ・・・

心配してくださった方々には申し訳ない。

ブログが毎日更新されていてうれしい! といってくださった方にも、本当に申し訳ないです。

根性が、余裕がなくてごめんなさい。

(((((((;´д`)))))))

ぜえぜえ肩で息をしながら、なんとか一週間。

疲労とか、夏のような気温とか。

いろいろあったような気もしますが、かろうじて乗り切った・・・のかな?

いや、だめか。

うぐぐ。



腰と足アレコレ痛い問題はやや改善しています。

医者に行ってさらに一週間分の薬をもらい、リハビリ治療を受けてきました。

といってもレーザーをあてるだけなので、たぶん10分もかかっていません。

効いているのか・・・?

それはよくわからない。

整体モミモミにあこがれているので、評判のよいお店?を探しているところ。

以前、NHKのニュースでね。

整体とかマッサージとか、肩こりもみほぐしとかを謳うお店/クリニックには、危ないところも多いって。

そういう報道を見たことがあるのですよ。

そもそも国家資格ではないとか、規制があいまいだとか。

施術を受けてよくなるどころか、筋肉や神経を痛めて大変なことになった被害者も少なくないって。

そういうリスクを知ってしまうと、怖くなってしまう。

信頼のおけるところを探すって、むずかしいですね。



今日は雨です。

昨日よりも10度くらい気温が下がると聞いたけど、どうなんでしょう。

室内だと、あまり差を感じないかも。

美容室に行こうかと思っていたけど、やめました。

ぐうたら祭りですごします。

洗濯ぐらいはせめてしたいけど、乾きそうにないなあ(汗)。



ああ、そういえば。

美容師といえば、先月行ったお店の担当者から、お手紙が来たのでした。

ここ数年、固定の美容室ではなく、あっちこっち試して回っている状態。

先月のところも初めてでした。

とにかくホント、髪の毛が延びるのが早い。

早すぎると思うの(汗)。

白髪が額のまわりに集中するタイプなので、つまり、あれだ。

鏡を見ると、

「白髪ババアかよ!」

状態になるのが異様に早い・・・(汗)。

(頭髪の)他の部分はまだ黒いほうが多いらしいけど、見えませんからね。

美容師さんはたいてい慰めてくれますが、むなしいものです。

ぐう。

そんなわけで、頻繁なカラーリングが欠かせません。

ちょっと間があくと、リタッチでは済まなくなるので・・・(汗)。

(ちなみに、この頃の白髪染めは進化していてスゴイ。色のバラエティも豊富ですね。)

ああ、そう、それで美容師さんのお手紙。

「その後どうですか」的な、よくある営業のお手紙なんですが、なんだろう。

印刷されたハガキが来たり、クーポンつきのチラシが来たりはあるけど。

宛て名を含めて全部が手書きの、ホント、ふつうのお手紙。

まるで、お友だちから来たような。

それが珍しくて、印象に残りました。

(その時点で、営業は成功ですよね。)

「ちょっとモタモタしてたし、きっと新人さんなんだろうなあ・・・」

一生懸命だったし、応援してあげたいなあ、とか。

ついそう思ってしまうあたり、わたしも年ですね(笑)。







●昨日の

東京ドームでの日本ハム対ロッテ戦。

日本ハムがホームラン7本をたたき出し、15得点で快勝したそうです。

1950年の球団記録に並んだとか、なんとか。

(といっても、東映フライヤーズ時代だそうです。・・・古すぎない? というか知らんよ。)

やっと少し調子が戻って来たのかな。

今年はかなりひどいので、これからの奮起に期待します。

っていうか、東京ドームかあ。

観たかったなあ。

・・・と同時に、最下位ロッテの惨状には言葉もない。

チームの状態はかなり悪いようです。

その中でも気を吐いていた、エースの涌井。

昨日は一試合中になんと6本のホームランを打たれたそうです。

これもパ・リーグ記録タイ。

正直にいうと、涌井投手ってすごくいいのよ。

そんなに簡単に打てるピッチャーではないのです。

それが、どうしたことなのか。

ボロボロ6被弾で10失点する前に、監督はなぜ変えなかったのか。

それもわからん。







●では、

またね。。。


【13/05/2017 12:15】 雑談☆日々のあれこれ | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム