宝の山

●TBのお題から

「あなたは何系男子・女子?」

さて。

(´ε`;)ウーン…

どういう答えが期待されているのか、わからん(笑)。

(わからないなら、そんなお題を取り上げるなよ、って言われそう。)

マジメ系クズとか、そういうの?

ちがうかな(笑)。

とりあえずは 「肉食系女子」 ですね。

ヽ(*´∀`*)ノ

精神的な意味でも、物理的な意味でも。

文系女子。

・・・事実ですが、つまらない(笑)。

サボテン系女子。

もぐら系女子。

あは、ありかもしれない。

(最近、モデル&グラビア兼務の芸能人を 「もぐら」 とかいうらしいけど、それとは違います。)

メカ系女子。

いや、単に、カメラとPCが好きなだけですが。

腐女子は・・・ 「系」 が使えないじゃないか(笑)。

しいていうなら、昭和系腐女子・・・?

JUNE系腐女子?

変ですね。

(*´∀`*)

っていうか正直なところ、一般的な腐女子としては、とっくに引退してますね(笑)。

イマドキのBLの流行にはまるでついていけないし。

ついて行きたいとも思えないし。

(^~^;)

興味が枯渇してるからね・・・(笑)。

結論。

よくわかりません、すみません。







●最近

秋の夜長のお供は、ようつべです。

ようつべに限らず、無料で見られる動画全般。

海外のものも多いですが、けっこう真面目なドキュメンタリー。

文化や歴史、科学などの検証番組。

偉人の業績を振り返るもの。

たまに美術や、文学、過去のニュース報道など。

非常に勉強になることが多く、興味は尽きません。

娯楽というよりお勉強寄りなんですけど、おもしろいんですよね(笑)。

これもなんというか、老化の一種かな。

(((((((;´д`)))))))

ネットにはいったいどれだけ、有用なものが転がっているんだろう。

今さらですが、そう思います。







●では、

またね。。。

【22/09/2017 02:26】 雑談☆日々のあれこれ | Comments (0)

がんばるぜ・・・

●たくさんの

拍手やコメント、いつもありがとうございます。

叱咤激励を含めて、とても感謝しています。

疲れて愚痴っぽくなってるときに読むと、元気が出ます。

励まされます。

人生捨てたもんじゃないな、と思わされます。

(*´▽`*)♪



昨日は体調不良でダウン。

ぐったりしてましたので、余計に身に沁みました。

まだまだ暑いけど、9月もあと10日で終わり。

早いものですね。

そろそろお彼岸です。

曼珠沙華も咲くし、暑さも遠のく・・・はず。

うん、そのはず(笑)。

がんばります。

みなさまもご自愛ください。

では、またね。。。


【21/09/2017 06:23】 雑談☆日々のあれこれ | Comments (0)

個性といえなくもない

●この時期

もう夏ではない。

わかります。

明らかにちがう。

つるべ落としの夕暮れは、とくに違う。

それでもやっぱり暑い

(υ´Д`)アツー

暑いもんはあついです(涙)。

台風一過のフェーン現象って、何日も続くもの・・・?

ちがいますよね?

ふう。

(υ´Д`)アツー

真夏の、べったり肌に重たい、呼吸すら妨げる不愉快な暑さとはちがいます。

風は、秋。

それはわかる。

でもなー。

やっぱりまだ暑いや。

どっと汗をかくのは変わらない。

・・・です。

(υ´Д`)アツー

周囲の人間がちらほら、秋の装いになっているのを見て、

「なんでや・・・」

勝手にね、不可解な気持ちになります(笑)。

理不尽だなあ。



以前そういえば、暑がり仲間(?)のおひとりが、

「空気が冷たくて心地よくって、ああ、このぐらいが自分には適温だなと思ったら、13度だった」

といってたことがあります。

その発言を聞いた周囲の人間は、ネタ(冗談)だと思ったんでしょう。

ふつうに笑ってたけど、うーん。

その感覚、めちゃくちゃわかるわ(笑)。

わたしの場合は、16度を超えたら夏です。

暑いし、不快だし、夜なら寝苦しい。

ヾ(´▽`;)ゝ



ひとが 「暑い」 というとき、その言葉が意味するものは人によってちがう。

認識のギャップ。

最近、それが気になります。

あたりまえ?

ヾ(´▽`;)ゝ

わたしのような人間にとっては、

暑い」 = つらい、しんどい、むかつく、死ぬ、いやだ、キライ

なんですよね(笑)。

暑さはストレートに不快であり、不幸でもある。

一生でもう二度と夏が来なくても、別に構わない。

だけど世の中には、夏が好きな人ってのも確実にいる。

いますよね。

我々と同じように 「あっついねー!」 といっても、その意味合いはポジティブです。

暑いのが好きな(少なくともきらいではない)ひとにとっては、

「暑い」 = 気持ちいい、わくわく、生きてる実感、楽しい、青春

・・・だったりするんですよね。

ヾ(〃^∇^)ノ♪♪♪

わたしからすると異星人ですが、そういう人たちもいる。

身体を動かしてダラッダラ汗をかいて、それが気持ちいいひと。

健康的で、まぶしい。

ホントうらやましい。

(^~^;)



ああ、でも。

「異星人かよ、こいつ」

って、こちらが逆に思われるときもあるんだろうなあ。

冬になると、たぶんそう。

※太平洋沿岸平野部の冬です。ぬるいです。

「寒いねー」

って同じ言葉を使っても、ひとによって意味はちがう。

わたしが 「寒いですね」 っていうとき、それは単に気温の低さを指摘するだけ(笑)。

寒いのはきらいじゃないし、不幸だとも思わない。

冬はむしろ好き。

快適。

(理由は、汗をあまりかかずに済むから。)

寒いのがダメで、冬が辛いという方にとっては、理解の範囲を超えるでしょうね。

(^~^;)

ひとそれぞれ。

・・・って、そんな結論かい(笑)。

以上、単なる負け犬の遠吠え・・・というか、愚痴でした。

すまん。







●では、

またね。。。


【20/09/2017 07:37】 雑談☆日々のあれこれ | Comments (0)

連休前の金曜日

●あぐぐ・・・

ましゅまろんどん、白くまにはまる。

ヾ(´▽`;)ゝ

アイスですよ、動物じゃなくて。

いや、動物の白くまもかわいいけど。

(安全な距離から見てるかぎりは。)

セブンプレミアムの白くま。

うんまい。

毎日、暑いですからね。

il|i(p′Д`;)il|i

ひんやり幸せ。

ささやかな癒しです。







●三連休に

横浜にね、ちょこっと遊びに行こうかと。

行くというより、神奈川県方面へは「帰る」って感覚ですが。

これとか>>

http://www.yokohamatriennale.jp/2017/

わけがわからないけど、ちょっと楽しそう(笑)。

そう思っていたら、台風が来るかもって・・・?

三連休を直撃の可能性も?

ええー。

(((((((;´д`)))))))

いーけーずー。

日本に来なくてもいいのに。

今年はもう、雨はノーサンキュウ。







●大谷くんの

グッズ、っていうの?

球団がいろいろ売り出してるキャラクター商品。

今のうちに買おうかなあ、と。

ふと思い立って、日本ハムファイターズのサイトに行きました。

オンラインショップね。

でも・・・いや・・・しかし。

記念品なんだからとは思うけど、なんだこれ。

定番のレプリカユニフォームはさておき、たくさんあるグッズのセンスが壊滅的。

(主観的にみて。)

うーん。

この手の応援グッズに慣れてないからかもしれないけど、

「これ欲しい!」

と思える商品が見当たりません。

(^~^;)

わたしの感覚のほうが古臭いんだろうなー。

でも、喜んで買いたくなるもんがない。

コストパフォーマンスにシビアなオバサンはお呼びじゃないのね・・・(汗)。

がっくり。







●では、

あと一日、なんとか乗り切ろう。

では、またね。。。

【15/09/2017 05:52】 雑談☆日々のあれこれ | Comments (0)

電車の話

●それにしても

週末のインフェルノ小田急線。

そして、月曜日の山手線。

二日連続で 電車+火災 って、どういうことなの・・・(汗)。

めったにないことが立て続けに起きるって、いやな感じです。



小田急線の火災は、あれは衝撃でした。

付近の建物の火災だというのに、よりによってその真ん前で、走行中の電車が緊急停止。

(踏切の非常停止ボタンが押されたからで、実は、運転手には非はないという説も。)

停まっている間に、車両の屋根に延焼して、大変な騒ぎになりました。

塗料なんだろうか・・・?

そんな燃えやすい材料を使うもんだろうか?

都心であんなの、恐ろしい。



それに比べると、山手線の火災は小さい。

小さいけど、同じくらい怖いと思いました。

だって、リュックサックの中のモバイルバッテリーが、いきなり火を噴いたんでしょう?

リュック派のわたしとしては、ありえないことではないから本当にこわい。

背中で火が起きるって・・・(汗)。

カチカチヤマ?

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

想像ですが、その周囲にいたひとも修羅場だっただろうなあ。

ロンドンならたぶん、その人が自爆テロの実行犯かなんかと誤解されるケースです。

日本ではそこまでは思わない・・・かな?

爆発物!? 

・・・と思うだけでパニックですよね。

今後は平和でありますように。







●いつだったか

先日の、仕事帰りの電車の中。

当然ですが混みあっていて、わたしも当然ながら立っていました。

(途中で降りて始発の電車に乗り換えるのが通例なので、立っていても気は楽。帰りだけですが。)

ふと気づくと、目の前には杖をついた女性。

老人ではなく、わたしと同世代ぐらい。

しんどそうだった。

杖を握る指先が、力が入って白くなってるのがわかって。

「誰か気づいて、席を譲ってあげるといいんだけど・・・」

まあ、むずかしいだろうな。

言いたくはないが、満員の通勤電車。

誰かが誰かに席を譲っているのを、めったに見たことはない。

明らかに席を譲ったほうがいい乗客がいても、たいていスルーされるよね・・・(汗)。

見て見ぬふり。

知らんぷり。

寝たふり、あるいはスマホに夢中なふり。

ご老人とか、お腹の大きい妊婦さんとか。

残念ながら、あんまり譲られているのを目撃しない。

子連れだったりすると、むしろ白い目で見られたりしてね。

「こんな混んでる時間帯に、子供を連れて来るなんて非常識な」

みたいな視線って、ありますよね・・・(汗)。

優先席?

いや、わたしの乗ってる時間帯だと、あまり優先席は機能してない気がします。

ふつうの席として使用されてる、というか。

そこが空いていたらふつうに座る、という意味で。



その杖の女性が痛そうだったので、少し気になってました。

わたしも去年、入院したりいろいろあって。

脚が痛くて、いたくて、本当に通勤がつらかったからなあ。

勝手に共感してしまったのかも。

脚の怪我の場合、パンツに隠れて何も見えないからねえ。

ギプスはめてぐるぐる巻き・・・ではない場合、他人に気づいてはもらえない。

(外観からはわからない怪我や疾患は、他にもいろいろありますが。)

「座りたい」 とは思うけど、どうしようもないことが多かったですね。

譲ってほしければ、ちゃんと口にしてお願いしなければいけない。

だけど、ハードルが高いよね。

それをするほどか? 

・・・と自問すると、そうでもない気がしてしまうから。

ホントに立ってられないほどつらいなら、

「最初から乗るな」

って思われそうだし。

実際もんだい、けっこう勇気がいると思う。

じゃあ誰に声をかけるのか?

ターゲットを絞っているうちに、声をかけよう、という気持ちが萎えて来るしね・・・(汗)。



内心もやもやしてたら、あら。

端の席に座っていた白髪の男性が、よろっと立ち上がりました。

おお!

「どうぞ、どうぞ」

にこやかに席を譲っている!

「え、いいです」
「いいから、どうぞどうぞ」
「すみません・・・」

・・・その会話の相手は、杖の女性の隣にいた若い女性でした。

よく見ると、その女性のバッグにはマタニティーマーク。

ああ、なるほど。

席を譲ったその紳士は、先にそのマークに目が行ったのね。

なるほどね・・・(汗)。

これはわたしの主観ですが、わたしの周囲の数人は、

「え? ・・・ああ(ガクー)」

と、みんな同じような反応をしていました。

その紳士が、杖の女性に席を譲ると思ったのよね。

でもちがった。

そしてその別の女性も、席を譲られてしかるべき人だった。

さあ、そこで新たな悩みが。

こういうとき、どっちを優先かって決められる?

無理だよね。

譲る立場にいたとして、めちゃくちゃに悩みそう。

白髪の紳士はおそらく、杖の女性に気づいてなかったんだろうな。

(そう思いたい。)

でも気づいてたら、どうしたんだろう。

わたしだったら、どうするんだろう。

うーむ。

(特に辛そうでなければ、いっそのこと譲らないかも、とも思ってしまう。うぐ。)







●たまに

満員電車で妄想するのが、あれです。

座席に座ってる人たちがどこの駅で降りるのか、わかるといいなあって(笑)。

そうしたら、ほら。

もうすぐ空く席の前に立ってればいい。

同じように車内で立っていて、後から乗ってきた人がラッキーにも自分より先に座れて、

(その人の目の前の席に座っていた人が降りていって)

「・・・ちくしょー」

みたいな思い、しなくてすむ(笑)。



ヒントは、イギリスの長距離列車の座席予約です。

「イギリス 電車 席 予約票」

とかで画像検索してみると、わかると思いますが、このシステム。

席を予約すると、座席のヘッド(後頭部)の上に、A駅からB駅まで、って記された紙が挿入される。

刺さってる、というか(笑)。

座席の背もたれの上部に、小さなスロットがあるんですよね。

そこに、ひょいっと予約票が差してあるの。

※個人情報は乗っていません。

(とはいえ車掌さんがチケットのチェックをするときに、予約票と一致してるかは見られます。)

よくそれで機能するなあ、と思いませんか?

その紙を握りつぶすとか、別の予約票と入れ替えるとか、誰にでも簡単にできそう。

・・・とは思うけど、わたしの経験では、問題になったことはない。

そういうもの、という共通認識があるからでしょうか。



で、それをさー。

日本の通勤列車でも援用できないか、と思ってしまう(笑)。

グリーン車のように、すべての席の上部にタッチパネルがあってさ。

座る人は、そこにSuica定期券をかざす。

機械はその人の目的地を読み取って、電光掲示板に表示する。

切符の場合は、バーコード(あるいはQRコード)対応ですかね。

定期ではなく、ふつうにチャージされたSuicaで乗る人の行き先は・・・さて。

それだけはわからないから、ナシでもいいんじゃないだろうか。

通勤電車なら、マジョリティは定期だろうから。

いけるんじゃない?(笑)

もうじき空きそうな席がわかるって、わりとフェアな気がします(笑)。

・・・と思ったけど、うむむ。

実現は、むずかしいかも。

開発コストはさておき、「どこの駅で降りる」っていう情報自体が、あれだ。

個人情報である、といえなくもない。

たとえば制服を着た女子高生なら、おかしなストーカーに狙われないとも限りませんね。

制服 = 学校がバレバレ。場合によっては頭の良さ(悪さ)や進路まで見当がつく。

定期 = 自宅の最寄り駅がバレバレ。

制服でなくても、まいにち同じ電車の同じ車両で顔を合わせる相手なら、同じことですね。

(((((((;´д`)))))))

ダメだな。

ちょっと便利なアイディアかと思ったのに。

がっかり。







●では、

またね。。。

【14/09/2017 06:09】 雑談☆日々のあれこれ | Comments (0)

やっと金曜日。

●今年の夏は

結局、どうだったんでしょうね。

(あえて過去形。もう終わった、と思いたい。)

暑かったのか、そうでもなかったのか。

長期予報は当たったのか。

異常気象だったのか。

いや、主観では、常に暑いんですけど(汗)。

ι(´Д`υ)アツィー

でも雨が多かった(多い)ですよね。

ゲリラ豪雨による水害は多いし、日照時間も少ないらしいし。

反面、「雨が降らない」という沖縄の記事も見ました。

真夏日(30度以上)の連続記録を更新中、だとか。

勝手な印象でいうと、「異常な」気象が続きすぎて、何が異常なのかわからん。

というかお天気にフツウって、あるんだろうか。

そりゃ平均値はあるだろうけど、イコール普通なのか・・・?

わかりません。

ちなみに気象庁は、「平年並み」って言葉をよく使いますね。

「平年」には、ちゃんと決まりがあるようです>>

http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/kisetsu_riyou/class/rank.html

ふーん。







●食べものネタ

今年は空前の?ぶどうブーム・・・な気がする。

ぶどう商品、本当に多いですね。

好きだから目につくだけ、かもしれませんが。

アロエヨーグルトのぶどう入りは、最近のお気に入りです。

うんまい。

「ガリガリ君」の話は、前にしたかもしれないけど、大人のぶどう、とかいうやつ。

大人なぶどう、かな?

商品名もパッケージのイラストもきらいですが、味はいい(笑)。

あのチープでお下劣な見かけからは想像もつかない、芳醇な味だと思います。

カルピスにぶどうを合わせたペットボトル飲料。

飲んでみたけど、おいしいけど、なんでしょう?

つくづくカルピスって個性が強いんだなあ、と思いました。

どんなものでも、結局カルピスの味になる気がします(笑)。

小岩井の純水ぶどう。

新製品ではないけど、本当においしい。

ウェルチよりも好きかもしれない。

・・・と思うけど、ウェルチのぶどうスパークリング系は好き。

赤いのと、白いのとどっちも好きです(笑)。

サントリーの天然水の朝摘みぶどう、でしたっけ。

あれもおいしいけど、駅の自販機以外で見たことない。

以前に書いた、ジェラートマイスターのカベルネ・ソーヴィニョン様。

あの一回以降、どこにも売ってない。

本当にない(笑)。

もはや幻かと思うレベルです。



ぶどうではありませんが、MOWの新作。

エチオピアモカコーヒー、おいしいです。

美味しくないわけがない、気がする(笑)。



まいにち暑いので、つめたいものばっかり。

(毎日アイスを食べてるわけじゃないけど。)

よくないとわかっていても、なかなかね・・・(汗)。







●というわけで

くっだらないブログですみません(汗)。

暑くて脳みそ溶けてます。

(わたしが心地よいと感じる気温は15度以下なので、それより上はいつも暑い。)

では、またね。。。


【08/09/2017 05:47】 雑談☆日々のあれこれ | Comments (0)

あがったり、さがったり

●昨日は

ほんのちょっとだけ、落ち込んでました。

というか、悲しかった、かなあ。

何かというと、いつもの話(汗)。



昨日おとといと、少し涼しくなっていますよね。

日中はそれなりに暑いといえなくもないけど、それでも30度はいかない。

真夏のようなギラギラした感じはない。

「涼しいよね」

「今朝なんか寒かったよー」

そんな話を同僚がしていたり。

外の気温を反映して、オフィスの空調も控えめ。

電車の中も、お店の中も、エアコンの設定が変わっているように思います。

季節の変わり目。

そんな中で、まるで変わらず、とっても暑い思いをしている自分。

アツ━━━━(´Д`υ)━━━━・・・

すぐに妖怪アセミドロになる自分が、もうね、いやすぎる。

身体が快適と感じる気温がちがう。

全然ちがう(笑)。

ほんの少し動くだけで、ダーッと流れ落ちる汗を、どうやって止めろと。

「え、そんなに暑いかな?」

イヤミではなく、本当に不思議そうに言われたりねー。

これはツライ。

なんというか、自分がとってもみっともなく感じてしまう。

うぐぐ。

(ρ_;)。。。



ちなみにわたしのいるオフィスにはもうひとり、暑がりさんがいます。

幸か不幸か、この人がほっそりした美人。

ホントに美人(笑)。

モデルさんかよ、ってぐらい。

(年齢差あるけど)わりと仲良しなので、暑い暑いネタでよく盛り上がります。

ヽ(*´∀`*)ノ

でも、なー。

彼女くらい美人だと、汗っかきの印象がまるでちがう。

うっすいノースリーブを着て、それでも暑がって。

一日に何度もお化粧を直しに行ってるけど、それでも美人はつよい(笑)。

汗をふく仕草すら、かっこいい気がする。

うらやましいなー。

※言わずもがなですが、美人なのを妬んでいるわけではない。

「夏の間は地獄。息ができない。汗対策のことしか、考えられない」

という現実は、同じなんですよね。

でも、美人さんはみっともない妖怪アセミドロではない、気がする。

あぐぐ。



・・・などと。

ぐだぐだと考えていました。

あかん。

自己嫌悪というより、自己憐憫にちかい?

ダメですね。



あ!

たくさんのコメントや拍手、ありがとうございます。

激励の言葉もうれしかったです。

本当に、本当にありがとう。

いつかお茶会に行ってみたいという方。

ぜひ参加を検討してください(笑)。

仲間が増えるのはうれしいですから。







●さて、

気を取り直して、がんばります。

では、またね。。。


【06/09/2017 06:14】 雑談☆日々のあれこれ | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム