残念でしたが

●それでも

面白かったですよね。

今回のWBC。

おっと。

まだ終わってはいません。

日本はたしかに負けてしまったけど、大会はいよいよ決勝です。

アメリカ対プエルトリコ。

どちらが勝ってもすごいと思うけど、プエルトリコのほうが勢いがある気がするなあ。



日本対アメリカの準決勝。

結果だけ見ればとっても残念です。

1-2の惜敗。

ヒットの少なさと、思いがけないエラー。

これじゃ勝てないよね、という内容だったかもしれません。

(というか日本、アメリカ本土に渡ってから、練習試合を含めていちども勝ってないですね。)



でも、なんでしょう?

「情けない」

「委縮しちゃって、もう」

とか、そういう気持ちにはならないなあ。

戦力不足とか、大会前はさんざん批判されてたのに、ホントよく頑張った。

監督以下、みんなものすごく必死だった。

準決勝はさておき、打つべき人がちゃんと打ってた。

守るべきひとがちゃんと守り、走るべき人が走ってた。

投げるほうも、ねー。

メジャー投手(ダルビッシュとかまーくんとか)が軒並み出場辞退して、大谷くんもいなくて。

「しょぼい。こんなんでホントに国際大会を戦えるのか」

とまで言われてたピッチャーたちは、ホント健闘したと思うの。

みんな、レギュラーシーズン開幕前の、大事な時期なのに。

非難されるいわれはない。



巨人の菅野投手。

いや、キライっすよ?(笑)

いろんな意味で(笑)。

個人的には好きではないが、それはどうでもいい。

彼がチームのエースで、日本の誇る一流投手なのはまちがいない。

アメリカのバケモンみたいな強打者を相手に、本当に本当にすばらしいピッチングをしました。

気迫と、技術と、熟練の味。

緻密でバランスのいい、実に質の高い選手だ。

彼が無冠に終わるのはあまりにもさびしい、と思わずにはいられません。



そして、彼の後を受けてマウンドに立ったソフトバンクの千賀投手。

切れ味するどいフォークボールと、うなるような速球。

淡々と、(イニングを跨いで)4者連続三振に切って取ったのは、本当にお見事でした。

圧巻の投球内容。

味方のエラーもあって失点してしまったけど、自責点はゼロのままのはずでは?

すごすぎてしびれました。



この試合中、雨がずっと降っていました。

慣れないアウェイの球場で、慣れないつるつるすべるボール。

(日本の公式球とは球がちがうのです。)

おまけに雨で、投手は(野手も)苦労したことでしょう。

バッターは、メジャーで活躍するスラッガーばっかり。

それを、わずか散発6安打(2失点)に抑えたんだもの。

たいしたものです。



打線がもうちょっと点を取れればよかったよね。

それは思う。

今大会、6試合ずっとわりと打ってたから。

惜しい場面はあった。

1点ビハインドで迎えた8回裏、2アウトでランナーが1塁、2塁。

バッターボックスには、4番の筒香選手。

これ以上はない、劇的な逆転のシナリオが見える場面でした。

筒香くんがバットを振り、カキーンと大きな打球がライト方向へ。

あとで録画を見たけど、あれはたしかに、

「行ったか!?」

と一瞬、思ってしまうような打球だった。

奇跡の逆転3ランか。

・・・と思ったのは束の間。

わりと平凡なライトフライに終わりました。

ああ、だめか。

今までの試合なら、あそこで点が入っていたんだよなあ。

結局は、相手のピッチャーの勝ちということです。

すごくよかったもの。

しょうがない。

25歳の4番バッター。

日の丸を背負う重責につぶされず、ここまでよく打ってきたもの。

立派に4番の仕事をしてきた。

しょうがないよ。



ああ、そういえば。

野茂さんとラソーダ監督の始球式。

元気そうでうれしかったけど、さすがに年をとってましたね。

トルネードでもない野茂さん。

まさかの大暴投で、ホントびっくりしました(笑)。

侍ジャパンの鈴木誠也選手(広島)が、なぜかキャッチャーを務めました。

「なんで?」

と思ったけど、あのとんでもない暴投を、必死で飛びあがってキャッチしてるのを見て、

「・・・彼の身体能力がなかったら、取れなかった!」

と、なんとなく(結果論的に)人選に納得(笑)。

いや、なんだろうね。

もしかすると、彼の背番号だろうか。

「SUZUKI 51」

これで想像するのは、やっぱり、イチローくんだもんねえ。

まさかとは思うけど、サイレントイチローリスペクト・・・?

いやいや。

考えすぎでしょう。







●というわけで

まるでまとまりませんが、これで。

では、またね。。。


【23/03/2017 01:07】 スポーツ | Comments (0)

(ふたたび小さな声で) WBC...

●すっかり

ご無沙汰しております。

ブログ、途絶えがちで本当にすみません。

お便りをくださったみなさま、ありがとうございます。

怪我でも病気でもなく(まあビョーキだけど)、ふつうに生きております。

地味に、わたわたと(笑)。



ある日のわたし。

「・・・あれ、が食べたい・・・」

あれ、というのはアレです。

マックの、朝しか売ってないあれ。

ソーセージエッグマフィン。

ジャンクの誘惑ですね。

しょうもない食べ物ですが、ひそかにファンが多い人気商品らしいですよ。

食べたいなら、食べに行けばいい。

数百円の話です。

・・・んだけど、これが案外とむずかしい(笑)。

自宅の近くにない。

最寄りの駅のそばにもない。

職場の近くにもない。

(厳密にはあるのですが、ターミナル駅で遠い改札口だったりすれば、それは「ない」ようなものです。)

「マックがない・・・」

ちょっと前までは、どこにでもあったのに。

そう。

ここ数年でずいぶん、採算のとれない店舗をたたみましたからね。

ま、そういうわけで。

どうしても食べたければ、乗換駅でいったん降りるしかない。

そんなめんどくさいこと、ふつうの通勤客はやりたくないと思うけど。

でも、まあ。

めったにないジャンクの誘惑です。

ある日のわたしは、どういうわけかそれを決断しました(笑)。

「起きてやる!」

いつもより30分くらい早くうちを出れば、まあ、なんとかなる。

ただでさえ眠いのに、アホなもんです(笑)。

貴重な朝の30分と引き換えに、ソーセージエッグマフィン。

「ふふふ・・・」

ばかみたいでしょ?(笑)

でも、なんというか。

地味な達成感はありました。

一年に一回ぐらいなので、まあ、いっか。







●三連休は

あっという間にすぎました。

わかってはいたけど、あまりにもはかない。

つらいわ。

「で、次の連休はいつ・・・?」

GWまでないのか。

うぐ。

今年はとくに連休が少ないせいか、ものすごく貴重に感じます。

1日目・・・お茶会。

朝も夜も、食べて飲んでおしゃべりしておしゃべりして。

2日目・・・休養。

バテバテで、なんかぼ~っとすごしました。

3日目・・・実家に日帰りで。

マンションに戻って来たころには、もう夜の10時ごろ。

「ああ、また何も(片づけとか)できなかった・・・」

タイムアップ。

以上です。

お茶会は、ですね。

8日間の間に、つごう3回開催しました(笑)。

そのレポートはまたいずれ。







●梅の花も

まだろくに、撮りに行っていないのに。

というかもう遅い、というべきか。

なのにもう、ね。

もう、です。

昨日ですが、ソメイヨシノが咲いているのを発見してしまいました。

ご近所になぜかある、古い立派な料亭。

そのお庭にですね、の木が何本か。

どういうわけか、そのうち2本のソメイヨシノは、やたらと咲くのが早い。

(しょぼい自称)ハンターのわたしの知るかぎり、この近辺では、毎年いちばんに咲き始めます。

日当たりなのか、栄養分なのか。

ホント、不思議ですよね。

で、そのの木。

20日朝の時点で、ふっくらと濃いピンク色のつぼみをたくさんつけていました。

「そろそろだなあ・・・」

と見上げていると、あれ。

ほの白い花びらが、風にゆれている。

「あれ・・・?」

咲いてる。

一輪、いや二輪か。

まちがいなく、すでにほころんでいました。

「わお・・・!」

心が躍りました(笑)。

さいたよ!

内心で、自分だけの、開花宣言です。



ふと、思ったんだけどね?

東京の場合は、靖国神社にの標準木があるんですよね。

その桜がいくつか花を咲かせたら、「開花宣言」が出る。

気象庁の職員がきっと、この時期、毎日その桜を見に行くんだろうな。

朝に晩につぼみを見ながら、そろそろかな、なんて思うんだろうな。

なんとなくですが、その人のわくわくする気持ちを想像してしまいます(笑)。

開花宣言を出せるって、すっごい役得だろうなあ。

いいなあ。

今年の東京の開花宣言は、3月21日。

わたしの見た桜のほうが、1日早かったことになります。

(もしかしたら靖国神社でも20日に咲いてたかもしれないけど、ひょっとして役所がお休みだったから遅れた?)

(* ̄¬ ̄*;)



が、しかし。

桜(ソメイヨシノ)が咲いたとなると、気がせくのも事実です。

もう1週間もすれば、満開になるかもしれない。

そして今から2週間後には、もう散ってるかもしれない。

このせわしなさ。

去年はまったくそんな余裕がなかったけど、今年は花見ができるだろうか。

写真を撮りに行けるだろうか。

そんなことばかり考えます。







●そして

ちまたでそれなりに盛り上がっているといううわさの、WBC準決勝。

お茶会でも見た!という人が多かったので、びっくり。

うれしい。

(彼女たちはふだん、野球にさして興味のあるひとたちではない。)

明日、日本時間だと平日の真昼間?朝?から、日本とアメリカの準決勝だそうです。

それはもちろん、気になる。

日本チームの健闘を祈る。

だけど野球ファンには、始球式のニュースが嬉しかったことでしょう(笑)。

始球式に、なんと野茂英雄!!!

一緒に登場するのが、彼の恩師(監督)トミー・ラソーダ!!!

それも、舞台はドジャースタジアムです。

わお。

わお。

なんて粋なはからいをするんでしょう。

https://twitter.com/WBCBaseball/status/843895627381653504

のものも(となぜかわたしは呼んでました)は、わたしのヒーローです。

パイオニア。

彼がいたから、イチローくんも、まーくんも、みんなメジャーで続いたんだと思ってます。

(厳密にいえば、野茂さんは「最初の」日本人メジャーリーガーではないけど。)

彼が日本球界をどんなふうに追い出されたのか。

どれほどアメリカで旋風を巻き起こしたか。

知って(覚えて)いるだけに、この始球式はぐっと来る。

いいなあ。

それだけでも見たいなあ。

(いずれどこかで、ニュースで見られるとは思うけど。)

試合開始前に、最高に盛り上がるスタジアムが目に浮かびます。







●というわけで

では、またね。。。


【21/03/2017 23:43】 スポーツ | Comments (0)

(小さな声で) WBC...

●水曜日は

寒かったですねえ。

ものすご~く冷えて、なんかもう真冬でした。

三月ももう後半なのに。

・・・と書いて、自分で焦る。

ひええ。







●なんかもう

このところ、めちゃくちゃに忙しいのです。

やることが、考えることが多すぎてちょっと空回り気味・・・?

体力や気力の消耗も激しく、オバチャンはすでに青息吐息。

・・・です。

たはは。

でもきっと、みんなそうですよね。

わたしだけがしんどいわけじゃない。

というかたぶん、わたしより大変な人なんかいくらでもいる。

泣き言をいってる場合じゃないわ。

がんばるぜ。







●そして

開幕したらしたで、結局わくわくしてしまうWBC。

なんだかんだ、試合の経過をネットで追ってしまいます。

※知らないひとは悪くない。ぜんぜん。

大谷くんが出ない、っていう時点で。

「あ、もういいや」

現金にもそう思っていたのに・・・(汗)。

スター不在とか、めぼしい選手が不足してるとか。

メジャーリーグで活躍してる投手たちが出ないとか。

監督があほだとか。

さんざん懸念(批判)されていたわりには、ジャパン、つよい。

強いというか、強運なのかな。

精神的にタフなのが、いちばんすごいところかも。

今日で無傷の6連勝で、2次ラウンドを首位通過。

準決勝はアメリカだそうです。

(ここまでの試合はすべて東京ドーム。・・・だったはず。)

もともとスターだった筒香選手とか、菊池選手とか。

わたしの大好きな(笑)中田選手とか。

そういう選手たちが活躍するのは、もちろんたのしい。

主役なので、主役にふさわしく輝いている。

だけど意外な活躍を見せる、それまで全国区の知名度だったかどうか? という選手たち。

そういうひとたちがひのき舞台で大暴れするのは、ホント最高。

たのしくて仕方がない。

※一般的な知名度の話であって、実力の話ではない。

牧田投手(西武)とか、とくにねー。

アンダースローで、速球投手とはいいがたいのですが、これが!

メジャーでバリバリ活躍する強打者たちを、しれっとかわして凡打に仕留める。

インハイに投げ込んで三振をとる。

すごいんだ。

惚れ惚れします。

もうね、芸術品のようでうっとり(笑)。

それから、昨年来のごひいきの千賀投手(ソフトバンク)。

いや、ごひいきっていうのはちがうかな。

日本ハムのファン(いちおう)としては、なんていうんでしょう。

優勝争いでも、クライマックスシリーズでも。

昨年は日ハムの前に立ちはだかる、巨大な壁のような速球投手でした。

です。

「またコイツかー。打てないんだよ、このひと・・・」

もういや。

何度そう思ったことか。

その彼が、WBCで大活躍しています。

エースといわれた先発投手たちがボコボコ打たれて炎上する中、ひとりクール。

圧巻のピッチングで、強豪打線を抑えています。

「しゅごい・・・」

頼もしい一方で、よけいな心配もしたりして。

心配というのはつまり、あれだ。

メジャーのスカウト陣の目に留まってしまうかな、という意味です。

(もちろん、本人が行きたいのであれば、それは喜ばしいことなんですけど。)

そして、小林くん。

巨人の捕手。

巨人なのであんまりほめたくはないが(というのはむろんわたしの偏見)、すごいよ。

イケメンであること以外は取り柄がない、とまで言われていたのに。

※いったのはわたしではありません。

※イケメンなのは事実。野球選手にあるまじきジャニーズ系。

それがもう、今大会いちばんの目覚ましい活躍をしている。

「このひと誰!?」

っていうぐらい。

短期決戦で、思いがけないひとがラッキーボーイになる。

その典型例かもしれません。







●って、

あうう。

またやってしまった。

やめておきましょう、もう。

では、またね。。。


【16/03/2017 02:55】 スポーツ | Comments (0)

イケメン談義

●今年は

スギ花粉の飛散量が、昨年の4倍超とか。

そういうニュースを見かけたのはいつだったかなあ。

かる~く、絶望感を味わいますよね。

うぐぐ。

花粉症。

発症して、はや20年ぐらい。

(ただし英国生活時代は影をひそめていたので、実質は半分以下かも?)

いつか終わる日は来るのでしょうか。

たしかにタリオン×ナゾネックス効果で、かなり助かっています。

日常生活では、まったく思い出さないこともあるくらい。

だけどそれでもときどき 「発作」 が起きます。

涙がぽろぽろ、目がかゆくてかゆくって・・・とか。

完全に症状をおさえるのは、無理なんでしょうかね。

がっくり。



そこへ来て、さらにこれです。

この夏は暑い 猛暑・酷暑か

長期予報って、あんまりあてにならないとは思うけど。

「ものすごーく暑くなるかもよ?」

言われただけで、すでにげんなり。

まだ2月なのに。

||||||||||||||(_ _。)ブルー|||||||||||||||

やめてよー(涙)。







●好きな

スープの種類に、これも追加します(笑)。



seijoishii_soup002011.jpg



セールになっていて、珍しくちょっと安かったので買ってみました。

辛さはほどほど。

味がマイルドでいい。

といってもわたし、たぶん規定量より多めにお湯を入れてます(笑)。

だから薄まっているだけ、かも。

わたしにとっては麺ではなくて、あくまでスープという印象。

(パッケージの写真みたいな、うどん風にはならないと思う。)

おいしいです。







●これには

あらためて、考えてしまった(笑)。

「イケメン」 ってなんでしょうね?

わたしも普通につかってはいるけど、人によって、かなり定義がちがう気がします。


結局一番イケメンだと思う日本のスポーツ選手ランキング


わたしの、あくまで個人的な見解ですが、

「イケメン」とは、

①男性の、主として外見を、総合的に判断して好ましい、魅力的であると表現することば。

「外見」には容姿だけではなく、服装やヘアスタイルなども含まれる。

②一般的には、イマドキ流行りのルックス、的なニュアンス込みで理解される。

③美形を含むが、美形とイコールではない。

④「カッコいい」と似ているが、より流行やファッションの要素が強い。

⑤「いい男」を含むが、「いい男」ほどの汎用性はない。

ちなみに 「いい男」 という言葉は、容姿についていうとは限らない。

生き様とか、価値観とか発言とか、そういう要素が評価される場合も含む。

・・・と、まあ。

こんな感じでわたしは理解しています。



たとえば香藤くんは間違いなくイケメンだけど、岩城さんはいい男(あるいは美形)だよね、とか。

そういうふうに使い分ける。

(ちなみに両者ともオトコマエだと思うし、ふたりとも、乙女要素を持っているとも思う。)

「じゃあ、岩城さんはイケメンじゃないっていうの!?」

とか言われたら、あはは。

芸能人ですし、一般的にはおそらく、普通にイケメンって呼ばれてるんじゃないの?(笑)

としか言えません。



こほん。

このランキングの対象になっている、実在のスポーツ選手に話を戻そう(笑)。

※個人の感想です。

※あくまでわたしの勝手な感想だからね。

この中で美形だと思えるのは、ダルビッシュとケンブリッジ飛鳥くんぐらいかなあ。

(顔オンリーの判定です。)

トップの内田くんは、ジャニーズ系のルックスだね、と思う。

いや、ジャニーズより上か。

かわいい系の顔なのに、チャライ要素がないのがスゴイ。

彼の人気はホント根強いなあ。

いまだにカレンダーの売り上げ、すごいんだってね。

中日の浅尾くんとか体操の加藤くんあたりは、イマドキのイケメンだとは思うけど、わたしにはさっぱり(笑)。

残念ながらオバチャンには良さがわからないので、コメントのしようがありません。

同じく、体操のあのお方に至っては、もっとわからない(汗)。

なんでこのランキングに名前があるんでしょうか、と思ってしまうぐらい。

あ、けなしてるわけじゃないですよ。

わたしの目が、というか価値観が相当に偏っているという話です。

ファンの方、気に障ったらごめんなさい。



大谷翔平くん。

かわいいとは思うけど、イケメンかって問われると・・・???

顔だけ見たら童顔ですし、微妙かもしれません。

ただ彼の場合はスタイルとか、投げ方とか、そもそも二刀流やってるところとか。

そういうのをひっくるめて、総合的にイケメンなのかもね。

(同じ日本ハムの選手なら、西川くんは確実にイケメンだけどなー。)

(〃∇〃)

イチローくん。

どう考えてもイケメン枠ではなかろう、と思う(笑)。

でもかっこいいんだよね。

生き方とか、こだわりとか、成し遂げてきたこととか。

だから、彼に投票したひとは見る目があるなあって思います(笑)。

・:*:・( ̄∀ ̄ )。・:*:・

五郎丸歩くん。

ごろーちゃん。

(たぶん)わたし最愛のスポーツ選手なので、アレですが。

イマドキ&オシャレ要素はほぼゼロだし、まだ若いのにおっさんみたいですらある(笑)。

でも、いい男なんだよなあ。

イケメンかどうかは知らないけど、いい男。

彼のブームはとうに去ったと思いますが、今でもランキングにいるのがうれしい。

(*´∀`*)

そして問題は、某スケートリンクの絶対王者です。

羽生結弦くん。

彼がイケメンなのかどうか、わたしはいまだに決められません(笑)。

キラキラ☆彡 王子様かよ!みたいな。

あまりの美しさと存在感に圧倒されて、息を吞むときもある。

(最近では、男の色気なんつうもんも見せるようになってない?)

でも反対に、あまりに・・・あっさり塩顔(死語?)すぎて、その地味さに驚くときもある。

たぶん顔のつくり自体、わたしの好みとはちがう。

魅力的に見えるときと、そうでないときのギャップがすごすぎる(笑)。

とても不思議なひとです。

だけど、堂々のベストスリー入りってことは、あれだ。

彼の魔法にかかっている人が、それだけ多いということでしょう。

さすが、としかいいようがありません。

(* ̄・ ̄)ノ^☆♪

最後に、錦織圭くん。

女性にあんまり人気がないって、ホントですか???

イケメンランキング、もうちょっと上だと思ってました(汗)。

かわいいし、下手したらかっこいいとも思うけどなあ。

わからん。







●というわけで

では、またね。。。


【27/02/2017 04:23】 スポーツ | Comments (0)

ありがとうございます。

●今日は

ほんとうに、久しぶりの完全OFFでした。

・・・と書くとなんとなくかっこよく聞こえますが、要はぐうたらです。

ぼやっと。

ぐでんと。

へろへろん、と。

一日を、ぼんやり無為にすごしました。

※本来、こんなんブログにわざわざ記すような内容じゃないけど、そこはご容赦。

洗濯物をして、四角い部屋をまる~く5分で掃除機をかけて。

適当に、冷蔵庫の中にあるものを食べる。

お茶を飲む。

ときおり小鳥さんとメールをする。

いちおうPCの前にいるものの、集中力はゼロにひとしい。

気がつくと、まあ、とろとろと寝てますしね(汗)。

記憶がとぎれてないときは、ネットの海を徘徊します。

カメラのお買い物の妄想をしたり。

楽天で迷子になったり。

ふにゃあ。

「おや、もう夜だね・・・」

そんな一日。







●昨日の

「いとまきのうた」。

あれには、意外にもけっこうな反応がありました。

ありがとうございます。

都内の方、東北の方からも 「知ってるよ!」 のご連絡。

そっかあ。

大阪ローカル説は、これで払拭されましたね(笑)。

ちょっとうれしい。

ちなみに>>

幼稚園児の理解力というか、記憶力の限界というのか。

実をいうとわたしは、

♪いっと~まきまき

♪いっと~まきまき

♪ひ~っぱ~って

♪トントントン

(略)

♪できたよ できた~

♪こ~びとさんの おうち

・・・だと、思ってました。

というか、完全にそう信じ込んで歌っていました(笑)。

昨夜、しらべてみてびっくりした次第です。

うむむ。

冷静に考えると、こんな歌詞では意味不明ですね。

「ひっぱって」は、別にいいけど。

糸巻きで、なぜ小人さんのおうちができるのか(笑)。

へんな話です(笑)。







●一月のスポーツ

まとめ。

というか、記憶に残っていること。

稀勢の里。

優勝はおめでたいことですが、なんでしょう。

ホントにそれで横綱になっちゃっていいんでしょうか。

批判ではないですよ。

プレッシャーに弱いイメージが強かったから、かなあ。

もうベテランの域ですし、これまでの壁をやぶったと考えれば、これでいいのかもしれない。

でも、どこか不安がつきまとう。

がんばってほしいですけどね。

それにしても彼、人気があるんだなあ。

あとは、白鵬。

衰えを感じたことに、我ながらショックを受けました。



錦織圭くん。

相変わらず、ホントにさー。

つよくて、タフで、しなやかで。

運もあるし、少なくても日本のテニス史においては、空前絶後の才能なのはまちがいない。

でも、それなのに。

なんつうか、あと一歩。

あと一歩の殻が破れない。

世界ランキングのTOP5位あたりを、もう何年もうろうろしてますよね。

それって本当に、本当にものすごーいことなんだよ(笑)。

錦織くんが現れるまでは、こんな目もくらむほどの高みに日本人がいるなんて、妄想すらできなかった。

それもまぐれじゃなくて、ちゃんと実力で。

が、しかし。

しかし、その上がなあ・・・!

ブレイクスルーって、なんだろうね。

今いる場所に、彼が満足しているとは思わない。

上が強いのは本当だけど、それは言い訳にならない。

いつの時代も、どこからともなく現れて、するするっと頂点に駆け上るスターはいるのだから。

ここまでなのか。

さらにもうひとつ、高みにのぼれないものなのか。

ときどきそんな気持ちになります。



そして、フェデラー対ナダル。

テニスファンには感涙ものの、ものすごい対戦であったようです。

わたしはそれをなんというか、非常に・・・なにかなあ。

こわいというか、重たいというか。

どうにも感情的になりすぎる気がして、視聴するのをやめてしまった。

チキンです、はい(汗)。

ドリームマッチにふさわしい内容だったそうなので、ものすごくうれしい。

ホントだよ~。



あとは、大谷翔平くんか。

ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)という春先の国際大会に出るか、出ないかって話。

よくも悪くも、彼は今の日本のプロ野球で最大のスターだ。

人気も実力もある。

それはホントだけど、じゃあ日本一のピッチャーかっていうと、それはまだ早かろう(笑)。

でも、プロの世界はエンタメでもあるからなあ。

世間の注目を集め、スポンサーを集め、客を集めるという意味で、彼はナンバーワン。

他の追随を許さない、圧倒的なスターなのですね。

時の人だから、それはもうしょうがない。

もちろん、だから。

WBCに出場する選手たち(侍ジャパンとか呼ばれてます)のうちでも、中心的な存在だった。

投打での活躍を期待されてた。

二刀流の世界デビュー。

そんなふうに謳われてた。

(WBCの規模とか権威については、いろいろ言いたいこともありますが、おいておきます。)

もっとも、侍ジャパンのメンバーを見るに、

「小粒・・・つうか、地味?」

なのは否定できません。

イチローくんとかまーくんとか、そういう(一般的に知られた)一流スターがいないからね。

特に、メジャーで活躍するピッチャーがひとりもいない投手陣は、ホントに地味。

地味なだけじゃなくて、心もとない。

それだけに、(メジャーでも活躍が期待できる)大谷くん頼みだったわけですが、さて。

ここに来て、負傷で出場を辞退です。

わお。

これで興行的には、WBCはものすごくダメージを受けたでしょう。

スポンサーも、放映権を買ったテレビ局も、「がっかり」では済まないと思います。

超目玉のスターがいなくなっただけに、ずいぶん批判もされてますね。

辞退のタイミングが遅い。

(彼は昨年のうちに代表に選出されてました。というか、大谷くんありきだった。)

年末年始ふつうにトレーニングだの公開してて、いきなり 「昨年からのケガ」 って何?

要は出たくないだけの嘘じゃないの?

(春先のWBCでけがをするとリーグ戦の開幕に影響するため、出たがらない選手は多いのです。)

投手では無理だけど野手としては出たいとか、そんなわがままが通るとでも?

(当初は 「野手としてなら出たい」 って発表されましたから。)

_(_"_;)_

ファンとしては、なかなかつらいですね。

辞退発表のタイミングとか、うまくコーディネートされてなかったこともあって、すっかり悪者です。

かわいそうに。

グダグダしたのは事実だけど、なんだろうなあ。

本人はなんとか出たかったんだろうな、と思うの。

辞退が、本人の希望ではないのは確かだと思う。

だけど最終的には、球団(彼の所属する日本ハムファイターズ)の意向が優先されたのでしょう。

ファイターズのエゴだっていう人もいるだろうけど、でもさ。

彼は主力選手ですからね。

2連覇に向けて、大谷くんの存在は不可欠です。

球団の判断は非情かもしれないけど、あたりまえではないでしょうか。

今のままでもシーズン開幕に間に合わないかもしれないのに、さらにケガが悪化したら困る。

そういう結論が出たんだろうなあ、と思います。

グダグダしたのは、これは想像だけど、大谷くんなりに抵抗したんじゃないかと。

なんとか出場する可能性を残したかったんじゃないかと。

それが結果的に、ギリギリでの二転三転という印象を与えてしまった。

言い訳だの、言い逃れだの。

そう受け止められてしまったのでしょう。

・・・と思うけど。

まあ、えこひいきですけどね(汗)。



まあ、それはさておき。

わたしはWBC、あまり好きではありません(笑)。

世界大会!

侍ジャパン!

っていうけど、オフシーズンの選手への負担ばかりで、それだけの見返りがないようにしか見えない。

サッカーの、ね。

ワールドカップを真似したいのでしょうが、いやいや。

歴史も経緯も、参加国の数も、まるで比較になりません。

国を背負って戦う、栄光とプライドがかかった真剣勝負。

・・・を夢見た企画なのでしょうが、誰も得をしていないような気がしてね。

どうにかならないものかなあ。







●というわけで

またスポーツねたに終始してしまった(汗)。

政治や経済に話題がいかないのは、もちろん、あれです。

アメリカの、ほら。

あの低能差別主義者のことを、まじめに考えたくないからです。

あんなんで本当にいいのか、アメリカ。

自分たちで選んだトップなんだから、責任を持って躾けてほしいわ。

(といったら、「おれは選んでない!」という有権者がいっぱいいるだろうけど。)

・・・ね?

このネタは重たすぎる。

げんなりするし、落ち込むだけでしょう?

なので、今は封印します。

では、またね。。。


【04/02/2017 23:58】 スポーツ | Comments (0)

さむい!

●さすがに

雪こそ降らなかったけど。

いや、寒いです。

東京基準ではかなり冷え込んでいます。

それでも、何事もないこの辺は平和なほう。

ニュースを見るかぎり、全国各地で大変なことになっているようです。



吹雪の中での、京都の女子駅伝にはびっくり。

もともと真冬のイベントだし、寒いこと自体は折り込み済みでしょう。

だけど、あれだけの雪だものなあ。

強行開催みたいな感じ?

コースを除雪する主催者も大変ですが、走るほうも怖かろう。

大きなケガなどはなかったようで、よかったよかった。



わたしは根性なしなので、自宅に引きこもっていました。

単なるものぐさですが、言い訳をすると、ちょっと腰が痛い。

年末のぎっくり腰。

いったん治ったというか、痛みは引いたのよ。

もともとあれって、2週間~3週間で痛みは治まるものみたいだし。

でも違和感がどこかにある。

ふとしたときに、あれ? って。

寒さのせいなのか、姿勢や生活習慣のせいなのか。

思い出したように痛みが戻ってきます。

疼痛、みたいな。

まずいですよね。

いただいたコメントにもありましたが、やはり整形外科に行くべきなんだろうなあ。

なんとかしよう。







●ご存知のとおり

ここ半年ほどのわたしは、野球に「復帰」しています。

大谷翔平くんの目覚ましい活躍に引きずられて、先祖返り?してるみたいな感覚(笑)。

もともと好きだったのが、小学生~大学生くらい。

阪神、西武あたりをメインに応援してました。

(阪神は江川事件以来。西武は黄金期ライオンズですね。基本的にミーハー。)

どうでもいいですが、父が南海ホークスのファン。

祖父はジャイアンツ一辺倒でしたので、我が家はわりとカオスでした(笑)。

いちばんよく通ったのは、横浜スタジアム。

横浜大洋ホエールズの本拠地でした。

清原くんが西武を離れたぐらいから、野球をあまり見なくなった。

Jリーグが面白かったし、そのうちヨーロッパに行ってしまったからねえ。

イギリス移住とともに、フットボール(サッカー)優先になったような気がします。

その状態が長く続きました。



もともと、スポーツ全般が大好き。

観戦オンリーですが、テニスも、ラグビーも、相撲も、フィギュアスケートも、なんでも見てました(笑)。

松岡修造はウィンブルドンで生で応援したし!(笑)

(そのときの目当てはレンドルとか、ベッカーだったんだけど。)

アーセナルにいた稲本くんも、スタジアムでライブで見ました。

(いつの話や!)

るいはみ(F1レーサーのルイス・ハミルトン)観たさに、そういえば鈴鹿まで行きましたね。

はまるとかなりディープに調べ倒すので、おたくっぽいとか。

男性脳っぽいとか、言われたこともあります。

そうかなあ。

男性がテレビでスポーツ観戦に夢中。

女性は概してそれをつまらなく感じる・・・ってのは、ステレオタイプでは?

そういう人もいるけど、そうじゃない人もいくらでもいるよね?

「女性はスポーツに興味がないもの」

とか言われると、いつももやっとします(笑)。



野球は、うむむ。

日本に戻ってきて、なんとなく徐々に、ゆるーく興味が復活した感じかなあ。

これといったきっかけは思い出せない。

(ゴルフの某りょーくんとか、某ハンカチ王子ブームは、めちゃくちゃ馬鹿にしてました。すまん。)

野球はもういいや、という気持ちではいたけど。

メジャーに行った野茂くんや、イチローくんはずっと好きだったから、完全に冷めてたわけじゃない。

たぶん、あれだね。

2013年のまーくん

いうまでもなく、新設&弱小の楽天イーグルスのエースだった田中将大が、

「24勝0敗1セーブ」

という前代未聞の、というか空前絶後の大記録を打ち立てたとき。

もっと正確にいうと、彼が連勝を重ねて、その記録を打ち立てつつあったシーズン終盤あたり。

そのあたりから、気になって気になってしょうがなかった(笑)。



今でも思うけど、というか今だから思うけど。

王さんのホームラン記録がどんだけすさまじくても、ね?

イチローくんの安打記録がどれだけ輝かしくても、ね?

大谷くんの球速が時速165キロだろうと、そのうち170キロを出そうと、ね?

彼が二刀流でどんだけ新記録を打ち立てようと、ね?

いつか、いつか、そのうち。

その偉大な記録を破る選手が出てくるんじゃないか、と思うのよ。

ものすごい記録だけど、いつか、どこかで、もっとすごい人が現れる。

その可能性はあると思う。

でも、まーくんの記録だけは、誰にも(本人にも)再現できないし、超えることもできない気がする。

変な話、まーくんを超えるピッチャーはいると思います(笑)。

だけど、「24勝0敗1セーブ」は無理。

本当に無理だと思う。

「24勝」だけなら、相当むずかしいけど、絶対に超えられないわけじゃない。

「1セーブ」は、監督がそういうシチュエーションに登板させればいいだけのこと。

でも、「ひとつも負けない」が無理だ(笑)。

不可能。

いうまでもないけど、先発投手って、自分だけの力では勝てません。

自分が絶好調で、仮に相手チームをゼロ点に抑えても、

①味方チームがまったく点を取ってくれなければ、完投しても引き分けで終わる。

②自分が降板した後で、中継ぎや抑えの投手が打たれれば、勝ちも負けもつかない。

③自分が降板した時点でランナーを残していたら、後続の投手が打たれた場合、自分が負け投手になることもある。

逆も真なり、です。

自分が乱調で5点、6点と失点しても、味方打線が爆発して7点とか取ってくれれば、勝ち投手になる。

つまり、なんていうの?

「24勝0敗1セーブ」達成には、実力は当然ですが、それだけじゃダメ。

それ以外に、神がかり的な、尋常ではない強運が必要なのです(笑)。

野村監督でしたっけ?

まーくん、神の子、不思議な子」

って言ったの。

これ、ほめ言葉じゃないのね(笑)。

まーくんが調子が悪くてノックアウトを食らって、つまり負け投手になるはずだったのに、

「どういうわけか打線が発奮して点差をひっくり返し、まーくんの負けを消してしまう」

現象が続いたために、つぶやいた言葉だったらしい。

ほとんど超常現象レベルの援護運。

それなくしては、「24勝0敗1セーブ」はあり得ません。

※念のためにいうけど、彼は実際とても優秀なピッチャーです。



ちなみに>>

圧巻の2013年ほどじゃないけど、まーくんは今でもスゴイ。

昨シーズンは14勝4敗。

メジャー3年間の通算成績は、39勝16敗。

不振ヤンキーズのエースとして、不思議と負けない「援護運」は健在です。

16敗もしてる?

いや、これ、少ないほうじゃないかなあ。

たとえばダルビッシュ有選手は、メジャー4年間で46勝30敗。

昨年ドジャーズに移籍して頑張った前田健太投手は、16勝11敗です。

この二人の勝率が、だいたい6割前後。

まーくんは7割を超えています。

先発ピッチャーの能力を示す指標には、防御率とか、投球回数とか。

いろいろあるけど、

「この人が投げる試合は勝てる(負けない)!」

とチームメイトやファンが思えるって、まさにエースの証拠だと思います。

すげえや。

彼に関しては、その言葉しか思いつかない。



んまあ、それでも。

ひじの故障や手術で離脱とか、ありましたからね。

まーくんのポテンシャルから見れば、成績はイマイチなのでしょう。

それもあって、超大型契約をもらってるほどには活躍してない、というイメージがついちゃってる。

過小評価されてる、といわれるゆえんです。

今年はメジャー4年目。

本来の能力を発揮して、どんどん活躍してほしいものです。



って、あれ?

なんか変な方向に話が発展してしまった(汗)。

なぜわたしが野球に復帰したのか、って話を書いているつもりだったのに。

結局、まー好きなのね(汗)。

すみません。







●そういえば

去年の今ごろは、ラグビーでした(笑)。

日本が南アを破った例のワールドカップの試合を、しつこいぐらいに見ていました。

あとは、陰陽師か(笑)。

史上最高得点をたたき出した、どっかの絶対王者。

うっとり。

※今でも、どちらもときどき見ます。えへ。

では、またね。。。


【15/01/2017 22:35】 スポーツ | Comments (0)

まさかの

●まだ

一歩も外に出ていません(汗)。

家の掃除も片づけも棚上げのまま。

やばい、きたない。

「汚部屋(おへや、おべや?)だよね・・・」

と思いつつ、動けない。

地味に痛い。

まずいですね。

(((((((;´д`)))))))

うぐぐ。







●ほんとなら

ツイッターあたりが適しているんだろうけど。

今はアカウントがないので、ここでつぶやいてみる。

横浜マリノス。

チーム経営が苦しくて、選手もファンも大きな不満を抱えているとか。

(資金ぐりが大変なのは、ここだけじゃないだろうけど。)

いろいろと不穏なニュースは流れていますが、今朝のはおどろいた。

中村俊輔が、ジュビロ磐田に移籍。

「うっそ!?」

ミスターマリノスではありませんか。

マリノスのレジェンド。

Jリーグにはさほど詳しくないわたしでも、そのぐらいは知ってます。

というかマリノスは、昔からちょっと思い入れがあるので。

そして中村俊輔って、スコットランドでいまだに語られる名前なので。

移籍かあ。

どれだけのことがあったのか。

捨てたのか、捨てられたのか。

ここに至るまでの経緯を想像すると、寒々としたものがあります。

サポーターも辛かろう。

なんで、こうなってしまうのか。

悲しいですね。







●では、

またね。。。

【30/12/2016 14:27】 スポーツ | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

02月 | 2017年03月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム