そうじゃない、そこじゃない

●これは

ちょっと面白いなって思いました。

婦人服とポケット問題。

「なぜ女性服にはポケットがないのか」 海外のムーブメントを追う

昔から、思ってたのよねポケット。

どうして女性の服にはポケットがないのか。

あっても、小さくてほとんど飾りだったり。

(ハンカチも入らない!的な。)

あるいは同等の紳士服と比べると、ポケットの数が少なかったりね。

「そういうもんだ」 とは思ってた。

思ってけど、それでもなお、ポケットほしかったなあ。

通常よくいわれるのはやっぱり、

「女性はハンドバッグを持ち歩くから(ポケットは不要)」

「女性服の生地はうすくて華奢で、ポケットがあると重たい(型崩れする)から」

なんですけど、でも。

型崩れとはたぶん無縁のジャケットやコート、デニムなんかでも

「なにこの使えないポケット・・・」

問題は、わりと起きますよね。

(^~^;)

個人的には、とくに夏が問題です。

冬はいろいろ着込むから、どっかにポケットがあるからいい。

夏はね、そうはいかない。

ぴらっと一枚しか着なかったりするじゃない?

バッグやリュックを持ってない、オフィスでちょっとコンビニまでとか。

そういうときに困るのは、あるあるじゃないかなあ。

スマホ、セキュリティパス、小銭入れ、場合によってはSuica。

それに予備のマスクと、携帯用ウェットティッシュ。

あら。

思ったよりも多いかも?

ポケットがいくつあっても足りないか、これじゃ(笑)。

ヾ(´▽`;)ゝ






●大谷くん

いうまでもなく、話題になったアレ。

ベーブ・ルース以来の二桁勝利、二桁ホームラン。

100年以上も前の記録と比べる意義について、いろいろ意見はあるでしょう。

その記録に並ぶって、いったいすごいのかすごくないのか。

(アメリカ的には相手は神様ですので、まあ、神話に挑戦みたいな?)

これまで大勢の選手が挑んでも達成できなかった記録・・・では、ないしなあ。

微妙って思うひともいるかもね。



が、ポイントはそこじゃない。

そこじゃないのです。

すぱーすたー大谷翔平スゴイ病、という変な病にかかってる(日本の)記者が多すぎない?

いや、ちょっとちがうな。

大谷翔平がスゴイと、おっさんたちがとにかく狂喜乱舞する病?

アメリカのレジェンドに並ぶ記録を、日本人が、現代の野球でなし遂げること。

(ひょっとして、アメリカ人の鼻を明かすこと?)

そういうとこに、固執しすぎてない?

あう。

―――このザラつく違和感、どういえばいいの?



偉業、偉業って、いったいなんだよ。

たしかに大谷くんはスゴイ選手だし、記録自体は偉業と称えていい。

そこに異存はない。

(もしかすると珍記録寄りかもしれないけど。)

でも、おかしかったよねマスコミ。

投手として 「あと1勝」 に迫ってから、彼は何度も勝ちを逃した。

味方の援護に恵まれなかったときもあれば、自滅したときもあった。

(彼の場合は自分自身が強打者だから、援護がないって言いづらいけど。)

スポーツメディアは毎回、彼が登板するたびに、

「ついに偉業なるか!? 大谷が今日登板」

―――って大騒ぎ。

「ついに偉業達成へ!」 「出るか第〇号ホームラン!?」

ってさ、何回おなじヘッドラインで煽った???

もうね、本当にひどかった。

ただのCMだとしても、見るのも嫌だった。

安易で、あさましい。

記録を持ち上げすぎだし、期待しすぎじゃなかったでしょうか。

ねえ。



しつこいですが、大谷翔平くんはすごい。

大ファンだし、わたしが人生で見たもっともすぐれた野球選手じゃないかと思う。

それはいうまでもない。

日本ハムでがんばってた20歳のころから、応援してましたからねえ。

単にかわいい、というのもある(笑)。

だが、しかし。

彼のいいところは、従来の物差しで測れないところです。

規格外。

これまでの野球の常識が通用しない。

存在しているだけである意味 奇跡 であり、まばゆい 未来 でもある。

羽生善治が攻め寄せる将棋星人と戦う地球代表なら、野球星人と戦う地球代表は大谷くんじゃ?

・・・うは。

※古い2ちゃんねるネタです。



それなのにマスコミは、既存の「スゴイ」の枠に無理やり当てはめようとする。

野球の神様ベーブ・ルースに並んだから、スゴイんじゃない。

アメリカ人が度肝を抜くからスゴイんじゃない。

そもそも100年前のおっさんの記録に、どんだけ意味があるんだよ。

※ベーブをバカにしてるわけじゃないです。

過去の誰に並んだとか、誰を超えたとか。

何勝したとか、何本打ったとか。

彼はそういうのを目指していない。

ちゃんと世界で評価されながらも、誰もが想像もつかないことをやってる。

おそろしく自由で、破格だ。

そういう物差しで測れないところに、彼の魅力があるの。

なんでわからないんだよー。

「ベーブの記録に並んだ! すごい! 偉業! 偉業!!」

騒ぐマスコミに、彼が冷ややかだったのは当然です。

誰かの記録を抜きたくて野球をやってるんじゃないよ、あのひと。

昔の誰かという既存の物差しに、さして興味があるとは思えません。

自分の限界を見たいんだと思うの。

今、ここで、誰よりもうまい選手になりたいんだと思う。

(^~^;)

評価は未来の人間がする。

わからないなら、黙ってみてろ。

刮目せよ、それだけ。



はい、またしても暴走しました(汗)。

あは。

では、またね。。。


【14/08/2022 23:39】 スポーツ | CM (-)

Picked off!

●朝たまたま

録画予約しようと、テレビをつけたそのタイミングで。

「お!」

大谷翔平くんが、オールスターでヒットを打った。

すっごい偶然だ(笑)。

うひ。

(´艸`*)

今年のユニフォームは、去年よりずっといいな。

「で、次はジャッジか・・・」

※めちゃくちゃホームランを打ってるヤンキーズのスター。

いきなり得点シーンを見られるかも?

ちょっとわくわくした、その瞬間!

「・・・え?」

大谷くんが塁上で、まさかの牽制アウト。

マジか。

ヾ(´▽`;)ゝ

あらら・・・(汗)。

先発のカーショウ、よく見てたなあ。

うぐ。

意外すぎるけど、でもなんか、大谷くんらしいともいえる。

しょーがないなー。

お祭りですからね、まあ、それもご愛敬さ。

ドンマイ。

さて、偶然いいものを見られたと喜ぶべきか。

それとも、唐突にやなものを見たとがっかりするべきか。

_(_"_;)_。。。

ちょっと複雑な朝でした。



動画はこちら。

最初の1分で残念なすべてが見られます(笑)。










●うちのオフィスでも

また出たようです、ころな。

やだやだ。

本当に感染力は高いんですね。

(((((((;´д`)))))))



crn20july2022a.jpg

crn20july2022b.jpg

crn20july2022c.jpg



重症者は少ないとはいえ、これだけ増えると病院は大変でしょう。

マスクがつらい夏だし、学校は夏休みに入ります。

この調子で急増したら、そのうち医療はまたきびしくなるかも。

交通事故や熱中症の患者さんが、救急対応してもらえなかったり・・・?

そういうことが起きないよう祈るばかりです。



では、またね。。。



【20/07/2022 23:28】 スポーツ | CM (-)

ヽ(*´∀`*)ノ sugoi (´艸`*)

●大谷くん

打った瞬間。

ええ、圧巻でした。

生涯はじめての満塁ホームラン、では・・・?

(*´∀`*)







その前の打席もすごかったので、あれですね。

これで復調かなー。

(//∇//)



で、こっちはまーくんね。

好調なようで、なんかすごくうれしいよ。

(*´∀`*)










●これは

そりゃ、そうだよなあ。

4630万円返還求め山口県阿武町が提訴へ

正直、あまりにバカバカしい事故だと思います。

こんな誤送金、するほうもするほうだ。

実行した金融機関(のシステム)だって、普通なら、

「ん? これおかしくね? ホントにこれでいいの?」

まずは確認を要求するもんだと思う。

いろいろと複合的にはずかしい。

ミスに気づいた時点で、ただちに保全処分の手続きをしなかった町もおかしい。

(ちゃんと、すぐに弁護士に相談したんだろうか。)

対応が遅すぎ、ぬるすぎに感じました。

とはいえ、もちろん。

自分が受け取る権利のないことを知ってるお金を、隠匿するのはアウト。

大金って、ひとを狂わせます。

あさましいし、なんというか、

「小さなコミュニティでそんなことして、暮らしていけなくなる」

・・・とは、考えないもんかね?

(引越して都会に住めばいいとか、そういう思考かな。)

少なくとも、不当利得返還請求はできると思います。

バックレられるわけがない。

まあ、海外の隠し口座とかにお金を移してたら知らないけど。

(^~^;)



では、またね。。。


【10/05/2022 23:36】 スポーツ | CM (-)

やっと (//∇//)

●わお

ナニコレ。

おかしなものを見てしまった・・・(汗)。









●お待ちかね

豪快なホームラン×2 でした。

いよ、まってました!

(*´∀`*)







別になーんにも心配してなかった(笑)。

そう、大谷翔平くん。

負け投手になったり、ホームランが何試合か出なかったり。

だからなんだよ?(笑)

そうこともあるさ。

いつもいつもファンのわくわくドキドキに応えられるわけないじゃんか。

でも、ノープロブレム。

ケガや病気でない限り、なんの心配もいらない。

そういうひとだ。

(´∀`σ)σ






●これは

今の感覚じゃ当然だよなあ。

「痛み伴う笑い」に警鐘 BPO、罰ゲーム企画など

お笑いにはまったくもって興味がないけど、それは大人になってからの話。

子どものころはフツーでした。

ごく普通に、ドリフとか面白がってた。

バチーン!と誰かをたたくギャグとか、そういうの。

もっというと、身体的特徴をあげつらう笑いも、普通に楽しんでいた。

誰かをバカにする、けなすことで成立する笑い。

子どものころは、ゲラゲラ笑ってたと思います。

でもいつからか、そういうのが耐えられなくなった。

単純に意地が悪いし(ネタだとわかっていても)、見たくない。

たのしくないから。

でもそれをいうと、逆にいじられたりするのよね。

今でいう 「意識高い系乙」 みたいな。

(わたしの若いころにこの言葉はなかったけど。)

でも近年、いろいろ変わりましたね。

そういうのは心地よくない、といってもいい雰囲気になってきた。

ちょっとほっとします。



では、またね。。。



【16/04/2022 23:33】 スポーツ | CM (-)

寝る。

●完全試合が

どんだけ激レアでスゴイことか、って。

ド素人さんに、どう説明すれば?

佐々木朗希 完全試合から一夜明け「大変なことをしたと実感」

掛け値なしの偉業だし、相手はあのオリックスです。

強力打線のイメージが強い。

だが、しかし。

そういうこと、つまり野球をまるで知らない人に理解してもらうのは、なかなか大変です。

(知らないのはルールのみならず、プロ野球のリーグとか球団名とかも。)

大変つうか、無理げー。

(^~^;)

「大谷くんよりもすごいの?」

いや、その。

そういう質問にどう答えればいいのか(笑)。

ヾ(´▽`;)ゝ

佐々木くんは佐々木くんです。

誰かと比較しなくても純粋に、十分にすごい。

一方の大谷翔平くんは別格、破格です。

ですけど、たぶん一生、完全試合はしなさそう。

だからって劣ってるわけじゃないけどね。



ちなみに>>

実は本当にすごいのは、監督の度胸かもしれない。

捕手をつとめたのが18歳のルーキーときいて、のけぞりました。

期待の若手が投げるとき、たいていはベテランのキャッチャーを起用します。

実戦経験の豊富な女房役が、若い投手をリードする。

・・・もんだと思ってたけど、まさかの高卒一年目。

すごい(若い)完全試合バッテリーがあったもんだ。

たまげました。






●なんだか

また気温が下がるようですね。

きのう今日とあっついから、それもいいかも。

(^~^;)



www12ap2022a.jpg



では、またね。。。


【12/04/2022 23:15】 スポーツ | CM (-)

燦然と輝く

●月食は

ちゃんと見えました。

*:.。☆..。.(´∀`人)

けっこう欠けてた。

なんかちょっとうれしい。







●驚かない

けど、ぜんぜん驚かないけど。

当然だとしか、思えないけど。

ウッホ━━━━ヽ(*'∀`*)ノ━━━━イ!





大谷翔平くん。

本当にすごい。

単にMVPだけじゃないんだもん。

満票ってのは、成績だけでは取れない。

成績を超えた何かがあるって、そういうことじゃないかなあ。

しゅごい。

めちゃくちゃすごい。

それは事実だもんね。

ヽ(*´∀`*)ノ

おめでとうございます!

これは、ほんの手始め。

こっからが本番。

今後きっと彼はずっとずっとすごくなる。

そう信じています。

(//∇//)







●そして

藤井竜王は、今日も勝った。

藤井聡太竜王、最年少五冠への挑戦権獲得

王将の挑戦権を得て、今度は渡辺名人と激突する。

・・・渡辺さん、番勝負で藤井くんに勝ってないような・・・?(汗)

がんばれ魔太郎。

(^~^;)

それにしても、19歳の若さとはいえ凄すぎない?

将棋という体力と思考力の限界に挑むようなきびしい世界で、ここ10局で10連勝。

この一週間だけでも、もう3勝目だ。

それもすべて相手はトップ棋士で、タイトル戦かそれに近い重要な対戦ばっかり。

心身ともにへとへとだろうに。

でも、これだけ乗りに乗ってると、いけちゃうのかな。

すげえな。



なんて、若き天才に驚嘆するばかり。

ォ━━(#゚Д゚#)━━!!

では、またね。。。


【19/11/2021 23:44】 スポーツ | CM (-)

聖人か・・・

●正直に

いうと、知らなかったよ・・・(汗)。

(^~^;)

大谷翔平くんがオフに日本に帰っていたこと。

話題になった・・・?

気づかなかっただけなんでしょうか。

うる。

コロナで去年は帰れなかったから、よかったよかった。

久しぶりに家族や友人に会えたりしてることを、勝手ながら祈ります。







聖人か、と思いました。

グダグダな記者さんたちの質問にも、ていねいに答える。

忍耐と笑顔。

ほんと、おとなだよね。

(もともと日本のマスコミの質がどんなもんか、彼は知ってるけど。)

(((((((;´д`)))))))

なんだかなあ。



おかげで、なんかアレです。

ちょっと恥ずかしい。

この記者会見、アメリカでもそれなりに視聴されてるだろうに。

彼が日本でおだやかに、パパラッチされずにすごせるのか。

よけいな心配をせずに、練習に集中できるのか。

プライバシーを尊重してもらえるのか。

そうであることを心から祈ります。

じゃないと、そのうちホントに帰ってきてくれなくなっちゃう。

そういうのはイヤです。

(--;)







●コロナ禍で

とても打撃を受けた業界。

その中でも特に、深刻な影響があった業界。

もしかすると二度とコロナ前に戻らないんじゃないか?

・・・そう思える業界のひとつが、これですよね。

新婚夫婦の6割が式挙げず コロナ影響、明治安田生命調査

だろうなあ。

もともと、残念ながら縮小していく業界だとは思う。

少子高齢化+所得停滞って、そういうことですよね。

そもそも結婚する人の数が、徐々に減っていく。

そして今の人は堅実で合理的だ。

限られた予算でやりくりするし、将来のための貯蓄を優先する。

身の丈重視というか、極端な見栄ははらない。

昭和のころみたいな親戚や友人を大勢呼ぶような式は、めっきり減っている。

友人のド派手な挙式、なつかしい。

帝国ホテルで300人招待とか、マジであったもん。

引出物が銀座和光の食器とか、そういうやつ。

※庶民です。

参加するほうとしては、楽しかったけどね。。。

*:.。☆..。.(´∀`人)

はい、バブル世代です(汗)。

今ではもうないんだろうな、とこっそり思う。

(イマドキ某プリンセスですら、入籍のみだもんなあ。)



地味でもいい、家族だけでもいい。

いや、いっそ超絶豪華な式でもいいのさ。

でも、ひとつだけ思う。

結婚式を挙げたいひとが、あげられる環境であってほしい。

あげたくないなら、やらなければいい。

意志に反してやらなくちゃいけないというのは、しんどいから。

でも、式をしたいひとができないのはかなしいよね。

予算の範囲内でできるような、感染症の心配とかしなくていいような。

そういう環境があってほしいと願います。



では、またね。。。


【15/11/2021 23:14】 スポーツ | CM (-)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

07月 | 2022年08月 | 09月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。