うだ・・・

●がんばれ、

わたし。

(*´∀`*)

がんばれ、おばちゃん!

ババアの星!

ォ━━(#゚Д゚#)━━!!

あはは。



へろへろですけど、仕事いっぱいあるしなー。

異常にあるしなー。

どんどん来るよなー。

ぐえ。

がんばるぜ。



後輩というか部下というか、そういう新人さんたちも増えている。

新人さんは、もっともっと要る。

手が足りない。

ホント足りない。

教えるのはしんどいし、時間も手間もかかる。

熱心にそれをしたって、定着してくれるかどうかはわからん。

でも、やらなくちゃね。

やらなくちゃ、何も変わらない。



緊張ガッチガチの中途採用さんも、大変だよね。

覚えること多くって。

ある程度できることを前提にされるって、プレッシャーだろうと思う。

(^~^;)

でも、じつはわたしたちも、彼らに試されているんだと思うんだ。

彼らの扱いがクソだったり、さ?

いや、イジメとかじゃなくて。

それは論外。

そうじゃなくて、ちゃんと目をみて指導できるか。

このひとと働くのは面白そうだ、と思ってもらえるか。

試練ですよね。

むずかしい。



余裕がないほど忙しいけど、余裕がないと教えられない。

余裕のあるふり?

うは。

してるかもね。

新人さんにちゃんと構ってやらなかったら、こっちが見切られます(笑)。

テキトーでは見抜かれる。

有能な人ほど、居ついてくれないよね。

うぐ。

愚痴でした、すまん。







●新人といえば

プロ野球ですよ。

って、なんの関連性が(笑)。

(//∇//)

今年のプロ野球、たのしみな人たち。

新旧いますけど、唐突に挙げてみる。



☆彡

イチオシは、ソフトバンクの高橋礼くん。

投手、下手投げ。

背の高い(188cm)イケメン・・・寄り?

好みじゃないけど。

速球がもてはやされるこの業界で、いまどき、若いアンダースローは珍しい。

本当に珍しい。

絶滅危惧種とかいわれるサブマリン。

でも、わりと球が速いんだよなー。

今のところ成績もいい。

今後が本当に、ほんとうに楽しみ。



☆彡

オリックスの投手、榊原くん。

いかにもヤンチャ系だ。

勢いがある。

昔でいうと星野仙一さんみたいな(たとえが古いな!)、気迫で投げるタイプ?

このあいだプロ初勝利をあげました。

がんばれ。



☆彡

日本ハムのワンボーロン。

うひ?

漢字で書くと、王柏融選手。

台湾球界の大スターで、鳴り物入りで日本へ。

これが、いい。

とってもいい・・・気がする。

強打者なのか、巧打者なのか、よくわからないけど。

苦戦する日本ハムの救世主になってください。

お願いします。



☆彡

西武ライオンズの源田くん。

すでにスターなので、今さら応援するまでもないかな。

ついこないだ新人王になったと思ってたけど、もはや主軸だ。

つか新人でちゃんと打てて、遊撃手ってすごすぎない?

ヒラメのような無垢な愛らしさがあって(笑)、人気もあるよ。

ツイッターの 「#源田たまらん」 もおもしろい。

ついつい応援したくなるね。



☆彡

他のチームは、パッと思いつかないのでパス。

すまんね。

セ・リーグはよくわからないけど、広島の停滞ぶりは気になる。

丸くんが抜けて攻撃力が下がったのはわかるけど、問題はそれだけじゃないような。

守備のまずさが深刻すぎてシャレになりません。

投手陣の足を引っ張ってますよね。

どうしたんだろう。



ヤクルトが好調。

謎の強さで、他を圧倒してる気がする。

しゅごい。



最後に。

わたしがへたっているときは、こういうので元気を絞り出します。

※阪神ファン以外はクリックしないほうがいいかも。

https://youtu.be/1CEQKUqy42k

https://youtu.be/pK2glLeEjGg

たとえば、夜おそく残業してるとき。

「・・・ばーす かっとばーせ ばーす ここーで いっぱーつほーむらん・・・」

ひそかに小声で歌っている・・・かもしれない。

うは。

ヾ(´▽`;)ゝ



☆彡

おまけ!

エンジェルズの大谷くん。

そろそろ、もう少しで復帰の予定です。

ひじの手術をしたから、ピッチャーとしてはまだリハビリ中。

でも、打者としては出られる見込み。

彼の輝かしい笑顔が見られる、それだけで幸せだなあ。

ちなみに、エンジェルズ。

天才打者トラウトを除くと、ボロボロです。

全然打てない。

ひどいよ。。。

大谷くんの打線復帰を、チームは喉から手が出るほど必要としてる。

待ち望んでる。

だから、ね。

大谷くんの復帰は (ライバルチーム以外には) 朗報です。

誰にとっても。







●では、

またね。。。

【19/04/2019 22:59】 スポーツ | Comments (0)

翔さん、ありがとう♪ ヾ(*´∀`*)ノ

●さて、

日本でも、いよいよプロ野球の開幕です。

新しいシーズンがはじまる。

なんだかんだ、ウキウキしてしまう(笑)。



そもそもは、大谷くんがきっかけでファンになった日本ハム

彼はいないが、それでもやっぱり気になる。

好きな選手がたくさんいるしね(笑)。

延長戦での、中田翔の満塁ホームラン。

ヾ(〃^∇^)ノ

開幕試合で、逆転サヨナラ勝ち。

4番の中田くんが打って。

なんと、まあ。

前の打者がふたり連続で、敬遠されてね。

(敬遠というのは、打者に故意に四球を与えることです。勝負回避。)

「おまえと勝負だ!」 (=おまえのほうが打ち取りやすいんだもん!)

ってやられて、翔さん燃えました。

怒りました、というべきか。

そりゃね。

バカにされるにも、ほどがある。

マンガみたい。

これ以上のドラマティックな展開はあるまい。

今年最初の試合でこんなに盛り上がって、あとが心配になるぐらい。

(//∇//)



ああ。

そういえば、3年前にもあったよなあ。

広島との日本シリーズ。

3番を打つ大谷くんが敬遠されて、4番の中田くんと勝負。

―――されて、そりゃ怒り心頭だった。

それが、反撃のタイムリーヒットを生んだ。

なつかしい。







中田翔というのは、なんだろうね。

絵に描いたようなDQN、だと思われてる人じゃないかな。

大阪桐蔭出身のホームランバッター。

ご本人の出身地は広島。

派手好きで、オラオラ系キャラ。

日本代表にも何度も選ばれた、まあ、野球界のスターのひとり。

・・・ではあるけど、なんでしょう。

そのスターの中では、伸び悩んでいるというか。

期待されたほどの華々しい成績は残せていない。

微妙なポジションにいる。

日本ハムでは、もちろんリーダーだけどね。



でもねー。

どういうわけか、わたしはすごく好きなのだ(笑)。

ヤンキー系のキャラは、ちょっとつくられたものじゃないかと思う。

意地っ張りだけど、本当はやさしい。

照れ屋で、口下手。

本当は家族だいすき。

悪い意味でかつての清原くんとたまに比較されるけど、それはまちがいだと思うんだ。

翔さんはちがう。

兄貴タイプだけど、徒党を組んでいい気になるわけじゃない。

もっとずっと平和的な人。

と思ってますので、あはは。

今日の満塁ホームランは嬉しかった。

翔さんが活躍してくれないと、日本ハムの勝利はない。

今年は期待してるよ。

☆⌒└( ̄・  ̄*)♪



おっと。

中島卓也くんが、2塁打を2本?

びっくり。

もっとびっくりしたのは、斎藤佑樹(ハンカチ王子)のぷち復活。

開幕一軍にいるだけで、驚きだけど。

そのうえ中継ぎ登板を無難に抑えたとか、超びっくり。

オープン戦から、調子がよかったよなあ。

まさかまさか、30歳にして復活・・・?

今年も、日本ハムはおもしろい。







●翔さんとは

まったく、正反対。

見るからに、そして本当によくできた人格者。

穏やかで人望も厚いのが、広島の大瀬良投手。

いいピッチャーなんだよねえ。

広島のエース。

・・・に、気づいたらなってました。


※以下、巨人ファンはスルー推奨。


広島の開幕戦。

セ・リーグの覇者ですから、当然、地元のマツダスタジアムで迎えました。

相手は、原監督が返り咲いた巨人。

スタメンにはもちろん、広島からFA移籍した丸くん。

開幕投手は大瀬良くんと、菅野くん(巨人)。

なんだろう。

舞台も、役者もそろったって感じよね。

菅野は好きではないが、今たぶん日本一のピッチャーだ。

大瀬良くんも負けてないけど、菅野くんは実績がすごいからね。



んで、結果?

5-0 で広島が勝利。

大瀬良くんが目覚ましい出来栄えだった、そうです。

わたしはハイライトを見ただけですけど。

去年までチームメイトだった丸くん相手に、4奪三振。

巨人の若き4番打者も、3三振だった。

しゅごい。

すさまじい気迫を感じました。

本当にすげえや。

エースってさ。

絶対に負けてはいけない、勝たなくてはいけないときに勝てる投手だと思うの。

大瀬良くんは、それに応えた。

今年も、広島は盤石なんだろうか。







巨人は・・・ねえ。

あかんかったね。

アンチには美味しくてしょうがない結果だけど、でもなー。

本当に原監督でいいのか、というのがひとつ。

中継ぎ投手がやばくないか、というのがひとつ。

あと、菅野くんが気の毒。

味方がもうちょっと援護してくれたらね。



まあ。

開幕投手って、どこのチームもエースを出すから。

ぶつかり合って、なかなか勝てない投手もいる。

しょうがないときもあるでしょう。

ソフトバンクの千賀くんも、そういえば勝ちを消されたらしい。

本人が好投しても、中継ぎ投手が打たれちゃね。

残念。

そういうときもある・・・かな???

ヾ(´▽`;)ゝ



まだ1試合目です。

シーズンはこれから。







●おお

そういえば、まーくんも勝ったね。

ヤンキーズの開幕投手。

初めてじゃないけど、なぜかいつも開幕は負けるからな・・・(汗)。

おそろしくて結果を見れなかったけど、勝ったらしい。

めでたい。

ヽ(´▽`*)人(*´▽`)人(´▽`*)人(*´▽`)ノ



もうひとつ。

何日も前のニュースですが、あれだよ。

エンジェルズの至宝マイク・トラウトが、大型契約をしたって。

簡単にいうと、生涯エンジェルズ。

これは嬉しい。

大谷くんとのTroutani打線を、むこう4~5年は少なくとも見られる。

そう思うとたのしみ。







●では、

週末は寒くなりそうです。

みなさま、お大事に。

は咲きかけて、ある程度は咲いてるけど、立ち往生。

またね。。。


【30/03/2019 09:56】 スポーツ | Comments (0)

Curtain calls for Ichiro 2

●金曜日は

寝ぼけてた。

遅刻した。

目が真っ赤に腫れていた、らしいよ(笑)。

オフィスで同僚に、

「なに、どうしたの、花粉症?」

同情された。

うんにゃ、ちがいます。

イチローくんのせい。

(ρ_;)。。。
























世界でいちばん、ヒットを打つのがうまい選手。

安打製造機。

キャリアで4367本。

その彼が、今年の春キャンプからこっち、ほとんどヒットが打てなかった。

最後の日本での試合でも、打てなかった。

そうか。

そうか。

打てないのか。

あのイチローくんが、打てないのかあ。

。。。

(ρ_;)。。。

。。。

それじゃ、しょうがない。

しょうがないね。

引退かあ。

そうかあ。

さびしいけど、その日が来たんだ。

そういうことなんだ。

終わりが来た。

それを受け入れないといけない。

やだけど。



偉大な、本当に偉大なスポーツ選手が引退する。

それを泣きながら見届ける。

千代の富士以来のことです。

あのときも泣いた。

悲しいわけじゃない。

ただ、時代の終わりがひしひしと感じられて。



やめてさびしかった人はいる。

でも、こんなにエモーショナルにはならなかった。

んね。

それだけ、特別なのです。



無事之名馬。

といったら、イチローくんのような天才には失礼かもしれない。

でも、無事で28年間プレイしたこと。

し続けたこと。

最大の勲章だと思うの。

偉大な野球選手は、ほかいもいる。

イチローくんの数々の記録も、いつか、超える選手が現れるでしょう。

イチローくんが一流だった、その理由のひとつ。

怪我をしなかったこと。

調子が悪いときはあっても、ケガによる長期離脱はなかった。

それはもうね、神様の領域。

どれだけトレーニングをしても、どれだけ慎重にプレイしても。

ケガだけは、避けようがない。

自分がまったく悪くなくても、不運なケガに泣く選手はいる。

いっぱい、いる。

45歳のプロ野球選手というと、あれだよ。

現役であるだけで奇跡。

満身創痍で、ケガだらけで。

膝が痛い、腰が痛いっていう選手がほとんどだ。

どれだけ節制して、どれだけ訓練を積んでいても。

イチローくんは、でも元気だ。

健康でいること。

それがすごい。

神様にも愛されていたんだね。







●では、

またね。。。


【23/03/2019 02:23】 スポーツ | Comments (0)

Curtain calls for Ichiro

●本当の

本当に・・・?

本当なんだろうか。

夢じゃないのか。

。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。

わかってはいる。

わかってるけど、信じたくない。

イチローくん。

ブルーウェーブにいたころから、ずっと、ずっと応援してました。



これがラストなんだと、知ってた。

じつは去年から、わかってた。

驚きはない。

納得もしてる。

それなのに、なんだか涙が止まらない。

。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。








悲劇じゃないのよ。

まったくもって。

華々しいキャリア。

長いこと素晴らしいキャリアを築き、世界の野球ファンに愛され、崇敬された。

持てる才能をいかんなく発揮し、最後まで一流でありつづけた。

悲劇的要素はない。

まったくない。

マリナーズは本当に、すばらしい舞台を用意してくれた。

ホントだよ。



MLB com ichiro retires 21032019-v1



MLBの公式ページは、こんな感じ。

イチローくん一色だ。

当然だ。



イチローが会見「今日のゲームを最後に現役生活に終止符を打ち引退する」

ダメだったなあ。

ばか。

泣くことないのに。

エイミーさんが、東京ドームにいた。

あのイチメーターを見たら、なんか涙腺が崩壊しました。

(ρ_;)。。。



記者会見、ほぼぜんぶ見てしまった。

イチロー節、全開。

引退という言葉は、聞きたくなかった。

でも、聞く必要はあったよなあ。

ご本人は淡々としてました。

晴れやかだったかも。



後輩たちへのことば。

菊池雄星くんへの言葉は、たのしく温かかった。

大谷翔平くんへの言葉は、手放しの期待と敬意が見えた。

奥さんと愛犬への言葉。

よかったなあ。

仰木監督の名前が出たりとか、昔からのファンも喜ぶね。



イチロー選手。

日本のプロ野球で9年。

メジャーで19年。

わたしは言葉をもっていないけど、ありがとうございました。

お疲れさまでした。

学生への指導には興味があるみたいなので、そういう姿も見たいです。

またね。。。



【22/03/2019 01:09】 スポーツ | Comments (0)

スランプってレベルじゃない

●ふう・・・

今日は正直、あつかったぜ。

(υ´Д`)アツー

うそん。

もう暑いの?

あんまりじゃない?(汗)

薄手のトレンチコートに、ブライチ。

それでも、なんとなく汗ばむ一日でした。

いやん。

|||(-_-;)||||||







●コメントいろいろ

ありがとうございます。

いつもいつも、楽しく読んでいます。

お。

某さま。

わたしはたしかに、サバ好きです。

小学生のころの大好物が、鶏のから揚げとサバの味噌煮だった(笑)。

ちなみに弟は、そのころ大好きだったのがアップルパイと子持ちガレイの煮つけ。

・・・しぶい?

しぶくない?(笑)

ヽ(*´∀`*)ノ

京都に行くと、帰りには必ず、いづうの鯖寿司を買う。

高いけど、買う。

帰りの新幹線で食べるとこまでが、京都の旅です。

うんまい。

みーはーでもいいじゃない、おいしいもん。

(*´∀`*)

が、小鳥さんは、青魚ほぼ全部ダメですね。

うぐぐ。

なぜかキリッと酢で〆たコハダはいけるみたいですが、あとはダメ(汗)。

※このあたり江戸っ子っぽい。

アレルギーじゃなくて、単なる好き嫌い。

・・・だと思うわ。

わたしが新幹線の隣の席で、よく脂ののった鯖寿司を食べてるのを、見るのも嫌そう。

(^~^;)

うはは。

すまんね。

と、ひそかに思うけど、やめられないなあ。







●うにゅにゅ

藤浪くん。

阪神の19番を背負った藤浪くん。

※知らない人はスルーで。

大谷翔平くんと同い年で、ライバルで、仲良しなんだよね。

プロ入り7年目のこの右腕を、どうしてくれよう。

気の毒だとも思う。

心配もする。

イップスは心の病だよね。

だけど同時に、プロとしてはもう中堅に近い。

不甲斐ない様子にいらいらもする。

苦しんでるだろうし、わざとじゃないのはわかる。

でも、ノーコンで速球が高めに浮く。

右打者を殺しに行ってるのかってぐらい、頭部めがけて、危険なボールが減らない。

死球も減らない。

これには本当に腹が立つ。

彼自身にもそうだし、彼をうまく育てられない球団にも。

彼を、ときにいじめてるみたいに見える監督やコーチにも。

オープン戦で、何回目?

ソフトバンクも、日本ハムも、中日も。

先発が藤浪くんだとわかると、打線にずらりと左打者を並べた。

途中から彼が登板すると、右打者にぜんぶ代打を出した。

左の代打が次から、次へ。

イヤミ?

いやがらせ?

いや、いや。

シーズン開幕をひかえた大事な時期に、大事な選手にぶつけられたらたまらない。

ケガどころか、当たりどころが悪ければ命にかかわる。

自衛策だよ。

と同時に、もちろん、これはメッセージでもある。

「ふざけんな。こんな危ない投手を投げさせるな!」

という、阪神への怒りの抗議です。

一軍で投げていい状態じゃないでしょう、と。

ねえ。

プロ野球でこんなん、聞いたことない。

藤浪くんが悪いのか?

本人は矯正しようと必死だよね。

今日も、左打者にぶつけた。

そらもう、打者が及び腰。

びびりまくりだから、抑えやすいかもしれない。

それでアウトをとって、うれしいんかね?

チームはそれでいいのか。

うにゅ。

めちゃくちゃモヤモヤします。

大阪桐蔭の甲子園優勝投手なんでしょう?

そのころスターは彼であって、大谷くんじゃなかったのでは。

実際、プロ入りして最初の数年は、すごい成績だった。

どうしたんだろう。

何があったんだろう。

気になるし、かわいそうだし、でも腹も立つ。

うにゅ。

藤浪くん。

がんばってほしいよ。

(でも、日本ハムの選手にぶつけたら許さん。)

では、またね。。。




【12/03/2019 23:21】 スポーツ | Comments (0)

翔平マニア垂涎 ヽ(*´∀`*)ノ

●おお

おおお~。

大谷翔平スペシャル。

昨年のNHKスペシャルのもとになった映像ですね。

すばらしい。

NHKえらいぞ。

うっとり。









まだ24歳の大谷くんに 「若いころ」 のあこがれを聞くとか。

変でしょ(笑)。

高校時代までさかのぼって聞くなら、日本ハム時代ももっと突っ込んでもいいのでは。

栗山監督のことも聞いてよ。

・・・などなど。

インタビュアーの質問には疑問もあるし、ときどきヒヤヒヤします。

が、まあいい。

許す。

もう断然、ゆるす。

ノーカット版を出してくれるのは、ほんと貴重です。

(//∇//)



この淡々と、とくに盛り上がらないインタビューを、飽きずに見てしまう(笑)。

わたしも、まあいい加減におかしい。

はい。

♥♥ヾ(* ̄・ ̄*)〃







●では、

またね。。。


【05/02/2019 23:11】 スポーツ | Comments (0)

うっかりと・・・

●1月27日に

岩城さんのお誕生日!

ヾ(*´∀`*)ノ

・・・以外の記事を書いてしまった(笑)。

まずい。

うにょん。

『春抱き』のファンになって以来、いつもこの日は、お誕生日が最大のニュースだったのに。

(と思うけど、ちがうかもしれません。・・・記憶は改竄される。よね。)

(^~^;)



あらためて、いいます。

岩城京介さん、お誕生日おめでとうございます。

最高に、何よりも、誰よりも、いつでも好き。

本当に好き。

いつまでも元気でいてね。

ときどきでもいいから、姿を見せてね。

☆⌒└( ̄・  ̄*)♪







●うにゅ・・・

(^~^;)

でも、しょうがないね。

すまん。

大坂なおみちゃんの2個目のグランドスラム。

比べようがないけど、そっちのほうに興奮してしまった。

ヽ(゚∀゚)ノ うぇ──────ぃ♪



たまたま翌日、両親と電話で話したけど、

「あんまり可愛くって、大ファンになっちゃった♪」

って、なんかウキウキしてました(笑)。

両親、テレビで決勝戦を一喜一憂しながら、ずっと見てたそうです。

ハイライトしか見てないわたしよりも、えらい。

勝って有頂天になったり、派手なガッツポーズをしないところがおしとやかでいい、らしいです。

(´艸`*)

まあ、父親はスポーツなんでも好き。

ほぼ観戦専門のね(笑)。

(わたしが野球でもラグビーでも、サッカーでもだいたいルールを知ってるのは父のおかげです。)

だからわからないでもないけど、母はちょっと意外でした。

たぶん、テニスのルールすらろくに知らないはずです。

それなのに、夢中で見たそうな。

なおみちゃん、そんだけ凄い試合をしたってことでしょう。

すんばらしい。



豆知識>>

ちなみに、日本第2の都市 「大阪」 は、もともとは 「大坂」 と書かれてました。

日本屈指の古都のひとつ。

古くは オオザカ と発音されていたみたいです。

(このため上方歌舞伎の演目では 大坂 という字が使われるし、発音も オオザカ だったりする。)

もっとも、もとの発音は ヲサカ や ウザカ に近かったという話もある。

大きいじゃなくて、小さいの 小坂 だった可能性も?

その辺は諸説あって、よくわかっていないみたい。

ともあれ、江戸時代のうちに徐々に 大阪 という表記に変わっていったようです。

一説によると、あれだ。

「坂」 を分解すると 「士」(=武士) と 「反」(=謀叛) になるじゃない?

武士が反乱を起こして幕府を滅ぼす、というような不吉な意味に・・・ならないこともない。

ま、こじつけですけど。

でも大阪の地は、洒落にならない歴史を持ってます。

そもそも石山本願寺があり、そのあとは豊臣家の居城だった。

江戸の徳川将軍にとっては、いかにも物騒な、反乱の拠点になりそうな感じよね。

それで縁起をかついで 「大阪」 という字をあてた、と。

ホントか?

さて、知りません(笑)。

でも、そんな由来があるそうです。

さもありなん。

大坂なおみちゃんの名前には、だから歴史も由緒もイワクある。

そんな気がします。

歴史オタをも惹きつける!(笑)

(〃∇〃)







●そして

もうひとつ。

某グループが、活動休止を発表したというニュース。

びっくり。

びっくり。

今日明日にやめるというわけじゃないけど、意外で。

驚きました。

あの5人組が消えてしまってから、この人たちが生きがいだってファンも多い。

そういう人を何人も知ってます。

予感とかあったんだろうか。

少なくとも、仲間内のいさかいが原因でないことを祈ります。

それはないと思いたい。







●では、

またね。。。

【28/01/2019 01:32】 スポーツ | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

03月 | 2019年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。