ちょっと涼しい

●ふと

思うんですけどね?

夏で、最高気温が25度って。

※誰が何といおうと、いまはまだ夏。まだ暑いから。

今の殺人的トロピカル日本では、もはや奇跡的な 「涼しさ」 って感じですよね。

(。・_・`。)

昨日がそうでした。

20度ちょっと、となるとさすがに少し涼しい。

うれしい。

妖怪アセミドロにならないですむ。

んが。

ちょっと待て。

気象庁にいわせれば、25度ってのは 夏日 です。

これを超えたら熱いよ、夏だよ、というライン。

それが25度。

そして、夜になっても気温が25度だと、それは 熱帯夜 と呼ばれます。

そう。

暑苦しい、寝苦しい、しんどい。

そういう夏特有の現象。

・・・の、はず。

(((((((;´д`)))))))



うむむ。

ということは要するに、昨日=9月12日みたいな日が、昔の夏だった、ってことだ。

ねえ?

涼しい、涼しいと単純に喜んでいていいんだろうか(笑)。

温暖化というか、今の夏がどんだけクレイジーなのか。

9月半ばに、25度(未満かも)の日がおとずれてようやく気づく。

おかしいだろー。

(^~^;)







●大谷くん

ちょっとしたこぼれ話。

・・・かな。

☆彡 

場外乱闘。

いや、ファンの間で、です。

「今年のアメリカン・リーグの新人王は誰か?」

という話題について、ウェブ上のファンサイトをめぐると、

「グレイバー・トーレスだ!」

「いや、アンドゥハーだ!」

「いやいや、ショーヘイ・オータニだろ!」

みたいなやり取りがいっぱい。

ファンサイトや掲示板や、まあ、にぎやかです(笑)。

上に挙げた名前のうち、最初のふたりはヤンキーズ。

よって、場外乱闘はほぼヤンキーズ対エンジェルズの構図。

つうか、ヤンキーズ対アンチ・ヤンキーズかもしれない。

新人王が決まるのは、シーズン終了後です。

だから、まだ1か月くらい先の話なのですけどね。



大谷翔平くん?

今の時点では、おそらく新人王候補の筆頭だろうと思います。

こないだまでは、無理だと思われてきた。

6月から故障者リスト入りして、3か月は投げていなかったからね。

※打者としては、ほぼ1か月で復帰してます。

ピッチャーとしては、たしかに10試合しか先発登板していない。

数字的には悪くないですけど、いかんせん、いなかった期間が長い。

大谷くんが投手オンリーだったら、新人王レースとは無縁だったでしょう。

が、もちろん。

彼にはバットがある。

そして7月にチームに戻ってきてから、とにかく凄い。

凄みを増した、というべきか。

先週、週間MVPを獲得したのも当然のはたらきです。

投手であることを忘れ、単にバッターとして見ても、メジャーでトップクラス。

相手投手が、こんなやつと戦いたくない、と思うようなバッター。

そういう数字が出ているのね。

まだあと、15試合かそこら、残っているはずです。

最後まで調子がよかったら、すごいことになると思う。

バッターとしてだけで、一流のお墨つきをもらえると思います。

もうもらってるかもしれないけど。

・・・相手の投手から、ね。



なんでかっていうと、マイク・トラウトですよ。

エンジェルズ最大のスターにして、野球界最高峰と呼ばれるすごい選手。

大谷くんの同僚というか、ちょっとお兄ちゃん。

わりと仲良しですね(笑)。

冴えないエンジェルズにとって宝の持ち腐れ、とすら言われてるほどの選手。

打撃の天才です。

めちゃくちゃに打つので、あれだ。

試合では、敬遠されちゃうことが多い。

ガンガンホームランを打たれるぐらいなら、四球で歩かせとけ。

そんな感じ。

※トラウトは足も速いので、出塁すればしたで、どんどん盗塁するんだけどね。

が、ですね。

今シーズン後半になって、変わった現象が起きています。

従来なら、ああここは故意四球だよな、という場面で、相手の投手が勝負してくる。

敬遠しない。

トラウト相手に、ですよ。

で、もちろんトラウトは偉大なので、

「ごっつぁんです!」 とばかりに、ホームランを打つんですけどね。

なぜか。

それは、後ろに大谷くんがいるからです。

次の打者が大谷翔平

(^~^;)

「ネクストバッターズ・サークルに、大谷翔平

このシチュエーションは、そういえば日本でもめちゃくちゃに効果がありました(笑)。

相手投手が、びびるびびる。

「見せ大谷」 とか、そういえばいわれてたわ(笑)。

2016年の日本シリーズが、まさにそれでした。

「え、大谷!? 次に、大谷が(代打で)来るのか!」

という ビビラセ効果 だけのために。

栗山監督は、わざとネクストバッターズ・サークルに大谷くんを出したものです。

気の毒なカープのバッテリーは、それに踊らされてしまった。

結果、実際にそのとき打席にいた打者(中田翔ですが)への、配球がおろそかになる。

失投する。

中田も発奮して、ヒットを打つ。

・・・そんなこともありました。

ああ遠い目。

(^~^;)



あう。

それで、天才トラウトです。

相手チームにとっては、究極の選択なのだと想像します。

(((((((;´д`)))))))

今ここで、おそらく打たれるのがわかってる強打者トラウトと、勝負するか。

トラウトを歩かせて、大谷と勝負するか。

大谷くん、得点圏打率がメジャーでもトップクラスです。

2死ランナーありの場面での長打率が、たしか8割を超えているとか?

ほぼ、バケモノみたいな数字です。

チャンスにめっぽう強い。

トラウトを歩かせても、大谷に打たれるよ。

どうしよう。

どうしようー。

・・・って、まあ(笑)。

相手の投手はそう思うのだろうと、推察します。

かのマイク・トラウトが敬遠されない。

それは、後ろに大谷くんがいるから。

「トラウトも嫌だが、大谷と勝負はもっと嫌だ」

つうことですね。

すごい話だと思います。

ほんと。



☆彡

先週。

大谷くんが、本塁突入したとき。

相手の投手がホームベースのカバーにダッシュでやって来て、交錯。

大谷くんと激突しました。

痛そう! 動けないの!?

ちょっと、また怪我なの!?!?!?

やめてー!!!

と、大谷くんファンが気絶しそうになったのは事実(笑)。

大谷くんは本塁付近で寝っ転がったまま、悶絶してる。

おいおいおい、冗談じゃないよ。

※大腿部の打撲と診断されました。翌日も試合に出ました。ほっ。



ぎゃあ。

そのとき、真っ先に彼のところに駆けつけたのは、まもなく60歳のソーシア監督でした。

おお。

あのでかい図体で、けっこうすばしっこい。

不謹慎にも、ちょっとかわいいと思ってしまった(汗)。

ああいう場面では、そりゃコーチやメディカル・スタッフが駆けつけます。

大けがかもしれないから、あたりまえ。

それは当然なのですが、真っ先に監督。

うーん、あんまり記憶がないなあ。

ショーヘイ! 

すっ飛んでいって、起き上がるのを手伝い、すんごく心配そうな顔。

なんだこれ。

かわいい。

かわいい。

溺愛する孫を見守るじいちゃんみたいだ(爆)。

ふ、不謹慎ですみません。。。


まだほかにもあるんですが、別の機会に。







●では、

またね。。。


【13/09/2018 05:34】 気象・自然 | Comments (0)

北海道地震

●おそろしい・・・

震度7の地震

土砂崩れも、液状化も、道路の陥没もおそろしい。

交通が寸断されて、飛行機も電車もうごかないって。

スマホが使えず、信号がおかしくなり、おまけに家は停電。

朝3時の地震なんて、どうすればいいのでしょう。

ね。

どこか、既視感があるのがいやだ。



マグニチュードが6.7と、思ったよりも数値が小さい。

(この感覚が麻痺しているのだと思う。M6.7は決して小さい揺れではないけど、日本ではわりとあるので。)

それだけ、地表に近いところが震源だったのでしょう。

地盤がゆるかったとか、過日の台風で地面が水分をたっぷり含んでいたのかも。

避けようがないし、逃げられないですね。







●どうか

北海道のひとたち、友人たちが無事でいますように。

そう祈るばかりです。


【06/09/2018 21:32】 気象・自然 | Comments (0)

台風21号・・・

●首都圏は

帰宅時間がカオスでした。

雨・・・は、あまりない。

おおむね、台風による強風の影響。

ひどかった。

電車の運転見合わせ、スローダウン、間引き運転、他路線への乗り入れ中止。

振替輸送、混雑、混雑。

うちに帰るのに、いつもの倍以上の時間がかかりました。

うんざり。

が、しかし。

|||(-_-;)||||||

そんなもんで、文句をいってられるのはいいほうです。

ずっと、ましなほう。



台風の直撃を受けてしまった、主に西日本。

瀬戸内から近畿地方あたり、とくに。

ニュースを見ていて、いや。

正直、なんかもう見ていられない気がします。

地震が来て、豪雨があって、台風が来て、また別の台風

自然現象とはいえ、どうなってるんだ。

酷すぎませんか。

家が壊れたり、川が氾濫したり、滑走路が冠水したり。

暴風雨の恐ろしさに、高潮まで。

あちこちで100万戸ちかくが、今も停電していると聞きました。

関西空港。

停電していてエアコンが止まり、Wi-Fiも使用できないとか。

・・・想像するだに恐ろしい。

もちろん飛行機も発着できないし、連絡橋もタンカーが突っ込んで使用不能に。

陸の孤島か。

そんなところに、3000人が足止めを食らっているそうです。

きっと乗客だけじゃなくて、そこで仕事してる人もいっぱいいるよね。

早朝から、救助用の船を出すと聞きました。

風さえおさまってくれれば。

(ρ_;)。。。







●うちの

甥っ子ちゃんたちは、自宅で退屈していました。

兵庫県。

台風のせいで、学校も休み。

家のドアも開けられないほどの暴風雨で、うちに閉じこもるしかなかったようです。

怖がってないの?

こっそり彼らのお母さんに聞いたら、

外に(冒険に)行きたがってしょうがない、んだそうです。

それはあかん。

アホすぎる。

小学生男子って・・・(汗)。

※当然ながら、絶対に家を出るなと親に厳命されています。

まあ、大丈夫だと思う。

思いたいです。







●それにしても

西日本のみなさま。

いや、北陸や東北、北海道もですね。

どうか、どうかご無事でいてください。

これ以上、深刻な事態になりませんように。

では、またね。。。


【05/09/2018 02:32】 気象・自然 | Comments (0)

台風13号

●TBのお題から

「この夏の楽しみは何ですか?」

夏が終わることです。

はい。

二度と来なくていいよ。







●においの話題

コメントいろいろいただきました。

ありがとうございます。

ええ、もちろん。

わたしだけは断固としてにおっていない、とか。

そんなことは思ってません。

そこまでお調子者ではない。

たぶん。



香害、とか。

スメハラとか、いいますよね。

ご指摘にもありましたが、一般的な意味での悪臭、だけじゃない。

香水や、化粧品、柔軟剤、芳香剤、洗剤などのにおいも、いやなひとにはいやなものです。

「いや」、程度ではすまない場合もありますよね。

深刻な健康被害が出る場合もある。

化学物質過敏症、というらしいです。

こんな記事も>>

従業員の「香害被害」で企業の責任を認めた判決の重み



わたしの場合ですが、日焼けくりーむの、あの甘~いにおいがキライ。

※日焼け止め、ではない。

キライというか、苦手です。

あまったるいアレをかぐと、本当に頭が痛くなります。。。

でも、それ以外は普通に香料入りの化粧品とか。

デオドラント商品とか、使ってるなあ。

そのにおいが辛い、という人もいるかもしれません。

いつか、全部、無香料になる時代が来るのかな。

どうでしょうね。。。







台風

近づいています。

関東直撃コースなのか???

うう。

みなさま、ご無事で。

では、またね。。。


【08/08/2018 13:30】 気象・自然 | Comments (0)

氷河期はいつ

●氷河期は

いつ来ますか?

明日?

あさって???

冬なんか待ってられないので、今日からでも、マンモスカモーン。

熱中症で死ぬほど苦しむぐらいなら、マンモスに踏み潰されて圧死するほうがいいです。

べちゃ。

うげー。

永久凍土。

凍てつく大地。

なんという、さわやかな語感でしょう。







●では、

またね。。。

【03/08/2018 23:41】 気象・自然 | Comments (0)

ひとことだけ。

●あつい

暑いです。。。


【01/08/2018 23:40】 気象・自然 | Comments (0)

アツ━━━━(´Д`υ)━━━━・・・

●ひい・・・

たくさんの激励コメント、本当にありがとうございます。

本当にありがたいです。

そして、アツイアツイばっかりですみません。

本当に泣き言ばっかり。

楽しくないですよね。

ごめんなさい。

|||(-_-;)||||||

「生きてますか?」

という質問が、もののたとえじゃなくて、笑えないぐらい現実的すぎる。

もう。

なんとか今のところは息をしてます。

ぜえぜえ。

でもエアコン、だめです。

効きません。

本当に効きません。

ビルの蓄積熱、まさにそれです。

建物まるごと、カーっと熱くてあつくて、夜になっても冷えない。

石焼きステーキとか、溶岩で焼く料理とか、あるじゃない?

ああいう感じ。

相当な雨でも降らないかぎり、冷えないでしょうね。



オフィスでも、同じようなことをいってる同僚が多い。

がんばってもエアコンが効かないから、

「涼しい風が来ない」

というグチ。

そう。

やすらぎの場所であるべき自宅で、いっこうに身体が休まらないという恐怖。

マンションの最上階リスク、ですね。

いや、最上階じゃなくても暑いとは思いますが。

(((((((;´д`)))))))



ニュースでさあ?

「終わりの見えない暑さ」

「猛暑は少なくとも8月初旬まで」

なんてヘッドラインを見ると、わりと本気で絶望します。

そんな気はしてたけど、言わんでいい。

言うな。

ばか。







●そして

例年のことですが、ひとは熱中症を軽く見すぎてる。

「暑さ」に対する真剣な危機感が足りない、と思います。

いつもだけど。

本当に腹が立ちます。

避けられる事故なのに。

熱射病で、学校で倒れてなくなった小学生。

小学校1年生だよ?

子供の身長を考えたら、おとなが35度の熱に耐えているとき、子供はたぶん40度とか。

そんな感じですよね。

地面に近いほど、熱いんだから。

(気象庁が発表する気温は、地面から1.5メートルの高さで測ります。)

高校野球の県予選の応援で、たくさんの学生たちが倒れて、病院に運ばれる。

ブラバンとか、もはやダブルで殺人的じゃないだろうか。

そもそも気温が高いうえに、持ってる楽器がさらに高熱になりますから。

校庭で、人文字を書く練習?

すんな。

やめろばか。

部活の罰として、校舎回りを80周?

顧問が自分でやれ。

明確にいじめであり、体罰であり、はっきりいって傷害罪だ。

未必の故意の殺人未遂かもしれん。

なんで、こんなにみんな鈍感なのか。

「今までずっとやって来たから」

が通用しない暑さだって、どうしてわからないの。

元気な子供なら大丈夫、だとか。

イマドキの学生は運動不足でやわだから、とか。

いまだにそういうことをいう人がいるのが、信じられん。

いや、待て。

暑さで、ひとは死ぬんだってば。

毎日のように、大勢のひとが死んでるんだってば。

昔のように夏は青春でも、爽快でもないんだってば。

(ρ_;)。。。

ねえ。

涙が出ます。

学校行事がなんだ。

命を守るほうが大事でしょう。

熱中症でこどもが亡くなるニュースはもう見たくないよ。

いくらでも防げるんだから。







●では、

みなさまも、本当に本当にご自愛ください。

「おおげさよ~、このくらい大丈夫!」

と思うときは 「正常性バイアス」 という言葉をぐぐってみてください。

日常と、非日常の境目。

つまり安全で平穏なはずの日常と、生命の危機が迫る非日常。

そのボーダーラインに立たされたときに、

「いや、まさか、そんな・・・」

自分には悲劇的な、ドラマみたいなことが起こるはずがない。

目の前にある現実が、非現実的な危機であるはずがない。

・・・そう思い込んでしまう精神状態を指します。

「自分にとって都合の悪い情報を無視したり、過小評価したりしてしまう人の特性」

と、ウィキ先生はいってます。

大きな災害の際には、かならず出てくる言葉です。

で、ね。

毎日35度とか、40度とか。

信じがたいほどの高温が出ている地域は、すでにそこはそれだけで被災地なのです。

猛暑日という、災害が実際に発生している場所、なのだと思います。

(そして先日の豪雨の被災地では、今また高温という別の災害に見舞われているのだと思う。)

生命の危機のある暑さだと、気象庁もNHKもいってます。

それだけ、非常事態なんだと。

ふつうの生活がふつうに送れる状態ではないのだ、と。

そう理解するしかないと思います。

では、またね。。。



【21/07/2018 10:24】 気象・自然 | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

08月 | 2018年09月 | 10月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。