人間の人間たる所以

●しかし・・・

コロナって残酷だ。

感染拡大を防ぐために、いろいろと我慢する。

それはもう、しょうがないと思う。

日本はまだ (世界からみて) 恵まれていて、おおむねご飯は食べられる。

きれいな水道水があり、ガスも電気も通信も異常はない。

衛生的で、医療レベルもそこそこ高い。

命があってなんぼ。

それは本当だよね。

今は、そこが最優先。

それはみんなわかってると思う。



だけどさ、人間はそういう 「最低限」 だけじゃ生きられない。

生命を維持するだけでは、まっとうな社会生活とはいえない。

娯楽とか息抜きとか、なんていうの?

生きる糧というか、よすがというか、人生の彩りというか。

必要最低限以外の何か、が必要なんですよね。

よくばり、ではない。

本質的に、人間が動物とちがうのはそこじゃないかなあ。

(動物にも、娯楽が必要な種類もあるのかもしれないけど。)

高尚なものばっかりじゃなくて、ときにそれは猥雑だったりもする。

ときにはおしゃべりとか、単なるご飯だったりもする。

いっとき消費されるだけの、そういう楽しみの存在。

それが奪われるのってつらい。

それにかかわる、それを提供する人たちは、大変な目に遭ってる。

音楽や、お芝居や、テレビ番組。

各種スポーツ。

提供する側は、それができないことで甚大な損失をこうむっている。

享受する側は、それがないことで精神的に非常につらい。

単につまらない、じゃないと思うのね。

ひいきの役者を観れないとか、好きな歌手のライブに行けないとか。

応援してるスポーツ選手の活躍を見られないとか。

あるいはもっとシンプルに、友だちとごはんに行けないってのも。

子供たちにとっては、部活ができないってのも。

塾やお稽古に行けないのも、同じだね。

ソーシャルな生物である人間が、そのソーシャルな部分を奪われている。

生きる楽しみ、慶び。

生きる目的。

生きがい。

そういうもの一切をあきらめて、生命の維持だけに集中しろって。

そういわれてるのが、現状だ。



戦争にたとえるのはあんまり好きじゃないけど、たまに本当かもしれないと思う。

自分が、家族が、コミュニティが生き残ることだけを考えろ。

楽しみなんか望むな。

贅沢は敵。

毎日サバイバルできたらそれでいい。

―――ねえ。

そういう価値観に生きろ、っていわれてるみたい。

戦時中か。



ひとが集うこと、ひとが愉しむことをひとつひとつ潰す。

命を奪うのは稀でも、ソーシャルな社会のコアを奪う。

人間の人間たる所以を殺しにかかる。

コロナは悪魔だ。

死ねよウィルス。

マジで。







●コロナは

わたしから、歌舞伎を奪った。

4月の新橋演舞場と、もしかすると5月の團十郎の襲名披露。

メジャーリーグも、日本のプロ野球も奪った。

どちらも今や、今シーズンが開幕するかどうかもわからない。

『半沢直樹』も、その他のドラマも収録が遅れていてはじまらない。

カメラを持って散歩する自由すら、制限してくる。

そして何より、お茶会。

5月のお茶会は決行する気でいるけど、暗雲が立ち込めている。



上記はわたしの場合ですが、みなさまにもたくさんあるでしょう。

キャンセルになったイベントや、行けなかった場所。

会えない人。

本当にしんどい。

しんどい。

恐怖にさいなまれながら生活を維持するのは大変だけど、それ以上に。

心が死んでしまう。



では、またね。。。


【07/04/2020 11:39】 社会・時事ニュース | Comments (0)

いよいよ。でも。

●たくさんの

コメントやアドバイス、いつもありがとうございます。

感謝しています。



さて。

報道によれば、いよいよ緊急事態宣言が出るらしい。

ほう。

冷静に、いきましょう。


都市は封鎖されません。


仕事へは行けます。

(リモートで仕事ができる人はそのほうがいいけど、経営者が決めることだね。)

食べ物や日用品の買い物もできます。

物流は止まりません。

つまり、日常生活はおおむね今と同じ。

同じなのです。

パニック買いとか、要らないはずです。

スーパーやコンビニは基本、平常どおり営業するよん。



きっとね、長丁場になります。

残念ながら、そう思います。

1か月っていうけど、もっと延びるかも。

緊張感を持つのはいいけど、あまり身構えると続かない。

疲れ果ててしまう。

すでにもう、疲弊してるのに。

だからリラックスして、なるべく平常心で。

我慢できることは我慢して。

そう心がけたいと思います。



電車の本数を減らすという説もあるけど、どうだろうなあ。

やめたほうがいい気もする。

満員の通勤電車、たしかに前よりは減りました。

でも、体感で2割とか、3割ぐらい。

ぎゅうぎゅう詰めじゃなくなって助かった、ぐらい。

それでも他人と距離をとるのは難しいよ。

欧米でいうようなソーシャル・ディスタンスはない。

無理。

本数が減ったら、また混んでしまう。

せっかく極度の密着からちょっと逃れられたのに、元の木阿弥。

んね。

少なくとも、朝夕の電車は減らさないでほしいな。

終電の時間を早くして、みんなが早く帰宅するインセンティブに。

・・・と思うけど、あれだ。

シフト勤務とか、夜遅くに仕事するひともいるから、それも問題か。

医療従事者も、物流を担うひとたちも、真夜中に仕事するものね。

都市部にとって、鉄道やバスはライフラインです。

水や電気と同じくらい、なくてはならない。

簡単に、減らすとかいわないでほしいなあ。



worldcorona_7april2020who.jpg







●昨日のつづき

補足してみる。

わたしは誰もが認めるぐうたらで、お掃除ダイッキライ(できない)人間です。

汚部屋ですみません。

が、矛盾するようだけど、強迫神経症的にきれい好きでもある(笑)。

自称ですみません。

一例ですが、電車のポールやつり革にほぼ触れません。

自分のバッグを地面に置くことができません。

オフィスの自分のデスクやファイル、キーボードや電話などを、毎朝しつこく拭きます。

他デスクの受話器に触れません。

他人が触れたキーボードやマウスもダメなので、他者が触れたら都度ふきます。

(そのひとがきらいとか、バッチイ扱いしてるわけではない。)

帰宅したとき、着ていた服でそのまま自分の部屋やベッドに行けません。

靴を脱いだあとの靴下で歩くルートが決まっている。

すぐに脱いで、除菌ウェットで最低でも足だけはゴシゴシ。

(というか、ほぼ服は玄関で脱ぐ・・・うぎ。)

特にコートは、玄関から中に持ち込まない。

週末ごとに洗う。

(洗濯機で洗えるものしか着ない、ということでもある。)

部屋の掃除はろくにしないくせに、変ですよね。

矛盾だらけ。

自分勝手な話です(笑)。

そういう人、結構いるんじゃないかなあ。

コロナに関係なく、前からそうなのね。

花粉とも関係ないし、いわば自分がイヤだってだけのマイルール。

うは。

今はコロナがこわいので、過敏になっています。

実家に戻ったときの行動も、その延長です。

外で着た服は、家では着ない。

部屋着にする服は、洗いたてだけ。

そうじゃないと、ろくにソファに座ることもできない(笑)。

矛盾だというのは、あれです。

そこまでするなら、帰宅したらダッシュでお風呂に行けばいい。

着てるもの全部を洗濯機にダンクして、全身きれいに洗えばいい(笑)。

夏はだいたいそうだけど、冬は・・・徹底されていない。

うひ。

気持ちの問題というのは、そのあたりが理由です。

サイエンティフィックではなく、マイ衛生ルールにしたがっているだけ。

(^~^;)



では、またね。。。


【06/04/2020 20:05】 社会・時事ニュース | Comments (0)

泰然自若

●なんというか

せつないのは、今年のソメイヨシノです。

東京で開してから、すでに2週間。

史上もっとも早い開でしたよね。

の日も、つよい風の日もあったけど、がんばってまだ咲いている。

もう葉っぱが出ている木ももちろんあるけど、まだ咲いてる樹木も多い。

見ごろがこれだけ続くって、すごい。

電車の窓からソメイヨシノを見るたびに、なんというか、いじらしいなあと。

じわり涙が出そう。

美しいなあ。

強いなあ。

こんなにきれいなのに、こんなにを保ってくれてるのに。

はかないはずのが、生命力を見せてくれてるのに。

でも、今年はなかなか振り返ってもらえない。

愛でてくれる人は少ない。

校庭に子供たちはいないし、都立公園には入ることもできない。

さみしい。

すごくさみしい。

感染症でみんな、手いっぱい。

どういう年なんだよ、2020年。

未知のウィルスで世界中の人間が汲々としていても、は咲く。

は咲く。



ん・・・?

春抱き』が・・・?

ナンノコトカナ。



ソメイヨシノは、都心ではそろそろ終わる。

だけど、これから遅咲きのが咲くからね。

のシーズンは終わらない。

まだまだ、これから。

北のほうでも、まもなく咲く。

咲き誇る。

人間がの下で浮かれようと、浮かれまいと。

泰然自若か。

それが自然の強さなのね。



自粛要請が出てるので、人混みには行きません。

だけど、不要不急か・・・?

を見に行くのが・・・?

気持ちがねえ。

今年のの美しさ、尊さは、今年の春しか見られないのに。

うにゅ。

納得しがたいと思ったりもする。

あんまりにも、心がそわそわする。

(^~^;)

今ががまんのときだって、わかってますけどね。







●それでも

ふと思い出す。

いま世界中で、どんだけの人が苦しんでいるのか。

自分も苦しみたくはない。

自分が、誰かを苦しめたくはない。



worldcorona_4april2020who.jpg



news_4april2020a.jpg



news_4april2020b.jpg



news_4april2020c.jpg



ウィンブルドンの全英オープン中止。

平塚の七夕祭りも中止。

プロ野球もサッカーも、いつ開幕するかもわからない。

いつもそこにあるはずの日常が、どんどん消えていく。

(ρ_;)。。。



では、またね。。。



【04/04/2020 01:47】 社会・時事ニュース | Comments (0)

限界があるから宣言しないのかもね・・・

●いろいろと

コメントや拍手、いつもありがとうございます。

感謝しています。

そうですね。

毎日、なんだかんだ元気です。

忙しくってへろへろですけど。

こないだまで入院していたのが、なんかもう嘘みたい。

うんと昔のことに思えます(笑)。

のんきだね。

(^~^;)



Mさま。

まさかの!世界史専攻の同志ですね。

すごーくうれしいです。

(人´∀`).☆.。.:*・゚

高校2年生のときに、うっかり世界史を選択しました。

日本史が大好きなわたしですが、血迷った・・・わけではない。

とんだミステイク。

実は、

「今のうちに世界史をやっておけば、3年生の受験時には日本史でいけるじゃないか!」

と考えたのです。

なんと、3年生までずっと世界史が続くって知らなかった。

2年で世界史を選択する、イコール大学受験も世界史で行くって、知らなかった。

あはは~。

(´∀`σ)σ

あほすぎる。

今の情報化時代では考えられないほど、のんきな話です(笑)。

いちおう学区トップの受験校だったんだけどなあ。

(^~^;)

のんびり長女(長子)あるある、かも。

結果的に、世界史をマジメに勉強する機会を得て、すっかり好きになりました。

受験するには、範囲が膨大で大変でしたけど。

結果オーライかな。

いずれにしても、昔の話です。

ふう。







●さて

ちょっとだけ、法律の話をしましょう。

冷静に。

今なにかと話題の、緊急事態宣言について。

みんな勝手にいろいろ想像して、パニックになってますが、まずはもちつけ。

事実は、意外と地味ですから。

怖がることはない。



※以下、あくまでわたし個人の解釈です。法的責任は負いません(笑)。



日本で、法令に基づいて、緊急事態宣言を出せるのは、首相だけです。

「あれれ、こないだ北海道知事が出したよね?」

と思い出したひと、いますよね。

イケメンのあの人(笑)。

あれは何らかの法律に基づいた特別な強権の発動ではなく、要するに、お願いです。

要請する、ってそういうこと。

「コロナ感染拡大を防止するために、お願いだから出歩かないで」

と、道民にそう訴えただけ。

だけ、っていうけど、あの早い段階であの宣言はインパクトがあった。

それだけに、非常に注目された。

道民は危機意識を共有していたので、わりとちゃんと要請に応じた。

感染爆発を未然に防いだのではないかと思います。

お願いベースでも、ちゃんと効くのだ。



で、安倍ちゃんです。

総理大臣です。

日本で唯一、ちゃんとした法的な根拠のある緊急事態宣言を出せるひと。

が、しかし。

宣言には、宣言という意味しかありません。

なんのこっちゃ。

「今、日本はマジでヤバイことになってるよ!」

と宣言する、それだけのことです。

(((((((;´д`)))))))

何がいいたいのか、というと。

緊急事態宣言つうのは、「都市封鎖宣言」 ではございません。

いいですか。

大事なことなので、もう一度いいます。

緊急事態宣言は、ロックダウンと同義ではありません。

全然ちがうし。



さて、では、

「宣言は宣言にすぎないっつうなら、なんで特別な法律があるんだよ?」

という質問の答え。

首相がそういう宣言を発令する場合には、必ず 「地域」 と 「期間」 を定めます。

今のところの感染者数からいくと、東京と大阪・・・とかね。

千葉や神奈川、京都も危ないかもしれない。

※わたしの推測です。

「東京と大阪、感染拡大防止のためにアレコレしろ! 期間は今から1か月!」

とか、いうわけですね。

緊急事態宣言でご指名を受けた都道府県の長は、アレコレします。

(例)
外出自粛
学校、保育所、老人福祉施設の使用停止
イベントの開催制限

これを要請する、だけじゃなくて、ホントに重大なら 「指示」 できます。

お願いするのみならず、命令できるってこと。

が、罰則はないのだ。

ないのだよ。

「お店を閉めて? お願いね」
「やだ」
「許さん。閉めろやオラァ!」
「やだ!」
「・・・うぐ」

ということがありうるわけです。

今の世の中ですから、同調圧力は強いだろうね。

SNSとかで名指しで、めちゃくちゃ非難されるだろうし。

だけど罰金もないし、代表者が逮捕されることもない。

んね。

今の法律では、そのあたりが限界なのだ。



ちなみに、鉄道やバスを止めることもできません。

法的には。

お願いはできるかもしれないけど、広域には無理っぽい。

東京を封鎖したかったら、東京に乗り入れるすべての鉄道やバスを止めないといけない。

そんなんできません。

法的な根拠がない、つまり強制力がない。

実務的にも不可能だろうなあ、と思います。



日本って、そういう国なのです。

「お願い」パワーでねじ伏せようとするけど、強硬な権力は持たせない。

アメリカやヨーロッパとは、根っからちがいます。

(首相のいる国と、大統領のいる国でも、そもそも統治システムがちがう。)

欧米スタイルのロックダウンは、起きません。

起こりえません。

いいか悪いかは、さあね。

(お願いベースで、封鎖っぽいことはあるかもしれないけど。)

命令できない。

逆説的にいうと、国家が補償することもない、つうことだ。

強権的にビジネスをやめろ、というなら、

「代わりに失った収入の補償はする」

っていわないといけない。

理屈ではね。

日本の政府はそれをやらない。



以上です。

続きはまたいずれ。



worldcorona_2april2020who.jpg



では、またね。。。


【02/04/2020 08:24】 社会・時事ニュース | Comments (0)

デマゴーグ (追記あり)

☆追記☆

いやいや梨田さん、やめてやめて。

コロナ陽性で、肺炎で重篤とかやめて。

ICUから早く出てこい。

生きて。

冗談じゃない。

近鉄の梨田昌孝さん。

大好きなんだよ。

(ρ_;)。。。

プロ野球選手って、喫煙者がありえないぐらい多い。

梨田さんも昔は吸ってた。

肺が弱いとしたら、そのせいか。

がんばれ。

戻ってきて。

23:57。







●いつもは

たのしいエイプリル・フール。

工夫をこらした冗談で、くすっと笑わせる。

(´艸`*)

―――そういう洒落た嘘なら、いいけどさ。

この春は、それはやめましょう。

特に、コロナ関連の嘘は。

そう、自重を呼びかける声が多いようです。

うん。

そうだね。

人心にそういうゆとりがない。

残念だけど、そう感じます。

それでなくても、悪質なデマが飛び交っている。

愉快犯なんですかね。

ネット経由で、SNSで回ってくる、まことしやかなデマ。

ありえない内容ではないからこそ、悪趣味だなあと思います。

ヤメロヨマジデ。

「明日、ゴジラが首都を襲う」

みたいなことなら、まだ笑って流せるけど。

(。・_・`。)

コロナ不安につけ込んで、本当にたちが悪い。

マスコミがどうとか、国会議員がこっそり教えたとか。

まず、疑っていいよね。

メールやラインの 「ここだけの秘密情報」 は、他人に回さない。

握りつぶせ。

自分が止めてやる! みたいな(笑)。

そんなチェインメールを送ってきた人は、冷静ではないのだ。

無駄にトイレットペーパーを買い占める人たちと同じ。

理性がどっかに飛んで行っちゃったんだと思う。

あかん。

クールになろう。



「デマゴーグ」 「デマゴギー」

高校生のころ、習ったねえ。

あらためて辞書で調べると、こういう意味です。

ブリタニカ先生いわく、


古代ギリシアの民主政治において,その声望および弁舌によって民会の決議に影響を与えて,政治を左右する者,つまり「民衆の指導者」を意味したのが原義であるが,現代では刺激的な弁舌,文章によって大衆を政治的に動員する扇動政治家をいう場合が多い。デマゴーグによって,特定の政治目的のために意図的に捏造され,流布される虚偽の情報がデマゴギーであって,一般にデマと略されている。



ですって。

ほお。

その語源 (古代ギリシア政治に由来) については、ウィキ先生が詳しい。


語源は「民衆を導く」であり、本来は民衆指導者を指すが、アテナイではペリクレスの死後、クレオンを初めとする煽動的指導者が続き、衆愚政治へと堕落した。このことから「デマゴーグ」は人々の感情や偏見に訴え、力を得る政治家や権力者の意味で使われるようになった。また、彼らの民衆煽動はデマゴギー(Demagogie)と呼ばれる。

クレオンはアテナイの政治家である。典型的なデマゴーグとされ、好戦的な主張で民衆を煽動した。

ペロポネソス戦争中の紀元前429年に指導者ペリクレスが病死すると、弁論術を武器に民衆の人気を集めたクレオンらは、スパルタとの和平案に反対し、民会で戦争の継続を主張した。このため戦争は続行されたが、クレオンは紀元前422年に戦死した。彼の死の翌年にニキアスの和約が成り、平和が訪れるかに思えたが、後に遠征軍が悲劇的な末路を遂げたシケリア遠征を唱えたアルキビアデスによって戦争は再開された。アテナイは適切な指導者を欠いたため漸次敗北した。紀元前404年に降伏したアテナイはギリシアの覇権を失い、デロス同盟は解散し、全てを失った。

アリストパネスやトゥキディデスはクレオンを粗野な成り上がりのデマゴーグ、主戦論者として酷評している。



おほほ。

詳しすぎて、かえって意味がわからない。

|||(-_-;)||||||

すみません。

その昔、わたしは世界史専攻だったので、こういうのを必死で覚えた。

好きだった。

その後の人生で役に立った・・・ことは、ほとんどない(笑)。



news_31mar2020a.jpg


news_31mar2020b.jpg


worldcorona_31mar2020who_20200401001203c0c.jpg







●では、

またね。。。


【01/04/2020 00:15】 社会・時事ニュース | Comments (0)

春なのに

●今年くらい

なのに」

という、もの悲しいフレーズが似合うはない。

(すんごく古い歌だなあ。)

本当にね。

ためいきひとつ、じゃ済まない。

恨めしいのはウィルスであって、誰が悪いわけじゃないけど。

日常生活に暗い影を落とす、という段階はすでに超えた。

とっくに。

残念ながら、日常生活はすでに変容している。

「これまでの生活」 は死んだ。

とりあえず死んだ。

向こう半年とか、一年とかは。

そう、思うしかないよね。

ふう。







●わたしは

自分がおばちゃんだし、ハイリスクという自覚もあるけど、あれだ。

自粛要請をスルーして街をうろつく若者が、

「俺たちよりも、暇でアクティブすぎる(海外旅行とかジム通いとか)老人を閉じ込めろよ」

という気持ちはわかる。

なんつうか、わかってしまう。

自分自身が中高年ド真ん中なのに、若者の苛立ちに共感してしまう。

あかん。

老人は与党の支持基盤なので、政府は彼らに 「外に出るなボケ」 とは言えないんだなー。

まあ政治家ってもともと、高齢者ばかりだしなあ。

(^~^;)

毎朝ドラッグストアに並んでマスクを買いあさるのは、たいてい中高年だ。

それだけで、ほぼ敵認定だわ。

おとなしく、うちにいればいいじゃん。

そうすりゃマスクも要らないでしょー?

「戦後の物のない時代を経験してるから」

とか、わりと眉唾だわね。

今それを実体験として知ってるのは、80代も半ば・・・以上かな?

そうでなくても、自称コロナ騒動を引き起こして顰蹙をかうのは、中高年ばっかり。

どうしてなんだ。

バカすぎる。

(^~^;)

が、しかし。

それでもいうぞー。

世の中、自分のことしか考えないクソジジババばかりではない。

高齢者が全員、バカな老害ではないのだよ。

で、若者の重症リスクは低いけど、ゼロではない。

世界では10代、20代で亡くなってる患者さんもいるよ。

コロナ、怖いのよ。

ネットでは、極端な主張ばかり目立つ。

だけど普通の、思慮深いひとも多いんだよー。

Be wise.

Be considerate.

いつかトンネルを抜ける。

それを信じよう。







●志村けんは

今のわたしの 「好きなタレント」 リストには入らない。

が、小学校~中学校時代のわたしにとって、彼は別格だった。

笑いの神様。

ドリフターズが、かな。

いや、むしろ 『8時だョ!全員集合』 が、というほうが正確か。

世の中のおもしろいことは、全部ドリフが起点だった。

テレビでいちばん面白いのは、ドリフが出てる番組だった。

土曜日8時。

家族全員で、ゲラゲラ笑いながら見た。

東村山音頭とか、今でも全部!歌えるもん。

加藤茶とのコンビで踊るヒゲダンスとか、最高傑作じゃない?

どんだけ真似をしたか。

そのころ流行っていた歌手たちの歌を覚えてるのも、ドリフのおかげだ。

ジュリーとの絡みとか、面白かったもんなー。

志村けんは、あれよあれよという間にスターになった。

大スターだよ。

何をやっても受けた。

才能が序列をひらりと飛び越える。

それをリアルタイムで見たのって、今となっては貴重かも。

まさかコロナで逝くなんて。

小学生のわたし(脳内)がショックで泣く。

あんまりだ。



では、またね。。。



【30/03/2020 22:46】 社会・時事ニュース | Comments (0)

最前線の医師たちに

●東京は

3日続けて、感染者が40人超。

(((((((;´д`)))))))

オリンピックが延期になって、途端にこれだ。

ボイコットされる前の延期決定で、よかったね・・・?



チャールズ皇太子のつぎに、今度はボリスかよ。

※しょうもないあの首相のことです。

英国どうなってるんだ。

ほんの少し前には、

「東京がコロナでダメなら、ロンドンで今年のオリンピック開催してあげようか?」

とかいってただろうが。

がんばってくれよ、頼むよ。




最前線で戦う医師たちに、エールを。

世界のどこでも、命がけで戦っている。

殉職した人たちも多い。

敬意しかない。







●ところで

このサイトは、わりといいと思う。

https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/

東京都の新型コロナウイルス対策サイト。

シンプルに、情報が整理されている。

データは基本だよね。



日本の数字は、世界各国の数字とかけ離れていて、信用できない。

―――という意見もあるようだ。

というか、たしかに世界の状況とくらべてかなり違う。

検査数を相当に抑えている、というのは本当でしょう。

「無症状、あるいは軽度の症状しかない感染者を野放しにしているから、感染が止まらない」

(感染の経路を追えないケースが増えているのはそのせい。)

というのも、本当じゃないかなあと思う。

が、しかし。

ごまかしている・・・のかもしれないけど、どうでしょう。

少なくとも重症者、死者の数はごまかせないと思うのよね。

※以下、あくまで素人考えです。



たとえば、ですよ?

検査をしないで、単なる肺炎として重症者を治療して、その人が亡くなってしまうとする。

仮にそれで 「死因はふつうの肺炎」 ということになる、としましょう。

もしそうだとすると、あれです。

今年の冬は、例年に比して、異常に肺炎患者・死者が多いってことになるのでは?

そういう異常値が出れば、誰かが気づく。

隠そうと思っても、今の世の中、隠し通せるものじゃない。

どこかでリークする。

・・・そう思うのですが、どうでしょう。

※もともと高齢者の場合、遠因(持病とか)が別にあっても、死因が肺炎ってことはありがちだと思うけど。

何がいいたいのかというと、日本の感染者の実数はたしかに不明です。

なにしろわたしだって、もしかすると、持ってるかもしれないから。

検査の精度からみても、どっちにしても実数は不明かも。

でも、死者の数を見るかぎり、あれだ。

コロナによる死亡者、あるいはそれが疑われるケースは、今のところ多くない。

海外諸国と比べて。

そういう気がします。



ではなぜ、日本では今のところ爆発していないのか?

それが解明できたらノーベル賞ものだと思いますが、あのね。

素人的には、なんとなくですけど。

ひとつには、日本人が比較的きれい好きだってこと。

うがい、手洗いといったごくごく基本的な衛生管理が、わりと浸透している。

海外生活をしたことのある日本人なら、なんとなく納得する・・・かもしれない。

そもそも、日常的に除菌ウェットティッシュを持ち歩いてる国民なんて、めったにない。

(あいにく、今では100円ショップでもどこでも、まず買えないけど!)



それから、マスク文化。

好きじゃないけど(笑)、でも、もともと日本人はマスクしがち。

「マスクではウィルスは防げない!」 派も多いけど、でもさ?

飛沫感染を防ぐのに、ある程度の効果がないはずがない。

それと、とくに若い子は、ファッション感覚でマスクをするじゃない?

いや、若くなくてもいいや。

かりに無自覚、無症状の感染者だった場合、マスクをしてるってことは、他者にうつさない。

絶対セーフとはいわないけど、ウィルスを拡散させるリスクはかなり減るのでは。

んね?

満員電車でもスーパーでも、マスク率ホント高いもんなあ。

わたしも、隣に座った人がマスクなしだと、そろそろと席を移動するし。

同調圧力も、たまにはいい効果を生み出す、のかも。



あとは、世間でよくいわれる、総合的な医療の質とか。

CTスキャンがものすごく普及してる、とか。

(どうでもいいけど、わたしも入院中に3回やりました。CTスキャン。)

キスハグ握手のない、わりとボディタッチ少なめのカルチャーだとか。

ソーシャルな距離感でいうと、日本はすごく ある・・・というのは私見です。

お上のいうことに、わりとおとなしく従うとか。

いろいろと複合的な原因があるのだと思います。

期待を込めて、そう思いたいわ。

日本すごいって、持ち上げるわけじゃない。

都内のパニック買いだめを見てると、特別に賢い感じはしないし・・・(汗)。

でも、いいところもある。



worldcorona_27mar2020who.jpg



まあ、でも。

たまに途方もなくバカなやつもいるね。

感染もしてないのに 「俺はコロナだ」 とか言い出す迷惑オヤジ。

そう、なぜかオッサンばっかり。

わたしと同世代かそれ以上の、いい歳したオッサンなのが情けない。

残念すぎて、なんというか、笑いも枯れる。

つまんない冗談いってるんじゃないよ。

面白くもなんともないよ。

だから老害だっていわれるんだよー。

ああいう阿呆は、みんな偽計業務妨害で逮捕されてしまえ。

ああ情けない。



では、またね。。。


【28/03/2020 00:40】 社会・時事ニュース | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

03月 | 2020年04月 | 05月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。