迷惑でしか

●いつも

拍手やコメント、ありがとうござます。

毎日とっても楽しみに読んでいます。

ぴかぴかに晴れた週末に監査法人だの、上場廃止だの。

およそ楽しくないことを、自分の興味のおもむくままに書いてしまった(汗)。

・・・のですが。

おもしろかった、と言っていただけて救われました。

読んでくださってありがとうございます。







●月曜日は

いい感じのお天気でした。

深夜~朝方にかけては、10度前後。

わりと寒いので、お布団しっかりかぶって眠れる。

お昼ごろになると、日差しは強い。

春たけなわ・・・よりも、もう初夏だなあ、という感じ。

まともに当たると汗をかく、かもしれないぐらい。

18度とか、19度とか。

だけど風はひんやりしてて、乾燥してるのでさらさら。

日陰に入ると、すうっと冷える。

このくらいのお天気がいちばんいいなあ(笑)。

昨日はホントそう思いました。

寒がりの小鳥さんは、

「いや、十分さむいってば! こんなのロンドンの夏じゃん!」

と抗議してましたが。

ふへ。







●ネットでも

話題になってたけど、

「満員電車で痴漢の疑いをかけられた男性が逃げて、逃げて、線路に飛び降りて逃げまくる」

傾向は、いったい何なの・・・(汗)。

やめてくれ。

お願いホントやめて。

ものすごーく迷惑なんですけど。

「線路に人立ち入りの影響で」

「線路に降りたお客様の捜索中で」

電車が止まる。

遅れる。

遅れるとさらに電車が混んで、駅もホームも人であふれて。

その影響で、今度は混雑で遅れる。

「列車間隔調整のため」

電車が止まる。

人が入りきれなくて、ドアが膨らんで壊れかけた、なんて笑えないケースもある。

「ドア点検の影響で」

「車両点検のため」

電車がさらに遅れる。

で、ふだん以上に車内が混みあうので、具合の悪くなるひとも出てくる。

しょうがない。

しょうがないけど、でも、勘弁してほしい・・・(汗)。

「急病人救護のため」

もっと電車が遅れる。

ううう。

もちろんその路線だけじゃなくて、振り替え輸送するほかの路線にも影響が出る。

というか、まったく関係ない路線もなぜか遅れますね。

なんでや。

そのせいで、直通(相互乗り入れ)運転が中止になったりもする。

これがいちばん迷惑かも。

本当にもう。

朝っぱらから神経を削られます。

いちいちイライラしたくはないけど、満員の電車に乗ってる時間が延びると、ねえ。

苦しいですから。



痴漢冤罪がよくない、という指摘はある。

(されてもいないのにわざと騒ぐ女がいるとしたら、その女は許せん。それはわかる。)

いったん疑われたら最後だから、もう逃げるしかないという説もある、らしい。

うむむ。

そうなのかもしれないけど、でもなー。

朝のラッシュに山手線を止めるとか。

非常識にもほどがあるよー。

何百万円、何千万円の損害賠償請求ものだと思うんだけど、どうなんでしょう。

というか、危ないだろうが。

死にたいのか、という感じ。

冤罪から逃げるために線路に降りるとか、正気の沙汰とは思えないんですけど。

ねえ。

もう、なんかね。

ホントやめて。







●以上

愚痴でした。

では、またね。。。


【25/04/2017 06:44】 社会・時事ニュース | Comments (0)

東芝の行く末は・・・

●TBのお題から

「好きなスイーツは何ですか?」

ええ・・・(汗)。

これに即答できるひとって、いるんだろうか。

(´-`).。oO...

わたしにはできません(笑)。

好きなスイーツで打線を組め、とか。

好きなスイーツのベスト10リストをつくれ、とか。

つまり9種類、10種類は選べるという状況でも、かなり迷うと思うけどなあ。

プリン。

シュークリーム。

バウムクーヘン。

チーズケーキ。

アップルパイ。

チョコレートは・・・素材扱いなのかな。

でもほら、ピエール・マルコリーニのチョコレートとか。

完成品というか、アートの領域よね。

アイスクリームとジェラートは別カウント?(笑)

ソルベはどうしましょう?

どっちにしても、好きなフレーバーはいくらでもある。

モンブラン。

オペラ。

サバラン。

シブースト。

洋菓子のバラエティをぜんぶ別カウントしたら、それだけで大変な数になりそう(笑)。

日持ちのする焼き菓子も、いろいろありますよね。

フィナンシェやマドレーヌ。

そういえば最近は、成城石井の「和三盆ポルボローネ」にはまってます(笑)。

みたらし団子。

草餅。

どら焼き。

塩大福とか、水ようかんとか。

和菓子もいろいろ好きです。

(^~^;)

えらべないよ。

むり。







●東芝さん

・・・と、なぜかさん付け。

そこに意味はありません(笑)。

わたしの歴代パソコンのかなりの割合が、東芝のDynabookです。

たまにDellだったりAcerだったりするけど、基本は東芝さん。

廉価でそこそこよくできいている。

正直そこまで愛着はないけど、信頼はしてる感じ。

その点だけでいうと、つぶれたら困る。

ってことになりますね。

が、しかし。

ここ数年はよくないニュースばかりです。

シャープしかり、東芝しかり。

日本を代表するような巨大企業が、どんどんとんでもないことになって行く。

東芝はなぜ苦境に? 日本企業の文化も背景か

家電業界はどこも大変だけど、なんというか、

「時代は変わったなあ」

と思わざるを得ません。



で、さて、東芝。

決算を発表するといっては延期し、また延期し。

最終的にはどうしようもなくなって、監査法人の意見なしで発表を強行しました。

つい先日のことです。

これ、本当に大変なことです。

大騒ぎになったけど、あたりまえです。

「どういうこと?」

ごく乱暴に、おおざっぱにいうと、会社には決算を公表する義務があります。

決算って、会社の成績表ですからね。

取引先にも、お役所(税務署とか)にも、株主にも。

「うちの会社は昨年度こんなことをやって、これだけもうかって(損して)いるんです」

と開示するのは、基本中の基本の責任なのです。

「決算って何?」

・・・ネットで調べてください(笑)。

会社の財産と借金の状況、会社がつかったお金と受け取ったお金とか。

そういう情報です。

「なにを、どこまで公表するの?」

会社の規模や種類によってちがいます。

個人事業主が、自分と家族のお金で設立した会社で、外部の株主なんかいない場合。

そういう場合は、決算を見せる相手も限られてきます。

そもそも関係者が少ないし、社会経済に与えるインパクトもあんまりないから。

対照的に、株式を上場してる大きな会社の場合。

(自分の会社の株が公開され、金融商品として取り引きされてる、流通してるわけです。)

そう、東芝とかね。

そういう会社の場合には、公表する情報量も、頻度もずっとずっと多い。

その情報が正確かどうかチェックする仕組みも、段違いに複雑です。

だって彼らは、世間一般(まあ投資家のことですが)から、お金をもらってる。

株を買うってことは、その会社の将来性に期待してお金を預けるってことだから。

証券取引所や、金融庁や、財務省や、日銀。

いろんな機関がたくさんの情報を要求するし、それを提出するタイミングも法律で決まっています。

書類に不備があったり、期日に遅れたりしたら、そらもう大変です。

「遅れてごめんね!」

では済まない世界です。



で、そうしたチェックの目のひとつに、監査法人があります。

監査法人は会社に雇われるから、いわゆる公的機関とはちがう。

「雇われる」以上は、まあ、お客様にサービスを提供する義務がある。

つかまあ、お客様をハッピーにしたいよね(笑)。

だけど、ここが微妙なところでねー。

チェックの目である以上、ときにはお客様に苦言を呈さなくてはならない。

不正を見つけたら、黙っていてはダメ。

なあなあズブズブではいかん。

・・・のですよ。

そう。

利益相反は常にある、といっていい。

「エンロン」という会社を、ご存知でしょうか。

あるいは、かつて存在した大手の監査法人「アーサー・アンダーセン」を覚えていますか?

http://www.ifinance.ne.jp/glossary/world/wor018.html

大企業の、非常に悪質な粉飾決算。

(粉飾決算とは、業績がよくないのによく見せようと、数字をいじったり架空の取引を仕立てて、決算を実際より立派な見かけにすることです。嘘つきです。株主を、市場をだます犯罪行為です。)

それがばれて、その会社はつぶれました。

それがエンロン。

で、その粉飾決算に手を貸していたエンロンの監査法人もまた、崩壊しました。

それがアーサー・アンダーセン。

これが世界の市場に、そして業界に与えたインパクトは計り知れない。

ホントにホントに、めちゃくちゃ大変だったのよ・・・(汗)。



というわけで、話は東芝に戻ります。

残念ながら東芝さんも、アメリカの子会社などの不正会計が疑われています。

つまり粉飾決算(疑惑)ですよ。

東芝の監査法人は、プライスウォーターハウスクーパース。

超有名、たぶん世界最大級の監査法人です。

あまりにも名前が長いので、ふつうはPwCと略して呼ばれます。

(厳密にいうと、日本での法人名は「PwCあらた」らしい。)

彼らの脳裏には、エンロン事件・・・というか、アーサー・アンダーセン消滅の悪夢がチラついてることでしょう。

決して二の舞になってはならない。

彼らも必死だろうなあ。



監査法人のお仕事。

ひとことでいうのはむずかしいけど、いちばん象徴的なのは、

「会社がつくった決算書類をチェックし、問題がないならないという」

点です。

監査報告書の冒頭に、わかりやすく、「opinion」というのがあってね。

そこで決算書が適正だと思うとか、思わないとか、表明するわけです。

というか実務上は、そこで「適正」と言われなかったら、監査を通ったことにならない。

(そして監査を通っていない監査報告書なんか公表しても意味がないから、適正と書いてない監査報告書は世の中にほぼ存在しない、といってもいいかも。)

東芝 「これでいいじゃん、全部説明したじゃん。何がまだ不満なのさ?」

PwC 「いやいや、これは? こっちは? イマイチ気に入らないんだよね。ちゃんと納得させてよ」

東芝 「だーかーら! これはこうで、あれはああで・・・」

・・・という感じの。

実際にはもっと緊迫して、もっと深刻なやり取りが、今も続いていると思われます。

決算発表の期日を延期する。

これだけで、相当なアウト。

株式市場的には、超アウト。

それがわかりつつ、ふたたび延期する。

さらにアウト。

監査法人がOKしてくれないんです、って理由を説明せざるをえない。

ホントは言いたくないだろうけどね。

延期の理由を説明する義務があるし、なにより。

もし説明しなかったら、よけいに憶測が飛び交い、市場がさらに疑心暗鬼になるだけ。

もっと株価が下がる。

いいことなんかない。

そしてとうとう、監査法人の「適正」意見のない決算を発表したわけです。

わたしの感覚からすると、

「終わったな・・・」

って感じ。

監査法人がOKしてない決算を発表する。

上場企業にとって、これがどれほどヤバいことか。

うまく説明できないけど、信頼は地に落ちます。

いろいろルールにも抵触してるでしょう。

特に、証券取引所の基準を満たしてない。

上場廃止(=株式の売買をさせてもらえなくなる)が見えてきます。

それでもやらざるを得なかった時点で、なんというか、終わってないか・・・?(汗)

たとえは悪いけど、これはイメージ的には、

「マンションが火事。あちこち燃え広がって、もうドアや廊下や非常階段からは逃げられない。

唯一、最上階のベランダにはまだ行けるが、はしごもロープもクッションもない。

さあ、飛び降りますか、やめますか・・・?」

という絶体絶命の状況で、東芝が 「ままよ!」 と飛び降りた。

―――っていう印象を受けます。



上場廃止かあ。

実現するんだろうか。

すでに要注意銘柄にはなってるはずだけど、これは大変なことですよ。

ちなみに>>

上場廃止基準はこちら。

http://www.jpx.co.jp/equities/listing/delisting/

「虚偽記載又は不適正意見等」 という項目がありますね。

ほかにも債務超過とか、有価証券報告書等の提出遅延とか。

引っかかってるんじゃないでしょうか。

かなり深刻な状況です。

もっとも、東証も大きな決断を迫られている。

東芝を上場廃止にすることのインパクト。

それを考えると、ためらうところもあるのかもしれません。

ルールを公平に適用しなければ、自分たちの信用問題になるしね。

どうなるんでしょうね。

みんな固唾をのんで見守っていると思います。







●では、

またね。。。


【22/04/2017 12:55】 社会・時事ニュース | Comments (0)

Pure evil

●かばん

バッグの話をしよう。

たかがバッグ。

されどバッグ。



「理想の△△△」

をずっと、ず~っと(半分くらいは無意識で)追い求めているものって、ありませんか?

生涯をかけて探し続けている、魔法の、完璧ななにか。

探してるといっても、そこまで切実でもないんだけど。

あ。

いやいや、理想の恋人とか、そんなスゴイもんじゃなくってね(笑)。

理想の上司とか、そんな非現実的なもんじゃなくって。

もっと現実的で、身近で、お金で買えるものです。

たとえば、理想のお財布とか。

バッグとか。

靴とか。

タオルとか。

冷蔵庫とか。

Tシャツとか。

超高級なあこがれのブランド品がほしいと思うのとは、ちょっとちがうと思うの。

そんな大それた?望みじゃない(笑)。

人によってちがうと思うけど、毎日ふつうに使うもの。

いま持ってるものもそれなりに気に入ってはいるんだけど、

「ここはこのままでいいけど、こっちのポケットがもうちょっと深かったらいいのに」

みたいな、ちょっとした注文(文句)はあったりしますよね。

そういう、「ワタシの願望と要望をすべて満たした、自分的な究極のなにか」。

あはは。

けっこうこれって、よくばりなのかもしれません。

そしてこれが、かばんや服をどれだけ持っていても、新しいものを買いたくなる理由かも(笑)。



ここ何年か、そして今もですが、わたしがほしいのは理想のリュックです。

自分にとっての、究極のリュックサック。

たかがその程度のものですが、これが、なかなか見つからない(笑)。

通勤につかえる程度にはオシャレというか、カジュアルすぎないもの。

つまり男物っぽすぎもせず、登山用みたいなゴツイ見かけてもなく。

できれば少々女性らしい色とか、デザインであってほしい。

細身の縦長デザインだと奥に入ったものを出すのが大変なので、気持ち横幅広めが望ましい。

丈夫で、かつデカイこと。

どのくらいデカイかというと、容量25リットルでも足りないぐらい(汗)。

30リッターぐらいはあってほしいなあ。

・・・ええ、はい。

この容量が必要な時点で、女性向けのかわいいリュックはぜんぶボツになります(汗)。

(((((((;´д`)))))))

山岳用みたいなのしか、ほぼ残らない。

普段からわりと荷物が多いのと(カメラを積んでるから)、あとは帰宅前の買い物ですね。

手にレジ袋をさげて歩くのがいやなので(というか痛い)、買い物はぜんぶリュックに入ってほしい。

それから、なんだっけ。

荷物が半分以下しか入ってなくても、ポンと置いたときに自立するもの。

これ、あたりまえのようですが、なかなかむずかしい。

くたっと上半分が折れたり、自立せずにずるずる倒れたりしがち。

あとは、ポケットがいろいろあること。

脇ポケットが、リュックをしょったまま前から腕を回して、ものを取りやすい位置にあること。

裏地が真っ黒ではないこと。

リュックに限らず、バッグもお財布も、わたしは裏地が黒いものは好きではない。

汚れが目立たないとかどうでもいいから、頼むから、明るい裏地にしてくれと思う。

ピンクでも黄色でもいい。

真っ黒や濃い茶色でなければ、色はなんでも。

だって黒い裏地だと、中身が見えないのよ・・・(汗)。

若いころは裏地の色なんて気にしたことがないから、これも年齢ゆえかも。

そしてリュックだけに、背中に触れる部分の通気性とかクッション性。

ショルダーストラップが肩にやさしいとか、そういう部分も重要になります。

(なで肩なので、ずれ落ちて来ないかどうかもポイント。)

ね?

こうやってリストしてみると、注文が多すぎてわがまま(笑)。

フルオーダーメイドでもしろよ、って世界です。

以上の条件をすべてクリアして、なおかつ、わたしに買える値段じゃないと意味がない。

もうね~。

理想のリュック。

わりと何年も探していますが、なっかなか見つかりません(笑)。



同じようなことが靴にも、お財布にもいえます。

理想の△△△。

なんてことない日常品。

でも永遠に巡り合えないかもしれない、究極のなにか。

大それた望みじゃないって上に書きましたが、実は、めちゃくちゃ大それてるのかも。

みなさんにもきっと、あります・・・よね?(汗)







●ねえ

世の中にはなんで、こんな邪悪があるんだろう。

信じがたいほどの真っ黒な邪悪。

凶悪犯罪。

千葉で、かわいい小さな女の子が誘拐、殺害された例の事件のことです。

逮捕されたのが、彼女の通う学校のPTA会長って。

通学時の見守り運動をやってたって。

事件後、彼女の家族のための募金運動すらやってたって。

被疑者には妻も子供もいるって。

PTAやってるってことは、自分の子供もその学校に通ってるんだよね。

子供は被害者の女の子を知ってるかもしれない。

・・・なんというか、言葉もない。

残忍とか、病的とか。

いろいろな言葉が思い浮かぶけど、全部ものたりない。

もともと小さな子供を殺すやつは、どっか頭がおかしい。

それは当然なんだけど、でもこの被疑者の場合はストッパー要素があったのに。

既婚で子持ちで、有職で、学校で責任のある立場にいて。

それだけ社会に、地域に根を張っていて、それでもやるのか。

それでも抑えられない衝動ってなんだ。

邪悪。

無情にも命を奪われたかわいい女の子が気の毒なのは、むろんですが。

被疑者の子供たちのことが、気になります。

小学生でしょう。

同じ学校の児童が犯罪にあって、どれほど怖い思いをしたか。

それで逮捕されたのが、自分たちの父親って。

地獄でしょう。

今も、きっとこれからの人生もずっと。

それを想像するといたたまれない。

加害者は、被害者とその家族だけでなく、自分の家族をも不幸のどん底に突き落とす。

どれほど愚かなのか。

あるいは邪悪。

混じり気のない邪悪。

その言葉が脳裏から離れません。







●では、

またね。。。


【15/04/2017 10:06】 社会・時事ニュース | Comments (0)

熊本の地震から

●あれから

一年なのですね。

あのときの衝撃は忘れがたい。

日本に、地震の脅威のない場所はないのだと。

痛感しました。

今でも避難生活を送っている人たちが、4.7万人以上。

震度7というのは、それほどの事態だったのだとあらためて思います。

自分から遠い場所ではある。

でも、遠い親戚もいるし、お友だちもいます。

復興。

気にならないはずがない。

崩れ落ちた熊本城の石垣。

だけど、それでもなお高々とそびえたつ天守閣。

あれを見たときに、清正公はどう思うだろうか、と。

ぼんやり考えたのも覚えています。

壊れた部分にがっかりするだろうか。

あれだけの大地震でもお城が持ちこたえたことに、むしろ誇らしさを感じるだろうか。

後者だといいな。

そう思います。



一年前。

個人的なことをいうと、いろいろ破綻してました。

しんどくて、精神的にはそれ以上ないほど疲弊していました。

(ついでに、なが~いネット落ち中でもあった。)

他人を思いやる余裕なんか、かけらもなかったと思う。

今は気持ちの上ではかなりちがう。

・・・と思いたい。

だから、なんとなく。

比べるのも変だしおこがましいのですが、熊本の復興を見たい。

がんばってほしいし、応援したい。

雄々しく立ち直る姿を見て、なんだろう、自分もがんばろうと思えるというか。

目標にしたいというか。

思考がおかしいですね・・・。

すみません。







●支離滅裂ですが

タイムアップ。

では、またね。。。

【14/04/2017 06:38】 社会・時事ニュース | Comments (0)

大震災から6年

●早い

もうそんなに経ったのか、と。

あらためて思うのと同時に、迷いますね。

もう6年なのか、まだ6年なのか。

そういえば復興、復興ってあまり聞かなくなったようにも思います。

気のせい?

耳慣れてしまって、反応が悪くなっているのか。

よくわかりません。



昨日、ゲリラお茶会を都内で開催しました。

もちろん『春抱き』の話もしますが、なんというか、どうしても自然と。

話題は、(その時点では翌日だった)震災のことに。

東北出身の仲間もいますからね。

全員、そのときは首都圏にいました。

つまりまちがっても被災者ではないものの、あの揺れを。

あの恐怖を、実際に味わっています。

あれを体験したら、そうそう忘れるものではない。

ニュースであれもこれもリアルタイムで見てしまったし、帰宅難民にもなった。

ひたすら続いた余震も、計画停電も。

物流の大混乱と買いだめ騒動で、空っぽになったスーパーの棚も覚えている。

他人事、ではなかった。

少なくとも主観的には、生々しい自身の体験として記憶にある。

思うことが尽きないのは、そのせいでしょう。



被災者ですらない自分たちが、これだけ影響を受けるのだから。

じっさい被災した方々の思いはいかばかりか。

凡人の想像を絶するものがあるだろうと思います。

軽々しいことを言ってはいけないと思いますが、彼らが忘れられませんように。

生活の再建が進みますように。

ただし、むしろ忘れられたいと願う人もいると聞きます。

「被災者」「被災地」という色眼鏡がいやだと思うひと。

そういうひとは、もしかしたら放っておいたほうがいいのかもしれない。

それもケースバイケースなのでしょう。

難しいですね。



この日が、忘れられることはない。

それはない。

亡くなった方々のご冥福をお祈りします。







●では、

またね。。。


【11/03/2017 11:06】 社会・時事ニュース | Comments (0)

時代が少しずつ

●本日の

びっくりしたこと。

将棋の森内俊之九段が、22期ぶりにA級の座を失ったというニュース。

うわあ。

永世名人です。

つまり、ものすごーく強い(笑)。

羽生(はぶ)世代のスターのひとり。

いや、ちょっとちがうか。

羽生善治さんが、まあ将棋界の史上最強☆空前絶後☆前代未聞のモンスターだとして、ね。

(彼が歴代最強だと思っていないひとも稀にいますが、一般的にはやっぱり、羽生さんがナンバーワンでしょう。)

その羽生さんに、小学生のころからライバル認識されてきた人。

羽生さんよりも先に、永世名人の資格を獲得した人。

それが、森内さんです。

うむむ。

そんな彼がA級陥落というのは、ショック。

衝撃的ではあります。

最強の 「羽生世代」 もたしかに、今では46歳前後。

将棋界のこれまでの常識でいえば、とっくに全盛期をすぎています。

そろそろ頭脳と体力の衰えが表面化するころ。

・・・とか言われつつ、なんだかんだ、君臨し続けてるんですけどね。

「羽生はいつになったら弱くなるんだ!?」

とか、思ってるひとはいっぱいいると思う(笑)。

望んでるとかじゃなくて、驚嘆してるって意味で。

いや、もうすでに。

全盛期に比べれば、持ってるタイトルの数も減ってる。

超スーパースターの常で、ちょっと負けが続くと、

「羽生はもうダメだ」

「時代の終焉だ」

なんて騒がれたりもする。

そう言われつつ、それでも毎回もちなおし、結局だれよりもタイトルを獲っちゃうのが羽生さんだけどね。

「若手は何をしてるんだ!」

いつまでも羽生さんを超えられないなんて、情けない。

・・・つうのが、将棋界の現状かもしれません。

※もちろんけっこうスゴイ若手も台頭してきてはいますよ。ちょっとはね。

というわけで、あれです。

その羽生さんの脇にしれっと、いつもひょうひょうといるイメージの森内さん。

かなわないんだけど、でも、歯が立たないわけでもない。

その彼が、B級かあ。

じわじわと時代は移りゆくってことでしょうか。

ε=(o;´ρ`)o-3ハァ

やっぱりショックだ。



おまけ(笑)>>

完全にネタですが、羽生さんと森内さん。

ネット界隈では、このおふたりの 「毛根」 も驚異的だと評判です(笑)。

なんてったって、40歳代も後半です。

この年になれば、男性は頭髪が・・・ね、ほら。

そこはかとなくうす~く、さびしく、こころもとなく・・・なっていても、不思議ではない。

というか、そうなるほうが普通かもしれん。

なのに羽生さんも森内さんも、みっしりふっさふさなのよ(笑)。

羽生さんは白髪が目立つけど、森内さんはふさふさの上に黒々です。

(染めてるかもしれないけど、どうかなあ。わかりません。)

「こいつらはいったいいつ、ハゲたしょぼいおっさんになるんだよ・・・」

とかなんとか。

見当違いの恨み節はときどき見かけます(笑)。

腕前だけじゃなくて、そんなところにも嫉妬しちゃうみたいね。

( ・´з`・)







●本日の

悲劇。

わたしの常備おやつ、クリーム玄米ブラン。



cream0202_E017233H_L.jpg



cream0202_0518_01L.jpg



こいつらをだね、どういうわけか、(レジ袋ごと)ベッドの端っこに置いた。

デスクの脇なのですよ。

そう、わたしが悪い。

そしてどういうわけか、よろっとよろけて、こいつらの上にドスン。

⌒☆ヽ(。◇°)ノ ドテッ!!

よりによって着地しました。

☆:・.*・.ヽ(T-T )ノ ヽ( T-T)ノ .・*.・:☆

ええ、はい。

なんかもう、粉々ですよ・・・(汗)。

がっくり。







●毎日

わりと今でも寒いですね。

たまに気持ち悪いぐらいぬるい日があるけど、すぐに戻っちゃう。

でも、日差しは日々につよくなっています。

陽だまりの暑さ、すでに感じますから。

もうすぐ2月もおわりです。

(ええ、GOLDの発売もありましてよ。)

3月。

春。

わあ。

今年ももうすでに、そこまで来てしまいました(汗)。

焦る。

なんだかよくわからないけど、焦ります。

では、またね。。。


【26/02/2017 09:37】 社会・時事ニュース | Comments (0)

根本的なこと

●今日は

梅を撮りに行く予定だったのになあ。

おかしい。

うぐぐ。

この時間に自宅にいる時点で、ダメダメですね。

朝から頭痛がしたもので、ついぐうたら癖が出てしまった。

(。-_-。(。-_-。(。-_-。(。-_-。)。-_-。)。-_-。)。-_-。)







●たくさんの

拍手やコメントをありがとうございました。

プレミアムフライデー。

けっこうみなさまのご意見が辛辣でした(笑)。

ですよね、ほんと。



いや、あの、趣旨が気に入らないわけじゃないんです。

「ほんとうに」

「だれもが」

ちょっとだけ早く仕事を終えて外に出られるのなら、ね。

でもそれは、絵に描いた餅です。

(o´_`o)ハァ・・・



ただなんというか、人気取りよね。

あう、それもちがうか。

これで首相の好感度が上がったとは思えないから。

つか、さー。

調子のいい、チープな政策なのが見え見えですよね。

それも企業のほうを向いているわけで、労働者のためじゃない。

そのへんが白々しくて笑っちゃうわけですね。



そもそも、政府が音頭をとってやるようなもの?

はなから法案を通して義務化する気がないなら、ホント、号令をかけただけです。

おしゃれなサイトを立ち上げて、芸能人を雇ってCMをつくったぐらい?

税金のつかいかたとして、それはどうなの(笑)。



つか、それにしても、午後3時からという中途半端さよ(笑)。

せめてやるなら、金曜日はお昼まで、とかにしないの?

半ドン(死語?)なら、けっこうありがたみがあると思うけど。

消費を喚起するために長めのウィークエンドをっていうなら、そのくらい言えや(笑)。

ま、あれよね。

(とくに)金融や証券業界から猛反対を食らって、「午後3時」で妥協したんでしょう。

もし、金曜日のお昼で銀行の送金・決済業務が止まったら・・・?

消費を呼び込むどころか、経済が大ダメージを食らいますね(汗)。



「それより前に、もっとやることがあるはずじゃないの?」

というご意見はたくさんいただきました。

おっしゃる通りですね。

有給休暇をきちんと全部、気兼ねなくとれるようにするとか。

長すぎる残業や、無報酬の残業をなくすこととか。

完全週休二日制を、徹底させることとか。

ブラックバイトの話も、いろいろ聞きますね。

(これに関しては、義務教育で労働基準法を教えたほうがいいんじゃないかと思ったくらい。)

こうしたこととからめて、働きたいひとが働けるように、保育施設を拡充するとか。

(かの「保育園おちた日本しね!」からもう一年なのね。)

労働に関する課題は山ほどある。

ここに挙げたのは、ほんの一部です。

どれも切実で、深刻で、簡単に改善できることではない。

そういう大きな宿題はおいといて、

「まあまあ、とりあえず、プレミアムフライデーでも♪」

といわれても、ねえ。

「はあ・・・」

大半の労働者が冷めているのは、あたりまえじゃないかしら。



ちなみに>>

有給休暇や、産休育休や、保育園の問題。

この手の話題になると、当の労働者のわたしたちの間でも、意見が分かれますよね。

「有給があるからってどんどん使うな」

「産休育休明けで時短勤務とか、ズルい。こっちばっかり負担が増える」

とか、そういうたぐい。

そういう感情はわかる。

めちゃくちゃわかる。

(今は結婚しないひと、子供を持たないひとも多いから、「お互いさま」の理屈も通りにくいしね。)



でも、そういう気持ちになってしまうこと自体が、なんていうの?

その労働環境に問題があることの証拠じゃないかと、思っています。

人手が足りないのよ、つまり。

ギリギリの労働力で回しているから、誰かが休む(早退する)と、それだけでキツくなる。

誰かが産休に入ったからといって、人員が補充されるとは限らないし。

インフルエンザで誰かが一週間やすもうものなら、もう大パニックとか。

余力がないから、とっさの事態に対応できない。

みんな余裕がないから、楽をしてる(ように見える)ひとを恨みたくもなる。

自分だけが損するのはいやだ、って。

まあ人間だし、思うよね。



こういうのって要するに、雇用者サイドの怠慢です。

雇用者のコスト問題を労働者に転嫁して、そこにしわ寄せが来てるだけ。

・・・理屈ではね。

「そんなゆとりはない!」

という経営者の問題なんですが、なんですが、でもね。

労働者のためにパラダイスみたいな環境を整備して、そのせいで会社がつぶれてもね・・・(汗)。

そこのバランスがむずかしい。

脆弱な体力しかない企業のほうが、多いからね。



・・・というわけで。

結論は出ません。

あたりまえか(汗)。







●さて

では、またね。。。


【25/02/2017 14:08】 社会・時事ニュース | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム