盗っちゃだめです。

●TBのお題から

「あなたの好きな発酵食品は何ですか?」

なんでしょう。

普通に・・・味噌かな?

納豆も好き。

(´艸`*)

あまり詳しくないし、ふつうですね(汗)。



そういえば、納豆。

先日コンビニで、久しぶりに納豆巻きを買ったのだ。

それをもぐもぐ食べながら、デスクでぼ~っとPCを見てた。

見てた。

仕事のような、ランチタイムのような。

・・・ら、あうち。

納豆つぶが下の端からポロポロこぼれて、つうっと・・・着てたシャツを直撃(爆)。

ええ。

ヽ( ゜□ ゜;)ノ

おいおい。

おろしたばっかりの、オフホワイトのコットンなんだけど・・・(泣)。

これからクライアント来るんだけど。

。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。

あーあ。

なんてこと。

色のうすい服を着ているときは、ミートソースのパスタを食べてはいけない。

担々麺もやめとけ。

というのは知ってたけど、そうか。

そうかあ。

納豆もダメか。

がっくり。

|||(-_-;)||||||







●りんご泥棒

急増してるそうです。

りんご盗難“去年比13倍”急増のワケは?

本当に、ひどいことをする。

プロの、つまり同業者の仕業だというから、やりきれないよね。

夜間パトロールするぐらいしか、自衛の手段はないというし。

それにはコストがかかる。

労力のうえでも限界があるでしょう。

とりあえずわたしにできるのは、正規のルートからりんごを買う、ぐらい。

正規といっても、駅前の大手スーパーとか。

生協とか、ですけどね。

他にもなんとか、する方法があるなら教えてほしい。

りんご農家を守るために。

りんご、大好きだから。

(((((((;´д`)))))))

りんごに限らず、農作物の盗難ってけっこう多い。

とんでもない犯罪だと思います。

ゆるせないよね。

本当に。







●おお~

うわさの高級食パン 「乃が美」 が、はじめて東京に出店するそうです。

うれしい。

麻布十番って、オフィスに近い。

(*´∀`*)

全国に100店舗以上あるのに、なんで今までなかったかなあ。

激戦地だから?

出店コストが高いから?

知らないけど、わりと楽しみです。

教えてくれたMさん、ありがとうございます♪







●では、

またね。。。


【15/11/2018 00:52】 社会・時事ニュース | Comments (0)

冷たい雨が降る

●今日は

出かける予定だった。

ちょうど涼しいし。

でも、なんか咳がひどくって断念。

うーん。

残念。



「涼しいじゃないか♪」

ヾ(〃^∇^)ノ

やっと、暑さ地獄から解放された高揚感。

このところ浮かれて、相変わらずの ブライチ 出勤してました。

ブラウス一枚。

下にはブラトップ。

真夏と同じといえば同じですね。。。

周囲の通勤客がセーターとか、ジャケットとか、コートとか。

ダウン着てるひともいたなあ。

そういうのを見て 「なんでやねん」 とか思ってました。

(^~^;)

あー。

勝手に涼しい格好をするのはいいけど、風邪をひいたらバカじゃん。

もうね。

(自宅では、逆にフリースとか着てます。極端。)







●風邪・・・

ではなくて、風疹のお話ふたたび。

流行っているそうですね。

今、感染している患者の9割が20歳以上。

・・・つまり、子供の病気ではない。

大人の男性こそ風疹ワクチンを接種すべき理由

感染力が強い。

マスクは効かない。

自覚症状のないケースもある。

世代的に、ワクチンを接種してないひとたちが大量にいるらしい。

30代から50代の男性は、5人に1人は免疫がない。

「子供のころに罹った(だから大丈夫)」

うろ覚えでそういう人もいるけど、あてにはなりません。

わたしも、かかったかどうかなんて覚えてない。

おたふく風邪、水疱瘡、はしか、えっと・・・?

やったような気はするけど、昔のことすぎて(汗)。

親に聞いたところで、それもまた確証は持てません。

さて。

自分がうっかり罹患して、苦しむのはイヤダ。

重症だと入院だし、命にかかわる。

だが、何が恐ろしいって、誰かにうつすリスクです。

いや風疹に限らず、ふつうの風邪だとしても、他人にうつしたくはないけどさ。

とくに妊婦。

前にも書いたと思いますが、「先天性風疹症候群」が怖すぎます。

先天性風疹症候群で亡くなった娘の宿題 同じ思いをする親子を二度と出さないために

妊婦は自衛すべき、は正論だけど、限界があります。

あらゆるリスクに完璧な対策を立てるなんて不可能だし、社会から隔絶して生きるわけにもいかない。

(((((((;´д`)))))))

ワクチンの接種には、お金も手間もかかります。

2度受けないといけないし、一回に数千円から一万円ぐらいかかる。

※自治体が補助金を出しているケースもけっこうある。

先日、ロート製薬が、全社員に無償で風疹ワクチンの予防接種をさせるってニュースになりました。

こういう動きが、もっと増えるといいな。

ね。

理想をいうと、一度で全部カバーできるワクチン、があればいいよね。

インフルエンザとか、はしかとか、おたふくとか、風疹とか。

便利だろうなあ。







●好きだった歌手とか役者とか

スポーツ選手とか。

そういうひとが不祥事とか、そこまで行かなくてもなんかやらかしたとき。

がっかり感は半端ないですね。

覚醒剤とかだと、本当にもう、言葉がない。

「はあ、そうですか・・・」

なにやってんだよ、って。

喪失感、脱力感が凄まじい。

おまえだよ、清原和博。

見捨てはしないから、早く完全に断て。

身ぎれいになって贖罪しろや。

(´-`).。oO...

そして昨日だか、おとといだか。

ジュリーのコンサートのドタキャン。

(わたしは古い、大昔のジュリー限定で、10年ぐらい前に好きになった。おそい。)

それも開始時間の1時間前とか、そんな感じの超ドタキャン。

その理由が、大きな会場がぜんぜん埋まらないから。

つまりチケットが売れなかったってことですが、とんでもねえな。

よく考えるまでもない。

3万人だか4万人だかが入る会場に、売れたチケットは1万人にも満たない。

空席だらけ。

(人気を読み違えてデカイ箱を用意してしまったのは、歌手だけの責任ではなかろう。)

本人、がっかりしたのはわかる。

ガラガラのコンサートをみっともない、と思っちゃうプライドもわかる。

でも、それでも、7000人ですよ?

7000人ものファンがチケットを買って、当日そこにいた。

交通費や宿泊費に、何万円もかけてる人だっているでしょうに。

コンサートのために、新しい服を買ってたかもしれない。

売れないコンサートのチケットを買ってくれた、それは本物のファンではないのか。

目の前に、そのステージの向こう側に。

リアルに存在していたファンの気持ちを、考えなかったんだろうか。

ひとりでも、その場にいるファンに応えようと思わなかったのか。

それを考えることができなかった。

(せめて体調不良とか、嘘でもつけばよかったのに・・・?)

その事実に、失望しました。

失望というか、この気持ちは軽蔑に近いなあ。

こういう人間は好きではない。

こういう人はいやだ。

そう思ってしまうことが悲しいやね。

ジュリーはこれで、その7000人のファンの心を傷つけたんじゃないか。

彼女たちの心を失ったのではないか。

そんな気がします。







●では、

またね。。。


【20/10/2018 18:43】 社会・時事ニュース | Comments (0)

調和と辛抱と理解と寛容がたくさんあっても

●TBのお題から

「どんな願いも3つ叶う魔法のランプを手に入れたら、何をお願いしますか?」

3つ、とは欲張りね(笑)。

わたしならたぶん、ひとつでも御の字だと思うわ。

( ̄▽ ̄O)☆

というわけで、みっつ。

①家族(両親、弟夫婦、甥っ子ちゃん)の健康と幸せ ヽ(*´∀`*)ノ

②小鳥さんの健康と幸せ (*´∀`*)

③毎週うちに掃除に来てくれるひと (^~^;)

以上です。







●これは

知らなかった。

倒れたマンガ家と#7119

全国共通ではないみたいですが、それでもありがたい。

救急車を呼ぶか呼ばないか、死ぬほど迷った経験はありますから。

救急サービスを濫用するつもりのあるひとなんて、めったにいない。

でも、素人にはわからない。

今そこにある痛みや苦しみが、生死にかかわるものかどうか?

わかるわけがないよ。

救急車を呼んでいいものなのか、そうじゃないのか。

そういうときに、たとえ電話越しでも、プロに相談できるのはいい。

こういうサービスが、全国に広がりますように。







●なんとなく

CS(プロ野球)を見てます。

いや見てるじゃなくって、追ってるかな。

ニュースで。

日本ハムがあっさり敗退してしまったので、ちょっとつまらない。

吉井理人コーチが(2度目の)退団するのは、すごくショック。

本人も不本意らしい。

好きなんだけどなあ。

栗山監督と合わないんだろうか。

(^~^;)

翔さん(中田翔選手)が残ってくれそうなので、それはうれしい。

世間ではオラオラ系の代名詞。

かつての清原くん(悪評ばっかりの番長だったころ)2号、みたいにいわれてる。

本人もわりと意図的に、コワモテキャラを演じてる。

でも、ホントは全然ちがうと思うのよね。

翔さんは何しろ、チームに慕われている。

他のチームにもいっぱいファンがいる。

なんつうか、結局いいやつなんだろうなあ、と思わせる。

生い立ちも泣かせるが、監督やチームメイトへの気持ちも熱い。

田舎のヤンキー。

いや、その通りなんですけど。

でもヤンキーってシンプルな家族への愛情とか、義侠心とか、ありますよね。

仲間は守る、みたいな。

翔さんはそういう価値観で生きてるんだろうな、と思う。

だからファンにも人気があります。

日本ハムに残留してほしい。

(*´∀`*)

広島と巨人のCSファイナル。

どうでもいい。

―――といいつつ、やっぱり気になります。

去年はベイスターズの大逆転劇に、大騒ぎしました。

あれは凄かった。

(〃∇〃)

退任の決まった由伸監督の率いる巨人は・・・よわい。

う~ん。

弱い。

最初の試合は、広島の横綱相撲でした。

先制して、追加点を取って、ダメ押しして、エースが好投。

つけ入るスキのない試合運び。

3連覇の王者は貫禄がちがうね。

今日の試合は、息づまる接戦。

がっぷり四つだけど、巨人がじわじわと前進してる・・・つもりだった。

まあ、マツダで1点リードで、勝てるわけないけど。

8回裏に広島が本気を出して、4点奪取。

鮮やかな小手投げ。

9回表の巨人の攻撃を抑えて、はいおしまい。

お見事です。

( *゚w゚)

日本シリーズは広島と、西武の殴り合い(乱打戦)になる・・・かな?

それはそれで楽しいかも。







●答えの出ない

問題、かもしれません。

移民じゃないと言うけれど

わたし自身が、自分が選んだ外国で長いこと暮らして来たし。

そこでは、移民予備軍だったわけですし。

そこ以外でも、移民国家と呼ばれる国で生きてきた。

受け入れてもらってた、と思う。

とくに不利益をこうむることなく、ふつうに生活できていた。

だからね、なんでもかんでも外国人ダメ、とはいいたくないの。

自分がよその国に入って行くほうは良くて、外国人を受け入れるのはダメ、とはいいたくない。

でも、さ。

でもやっぱり、疑問は残る。

不安はある。

日本は今から移民国家になれるんだろうか、とか。

外国人の労働力はほしいけど、それ以外はノーサンキュー、って。

そんな都合のいいことありなんだろうか、って。

日本って、世界的に見ても珍しいぐらい、単一民族に近い国なんですよね。

日本人(国籍)のうち、日本人(民族)じゃないひとの割合が、とても少ない。

以心伝心とか、気配りとか、空気を読むとか。

日本人特有のメンタリティは、そういう 「みんな同じルーツ」 から来てることが多い。

よくも悪くも、ね。

外国人にとって、それは見えない大きな壁だろうなあと思う。

言葉の壁だけでも、めちゃくちゃに大変なのに。

来るほうも、大変。

受け入れるほうも、きっとすごく大変。

しんどいでしょう。

これから本格的に、外国人労働者が増えるとして。

受け入れるほうは、準備ができているんでしょうか。

何万人とやって来て、住む場所はあるのか?

文化や宗教のちがいに配慮した食べ物は、手に入るのか?

地元の住民とのコミュニケーションは、大丈夫なのか。

ヨーロッパの移民問題を見てきてるので、不安ばかりが先行します。

来るほうも、受け入れるほうも。

どちらにも相当な覚悟がいると思います。

多民族国家。

一夜にしてできるものではありません。

大変だよ。







●では、

またね。。。

【18/10/2018 22:45】 社会・時事ニュース | Comments (0)

言い訳でしかない。言い訳ですらない。

●おお・・・

晴れた。

晴れてる。

(^~^;)

なんか久しぶりな気がします。

このところ雨ばっかり、という印象でした。

よかった・・・かな。



「最近、ぜんぜん写真とってないんじゃ?」

というようなコメントをいただきました。

(--;)

暑いうちは、はっきりいって死んでました。

写真どころではありません。

ちょっと涼しくなったから、カメラを取り出してみよう。

うん。



職場のおっさんに借りた(勝手に押しつけられた)、くだんのライカ。

Leica M4 ・・・だわね。

※ドイツ製の超?高級フィルム式カメラである。もちろんアンティーク。

(かるくヤフオクで調べてみると、ぶっ壊れてるものですら5万円とか。最高値で30~40万円ぐらい。)

こいつも試さねばなるまい。

といっても、フィルムをまず買うところからですね(笑)。

そもそもイマドキ、どこでフィルムを買うのか。

たぶん、コンビニやその辺のスーパーにはないですよね。

家電量販店なら、あるんでしょうか。

知らないぞ。

中古カメラを取り扱っている専門店に持っていって、使用方法を聞いてみようかしら。

取り扱いかたもろくに知らないのに、なんでライカなんだ。

重たいんだよ、ホントに。

実際に重量もあるし、わたしにとっても荷が重い。

身の程知らずでござる。

うぐぐ。



オフィスで断ればよかったでしょう? とはいわないで(笑)。

なんの前触れもなく、事前のお伺いもなく、ある日突然ですよ。

貴女を (カメラ好きの) 同志として信頼してこれを貸す、と。

重たい古いカメラと、レンズが全部で3本。

合わせて5キロ以上にもなろうってシロモノを、勝手に持ってきたおっさんです。

(おっさんはカメラマニアで、このライカM4だけで4台もってるそうだ。金持ち。)

アンティークの本革製のキャリーケースつきです。

(そのケースだけでおそらく、重さ2キロはあるだろう。)

いやいや、いや。

ありがたいけど、ありがた迷惑。

超いらない。

しかし善意のかたまりなので、どうにも拒否できず・・・(汗)。

(^~^;)

ボディ重量が500グラムのデジタル一眼レフですら、今では重たいと思ってるわたしなのに。

高級アンティークカメラテロ。

・・・あぐ。







●うさぎを

ケージから出したのが気に入らない、と。

言い訳をしたのが許せない、と。

父親が子供をなぐって、殺したそうだ。

「しつけのつもりだった」

―――ほんまに、反吐が出るよね。

この手の事件が多すぎる。

本当に、おおすぎる。

虐待。

という言葉すら、甘すぎる気がする。

れっきとした傷害致死でしょう。

自分に保護責任がある子供に、手足や言葉で暴力をふるう輩。

それを 「しつけの一環」 というやつらは、全部もう有罪でいいよ。

父親だとか、母親だとか関係ない。

情状酌量にはならない、全然ならない。

全員、もう無期懲役で。

それでいいよ。



親だってふつうの人間で、特別によくできた聖人ではない。

・・・うん。

カッとする、腹を立てることだってある。

・・・うん。

子育ては思うようにはいかない。

・・・はい。

でも、それでも。

虐待は別次元だと思う。

子供を口汚くののしったり、力まかせに引っぱたいていいはずがない。

子供だもん。

自分にとって、対等な相手ではない。

自分が絶対に負けないと、腕力では勝つと決まってる相手に、暴力をふるう。

それは、いじめだろう。

弱いもの虐め。

最悪。

どんだけチキンなんだよ。

それは傷害罪に問われるべき行為だ。



「叱る」 と 「怒る」 の区別がつかない親。

自分のプライドがいちばん大事で、子供相手に本気になる。

なるなよ。

情けない。

脆弱な自尊心を抱えているんだと思いますが、だからって許されることじゃない。



邪悪な子供っていうのは、もしかしたら、稀にいるかもしれない。

育てにくい子供は、確実にいると思う。

でも、それでも、暴力はダメ。

絶対にダメ。

我を見失うほどカッとなったら、負けだ。

いや、あれかな。

カッとなってもしょうがない場合はあるけど、暴力に訴えたらだめだ。

相手は子供なんだから。



個人的には、仮に例外があるとしたら、非常に特殊な場合。

親と子に体格の差がなかったり、あるいは子供のほうが体格がよかったりして。

それで親に対して、暴力をふるってくるようなケース。

バットで殴りかかってくるみたいな、生命の危機を感じるような場合。

・・・自衛という意味でなら、暴力はやむを得ないかもしれない。

特殊すぎますね。。。



「しつけの一環」 は、もう聞きたくない。

小さな子供が死んで、それで親がそういうのがホントに許せない。

嘘つけ。

アンタ自分が腹を立てて、思いっきり暴力をふるったんじゃないか。

都合よく正当化するな。

暴力はだめだ。

何があろうとだめだ。

自分の子だろうと、他人の子だろうと、だれかその辺の大人だろうと。

同じなんだよ。

殴りかかっていい相手なんかいないのだから。

ねえ。

小さい子が亡くなるニュースは、見たくないよ。

もう見たくない。







●では、

またね。。。


【23/09/2018 16:20】 社会・時事ニュース | Comments (0)

ねむねむ・・・

●お天気が

変ですね。

すごく変。

しめってる。

猛暑ではないけど。

そうか、台風が来るのか・・・(汗)。







●ねむくって

まるであきまへん。

寝るべきときに寝られないのに、それ以外のときに眠くなる。

昼夜逆転。

ダメですねえ。

(--;)

でも、がんばろう。

秋だし。

ですよね?







●中村福助

5年ぶりに、歌舞伎座の舞台に立ったそうです。

まだまだリハビリなどありそうですが、まずはめでたい。

本当にめでたい。

よかった。

まずは1か月、無事に舞台をつとめてほしい。

何事もないように。

うまくいきますように。

元気でつやっぽい歌右衛門になる日を、待ち望んでいます。

いつか、きっとね。







パワハラ

今年は、スポーツの世界におけるパワハラがキーワードか。

日大アメフト部。

ボクシングとか、あとはなんだっけ。

体操か。

実績のある、カリスマをもった指導者と、信じてついていく選手たち。

・・・と書くと、聞こえはいいけど。

その実態が、とんでもないケースも多いのだという気がします。

いじめや、体罰や、しごき。

えこひいきや、横暴や、理不尽なむちゃくちゃがまかり通ってしまう世界。

ひと昔前の高校野球(今もかもしれないけど)。

体質的なものや、伝統という名の悪しき習慣。

外部がチェックしにくい、密室でのあれこれ。

うまくなりたい、強くなりたい、レギュラーに選ばれたい、認められたい。

そういう気持ちを抱える選手たちが、いとも簡単に被害者になっていく。

変えるのは、きっと大変です。

でも、昔ながらのやり方はもう通用しないよね。



「エースをねらえ!」の宗方コーチ。

現代にもし存在していたら、あっという間に懲戒処分でしょうね。

場合によっては、刑事事件(傷害罪)に発展するかもしれない。

・・・うむむ。

夢も希望もないけど、でも実在したら、そうなりますね。

おそらく。

昭和のスポ根マンガ系は、みんなアウトだろうなあ。

指導のためであっても、ダメなものはダメ。

相手がまだ未完成の、やわらかい心を持ったひとりの人間だと、認識しなくてはならない。

リスペクト。

自分ではない他者への敬意。

結局は、そういうことだと思います。

あなたの生徒は、あなたの生徒でしかない。

あなたの子供ではないし、あなたの下僕でもないし、あなたの支配下にあるわけではない。

教育者は、教育者でしかない。

そういうことですね。

では、またね。。。



【02/09/2018 23:59】 社会・時事ニュース | Comments (0)

起きるひと、起きられないひと

●朝型、夜型

TBのお題に、こんなのがありました。

「あなたは朝型、それとも夜型人間?」

ええ。

もちろん、わたしは思いっきり夜型です。

ずっとそう。

ヾ(´▽`;)ゝ

体質だろうとは思っていたけど、最近になって、こんな記事を読みました。

医学的に、専門的に、こんなに明快に説明されたのは初めて。

ホント初めて。

目からうろこ、でした。

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*


記事>>

「朝が苦手」は遺伝かも…無理な早起きは事故やうつ、心疾患のリスク 夜型の人に理解を!


真夏の怪談! ゾンビのごとくよみがえる「サマータイム法案」が健康を脅かす


睡眠時間を削られるとダメだけど、朝早く起きるのが苦でもなんでもないひと。

夜更かしはできるし、睡眠時間も少なめだけど、朝起きるのが極端に弱いひと。

ね。

脳みその中の体内時計の働きで、そうなっているって。

体質的なもので、そうそう簡単に変われるものじゃないって。

こういうことだったのかあ。

正直、もっと早く知りたかったです(笑)。

ねえ。



だらしないとか、やる気がないとか。

夜型=夜更かしタイプの人間は、とかく非難をあびがちです。

はい。

全部、わたしです(汗)。

朝はやく起きる=しゃんとしている、美徳。えらい。勤勉。やる気。

そういう価値観が、社会に蔓延してる気がする。

・・・のは、わたしの被害妄想でしょうか(汗)。

(^~^;)



「朝、ほんの1時間ほど早く起きるだけでいいのに!」

「満員電車も避けられるし、人のいない静かなオフィスで、コーヒー飲みながら仕事がはかどる!」

「なんで、そんな簡単なことができないの?」

いや、無理。

ホント申し訳ないけど、できません。

簡単どころか、無理難題なのです。

(((((((;´д`)))))))

そもそも 「早寝」 ができない。

いつもより早めに就寝したとしても、寝られません。

まったく睡眠はやってきません。

眠くならないのだから、どうしようもない。

睡魔が来るのを、じっと1時間、2時間、3時間・・・と、ただ待つ。

うーん。

※不眠症ではない。

たまに神経がとがっていてそうなってるわけじゃなくて、いつでも、そうなのね。

夜型人間って、そういうもの。



やがて、当然ですが、

「眠れもしないのにこんなに何時間も待つとか、時間の無駄じゃんか」

バカバカしい。

そう気づいて、眠るためのアホな努力をやめてしまいます。

「眠くなったら寝ればいいや」

そう思うようになる。

というか、そうならざるを得ない。

眠くなるまで起きてるので、どんどん夜更かしになります。

午前3時とか、4時とか。

そのぐらいの時間にやっと、眠くなったりします。

そんな生活をしてたら、朝なかなか起きられないのは当然ですね(汗)。

うにゅにゅ。

悪循環です。



別にわたしは、

「ほら見ろ! お医者さんがいってるんだ! 起きれないわたしは悪くない!」

と声高にいいたいわけではないです。

医学的にどうだろうと、たぶん社会は、夜型人間にやさしくはならない(笑)。

早起きがえらくて、尊くて、勤勉で、すばらしい。

・・・という価値観は、揺らがないだろうと思います。

(^~^;)



でも、さ。

とにかく朝ダメダメで、ときどき遅刻もしちゃう人がいて、さ?

しょうもないなあ、と周囲から思われているとします。

だけど、もしその人が真面目に仕事をしていて、残業もいっぱいしてるんだったら。

戦力になってるのだったら。

朝に弱いぶん、夕方から夜にかけて挽回しようとしてるって。

そのひとなりに必死に、懸命に仕事をしてるって。

そう思ってもらえるといいなー。

不真面目じゃないのよ(笑)。

わかってほしいなあ、と思います。







●もひとつ

日本の某ぷりんせすの話です。

未だによくわからないのですが、世の中には、彼女の破談を望んでいる人がそんなに多いの?

ホント?

なんで?

まるでもう、結婚はない、かのような最近の報道にビビるわたしです。

わたしがどっか見落としてるんだろうか。

「婚約者じゃない」婚約者のあの男の子、なんか非があるの?

スキャンダルと呼ばれているものは、すべて彼の母親にまつわるものですよね。

いや、ええ。

借金トラブルはよろしくない。

普通はない。

それはわかります。

が、彼自身のものではない・・・ですよね?

それも、その母親の当時は恋人だった人が、マスコミにいいたい放題。

何でもかんでも、週刊誌にしゃべりまくってる印象なのですが、ちがう?

これ、とんでもない男だろ。

こんな男に引っかかった母親が悪いという、そういう思考回路なのかな?

そもそも母子家庭なのが悪いとか、そういうこと?

お父さんがいないから?

「仮にも皇族の姻戚になるひとたちが、こんなでは相応しくない」

―――ということか。

うむ。



まあ、理想のお婿さんのバックグラウンドではないのでしょう。

それは想像がつく。

だけど、もやもやするのは何でかなあ。

宮内庁とか、そういう人たちは、事前にさんざん調査をしたのだと思うのです。

婚約内定って、正式に発表する前にね。

身元調査をして、本当にまずいことが発覚していたら、諦めろっていってたでしょう。

でも、そうじゃなかったのよね。

たぶん。



庶民のおばちゃんの勝手な感想ですが、どうにもプリンセスが気の毒で。

かわいそうになります。

なんで、ここまでひどいバッシングに遭うんでしょう。

そうまでして、彼女の恋を引き裂きたいの?

皇居で記者会見をしたときの、彼女の嬉しそうな表情。

ふたりの、なんというか、息の合ったやりとり。

ほのぼのしつつ、どこか彼女がリードしてるような感じもあって、

「いい相手を見つけたんだなあ」

と、純粋に喜んだのですが、さて。

風雲急を告げすぎて、どうなるのかさっぱりわからない(汗)。

それともわたしが知らないだけで、本当にお相手がクズなんですか?

それなら、まあ、しょうがないけど。。。



だいたい、仮に破談になったら、どうするの。

プリンセスの幸せは?

幸せをぶっ潰した責任は、誰がとるんでしょう。

交際の段階でつぶすならまだしも、交際を公表した後になって、ですからね。

ネット用語でいうところの、公開処刑みたいなものです。

あんな会見をしておいて、次のお相手を見つけるのは至難の業でしょう。

次の恋ではがんばってね、ですか???

(別に、結婚するのだけが幸せだとはいわないけど。)

どうすんの。

ほんと。



聞くところによると、昔むかし、その昔。

美智子妃殿下が皇室にお嫁入するときにも、すさまじい批判があったそうな。

いうまでもなく、大変に裕福なお家のお嬢さんです。

スキャンダルがあったわけでもない。

それでも、民間の女性が天皇家に嫁ぐということで、バッシングがあったと聞いています。

反対したひとって、ホント誰なんでしょう。

皇族・・・といいますが、正直あんまり数はいないはず。

特定できるレベルで、人数が限られているような気がします。

旧華族とか?

うーむ。

藤原光明子が立后するときの、あの凄まじい反発。

あんな感じ、なんだろうか。

※藤原光明子というのは、いうまでもなく、聖武天皇のきさき、光明皇后のことです。奈良時代。
皇族ではなく、藤原氏出身の皇后の第一号。



プリンセス自身の気が変わって、もうイヤだというならしょうがない。

でもそうでないなら、自ら選んだお相手と結婚してほしいなあ。

月がきれいですよって、電話をくれる恋人ですよ?

そんな恋、人生でもう二度と体験できないでしょう。

諦めてほしくない。

得体のしれない週刊誌の記事ごときで、押しつぶされてほしくはない。

(そもそも、天皇皇后両陛下が、結婚について許可をしてるんですよね?)

本当にそう思います。







●では、

またね。。。


【25/08/2018 20:15】 社会・時事ニュース | Comments (1)

女の子だから。・・・で?

●ところで

いまだに風邪をひいてます。

いや、風邪なのかどうかもわからないけど。

熱はもう出てないけど、咳。

せきせきせきごほごほごほ。

|||(-_-;)||||||

1か月は経ったよね。

うんざりだぜ。







●えええ・・・

いまだにあるのか、こんなの。

昔の悪しき因習だと思ってたよ。

女の子だから? 大学進学も…

女の子だから・・・?

女の子だから、大学に行かなくてもいい???

わけわからん。

女の子。

大学に行かない。

・・・そもそも 「だから」 で繋がってる気がしない。

(^~^;)



わたしの受験のころですら、

※ゆうに30年は前のこと。

「女の子は、四大に行かせると嫁にいけない」

高学歴すぎると逆に就職先がない、とか。

そんな考えは、すでに時代遅れでした。

あったけど。

事実そういう子が友だちにひとりだけいて、

「親が反対するから、短大か、専門学校しか行けない」

といって、みんな絶句した。

マジか、という感じ。

神奈川と東京の話。

クソ田舎の県立高校だったけど、進学率は悪くなかったからですかね。。。



いちおう言いますが、これは選択の問題です。

本人が行きたくないなら、そりゃあ行かないよね。

それはいい。

自由意志なら。

勉強が好きじゃないとか、他にやりたいことがあるとか。

地元にとどまりたい、とか。

その子が自分で決めたことなら、それは尊重されるべきです。

でも。

本人が大学に行きたいなら、行ってほしい。

できることなら、行ってほしい。

経済的な事情で、大学に行かせたくても無理、という家庭もあるでしょう。

それは・・・それは、どうしようもないケースもあるかもしれない。

奨学金だって必ずしももらえるわけじゃないし、返済は大きな負担になるし。

泣く泣くあきらめる、そういう子もいるでしょう。

悲しいが、うむ。

どうしようもない場合はあるだろうと思う。

でも行きたいなら、できるだけ行ってほしい。

がんばってほしい。

「女の子だから」 は、いかない理由にならん。

切実に、そう思います。



なにも、高学歴エリート様になってほしいわけじゃないのです。

(なったら、それはそれでかっこいいけど!)

だって今の時代、超ソロ社会ですよ。

女の子がそもそも結婚する、結婚できるとは限らない。

もはや結婚はあたりまえではない。

女性の5人に1人は、生涯未婚です。

結婚しても、4組に1組は離婚します。

いまどきの男性の多くは、妻に経済力を求めます。

逆玉ねらいとかじゃなくて、夫婦おたがいにお金を稼ごうね、って。

収入のない女性は、むしろ結婚市場で敬遠される。

今って、そういう社会。

ひとりで生きていけるだけのスキル、デフォルトで必要です。

そんで、やっぱり、学歴はないよりあったほうがいい。

学歴がすべてではないけど、決してないけど、学歴はドアを開けます。

若いうちはなおさら。

選択肢が広がる。

可能性が増える。

将来を担保します。

バリバリ働くキャリアウーマンじゃなくても、ずっと働けることが望ましい。

そういう社会になっていると思います。



そういえば、こんな話も>>

もやもやしますよね、これ。

東京医大「入試で女性受験生の点数変更」

受験で、成績のいい女子の点数を意図的に減らす。

そのままでは女子に負けてしまう男子に、下駄をはかせて合格させる。

ある程度の数の男性医師を確保するために、そうしていたって。

(これ、男子の医学部受験生はバカにされてるんだけど、気づいてるんだろうか。)

「そうじゃないと、女性医師ばっかりになっちゃうから」

なんで女性の医者ばっかりじゃ困るのか?

選択する医科が偏ってしまう、らしい。

(外科とか、体力もいるヘビーな専門には行きたがらないらしい。)

結婚や出産で辞めたり、時短になったり、夜勤を嫌がったりするから。

なるほろ。

医者の世界も、ふつうの就職先と変わらないってことだね。

つか、ブラックでしょうこれ。

女性差別以前の問題。

いや、女性差別だけどさ。

(((((((;´д`)))))))

試験での成績はイマイチでも、体力があって、一生馬車馬のように働いてくれそうな男性医師のほうがいい。

だから点数をプラスしてあげるね。

・・・ってさ。

男性諸君は、バカにされてると怒るべきでは。



医療の現場はすでに限界だって、よく聞きます。

慢性的な人手不足。

過酷な労働環境。

でもそれ、女性のせいなの?

ちがいますよね。

ブラック企業の問題と同じ。

教員不足の問題とも、根っこは同じ気がします。

お給料を上げて、もっとたくさん人を採用したら?

結局、仕事に見合う賃金が出てないのでは。

不人気の専門分野に進む医学生には、インセンティブが要りますよね。

ひとつの病院レベルではどうにもならない状態だ、というなら、政府が何かしないとね?

労働環境を改善する。

訴訟リスクをヘッジする。

できることはあると思う・・・思いたいです。



今回のことで、医学部を目指す女子が減らないことを祈ります。

男性医師には、男性医師のよさがある。

(裏口入学はダメですけど、受験の成績と、いい医者になるかどうかは違うよね。たぶん。)

女性医師には、女性医師のよさがある。

医者になりたい女子には、堂々と試験に受かって医者になってほしいよ。

「結婚も出産もしたいけど、だめなの?」

って尻込みしないでほしいです。







●では、

またね。。。


【22/08/2018 21:07】 社会・時事ニュース | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

10月 | 2018年11月 | 12月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。