夕方から雨

●日曜日

昼ごろまでは、湘南はうっすらと晴れてました。

おおむね曇りだけど、頼りない感じ。

買い物には行ける感じ。

その後、パラパラと雨が降るように。

夜になると、わりとちゃんと降雨。

終日そのせいか、まずまずの涼しさでした。

最高気温が24度くらい。

ずっとこんな感じだと、楽なんだけどなあ。

秋よ来い。

なんなら冬でもいいよ。

今すぐカモン。

(屮゚∇゚)屮







●いくばくか

コロナ危機状態に疲弊というか、麻痺というか。

馴れてしまった感はある。

油断はしないけど、数字を見てももはや何も感じない。

ふうん。

そうなんだ。

否応なく、異常なことが日常になってるよね。

やだねえ。



japancorona20sep2020.jpg



japancorona20sep2020a.jpg



japancorona20sep2020b.jpg



そういえば先日、ありましたよね。

国内便の飛行機のフライト中のトラブル。

航空会社が、マスク着用を拒否した乗客を、途中の空港で降ろした事件。

コロナ対策で、何がどこまで要求されるのか。

強制できるのか。

そういうお話。

ネットの反応は、ほぼ99%は彼に批判的でした。

だよなあ、という感じ。

「長い物には巻かれとけ」 がキライなインフルエンサーは一部、彼を擁護してたけど。



一般論として、日本は空気を読めてナンボの社会だ。

同調圧力におとなしくしたがっておけば、騒動は起きない。

公共の場で他人の注目を浴びたり、トラブルメイカーだと思われるのを、極端にいやがる。

そういうわたしたちから見ると、その人の言動は腑に落ちないですよね。

感染症対策の有無、その是非よりも、

「なんでおとなしく、世の中の風潮にしたがっておかないんだ」

「わがままを通して、周囲の人に迷惑をかけるなんて」

とは、まあ、思いますよね。

正直わたしもそう思うもん。

仮に、自分では 「コロナは風邪]「マスクは無駄」 とか思っていたとしても。

仮に不本意でも、世間の空気にとりあえずは合わせて行動するよなあって。

公共の交通機関を利用するなら、ね。

※仮定の話であって、わたしの意見ではありません。念のため。

もしも持病などの理由でマスクができないなら、その旨は説明するよなあ。

トラブル回避思考、ですね。



でも、まあ。

そういうのを迎合 (イコール妥協、イコール敗北) ととらえ、断固拒否するひともいるんでしょうね。

そこ、戦うとこ?

とは思うが、価値観がちがうんだろうなあ。

そこまでは、ギリわかる・・・かも、しれない。

あは。

あえて空気は読まない、というタイプだっている。

しゃあない。

いや、どうかな。

(^~^;)



でも、ね。

公共の、大勢の他者がいる閉ざされた空間で、今このコロナの時代に。

「自分はコロナ持っていないから、マスクはいらない。絶対にしない」

「着用できない理由がある。でも、説明はしない」

と頑なに主張する人は、やっぱり、勝手だと思うのよね。

俺はコロナに感染してないって、断言できないでしょう?

感染者の過半数は、なにしろ無症状なんだもの。

コロナにどのくらい不安を感じるかには、ものすごく個人差がある。

自分や家族が感染するリスクを考えて、心配になる人は多い。

過剰なくらい慎重に、慎重になるのはあたりまえだ。

(それはビジネスも同じ。コロナ感染者を出してしまったら、航空会社は運航できなくなるよ。)

そういう人たちの心情を、理解しようとはしてくれない。

自分のことしか考えてないよなあ、と思います。



では、またね。。。



【21/09/2020 02:21】 社会・時事ニュース | Comments (0)

辞意表明

●どのような

主義信条であれ、右左に関係なく。

病気でやむなく退陣というのは、さぞかし無念であろうと思います。

びっくりしたし、意外だった。

このところ非常に疲れて、というかやつれているのは見えてましたよね。

快癒をお祈りします。



それにしても、なあ。

「健康不安説」 が浮上してから、今日まで早かった。

わたしは個人的に、

「病気とか健康とか、そういうプライベートな問題をつっつくのは・・・」

やめようよって。

その手の報道、なんか居心地が悪かったのよね。

自らいわないかぎり、余計な憶測も邪推もいらんて。

そう思ってしまうのは、自分自身も今年は入院したりしたせい、かもね。

だけど、総理が病院に行ったあたりから、飛ばし報道がすごかった。

情報に近い人には、わかってたんでしょうね。

うむむ。



問題は山積している。

未解決の疑惑も多い。

経済は滞り、コロナは今ここにある。

誰が次の総理になっても、いばらの道だろうなと思います。







●それにしても

暑い

うんざりするほど暑い

もうそろそろ終わりにしようよ。

うにゅ。

|||(-_-;)||||||



では、またね。。。




【28/08/2020 23:05】 社会・時事ニュース | Comments (0)

△8七同飛成

●本日も

異常な暑さでございます。

みなさまはお元気でしょうか。

(。-_-。(。-_-。(。-_-。(。-_-。)。-_-。)。-_-。)。-_-。)

本当にもうね。

へろへろダレダレはらほれひろ。

(。-_-。(。-_-。(。-_-。(。-_-。)。-_-。)。-_-。)。-_-。)

神様、そろそろやめてください。

みんな苦しんでいます。

コロナのうえに酷暑。

ここまで過酷な運命をくれなくても、いいです。

たのむ。

地味に、それなりにマジメに、ふつうに暮らしたいだけなんです。

(--;)







●それにしても

△8七同飛成、だって。

うひょー。

飛車を取らせて銀を取る。

なんか、ものすごくアンフェアな交換だわ。

(^~^;)

(飛車という駒がなにより好きなわたしには、決して理解できない・・・わは。)









ヽ(´▽`*)人(*´▽`)人(´▽`*)人(*´▽`)ノ

おめでとうございます。

しかし、凄い。

藤井聡太棋聖の快進撃は続きます。

無傷の四連勝で、気がついたら王位のタイトルを獲得。

18歳1か月での二冠達成は、史上最年少の記録です。

同時に、八段への昇格も決めた。

こちらも、最年少。

うひゃ。

中年の星、木村王位が気の毒でならない。

が、藤井聡太さんが強すぎる。

すばらしい。

(//∇//)



おもしろいのは、AIとプロ棋士との関係ですよね。

かつてAIはしょぼくて、プロ棋士には勝てなかった。

そのうち、トップ棋士と死闘を演じるようになった。

人智を超えるアルゴリズム。

何億手も先を読むスピード。

飛躍的に進化して、もはやほとんどのトップ棋士が敵わない。

今ではちょっと、なんというか。

棋士の一手一手の良しあしを、AIが判定する世界になっている。

だが、しかし。

そのAIが想定しないような手を、しばしば藤井くんは打ってくる。

あるいは解説者が思いもよらない手を、AIだけが思いつく手を打ってくる。

すごいよね。

どっちが上とか下とか、そういう話ではありません。

藤井くんの知能と感性は、ときにAIをも超越する。

(´艸`*)

しゅごい。



では、またね。。。



【20/08/2020 23:59】 社会・時事ニュース | Comments (0)

ι(´Д`υ)アツィー (この夏11回目)

●それにしても

こんだけ高温多湿でも、コロナはしなないのか。

どうなってるんだよ?

(^~^;)

今でこの状態なら、涼しくなったらどうなるんでしょう。

おそろしい。



最近のわたしは 「今日の感染者数」 にはあんまり意味がないかもしれない、って。

一喜一憂しても意味がないのでは、って。

そんな気がしています。

(少なくても、累計の陽性者数にはあんまり意義を感じない。)

いや、まあ。

この手の数字がどんどん減るならいいのよ。

そういう傾向なら、大歓迎。

でも、現実はそうじゃない。

検査をすればするほど、陽性者は増える。

大規模なピンポイント検査とか、濃厚接触者の一挙洗い出しとか。

いわゆるウォークイン型の (症状があってもなくても誰でもどうぞタイプの) 検査とか。

そういうふうに網をひろく投げれば、そりゃ数が増える。

そういう一斉検査の数日後には、検査の結果がまとめられて発表される。

大きな数字がドン!と出るのはあたりまえ、ですよね。

枠を広げれば、きっともっと増える。

つまり、市中感染が止まらない、という意味でしょう。

政府も自治体も、感染をとめる手段をもっていない。

非常に強い権力と、財政基盤と、やる気があれば別ですが、全部ない。

お金も法律もない。

そもそも、経済を絞め殺す覚悟で感染症を抑え込む気もない。

「強い危機感をもって注視している」

って、見てるだけで何にもしないけどね、という意味だもんねえ。

(^~^;)

まあ、あれだよ。

幸か不幸か、何百人単位で毎日バタバタと人が死ぬ・・・事態には至っていない。

今のところ。

為政者はそれに胡坐をかいているのでしょう。

医療体制は逼迫していない・・・?

それだけは嘘だろ、と思うけど。

んなわけない。

医療従事者、教育・保育、介護や養護施設などの人たちの負担と不安を、もっと見てほしいよね。

感染対策の金銭的、心理的な負担。

病院経営が成り立たなくなるほどの経済危機。

今後もっともっと増えるであろう雇用不安。

たしかに日本では、コロナでしぬひとは少ない。

それ自体はいいことだ。

でも、感染症でしななくても、その影響で生きていけなくなる人は増える。

すでに大勢いるし、今後もっともっと増える。

そういう視点で、政策を考えてほしいと思います。

せつに。







●広島、長崎に

原爆が落とされてから75年。

いろいろな記事や映像を見て、あらためて考える時間が増えました。

「平和」 というきれいな言葉で言い換えられている、戦争の凄惨な現実。

それでいいのか、と思うことも増えました。

各方面に忖度しすぎて、ストレートに伝わっていないことも多いんじゃないか。

考えてしまいます。



では、またね。。。


【09/08/2020 23:59】 社会・時事ニュース | Comments (0)

そろそろ

●そろそろ

が明けるみたいですね、東京。

明日か、あさってか。

やっと! という感じです。

ながかった~。

(^~^;)

自分だけのことをいうと、涼しいなら何でもありがたい。

昨日も今日も、ほぼ25度未満でした。

うひ。

暑いよりは100万倍いい。

(本音をいえば、夏なんぞ二度と来なくていい。)

が、そうもいってられません。

日照時間が足りないと、いろいろ困るものね。

あぢいのキライ。

でも、しょうがない。

いよいよ8月だし。

耐えよう・・・うにゅ。

耐えられるなら。

(((((((;´д`)))))))



ちょっと涼しい7月で、在宅勤務は楽だった。

実にありがたいことだった。

有り難い、ってやつ。

そんな日々も、もう終わりやね。

猛暑の到来・・・だよね。

ぐえ。







●TBのお題から

「買ったまま眠っているものは?」

いやあ。

いろいろあるねえ。

(^~^;)

未使用、未開封の家電とか、自分でもびっくりするわ(汗)。

汚部屋の片づけに活用しようとした、スチールラック。

何年、箱のまま放置されているんだ。

_(_"_;)_

服も、タオルも、バッグも、靴も。

高級品ではないけど、いろいろあって本当にむごい。

もったいない。

あかん。

これは禁断の話題です。







●それにしても

コロナがにくい。

本当に恨めしい。

悪魔だよね。

どっか行きたいよー。

旅に出たい。

切実に。

お友だちと会って、おしゃべりして、おいしいものを食べたいよー。

同僚とも、ずうっと飲みに行けてない。

(飲めないけど!)

コンサートも、お芝居もない。

映画を見に行くのすら、おそるおそる。

もうどのぐらい、楽しいことをあきらめているんだ。

ちょっとしたこと。

あれをしたい、ここにいきたい。

なにげない集まりも、おしゃべりも、その場のノリで食事にいくことも。

みんな、みんな無期限の延期。

がまん我慢がまん。

いつ再開できるのか、ぜんぜんわからない。



ソーシャル・ディスタンスって、さ。

人間が、他者とかかわっていくために必要な 「近さ」 を、奪うってことだよね。

フィジカルな距離感を科されると、精神的にも遠くなる。

心と身体はつながっているんだよなあ。

おとなですら、こうなんだもん。

小さい子はきっと、もっともっとつらいでしょう。

インターネット上でできることは、幸いたくさんある。

でも、人と人とのつきあいがすべて、ネットで維持できるわけじゃない。

リアルに会うこと、言葉をかわすこと。

それを奪われて、なんというか、人間やめますか? の世界じゃないか。

コロナが人間のつながりを断つ。

いいのかそれで。

なんかね、そういう気すらしてしまいます。



japancorona31072020a.jpg



japancorona31072020b.jpg



japancorona31072020c.jpg



うつらない、うつさない。

わかってます。

なるべく地味に、ひっそりと生きてます(笑)。

でも、苦しいよね。

いつまでこんな生活が続くのか。

(ρ_;)。。。

では、またね。。。



【31/07/2020 22:22】 社会・時事ニュース | Comments (0)

非情の雨

●山形県

というか、最上川。

半世紀ぶりの氾濫だそうです。

どこのどんな氾濫を見ても胸が痛みますが、農作物がね。

お米もフルーツも、水につかってしまった。

ひどい。

収穫直前とか、泣くに泣けない。







不幸中の幸いというべきか、人の被害はほとんどないらしい。

NHKのニュースによれば、避難指示が出て、4人にひとりが実際に避難したとか。

これはすごい数字だと思います。

九州の豪の凄まじさを見てしまったから、でしょうね。

あれを見て震え上がらない人はいない。

うう。







●岩手・・・

とうとう。

最後まで、ゼロでいてほしかった。

でも、日本中これだけコロナ感染が拡大していたら、無理もない。

いつかは来る日だったのでしょう。

いじめとか特定とか、そういうのがありませんように。



japancorona29072020.png



japancorona29072020a.jpg



ちなみに、コロナ感染者ふえすぎ。

警戒は怠りませんが、不安は消えません。

こんな状態なのに、出勤してるしなあ。

(最近のわたしは在宅勤務日のほうが多いけど。)

感染症って結局、個々の人間の自覚次第かもしれない。

ときどき思います。

政府や自治体を責めるのは簡単ですが、結局、ひとりひとりが行動するしかない。

(無策でかまわないという意味ではない。)

経済を回すためにも、予防するしかない。

危機感をみんなと共有するって、ホントむずかしいですけど。

「いいじゃんいいじゃん、大丈夫だよこれぐらい!」

「別に、コロナかかっても風邪みたいなもんっしょ?」

みたいな人がいたら、お役所が何をいってもダメだもんね。。。







●それにしても

涼しかった。

都心で25度とか、そのぐらい。

他のすべてを措いても、すずしいのはありがたい。

(^~^;)



では、またね。。。



【29/07/2020 23:30】 社会・時事ニュース | Comments (0)

右往左往

●これだけ

まいにちが降ると、日照時間が気になりますね。

きっと、足りない。

(--;)

ずいぶんな梅だなあ。







歌舞伎

チケットは取れそうにないなあ。

無事に、慎重に、大盛況であってほしい。

いい意味での先行例になりますように。

せつにそう祈ります。

ほぼ若手ばかりなのは、もしかしてコロナ対策・・・?

人間国宝レベルはみんな、じいさまだからね。

万が一にでもコロナで重症化したら、冗談では済まない。

(--;)



kabuki-aug2020x.jpg







●想像は

してましたが、カオスだね。

ドタバタすぎる。

政府の「Go to キャンペーン」のことです。

唐突に 「やる! 今すぐやる!」 と言い出して、でも情報が出て来ない。

その後も二転、三転して、めちゃくちゃです。

旅行業界を助けるはずが、逆に振り回してない?

みなさん本当に、本当にお気の毒だ。

東京を抜かす。

(ん? 神奈川は? 埼玉は? 大阪は?)

東京ディズニーリゾートは千葉にあるけど、東京のホテル使用も多いよ?

東京発着のツアーを抜かすって、おいおい。

東京発着のツアーがどんだけあると?

直前の催行中止やキャンセルで、旅行会社は右往左往でしょう。

老人や若者グループはダメ。

宴会ツアーもダメ。

・・・うにょ。

老人が多めでそれ以外も混じるツアーは、どうでしょう?

たいていのツアーは、元気が老人がいるよ?

何人ぐらいまでなら許容範囲?

(^~^;)

ねえ。

実施まであと数日しかないのに、このゴタゴタ。

お役所って、ホント変だよね。

条件をつけたい理由はわかるけど、でもさー。

今になってあれこれ条件つけまくって、キャンペーンを台無しにしてません?

業者を翻弄して、何をしたいのか。

なんのための消費喚起作戦なの(笑)。

そんなにコロナ感染の拡大が怖いなら、延期にすればいい。

みんな、不安なんだもん。

それでもなお夏休みを絶対に外せないっていうなら、条件ごり押しするな。

朝令暮改で、みんなうんざり。

(^~^;)

あきれた。

よね。



では、またね。。。


【17/07/2020 22:55】 社会・時事ニュース | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

08月 | 2020年09月 | 10月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。