イチローくん

成績は・・・ちょっとさびしい。

打てないよなあ。

正直、年齢なのかと思ってしまう。

言いたくはないけど。

それでもマリナーズのスタメンとして、日本に来ています。

※今のところは、日本の野球チームとの練習試合ね。

メジャーの球団が、日本でレギュラー・シーズンの開幕試合をやる。

それ自体がイベントだ。

すごいことだ。

いいたくはないけど、イチローくんの引退の花道として、チームが用意してくれたんだろうな。

と、思うよね。

やっぱり。

寂しいとは思うけど、同時に、それをしてもらえるほどの選手なのだと。

レジェンドだもんなあ、と思う。

あらためて、イチローくんは凄い。

すごいと知ってるからこそ、今の打てない状態は見たくない。

そうも思っちゃう。

複雑よね。

(^~^;)



マリナーズのお相手は、アスレティックス。

こちらは日本ハムと対戦しました。

このチームは強い。

うぬ。

それは、昨年ずっとエンジェルズを見てたから知ってる。

日本ハムはわりとあっさり負けました。

まあ、ね。

そんなもんでしょう。

しかし、ちーちゃんが好投してびっくり。

ちーちゃんというのは、ベテラン金子投手のことです。

4回を投げて9奪三振って。

メジャー強豪を相手に、出来すぎの出来栄え。

メジャーに行きたかった人だもんなあ。

昨シーズンまでオリックスのエースでしたけど、いろいろとゴタゴタ契約でありまして。

すったもんだの挙句、日本ハムがお安く手に入れた。

・・・ま、そんな経緯のひと。

我ながら現金ですけど、オリックスのちーちゃんはキライでした(笑)。

かっこつけマン。

そんな感じの人なので(笑)。

※小学生みたいな悪口ですまん。ごめん。

が、不思議なもので、ひいきのチームに来てくれた途端、たのもしい(笑)。

なんともいえず、たのもしく感じます。

ちーちゃん、素敵♪

ヾ(´▽`;)ゝ

先発投手の足りない日本ハムで、どうぞ存分に活躍してください。

がんばってほしいわ。







●ニュージーランドの

クライストチャーチ。

というと、これまで日本のメディアで話題になったのは、地震だったと思う。

覚えている方も多いでしょう。

東日本大震災の少し前に、大きな地震があった。

日本人の留学生が大勢、被害にあった。

教会やビルが倒壊して、大変なことになっていました。

その報道が続いているときに、あの大震災が起きた。

日本の地震のすさまじさに、ニュージーランドの地震は吹き飛んでしまった。

そういう印象があります。



そして今回、起きたこと。

モスクでの銃撃テロには、戦慄しました。

何が起きたのか、どうして起きたのか。

どれだけニュースを聞いても、読んでも、脳内で理解できない。

理解したくない、のかも。

友人の出身地ですが、のどかで落ち着いた街だというイメージしかない。

ビデオゲームみたいなノリで、実況しながら、銃を乱射しまくる・・・?

何十人もころしてしまう。

女性も子供もいるのに、なんの見境もなく?

そこにいる人たちに、なにか恨みがあるわけでもないのに?

※恨みがあったら殺戮が許されるわけではない。念のため。

意味不明。

まったくもって意味不明。

理解不能。

もっとも、この虐殺劇を 「理解」 できる人にはなりたくない。



イスラム教徒と、イスラムを騙ってテロ行為を働く輩は別物だ。

まったく別だ。

それを混同してはいけない。



メインストリームの報道ではさすがに見せていないけど、ネット上にはあふれている。

・・・らしい。

犯人が自ら撮影し、インターネットに中継した映像。

見たくないし、見るつもりもないけど、あれだよ。

わたし程度のネット知識があれば、簡単に見られるところに、それはある。

(あった、かもしれない。今は削除もされてるだろうけど、さらに拡散もされてるでしょう。)

世界中で、誰でも、それが見られる状態にある。

大人だけじゃない。

子供が好奇心に駆られて、見てしまう・・・よね。

つかもう見たよね、おそらく。

なんというか、しみじみと恐ろしい。

とても恐ろしいことだと感じます。



ヘイト。

その対象が人種なのか、宗教なのか、その両方なのか。

人を人と思わないからこそ、虫けらのようにころせるのでしょう。

人間らしい感情がない。

それと同時に、こんなことをやったら人生終わりだ、という発想がないのか?

とも思う。

失うものがない人間の犯罪、という側面もあるのでは。

そこには正当化するための、なにがしかの 「正義」 「義侠心」 があったのかもしれない。

それが、どれほど歪んだ思想であっても。

ふと、思い出した。

相模原の例の事件。

障害者施設を襲ったあの大量殺人事件と、似たような感じかもしれない。

闇は深い。



異質なものをおそれ、排除しようとする心理は、多くのひとが持ってる。

それが性的指向でも、宗教でも。

それを抑制するのは教育の役目。

知性と、教養と、想像力。

実際にその文化を知ることでしか、解消されない。

みんな違って、みんないい。

―――それを、だれもが信じられる社会にならなければと思います。







●では、

またね。。。



【18/03/2019 23:07】 社会・時事ニュース | Comments (0)

祈る。

●あの大震災から

8年。

長いか、短いかはさておき、それなりの年月です。

8年というと、もう震災を知らない子供たちも多いでしょうね。

今10歳ぐらい以下・・・いや、今の小学生のほとんど?

もしかすると、生まれていても、記憶がないんじゃないかしら。

ちがうかな。

あの日の、あの日以降の記憶を伝承する、風化させないことがますます重要になりますね。

東日本大震災

その後も、あちこちで大きな地震があった。

たくさんの人が亡くなり、よりたくさんの人が大切な誰かを失った。

まだ復旧していない、できない土地も多い。

復興まで、まだまだ遠いところもあるでしょう。



平成とは何か?

みたいな質問をされると、いやでも災害を思い出す。

昭和=戦争と高度成長

平成=災害とテロ、不況

こんなふうに。

いや、さすがに悲観的すぎですね。

これじゃあんまり救いがない。

いいことも、いっぱいあったはずなのに。



祈る。

大きな自然災害・・・は、来るなといっても来るでしょうね。

残念ですが、永遠に来ないことはあり得ない。

せめて、ひとりでも多くの人が無事に生き残れますように。

今までの教訓を生かし、テクノロジーの向上をばねに、多くの命が救われますように。







●では、

またね。。。

【11/03/2019 21:00】 社会・時事ニュース | Comments (0)

空前の鯖クライシス、略して「サバクラ」

●感謝

スカート(ワンピース)ねたに、アドバイスいっぱい!

ヾ(*´∀`*)ノ

ありがとうございます♪♪

まさかいろいろ教えてもらえるとは思ってなくて、すごくうれしかったです。

革ジャンかっこいいなあ。

持ってないけど、ほしくなりました。

今の時期ならではのファッションですね。

(*´∀`*)



大学2年生ぐらいまでは、スカート派でした。

完全に。

アメリカの大学に交換留学に行ったときに、おやあ?

周囲を見渡したら、スカートはいてる人なんかほぼいない。

全然いない。

細いひとも太ったひとも、とにかく女性はみんなジーンズ。

お、今はデニム?(笑)

制服かってぐらい、キャンパスでの日常は(ほぼ)ジーンズ。

(プラス目だけ厚化粧、ロゴ入りトレーナー、スポーツシューズ。)

ふと浮いてる格好の自分が恥ずかしくなって、人生初のジーンズを買いました。

今でもなんとなく覚えてるけど、ミネアポリスのショッピングモールで。

わたしが住んでた街ではない。

(それは、イリノイ州のド田舎。本当に、ド田舎。)

大学のセンセ(教授)に、連れて行ってもらったんだよなあ。

今かんがえると変に感じるかも?

その週末たまたま、その先生のご自宅に泊まりに行ってました。

週末もキャンパスの寮にいっぱなしの留学生のわたしを、だね。

「今週末は実家(自宅)に帰るけど、一緒に来ない?」

みたいに誘ってくれるクラスメートや先生が、わりといました。

みんな、いいひとなのよ。

気軽に誘ってもらってたし、こっちもわりとほいほいついて行ってました。

牧歌的というか、性善説よね(笑)。

アメリカとカナダ留学中、いったい何軒のひとん家に泊まったのか?

数えられない、覚えてないです(笑)。

びっくりするほどの豪邸もあったし、その逆もあった。

嫌な思いをしたこともあるけど、危険や悪意にさらされたことはない。

アメリカ中西部、というのがミソ。

本当のアメリカの懐に飛び込んだ、そんな気がしています。

この話をするとエンドレスなので、やめておこう。

振り返れば、めちゃくちゃ貴重な体験を山ほどしました。

(*´▽`*)♪







●目がかゆい

花粉症ひどいよね。

この記事を読んで、すこし勉強になった。

花粉症の目のかゆみ 人工涙液と目薬の二刀流で

アレルギー性結膜炎の目薬は、買った。

これを使うようになって、若干ですが酷いかゆみは軽減しています。

あと、人工涙液かー。

これは明日さがそう。

うむ。







●サバ缶

品薄のうえに、価格が高騰しすぎ。

オサレな新製品が出る一方で、サイズはどんどん小さくなる。

おいおい、笑えない。

ヾ(´▽`;)ゝ

もともとサバ好きで、貧乏人の味方サバ缶だいすき(笑)。

そういう従来のサバ缶ファンには、昨今の鯖ブームは忌々しい。

腹立たしい。

なんもいいことない。

ふつうのさ、容量が多くてやっすいサバ缶どこ行った?

市場から消えたよね。

(((((((;´д`)))))))

むっかつくー。



そもそも、あれです。

サバ缶に限らず 「女性向け」 「女性受け」 のために何でもかんでも小さくする。

オサレなパッケージにして、値段を上げる。

・・・そういう風潮が、大きらいだ。

バキッ( `o´)ノ)゜3)゜∵∴ブハッ

見栄えだけよくて、中身がすっからかん。

ぼったくりって言わない、それ?

女性がみんな、そんなのを喜ぶと思ってるのか。

全員、そこまでアタマヨワイとでも?

バカにするのにもほどがあるぜ。

ふん。







●では、

またね。。。


【10/03/2019 17:56】 社会・時事ニュース | Comments (0)

できれば晴れやかで、明るい文字を

●へ?

TBのお題から。

「平成の次の年号は?」

知らない。

どうなるんでしょうね。

あんまり興味ないです。

考えたところで、採用してもらえるわけじゃないし(笑)。

ヾ(´▽`;)ゝ



「平成」 と最初に聞いたときの、

「ああ、お役人っぽいな・・・」

という、妙にしらけた感じを覚えてます。

「無事に、無難に、何事もなく・・・って感じだな。やる気ないんだな」

あの感覚。

あれをもう一度、味わうのかなあ。

ね?

(^~^;)



奈良時代の、ほら。

すごいのありましたよね、四文字の。

天平神護。

神護景雲。

いっそ、これぐらい気合が入ってると楽しいのに。

(*´∀`*)



勝手な予想では 「文」 とか 「慶」 で始まるかなあ、と。

「安」 も可能性あるかな。

なんの根拠もなく、そう思います(笑)。

平成の「H」とも、昭和の「S」とも、大正の「T」とも、明治の「M」ともかぶらない。

今までにこれらの文字をつかった年号がある。

(それなりにいい意味をもつ文字である、ってことね。)

・・・ね、ある程度の条件は満たしてるんじゃない?

えへ。

「結局、考えてるんじゃないか!」

はい。

そのとおりです。

ヾ(´▽`;)ゝ







●では、

またね。。。





【09/03/2019 23:55】 社会・時事ニュース | Comments (0)

花粉ブルー

●単なる

愚痴です。

花粉症です。

薬で、おおむね症状は抑えられてます。

・・・つうのは、何度も書いた(笑)。

ヾ(´▽`;)ゝ

が、それにもかかわらず、かゆい。

目がかゆい。

かゆいのである・・・(汗)。

(ρ_;)。。。

なんだよこれ!

かゆいんだよ!

どんだけ飛んでるんだ!

ォ━━(#゚Д゚#)━━!!

逆切れしてみる。

くしゃみや、鼻ずるずるは抑えられているのに、なぜ。

相応の対応はしてるんですけど、一向に沈静化しない。

花粉、てごわい。

あぐぐ。

雨の日でも収まらないとか、おかしいだろ。

たすけてー。

(ρ_;)。。。







●ゴーンさん

保釈金が10億円って、すごいな。

しみじみ、驚いてしまった。

あらかじめ用意してあったとはいえ、一日で払えるのもすごい。

ケタがちがうって、こういうことか。

文字通り。

保釈の決定は、あれだ。

外圧とか、忖度とか、弘中マジックとか。

そうね、ある程度は、外交的な配慮はあったかもしれないね。

オリンピックは来るし、その前に天皇の即位がある。

世界の目が、日本に向けられる時期ですから。

長期拘留が国際問題なのは、しょうがない。

世界・・・というか、いわゆる欧米社会の現在のスタンダードから見ると、日本は長いのよ。

拘留できる期間が。

裁判の前に、そのプロセス自体が不当だと、言われたくはないでしょう。

人権に対する配慮がないと思われると、今後いつか出る判決の信憑性にもかかわる。

妥当な判断だと思っています。



あ。

別にね、ゴーンさんの応援をしてるわけじゃないよ。

どっちかというと、衝撃ではあったけど、でも

「地検、よくやったなあ」

と思ってます。

でも、推定無罪、という大前提は消えない。

これは近代法制度の原則です。

まだ有罪の判決を受けてもいないのに、極悪非道みたいな報道を見るとね。

なんかおかしくない?

とは思います。



日産があんまり被害者ヅラしてるのも、もやもやする。

でしょ?

それだけの不正があったというなら、気づかないもの?

社長や、取締役たちがあれだけいて、気づかないの?

経理の部門の人たちは?

監査の人たちは?

コンプライアンスなにやってる?

会社のお金がどんどん消えていくのに、誰か声を上げなかった?

不作為の罪。

保身?

黙認?

今の今まで、内部告発がなかったのはなぜだ。

いろいろと内部で闇があって、それをなあなあで済ませ、いざとなったら逃げる。

すべてを一人か二人に背負わせ、自分たちは正義だと言い張る。

本当に、会社に責任はないの?

「ゴーン派がすべてを牛耳っていて、諸悪の根源で、僕たちは何もできなかった」

と、ほかの役員がいうのは、恥ずかしいと思うのよね。

それ、会社の経営の一端を背負っていた人たちがいっていいこと?

うにゅ。



まあね。。。

大企業の不祥事には、今さらおどろかない。

残念ではあるけど。

裁判で、どこまでそれが明らかになるのか。

期待はしてますけど、ね。







●子供の虐待

新しい事件の報道が絶えません。

次から次へと、ひどい話が出てくる。

いま世間の目が厳しいから、よりニュースになりやすいだけ?

児相への通報が相次いでるだけ?

ならいいけど。

いや、よくないだろ。

保護者にいじめられる子供は、一人でも、多すぎる。

保護者に殺されてもしょうがない子供なんて、ひとりもいない。

児相は、

「子供を愛さない親はいない」

「子供にとって、家族で暮らすのがいちばん幸せ」

という前提を、なんつか、捨てたほうがよくない?

ものすごく残念ですけど。



それと、貧困問題とのリンク。

裕福なうちでの虐待がない、とは思ってない。

だけど総じて、どうしても、お金の問題が大きいと思うの。

もっともよく聞くパターンは、若いお母さんと子供たち。

貧困とネグレクト。

強い因果関係があると思う。

そのお母さんが新しい彼氏と同居をはじめて、子供たちが暴力を受ける。

よくある、ありすぎるパターン。

小さな子供を抱えたお母さんが、暮らしていけるだけの収入を得る道はあんまりない。

男性に頼るしかなく、そうなるとどうしても力関係がね。

歪んでいくような気がします。

※世の中にはもちろん、幸せに穏やかに暮らすステップファミリーがいくらでもいるとは思います。

母子だけでも生きていける仕組み。

自立支援。

もっというと、若くて子供を産んでしまう女の子たちの保護もね。

「しまう」と書いたのは、それがカップルが望んだ結果じゃないことが多いからです。

10代の女の子たちの教育から。

(男性にも、同様に教育がいるかもしれないけど。)

そこから、かもしれません。

なんで女性だけ? といわれちゃうかな。

子供を産むのも、結局なんだかんだで人生が変わってしまうのも、女性だからね。。。

そういう女性は、自身が何らかの虐待の被害者だったりしますし。

虐待の根っこを断つ、必要はあると思います。







●では、

またね。。。


【07/03/2019 23:59】 社会・時事ニュース | Comments (0)

時代の変遷

●喫煙

きらい。

喫煙者きらい。

煙草きらい。

大嫌い。

タバコの臭いは害悪。

諸悪の根源。

不幸の元。

これに関しては、いっさい妥協しない。

嫌なもんは嫌だし。

情状酌量はしない。



もしも世の中に、とんでもない奇病、難病があって。

その唯一の治療法が喫煙だ、とかいうなら。

そういう特殊な例があれば、そこは黙認するかもしれないけど。



ですが、あれです。

そんなタバコ嫌いのわたしですら、おどろいた。

いだてんに「受動喫煙シーンやめて」 機構指摘、反発も

おいおい。

ドラマの中の喫煙シーンに文句をいうのは、どうなんだ。

歴史上の事実だもん。

見るのすら不快・・・かもしれないけど、しょうがなくない?

昔はそうだったんだもの。

大人の男はタバコを吸うもの、だったのだよ。

それが、その当時のふつうだった。

いい悪いの話じゃない。

歴史を歪めてはいけない。

わたしが学生のころは、東海道線の車両内に吸い殻入れがあったよ?

4人掛けボックスシートの窓側。

きったないし臭いし、大っ嫌いだったけど。

わたしが若いころは、飛行機の中でもタバコが吸えたよ?

「そういうもの」 だった。

いつの間にか、そういうものではなくなった。

時代とともに、価値観は変わる。

「ふつう」 が変わる。

そういうものでは?



映画 『ボヘミアン・ラプソディ』 の中にも、タバコは頻繁に出てきます。

あれでも相当に、減らしたほうだと思ってます。

フレディがタバコを吸うたびに、

「歌手なのに、タバコ吸っていいの!?」

と思っちゃう人も、きっといると思う。

今の感覚ではそうだよね。

でも、あの頃はみんな吸ってたよねえ。

フレディ(実物)のインタビュー映像を見ると、ふつうに吸ってて心配になる(笑)。

たとえば ぼへ では、あれだよ。

新作アルバムの収録で、ロックフィールド・ファームに滞在する場面。

何にもないウェールズの草原を眺めていたフレディ(ラミ)が、

ぽい!

っとね・・・(汗)。

吸い殻を投げ捨てて、室内に戻るシーンがある。

あのポイ捨てを見るたびに、ひい! っとなります。

あれはヒドイ。

でも、あのシーンでは、あれがきっと自然だったんだろうな。

フレディが吸い殻の行方を気にして、拾ってキッチンに持って行くと思う?

携帯用吸い殻入れを持ち歩いてると思う?

せめて空き瓶の中に入れるとか?

・・・想像してみたけど、しないよね(笑)。

そういうキャラじゃない。

そういう時代だった。



若い子が真似するからやめろ!

それがカッコイイと思ったら、どうするんだ!

そういう声も、きっとあるんだろうなあ。

めんどくさい。

ないない、ないよ。

今の若者は、おおむねタバコ吸わないもん。

べらぼうに高いし、くさいし、何しろ吸ったらもてない。

そう、もてない。

ドラマや映画の中で、派手にふかしてるキャラを見ても、

「昔の人は不健康、かつ無神経だったんだなあ」

って思うんじゃない?

若い人はばかじゃない。

現代の価値観でうごくからね。



50年前の男性の喫煙率は8割超 昭和では「おしゃれ」だったタバコ

タバコがおしゃれだった?

それは、わたしですら知らない(笑)。

白黒映画の世界か。

タバコがオトナのシンボルで、不良のシンボルだった時代なら知ってます(笑)。

うはは。

50年前、日本男性の喫煙率は80%を超えていた。

8割。

なんと。

わが父親は、めっちゃくちゃマイノリティだったってことですね。

(吸ったことは何度かあるようです。)

大学に入ったとき、クラスメート(全員男性)のほぼ全員が吸ってたなあ。

今にして考えると、すごい話だ。

当時は 「そういうもん」 で、特に気にしてなかった自分も信じられない。

(^~^;)

さて、それから半世紀。

2018年の男性の喫煙率は27.8%です。

女性はさらに低くて、8.7%だって。

団塊の世代がゆっくりとあちらの世に行くころには、喫煙者はもっと減る。

いずれなくなる・・・かな?

たばこ。

そうだといいな。







●では、

またね。。。


【04/03/2019 22:40】 社会・時事ニュース | Comments (0)

遅延とラッシュ

●はふふ・・・

寒い? 暑い

よくわからない。

でも、オフィスでも電車の中でも、じんわりと暑い日が増えた。

・・・気がします。

三月です。

そろそろ真冬のコートは終わりだよね。

今年の冬は結局、ずっとフリースのコートで過ごしてしまった。

(ぬくくて軽いけど、裏地もないから冷たい風には対応してないヤツ。)

(^~^;)

あは。

今年の冬はって書いた途端に、ドカが降ったりしそう(汗)。

それはやめて。

(((((((;´д`)))))))







●遅延、遅延、遅延の嵐

本当にね、もう。

電車遅延なぜ最近多い!?駆け込み乗車や“自殺”だけではない…ある「理由」とは?

電車遅延は、ほぼ慢性化してると思います。

毎日どこかで、電車が止まる。

誰かがいつも、遅れてくる。

※こんだけ慢性化してると、電車遅延は遅刻の理由にならないよね(爆)。

それを考慮に入れて早めにうちを出ろ、って話だ。

ヾ(´▽`;)ゝ

まあ、1時間は電車がとまる人身事故は、ちょっと別口だと思うけど。

|||(-_-;)||||||

わたしの乗ってるJR某線の場合などは、

「おお、今日は定刻通りに動いてるじゃないか!」

と、無事に移動できると感心するレベル(笑)。

イギリスならともかく、ここは日本なのに。

うむむ。



ちなみに、わたしはここ数年の大幅な遅延の原因は、

「どう考えても、相互乗り入れ(直通運転)多すぎでしょう・・・」

だと信じてます。

北関東のどっかの駅で信号機の故障があって、それで神奈川県を走ってる電車が遅れる。

そんなのばっかり。

遅延理由のアナウンスを聞いて、

「どこだよ、それ・・・」

微妙にイラっとすることも多い。

もともと繋がってなかったはずなのに、無理につなげるから。

まるで長~いドミノ倒しのように、どっか遠いところで影響が出る。

(^~^;)



で、です。

不幸はそこから始まります。

踏切内安全確認とか、お客様荷物挟まりとか、何でもいい。

どこか遠い地で、そういう理由で電車が遅れる。

でもそれ自体はおそらく、5分とか6分とか。

通勤中の社会人にはデカイけど、正直、極端な時間のロスではない。

(・・・はずだよね?)

でも、トラブルはここからです(笑)。

ちょっと遅れたせいで、普段ならその電車に乗らない(間に合わない)お客さんが乗る。

遅延だって情報が出てますから、よけいに

「今ここに来てるこの電車に乗らなくちゃ!」

って思いますよね。

この時点ですでに いつものお客さん + 本来なら1本後の電車に乗ってたお客さん(の一部)。

当然、いつもより混む。

いつもだってかなり混んでるのに、なおさら混む。

そうなると、

①それでもむりやり乗ろうとするお客さんがいて、電車の出発が遅れる。

駆け込み乗車は犯罪にしていいと思うもん、わたし。

②コートや荷物がドアに挟まって、結局それで電車が止まる、遅れる。

これもだいたい、駆け込み乗車がいけない。

③ふだんよりさらに混んでるせいで、誰かが気分わるくなったりする。

今度は 「お客様救護のため」 に電車が止まります、遅れます。

・・・以下、無限ループ。

(^~^;)



これですでにカオスですが、これに痴漢冤罪(恐怖症)が加わります。

最近はどうも、痴漢だとあやしまれた人が、ホームを飛び降りて線路に下りるらしい。

(--;)

「痴漢だとあらぬ疑いをかけられたら、とにかく逃げろ。否定して逃げろ」

―――とかいう教えが、あるらしいです。

どのくらい信憑性があるのかは知らないけど。

またあるいは、スマホをつるっと落っことして、拾おうと線路に降りるバカもいるらしい。

おいおいおい。

常識では考えられないぐらい危険な行為だと思うんだけど、なぜか、やる人が絶えない。

死にたいのか。

これが 「線路に人立ち入り」 による遅延を引き起こします。

「お客様転落」 ってのもありますね。

これが起きると、ホームの非常ボタンが鳴らされます。

耳をつんざく、めちゃくちゃ不快で大きな音がします。

あたりを走っている電車はみんな、いったん止まります。

緊急停止信号、というやつですね。

どこの駅で(または線路で)何が起きたのか、すべての電車が確認します。

自分の進路に関係がないとわかれば、ほかの電車は動き出しますけど。

でも、あれだ。

その確認に、数分はかかる。

つまり、どこかの誰かが線路に降りると、その線だけじゃなくて、ほかの路線も遅れる。

どんだけ迷惑なんでしょう。



ちなみに>>

遅延のたびにカッカしていたら、血管が切れてしんでしまう(汗)。

ので、わたしはなるべく・・・なるべく、怒らないように。

平静でいるようにしています。

腹立たしいけど、不可抗力だと思うようにしてます。

都会生活の一部さ。

ふっ。

そして、遅延理由をコレクションする(笑)。

珍しいのはやっぱり、

「シカと衝突」

「クマと接触」

・・・奥羽本線、なかなかワイルド。

このせいで新幹線が遅れるので、笑ってもいられないけど。

「線路内に凧が侵入」

「架線に布団が付着」

「踏切内に野菜が立ち入り」

???

(。・_・`。)

?????

(。・_・`。)

まるで凧が、自分の意志であえて線路にやって来たみたいじゃないか。

近隣のマンションから布団が飛んでくる・・・は、まあ、想定内かもしれない。

よほど強風ならね。

でも、それを 「付着」 って(笑)。

野菜が立ち入りに関しては、友人に聞いただけです。

仔細は不明。

これはどれも、日本語の問題かも。

(--;)

「乗務員急病」

はい、これは笑えません。

頼むから、乗車前に健康状態のチェックはしてください。







●もうひとつ

電車ネタがらみで。

通勤ラッシュに“子育て応援車両”を―― 「満員電車にベビーカーで乗車」問題で市民団体が小池都知事に要望

ずいぶんネットで話題になってました。

でもこれを読んで、

「そうだそうだ!」

とただちに思える人は・・・?

当のお父さん、お母さんたち以外で、あんまりいないと思う(汗)。

あの。

だって。

通勤ラッシュが、ひどすぎるんですよ。

あれは人をひとでなしにする。

(--;)

ベビーカーを邪魔あつかいしたいわけじゃない。

でも現実に、今のままの通勤電車では、じっさいに邪魔になります。

そもそも電車が混みすぎているから。

人間をあと1人、2人乗せるのも無理なぐらい、なんですもの。

子供を邪魔あつかい、してるつもりはない。

お母さんに意地悪をしたいわけでもない。

グリーン車に乗れ?

いやいや。

わたしの乗る電車は、朝はグリーン車ですら立ってる乗客がいっぱいだよ。

ベビーカーの安住の地、ないのよ。

子育て応援、総論としてはもちろん賛成です。

だけど、現実に、すき間がない。

一車両増やします? 

増やしてくれる? 

ねえ?

一車両増えたとしても、抜本的な解決にはならないよなあ。

まずは、首都圏の乗車率を何とかしましょうよ?

ちょっと詰めればベビーカーを載せられるぐらいに、余裕があらばこそ。

そういう状態をまずは、つくりださないと無理でしょうよ。

そう思ってしまう。







●では、

またね。。。

【02/03/2019 03:58】 社会・時事ニュース | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

02月 | 2019年03月 | 04月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。