せめて改正を

●たまに・・・

聞きますよね。

ほんのわずかなお金のあやまちで、すべてを失う人たち。

(^~^;)

コンビニのセルフ式コーヒーマシンで、ずるしたどっかの公務員。

たしか・・・校長先生でしたっけ?

Mサイズの料金しか払ってないのに、Lサイズのボタンを押したとか。

何十円かをケチった挙句、バレて懲戒免職になった。

いくらもらうはずだったのか、退職金がパア。

実際に窃盗で得た金額はたぶん、数百円とか?

もちろん罪は、不当に得た(お店から奪った)金額の多寡とは関係ない。

返金したら許される類のことではない。

ずるいことをして儲ける、その行為自体のいやしさ。

逮捕される前までにどれだけ罪を重ねたのか、実際にはわからないし。

学校の先生がそれってどうよ、という要素もあるでしょう。



それとちょっと似てるような気がしないでもない、これ。

いや、違うかな・・・(汗)。

AV5回出演で25万円の報酬 副業の消防士に停職6カ月

25万円は「ほんのわずか」ではないけど、それでもなあ。

現実的には、おそらくもう消防士の仕事には戻れないことを考えると、

「その程度のお金で、もったいないことを」

思っちゃいますよね。

公務員としての安定した職を失うのは、痛いだろう。

別に同情するわけじゃないけど。

その一方で、消防士さんってそこまで薄給ではないよね? とか。

5本もAVに出て25万円って、身バレリスクのわりに安すぎないか? とか。

もやもやする点もあります。

(((((((;´д`)))))))

このギャラだと主役じゃなくって、その他大勢の男性のひとりか・・・?

(ほ○ビではない、と想像。)

出演者がどこの誰か気づいて密告するって、どんな奴なんだ。

そっちのほうがすげえな。

うぐ。






●こちらは

この種の犯罪としては、けっこう思い刑罰かも。

かなり悪質だと判断されたんでしょうね。

“頂き女子りりちゃん”に懲役9年・罰金800万円

国際ロマンス詐欺とか、結婚詐欺とか。

悪徳ホストクラブも同種だと思うけど、恋愛ベースの詐欺はキリがないね。

古今東西、どうあっても被害者は出てしまう。

防ぐ方法ってたぶん、ないんだろうな。

「家族が病気で入院費が要る」
「銀行に預けていた資産を差し押さえられて」
「共同出資者に裏切られて」
「外国政府に身柄を拘束されて保釈金が払えない」

第三者からすると真っ赤っ赤な、怪しく、あまりにも明白な嘘。

それでも恋愛が絡むと、信じちゃうんだろうなあ。

バカだといいたいが、恋愛感情を悪用するやつらが非道すぎて。

この手の犯罪者は捕まらないことが多いけど、今回は別。

逮捕、起訴されて有罪判決が出て、ほんとよかった。

常に思うことですが、この種の犯罪の受刑者には、条件をつけてほしい。

法の改正、してほしい。

刑事裁判とは別に、今後は民事の裁判(損害賠償請求)が始まるでしょう。

詐欺被害者が加害者を訴えて、詐取されたお金を回収しようとする。

犯罪被害者がこういう裁判をするときに、手続きをできるだけ簡略化してほしい。

できることなら、希望者には弁護士もつけてあげてほしい。

そして民事の判決が出た後には、ちゃんと弁済すること。

弁済できない場合の、受刑者の資産や収入の差し押さえをもっとやりやすく。

弁済しない限り、刑期の終了も仮出所もできないような仕組みに。

そのぐらいしないと、こういう犯罪を抑止できない気がします。



では、またね。。。


【23/04/2024 01:36】 社会・時事ニュース | CM (-)

やっとか・・・

●やれやれ・・・

静岡・川勝知事が辞意表明で「リニア開通」がトレンド!

やっとか。

遅いよ。

でも、辞めないよりはマシ。

―――というのが、正直な感想です。

(^~^;)

本当に、とんでもない政治家でしたからね。

(と、すでに過去形。)



「おまいう」

という批判を受けるかもしれないけどね。

神奈川県知事のド破廉恥なスキャンダルを思えば、

「こんなやつを再選させるとか、静岡県民は何を考えてるんだ」

とはね、偉そうにいえません。

(((((((;´д`)))))))



でもまあ、なんだ。

それでもいいたい(笑)。

この知事、本当にとんでもないことをいうから。

今回のことだけじゃない。

ことあるごとに、誰かを貶める発言をする。

それもその「誰か」って、だいたいの場合は静岡県民なのだよね。

自分のとこの有権者をけなしてどうするんだ。

バッカじゃないの。

ヾ(´▽`;)ゝ



そういえば以前も舌禍騒動を起こしたよね。

そのときも謝罪して、給料を返還するとかいったはず。

でもあれ結局、実現してないんだっけ。

ほー。



なんつうか、あれだよね。

こういうタイプ、たまにいます。

比較して誰かをバカにすることでしか、誰かをほめられない人。

「アイツはだらしないけど、きみは大したもんだ」

的な持ち上げ方しかできない。

はい、上司としてサイテーな類の人間です。

自分以外のすべての人間を見下してるから、こその発言だ。

ボキャ貧だし、他者の心理を想像することができない。

じつは独りよがりな、哀れな老害です。

ね。



なにしろ静岡っていったら、さ?

県民ではないわたしですら知ってるぐらいの農業・漁業大国です。

お茶、果物、うなぎ、海産物、畜産物。

徳川家康を持ち出すまでもなく、豊かな土地柄です。

そして、製造業の大手もいっぱい。

パッと思いつくだけでもスズキ自動車とか、ヤマハ発動機とかあるよね。

世界で戦う有名ものづくり企業がいっぱいある。

・・・のに、製造業をバカにするとか。

県知事として、致命的なまでに頭が悪い。

もうね。

( ;∀;)



ともあれ、そうですか。

やっとこさ辞めてくれるんですか。

別に感謝する義理はないけど、ほっとした。

リニア新幹線については、正直わたしはどうでもいい(汗)。

(この狭い日本で、いまの新幹線以上に早い乗り物って要る? とも思うしね。)

でも知事の反対が、理不尽であるらしいのは聞いた。

環境問題云々というのが、もし単なる口実なら。

いちゃもんレベルだというなら、それはとんでもねえな、と思う。

彼が去ることで、もうちょっと物事が理論的に進むなら素晴らしい。

よね。






●とはいえ

意外ではあった。

どんだけ非難されても、このひと満期まで居座ると思ってた(笑)。

厚顔無恥だからさ。

今回の発言がやばすぎて、引導を渡されたんかな。

経団連がクレーム入れるレベルの暴言だったからなあ。

・・・つうのはわたしの妄想です。

うは。



では、またね。。。



【03/04/2024 00:07】 社会・時事ニュース | CM (-)

花粉と黄砂とプベルル酸

●プベルル酸

なんだそれ。

青かびの一種だそうですが、どういうことなの。

小林製薬 紅麹問題

なにしろ、会社側の対応がまずい。

悪い危機管理の典型例みたいです。

☆情報公開が遅い
☆お役所につつかれるまで情報を出さない
☆謝る相手をまちがってる

どんな危機管理でも、「遅い」と「小出し」は致命的です。

消費者への詫びも見舞いもまだなのに、さっさと取引先への補償を決めたのも悪手。

これでは信用できるはずがない。

経営者、会社を潰したいんかい。



健康に害があるかもと知らされた時点で、何はともあれストップすべきだった。

公表までに2か月。

もっと早く世間に知らせていれば、助かった命もあったかもしれない。

ちょっとでも健康被害を食い止められたかもしれない。

それと、ね。

もともとそのカビが入ってたわけじゃなくて、ある時期から生成されてた。

(のかな? 混入案件じゃないみたいだよね?)

問題の工場はすでに閉鎖されている。

別の場所にある新工場では、同じ商品をもう製造していない。

・・・ってこれ、なんか変ですよね。

製品に問題があるって、前から知ってたりして???

そんな疑念も浮かんできます。

立ち入り検査や事情聴取では当然、そのあたりを調べるんでしょう。

謎が解明されますように。



このサプリとは無関係ですが、腎炎やったことがあります。

腎臓の機能障害こわい。

命までは奪われなかった被害者も、きっと大勢いる。

腎臓にダメージくらってたら、しななくてよかったね、では済みません。

そういう被害者も救済されますように。






の開

やっと都心でもソメイヨシノが咲き始めました。

ホント、今年は遅かったねえ。



www30mar2024a.jpg



www30mar2024b.png



満開は来週末になりそうですね。

それにしても、今日は暑かった。

庭仕事してると日焼けはするし、粉まみれで最悪です。

黄砂まで飛んでたらしいし。

だけどやることは山ほどある(笑)。

(^~^;)

好き好んでやってるあたり、ねえ。

では、またね。。。


【30/03/2024 23:46】 社会・時事ニュース | CM (-)

600度の法則

●TBのお題から

「おうちに絵は飾っていますか?」

あるよー。

ふつうの洋画が何枚か。

自署入りリトグラフ、番号のあるやつとか。

親の趣味なので、よくは知らない。

(^~^;)






●小林製薬

どうしてこんなことに。

後手後手に回っている印象が否めない。

だいたい 「未知の物質」 ってなんだよ。

知っていることすべて、今すぐに開示してほしい。

小林製薬「紅麹」問題 製品摂取後の死亡判明は4人に

一般論なんですけど。

「なんとなく、身体によさそうだから」

―――そう感じて、サプリなどの「健康食品」を摂取してる人は多いよね。

紅麴に限らず、です。

機能性表示食品。

審査も検査もないなんて、知らなかった。

今やこの健康食品市場は巨大化し、数えきれないほどの業者が参入してる。

しっかりした業者からあやしげな業者まで、きっといるんでしょう。

テレビを見てもネット記事を見ても、新聞の折り込み広告を見ても。

その手の商材ばっかりですよね。

筋肉にいい、骨にいい。
髪にいい、肌にいい。
脂肪を減らす、免疫力を高める。
血の巡りにいい、夜間尿を改善する。
疲れない、眠れる。
痩せる、若く見える。

本当かもしれないし、過剰なうたい文句かもしれない。

いずれにせよ、そういう言葉に消費者は弱い。

人間である以上、そりゃね。

楽をして健康になれるなら、そういう食品に頼りたくなるよね。

でも、いや、だからこそ。

身体にいいと信じて摂取していたもので、健康を損なうなんてあんまりだ。

まして、命を失うなんてありえない。

自分の身体に取り込むものに、もっと慎重になるべきなのか。

いろいろと考えさせられます。






の開

そういえば聞いたことがある、かも。

600度の法則。

はずれることもあるんですね。

62年ぶりの珍事 東京のサクラ開花は積算温度700度超える

、遅いですねえ。

いつもなら 「え、もう咲いたの!?」 って焦ってるのに。

三月の終わりに、まだかまだかと開を待つ。

本当に珍しいこともあるものです。



では、またね。。。


【28/03/2024 23:18】 社会・時事ニュース | CM (-)

そこに城があれば

●むちゃくちゃ

悩ましいなあ。

(^~^;)

この時期のお天気。

週末はぐんと気温が上がったけど、月曜日はちょい冷え。

むこう数日は、気温が低めらしい。

上空は荒れ気味みたいで、風がつよめ。

マメに予報をチェックしてますが、さて。

今年のはいつごろ咲くかな。

こんどの週末に、花見に行く予定なのです。

ちょこっと旅。

ただの開花予想を見るかぎりでは、微妙な感じです。

週末はお天気が悪そう。

が咲くどうか、ギリギリみたいな?

ゼロってことはないだろうけど、お花見向きではなさそう。

さて、どうしよう。

日程を変更するべきかどうか。

セコイですが、空振りはしたくない。

ばっちり咲いてるときに行きたいよね。

(^~^;)

ここ2年ぐらい、花はけっこう早かった。

そんな記憶があります。

分の日の前後にはもう十分に、見ごろだったような。

今年は、暖冬だったわりには平年並みかも?

どうだろう?

うにょ。

今ならまだ、旅程をずらせるかもしれない。

仕事もなんとか調整できる気がする。

ずらしたら快晴、満開・・・の保証はないけど(笑)。

(^~^;)






●そういえば

このごろ、関東でも地震ふえてない?

お正月の能登以降、けっこう頻発してる気が。

なんかイヤだなあ。

|||(-_-;)||||||






●思うんだけど

どこぞの国の選挙。

圧勝だそうですが、わからないなあ。

有権者に有形、無形のプレッシャーをかけて、意のままに選挙を操る。

そうやって手に入れた、望みどおりの圧倒的勝利。

―――って、うれしいですか???

抑圧や恫喝は反発しか生まないと思うけどなあ。






●バリバラ

テーマにどきっとしました。

「難攻不落の城を攻略せよ」

あああ、考えたことがなかったです。

年季の入った歴史おたくとしては、恥ずかしいかぎり。

歴史を好きなこと、お城に行ってみたいこと。

そのパッションに、障害のあるなしは関係ない。

たしかにそのとおりです。

だが、しかし。

そもそもひとを(敵を)寄せつけないように築かれたお城です。

なにかのハンデ関係なく、難攻不落。

時と場合によっては、いわゆる健常者ですらキツイ。

規模の大きな山城なら、なおさらです。

(考えてみればお城だけじゃなくて、寺社仏閣でもしんどいのあるなあ。)

おばちゃん、急な坂や延々と続く階段がしんどすぎてさ。

もう無理・・・! って泣く泣く諦めたこと多数。

どはは。

史跡だから、保護の観点から制約はあるでしょう。

だけどなるべく誰でも、行きたいところに行けるように。

見たいものを見られるように。

工夫したり協力してもらったりして、できるといいなあ。

切にそう思いました。



では、またね。。。



【19/03/2024 01:29】 社会・時事ニュース | CM (-)

13年

●それにしても・・・

日本の政治家のレベル低すぎないか。

わかってる、もう何の期待もしてない。

とっくに諦めてる。

知性もモラルもない、プライドもない。

ときに恥ずかしい。

もはや社会のゴミなんじゃね? とすら思う。

とくに政権与党のやりたい放題っていったら。

―――と、まあ。

そんなふうに呆れてた人間です。

似たような感覚のひとはたぶん多いんじゃないかな。



でも、そんなわたしですら耳を疑った。

自民党青年局“過激ダンスショー”

おう・・・(汗)。

(。-_-。(。-_-。(。-_-。(。-_-。)。-_-。)。-_-。)。-_-。)

なんだこれ。

(。-_-。(。-_-。(。-_-。(。-_-。)。-_-。)。-_-。)。-_-。)

不適切とか、そういう問題か???

常識の問題では?

政治資金スキャンダルのほうがまだマシかもしれない、とか。

そんなアホなことをうっかり思っちゃうぐらい、なんつうか。

低能。

低俗。

絶望的に何も見えてない。

低レベルすぎて、まっとうな批判にすら値しない。

世界の恥。



おまけにそのいいわけが、ダイバーシティですって?

言葉の意味、明らかにわかってないですね(笑)。

ゴーゴーダンス・・・?

昭和生まれの人間にとってすら、レトロな言葉だわね。

アタマ大丈夫か案件。

人間としてどうなんだ案件。

政局をなーんにも理解してない、この頭のわるさ。

いちおう若手議員の集まりだったのよね?

青年局が聞いて呆れます。

エクストリーム・低能スケベオヤジの祭典じゃねえか。



つい先日のおばちゃん議員の不倫につづき、これ。

エッフェル姉さんに、ポッケナイナイ政治献金。

まったくすごいね政権与党。

ありとあらゆるスキャンダルが、次から次へと。

根腐れしてるのは確実です。



もしわたしが支持者なら、これまでの献金をすべて返金しろと迫るレベル。

つか、こんな卑しい人間を支援してた自分の脳たりんぶりを呪うレベル。

支援してたという事実が恥ずかしくて、もう外を歩けないレベル。

家族にも友人にも合わせる顔がないレベル。

うーん。

その場にいた政治家の誰かひとりでも、

「これヤバくね?」

って思わなかったんだろうか。

こんな席にいちゃいけないって、感じなかったんだろうか。

その点、ホント不思議。






●3.11

「自治体職員たちの3.11」という番組を見た。

言葉もなかった。

エリアの災害対策を中心的に担う立場の人たち、なんだけど。

たぶん、ごくふつうの地方公務員なんですよね。

(もちろん警察も消防も、医療従事者も、専門的な訓練を経てはいるけど。)

未曽有の地震が来て、津波が来て。

けた違いの、想定外の災害を前に何ができたのか。

自分たち自身が被災し、家族の安否すらわからない中で。

電気も水もなく、通信手段を断たれ、情報がない状態で。

それでも必死で、不眠不休で仕事をした。

非日常すぎる環境に、いきなり置かれて。

彼らのことばは非常に重かった。

どれだけしんどい体験をしたのか、想像もつきません。

それでもすごいな。

彼らの心身を心配しつつ、敬意しかない。



では、またね。。。


【11/03/2024 23:56】 社会・時事ニュース | CM (-)

追悼 鳥山明さん

●うそ・・・

ニュースを聞いて、思わず声が出た。

亡くなった?

ええ、噓でしょう。

嘘だ。

ショック。

(ρ_;)。。。

漫画家 鳥山明さん死去 68歳



大ファン、というのとはまた違う。

でも大好きだった。

天才だと思ってた。

リアルタイムでアラレちゃん・・・もとい、Dr.スランプ 読んでました。

純粋に、かわいかったよね。

衝撃だったし、おもしろかった。

アラレちゃんの言葉づかいは、気づいたら自分のボキャになってました(笑)。

ほよ? とか うほほーい! とか。



その後のドラゴンボールももちろん、最初っから読んだ。

(そのころは弟が毎週、ジャンプを買ってましたからね。)

コミックスも全部(弟の部屋に)あった。

巻末のおまけマンガも大好きでした。

鳥山明を読んで育った10代。

そういう世代です。



少年マンガは全般的に苦手でも、完成度が高くてかわいい鳥山明ならイケた。

あの絵だけで、見る価値があった。

イラストに見惚れた。

―――そういう少女マンガファンも多かったと思います。

わたしもそういう読者でした。

正直、わたしは旧世代なので。

その後のアニメやゲームの世界的な展開はよく知らない(笑)。

そのころにはすでに大人で、アニメにもゲームにも縁がなかった。

でもすごいってことは知ってる。

世界を席巻したのは知ってる。



後年、鳥嶋和彦さんの記事を読みました。

集英社の専務になって、その後で白泉社に行ったひと。

鳥山さんの編集者。

無名のマンガ家を、天下の鳥山明にしたひと。

彼のインタビューはものすごく面白かった。



彼ほど成功したマンガ家はあんまりいない。

世界中で読まれ、愛されている。

功成り名を遂げた、まさにそういう人だ。

それでも早すぎる。

失っていいひとではない。

とても悲しい。

(ρ_;)。。。



では、またね。。。


【08/03/2024 15:53】 社会・時事ニュース | CM (-)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

03月 | 2024年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。