TOP GUN Maverick

●今日は

炎天下の日本橋へ。

久しぶりに、映画館に足を運びました。

これ、見た。







うは。

意外かもしれませんが、小鳥さんに誘われました。

1986年のオリジナルで、アイスマンかっこえー♪のクチ(笑)。

(´艸`*)

はい、それはわたしも一緒です。

なにしろ36年も前の話ですから、実はほとんど覚えてない(笑)。

どんな話だったのか、ほぼ忘れてます。

当時はまさにトム・クルーズ全盛期でしたけど、そこにあんまり関心がない。

でも、どういうわけか、ね。

ケリー・マクギリスとアイスマンがかっこよかった、は記憶にあるのですね。

不思議なもんだ。



今回の映画は・・・なんだろうなあ。

すごくよくできていて、おもしろかった。

と同時に、予定調和感がすごかった。

悪い意味ではありません。

きっとあーなって、こーなって、最後はそーなるんだろうな。

そう予想させておいて、そのとおりになる。

その過程でたっぷりハラハラどきどき、楽しませてくれる。

王道パターン踏襲というか、水戸黄門的というか。

ハリウッド的エンタメ映画のお手本のような、そういう気がしました。

純粋に、誰でもたのしめる。

それって大事ですよね。

(//∇//)

あ、ひとつだけ。

David Bowie の曲がかかったのだけは、想定外でした。

「ん? なんでこれ?」

理由があるんだろうと思いますが、異質すぎてびっくり(笑)。

うれしかったけど。

(ジェニファー・コネリー登場のタイミングだったので、どうしても「ラビリンス」を連想してしまう)






●そして

6月だというのに、灼熱地獄でしたね。

└( ̄▽ ̄;)┘あー・゜・⌒└( ̄Д ̄;)┘ちー♪



www25jun2022a.jpg



www25jun2022c.jpg



www25jun2022b.jpg



このまま炎暑シーズンに突入しそう。

電力不足とか、完全に笑えません。

たのむ、なんとかしてくれ。

冷房ないと生きていけません。

では、またね。。。



【25/06/2022 23:58】 オペラ・演劇・映画 | CM (-)

久々にぼへった!

●昨夜は

やっぱり観ちゃった。

当然か。

(´艸`*)

もちろん、アレです。

NHKで放映された 『ボヘミアン・ラプソディ』 たらいう映画

やん。

すき。

(´∀`σ)σ

久しぶりでしたので、またインパクトが凄まじくってねえ。

ふたたび、毒気にあたってしまった(笑)。

もう、くっらくら。

あんだけ何十回も、映画館で見たのに。

(いまだって執拗に、いつでも見たい。)

セリフも、どのタイミングでどの曲が流れるかも、みんな覚えているのに。

ありとあらゆる角度から見て、なんども見て、研究しまくって。

おそらく何もかも、まる覚えしてるのに。

それでもやっぱり、映画の熱にやられました。

うぐ。

ヾ(´▽`;)ゝ



あああ、たまらん。

いいよね、ぼへ。

*:.。☆..。.(´∀`人)

昨年の民放での放送もふくめ、みんな録画してます(笑)。

持っていたい、という感覚。

しょうがないね。






●芝居つながりで

質問をいただいたので、簡潔に。

もちろん毎週なんだかんだ見てます、大河ドラマ

鎌倉殿の13人は、よくできたドラマです。

軽快でたのしくて、スピード感がある。

むずかしい時代を、わかりやすく見せている。

(//∇//)

ただね、しょうがないことですけど、なんつーか。

個人的に好きじゃない役者さんがね、わりと重要な役をやってるのよ。

ヾ(´▽`;)ゝ

うまいんだろうし、人気も勢いもあるひとだけど、苦手でねー。

みたくないと思っちゃう、んだよなあ。

あがが。

こういうのって、どうすりゃいいのさ。

誰も悪くないというか、いち視聴者の勝手な好みだもんねえ。

芸能人に対してはどうしても、そういうのがある。

その人が何かやったわけじゃなくても、好きになれないときがある。

好きなドラマでも、そのひとがいるってだけで見る気を削がれる。

顔が好みじゃないとか、声がいやだとか、まさに生理的ななにか。

理不尽だけど、しょうがない。

そのひとのやってる役がいずれ死亡退場するまでは、がまんがまん。

そういう感じです。

とほ。






●そして

日曜日はね、お引越し第一弾。

運び出しは、それでも完全には終わってないという。

うう。

明けない夜はない。

終わらない引越はない(笑)。

そう信じてがんばります。

便利屋さんのおじさんが心のささえです。



では、またね。。。


【28/03/2022 22:43】 オペラ・演劇・映画 | CM (-)

もしかすると alter ego

●本日の

おさんどん。

死語か。

お昼に、じゃがいもとしめじとベーコンのグラタン。

うまうま。

夜には、大根と銀杏入りちびがんもといわし天の煮物。

うんまい。

しあわせ~。

いいお味にしあがると、なんかうれしい。

高齢の親の手伝いをする、という風をよそおっていますが、実はちがいます。

自分が好きなものをつくってるだけ。

(^~^;)

よく解釈すれば、一石二鳥かな。







●週末は

上記のとおり親元にいることが多いので、あれです。

大きなテレビの画面で、好きな番組を見られることも多い。

多いけど、まあ限度はあります。

親の家なので、いわゆる チャンネル権(死語?) はありません。

「娘はきっと、大河ドラマの最終回を見たいんだろう」

と気をつかわれて、見た。

麒麟がくる、の最終回。

※感想は後日ね。

見たのはいい。

見せてくれてうれしい。

ですが、なんというか。

うれしいような、うれしくないような。

葛藤、わかります・・・?

両親はふだん見ていないので、登場人物を知りません。

歴史は知ってるだろうけど。

ドラマの、しかも最終回の最中に、

「これは誰?」

とかいちいち聞かれて、楽しいひとはあんまりいない。

(^~^;)

あぐぐぐ。

あのお、今、本能寺の変の真っ最中なんですけど。

緊迫したクライマックスの場面で、気が散ることはいわないで。

つか言うな。

たのむよ。

(^~^;)



後から思えば、録画してもらえばよかったよなあ。

真夜中にひとりで観ればよかったのだ。

不覚じゃ。

ぐすん。

見逃し配信で、ゆっくり見直そう。

うにゅ。



で、ひとこと。

本能寺の解釈として、とてもおもしろい。

家臣の謀反。

たしかに、史実はそうだ。

その裏に、こんなに濃厚な、というか濃密な愛憎関係があったと。

フィクションだけど、すんごい納得したわ(笑)。

信長、光秀にほぼプロポーズしてましたよね(笑)。

ほぼ暴力的な、破壊的な愛情表現。

うひ。



以前 『英雄たちの選択』 で、小谷賢さん(軍事研究)がいってたことがある。

※NHKの歴史番組です。

明智光秀が織田信長を殺したのは、

「陶工が自分のつくった作品を気に入らず、自ら壊して割ってしまったみたい」

な感じじゃないか、って。

はからずも、今回のドラマはそういう流れでした。

自分が人生をかけて作り上げたもうひとりの自分、かな。

それが暴走して制御不能に陥ったとき、

「これを止めるのは自分しかない」

そういう考えだったのかもしれないなあ。



では、またね。。。


【07/02/2021 23:59】 オペラ・演劇・映画 | CM (-)

桜に雪

●雪だ・・・

ヽ( ゜□ ゜;)ノ おぉ~!

本当に降ってる。

マジですか。

びっくり。



news_29mar2020a.jpg







●先日は

ついに、というべきか。

映画 『翔んで埼玉』 を見てしまった。

┌(・。・)┘♪└(・。・)┐♪┌(・。・)┘

アマゾンプライムさまさまです。

外出自粛中で、なにもできないし。

魔夜峰央の世界観とビジュアルを、あれだけ圧倒的に再現してすげー。

圧倒的なバカバカしさと淫猥さ。

無駄にスケールがでかい(笑)。

すばらしい。

うはは。

※ほめてます。

ふたりの麗しいおっさん (伊勢谷友介とGACKT) の異様な迫力もすげー。

京本政樹とか、マジで。

魔夜峰央のキャラの実写として、最高峰なんじゃなかろうか。

埼玉ディスがひどいというけど、ちがうよね。

この映画を見て、埼玉って愛されてるなあ、と思うもの。

(*´∀`*)

なんて。

ちなみにわたしは、上から目線の (´艸`*) 神奈川県民です。

うは♪

(どこにどんだけ住んでいても、帰属アイデンティティは湘南なのだ。)



なお>>

伊勢谷大好きなわたしとしては、あれです。

彼の演じるキャラを見て、さらに懐かしいものを思い出しました。

森川久美さんの名作 『南京路に花吹雪』 を、憶えておいででしょうか。

主役・・・といっていいでしょう(本郷さん、ごめんね笑)。

陰のある美少年、黄子満(ワンツーマン)くん。

彼の父親が、まあ、なんというか。

とんでもない軍人なんですけど、伊勢谷のコスチュームが、というかビジュアルがそっくり。

おお。

ワンくんのお父さんじゃないか!

まさか今になって、お会いできるとは!

・・・なんて、ひそかに感激してました(笑)。

わからないひと、すみません。

(^~^;)







●コロナ余波で

金曜日の飲み会は中止になった。

土曜日、かろうじて美容院に行った。

うちのすぐ近くなので、幸いにも予約のとおり。

日曜日は映画に行く予定だったのに、こちらも上映中止。

ボヘミアン・ラプソディ』 です、もちろん。

久しぶりに大きな映画館で、見たかったんだけどな。

4月は、結婚60周年のお祝いがあるのよ。

中旬には、歌舞伎を観に行くのよ。

でも、どちらも、ダメになるかもしれない。

絶対にダメじゃないとしても、すでに黄信号だよねえ。

|||(-_-;)||||||



自粛の嵐。

しょうがないし、やむを得ないとは思う。

だけど、も観に行けないのがなあ。

写真を撮りに行くぐらい、ダメなのかなあ。

「遊びに行くな」

だもんね、しょうがない。

しょうがない。



では、またね。。。



【29/03/2020 12:32】 オペラ・演劇・映画 | Comments (0)

Bohemian Rhapsody ふたたび

●ありり・・・

大阪会場、開催中止だって。

https://www.queen-exhibition.jp/

残念。

コロナ余波で仕方ないとはいえ、本当に残念です。







●ところで

映画 『ボヘミアン・ラプソディ』 はしぶとい。

相当しぶとい。

キラーコンテンツなのは、今さらいうまでもない。

奇跡の興行といわれるほど。

日本中の映画館がコロナ不況で興行に苦しむ中で、どういうわけか、上映が増えている。

ヽ(*´∀`*)ノ


「ボヘミアン・ラプソディ」の映画館(上映館)


わお。

(´艸`*)

公開されたのは、2018年の11月だ。

どんだけ経ってるんだ(笑)。

小鳥さんはもちろん 「行く」 しかいわない。

はい。

行こう。

久しぶりに行こう。

(人´∀`).☆.。.:*・゚



では、またね。。。


【20/03/2020 21:56】 オペラ・演劇・映画 | Comments (0)

・゜・⌒(PД`q。)⌒・゜・アツイ!! (この夏52回目)

●土曜日は

死ぬほど熱かった。

都心で、33度だって?

。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。

おかしいよ。



そんな中を、久しぶりに 『ボヘミアン・ラプソディ』 を見に目黒へ。

うはは。

物好きとしかいえないわね。

もちろん、今でも上映してるところを探してくるのは小鳥さんです。

おそらく2か月ぶり? の 『ボヘミアン・ラプソディ』 は、とても楽しかった。

いい映画だ。

本当にいい映画だ。

ラミもいい。

グウィレムもいい。

みんな、いい。

フレディもいい。

ブライアンも。

ヽ(*´∀`*)ノ







●3連勝

すごいよね。

また、ボーナスポイントもらった。







開催国の日本ががんばっていると、大会が盛り上がる。

ラグビー、たのしい。



では、またね。。。



【05/10/2019 23:35】 オペラ・演劇・映画 | Comments (0)

┌(・。・)┘♪└(・。・)┐♪┌(・。・)┘

ラグビー

ワールドカップ、いよいよ始まりましたね。

たのしみ、たのしみ。

☆⌒└( ̄・  ̄*)♪

日本がんばれ。

日本以外も、がんばれ。

ロシア戦、勝ててよかった。

予選突破できますように・・・!







●小鳥だ・・・

おう。

これがほしい。

https://www.felissimo.co.jp/youmore/blog/main01/bird/post-118/?xid=p_ycd_shimaenaga9&bid=12306

うっかり見つけて、もだえた(笑)。

可愛い。

すんごく。

ヽ(*´∀`*)ノ

うひ。







●これには

笑った。

┌(・。・)┘♪└(・。・)┐♪┌(・。・)┘

うはは。







フレディが生きてこれを見たら、すんごく喜ぶんじゃないかなー。

というか、大受けしたと思う。

楽しいもの。

┌(・。・)┘♪└(・。・)┐♪┌(・。・)┘

うは。

つべのコメント欄にあるとおり、撮影がセンスない。

そこだけ残念。



では、またね。。。


【21/09/2019 21:52】 オペラ・演劇・映画 | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

07月 | 2022年08月 | 09月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。