マジャールの夢

●自分でも

自分の脳みその働きは理解不能・・・(笑)。

「×××くん、実は、唐突な話なんだが・・・」
「はい?」
ボスに呼ばれて、わたしはドキドキしてました。
「君がトウキョウから帰ってきたばかりなのは、わかってるんだが。極秘の案件のため、急遽モスクワに行って欲しい」
「も、も、もすくわ!?」
「うむ」

ひょえ~と、わたしは内心で叫びました。
12月のモスクワ~?
脳内では、「ロシアより愛を込めて」とか「カリンカ」とか「ツンドラ」とか「小熊のミーシャ」とか「女帝エカテリーナ」とか。およそ脈絡のないイメージが、次から次へと脳裏を横切ります。

「で、君の研修なんだが・・・」
「研修???」
ロシア語なんてやらされるのか、とわたしは身構えました。
つ~かそれ以前に、わたし、行きたくないんですけど~(笑)。
「うむ。君はスキーはできるかね」
「いえ、やったこともありませんが・・・?」
「うむ、そうか。それではやはり、派遣の前に特訓を受けてもらう必要があるな」
「特訓?」
「そうだ。君も知ってるだろうが、モスクワでは、スキーができないとオフィスに通勤もできないし、ソリを操れなくては、日常生活にも困るだろう?」
「はあ!?」
ふつう知らねえよ、そんなの!
スキー通勤? ソリでお買い物??
「せめて、コサックダンスくらいはできるんだろうな?」
「へっ!?」
で、できるわけね~だろ。ふつうそんなもの、できないって。
「ちょ、ちょっと、待ってください~」
「がんばってくれたまえ」
ウィンタースポーツは苦手なんです、と言おうとしたのに。
えらそうに頷いて、ボスはさっさと背を向けました。
「ええ~!?」

途方に暮れ、「そんな、殺生な~!」・・・と叫ぶあたりで、覚醒しました。どうやら、お仕事系の夢だったようです(笑)。緊急でモスクワに行かなくちゃいけない、極秘任務って・・・なんだか、使い古されたスパイ映画のプロット、まんまじゃん(笑)。

・・・そりゃまあ最近、モスクワ・オフィスの通称☆イワンのバカとの仕事が、続いてますけど。

でも、「来てくれ」なんて話は一度もないし、ありそうにもないと思います(笑)。それでも、言われちゃったらどうしようっていう、自意識過剰の表れなのかな~。そう考えると、情けないです。

ちなみに、モスクワのオフィスではスキー(もしくはソリ)通勤が必要、なんて噂は聞いたことがありません(笑)。っていうかそれ、モスクワの人々に失礼なんじゃ・・・ご、ごめんなさい~。

winter in moscow

さ、寒そうではあるけどね~・・・。(本日モスクワの気温は、最高で摂氏2度、最低1度だそうです。)

【15/12/2006 01:16】 London Life | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

11月 | 2006年12月 | 01月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。