去るものは追わないけど

●火中の栗を拾ったようなもの

・・・だったって、言ってるみたいでしたね。

福田首相が辞任表明 公明と対立、「ねじれ」も展望なし

「なぜ、いま」…首相退陣に驚き、怒り、戸惑い

もちろん、福田首相の退陣のことです。自分で立候補して、欲しがって、ようやっと手に入れた総理の座なのにね。日本がいろいろな問題を抱えてるって、わかってて臨んだお仕事だったのにね。どうしようもない支持率の低迷も、ねじれ国会も、「積年の問題」(年金とか政治献金とか)も、「オレのせいじゃないのに」って言わんばかり。記者会見の後半は、なんだかグチと、マスコミへの逆ギレ発言まで飛び出したみたいですし。

なんか、レベル低いよ。。。

まさか、どっかのボンボン首相が「僕ちゃん、もうやだ~!」って首相の責務を放り出してからたったの一年で、その後継者がまったく同じことをするとは、さすがに思わなかったなあ。情けなすぎて、あきれ果てるしかないです。みっともないです。恥ずかしいです。

「オレの気持ちも知らないくせに」

って言われそうですが、でも、国民がそんなの知るわけないよ(苦笑)。つうか、アナタの気持ちは関係ない。首相の気持ちを斟酌するのは、国民のお仕事じゃないですから。


●イマドキの

世相を反映するコトバのひとつに、「自己責任」ってのがありますよね。

就職氷河期にものすごく苦労した、いわゆるロスト・ジェネレーション世代にも、引きこもりやニートの人たちにも、格差社会の下のほうにいる人たちにも、このコトバを容赦なく投げつける人は多い。それが妥当なときもありますが、ときに、なんというか・・・厳しすぎて、頑なすぎて空恐ろしいこともあります。社会として、弱者への優しさを失ってないかな、って気がして。

でも、福田さんには、「自己責任」ってコトバを考えてほしいよ。

望んで首相になっておいて、

「みんなが協力してくれない、応援してくれない」
「他の人がやったほうが、政権の舵取りが上手く行く」

って・・・あの、そういうのを、笑止千万って言うのだと思いますけど?

にっちもさっちも行かない政局だからこそ、政治家の手腕が試されるのでは?

国民に見放されてしまったのを、国民のせいにしてるみたいですよね、彼(苦笑)。がんばりを評価されなくて、悔しいのはわかるけど、でも、情けないったらもう。

「自分なりに精一杯やったのに!」

ってのは、要するに、結果を出してない言い訳なんですよね。わたしもたまに、そう言って(思って)しまうことがあるので、これはよ~くわかります(苦笑)。どれほど努力したとしても、最終的に当初の目的が達成されなければ、それは「失敗」なんです。どれほど悔しくても、不満でも、不本意でも。そう、「自分なりの」努力では足りなかった、及ばなかった・・・それを、認めなくちゃいけないのだと思います。辛いけどね。


●結果だけじゃなくて

そこに至るまでの「経過」や「姿勢」が評価される場合も、もちろんありますよね。

でも、首相のお仕事は、「国民の生活をよくすること」です。ご本人が、そう言ってたはずです。でも、経済の先行きも不透明だし、物価は上がるし、老後の心配はなくならないし・・・ね、目に見えるカタチの「結果」は、どこにもない。それもそのはず、ですよね。たとえどんなに素晴らしい政策を持ったスーパーマンでも、たった一年でそれを実現して、効果が現れるわけがないですもの。

それをわかってて、一年で辞めちゃうんだから・・・ねえ。

無責任だって、そしられても文句は言えないと思います。仕事が嫌になって、四面楚歌になっちゃって、しんどいから放り出してもいいなんて、ホントに恵まれた人ね(目いっぱい皮肉のにっこり)。世の中には、それでも家族を養うために、来月の家賃を払うために、歯を食いしばって我慢している人たちがたくさん、たくさん、たくさんいるのに。

甘いよ、福田さん。


●なんというか

そんなわけで、考えれば考えるほど情けないです。

続投してればよかったわけじゃないけどね、でも、もうちょっと国民のことを考えようよ。じきに自民党の総裁選があるでしょうが、そうなるとこれで、選挙による国民の信任を得ていない首相が、一年ちょっとで三人目です。

デモクラシーってコトバをご存知ですよね、首相?

国民の意志を、こわくて確かめることができない政党って、政治家って、ヤバくないですか・・・?


【02/09/2008 05:18】 社会・時事ニュース | CM (-)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

08月 | 2008年09月 | 10月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。