中秋の名月なので

●こんなものを

作ってみました。

aki plate 2 - shokushi naishinno

式子内親王(しょくしないしんのう)の、やるせない恋の歌です。けっこうストレートな感情を、そのまま詠っている気がしますよね。月・・・というと、いくらでも名歌がありますが、あえて王道には程遠いお歌を選んでみたりして(苦笑)。

ところで「中秋」って、ときどき「仲秋」と表記されることもありますが、本来は「中秋」が正しいのだそうです。陰暦の8月15日ということで、今年は9月14日。四季の中でも秋がいちばん好きなわたしにとっては、その言葉を聞くだけで、意味もなく心が躍ります(笑)。

※サイトの玄関ページ、メインページも中秋イメージに差し替えました(笑)。よろしかったら、ご覧になってくださいね♪


●土曜日は

友人を誘って、Royal Horticultural Society (日本語にすると王立園芸協会・・・かな?)主催のフラワー・ショーに出かけました。

ふだん、「金曜日の夜に帰宅したら、月曜日の朝までおうちから一歩も出ない!」ポリシー(ポリシーなのか?)を貫いてるわたしにしては、なかなか画期的な?イベントです(笑)。入場無料のチケットをいただいたのも理由のひとつですが、たぶん、ホントにお花を見るのが好きなのと、お花の写真を撮るのがもっと好きなのと、それから運動不足解消・・・が主な理由でしょうか(笑)。

曇りがちではあったけど、雨が降らないどころか、途中から晴れてきたので・・・すごくラッキーだったと思ってます。野外のイベントですので、雨天でも中止になるわけないけど、雨だったら行くの自体イヤになってるかも・・・(苦笑)。

とにかく、素晴らしく楽しいイベントでした。インナー・テンプルという場所自体が美しいせいもあるけど、ちょっと贅沢な数時間を過ごしました。(すっかりカメラ小僧で、写真を150枚以上撮りましたが・・・使いものになるのは、数が少ないですね。)

floral celebration 1  floral celebration 2

ガーデンいっぱいに、色とりどりの花が咲き乱れていたんですが・・・写真になると、どうしてこう散漫な印象なんでしょう(苦笑)。そうじゃないのに、ひどく地味に見えるなあ。

floral celebration 3  floral celebration 4

書きたいことはたくさんあるんですが、とりあえずはここまで。。。あとで、追記できるようなら、また戻ってきますね(笑)。

floral celebration 5  floral celebration 6

ちなみにショーは、たくさんの人でにぎわっていました。平均年齢はやや高めだけど、ガーデニング大好きな人ばかり・・・って感じでしょうか。(自分がどう見ても若い部類に属するという経験は、最近じゃめったにないもんなあ。)

floral celebration 7  floral celebration 8

それでは、また。


【14/09/2008 14:56】 写真☆カメラ | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

08月 | 2008年09月 | 10月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。