散らぬもみぢの色をこそ見れ

●TBのお題から(笑)

「ヘッドフォンしますか?」

しません、全然しません(笑)。する必要がありませ~ん♪ 自宅では、岩城さんの喘ぎ声だろうと、30年前のジュリーだろうと、ふれでぃの美声だろうと、み~んなノリノリ(死語?)大音量でいっちゃいます。

・・・あ、ちびウォークマンのときは、この限りではありません(笑)。


●ささやかな至福

少々お疲れ気味の小鳥さんが、ぽつりと呟きました。

「目覚ましかけないで、寝たいよ~」

・・・あああ、よくわかるよ~(苦笑)。

しみじみと、切実に、ものすご~くよくわかりますよね、この感覚(笑)。たまにでいいから、毎日・毎週じゃなくてもいいから、好きなだけお布団にいたい。惰眠をむさぼる・・・といっても、このトシになるとね、案外いつもの時間になると、自然に目が覚めてしまうもんですが(笑)。

でも、別に慌てて起きる必要もなくって、のたのたゴロゴロとベッドにいてもいい。起きたくなったら、起きればいい。本を読んでもいいし、ぼ~っとしててもいいし、二度寝もアリ。要するに、何かに急かされることなく、何の予定もない朝を迎えてみたいって、そういう意味なんですよね(笑)。

「独り暮らしなんだから、やりたきゃいつでもやれるでしょうに」

って思われるかもしれませんが、それがね~。

わたしがロンドンにいるときは、それもアリなんですよ(笑)。っていうか実際、少なくとも土日のどちらかはお互い、そうやって過ごしていたと思います(笑)。でも、幸か不幸か、わたしが六本木に二度目の島流しになってから、ふたりとも妙に忙しくなっちゃった・・・(苦笑)。

お茶会はするわ、旅行には行くわ、週末ごとにグルメ探索をしちゃうわで、普段からあんまり運動能力の高くない、スタミナにはまったく自信のないわたしたちってば、すでにへろへろなんですね(苦笑)。好きで遊んでいて、まったく加減を知らないコドモみたいなアホらしさですが、案外あっさりと体力の限界が来るということに、ようやく思い至ったのでした。。。

ああ、バカ・・・!!(笑)

愚かモンすぎて泣けますが、今はそんな感じです(笑)。ちなみにわたしは、これにさらに家族サービスが加わるので、もっとめんど~くさいです(笑)。実家の両親が、「もうひと月も会いに来ない」って拗ねてるので、今晩はご機嫌伺いに行くですよ・・・あはは~(汗)。

(通常なら一年に一度しか会えないのに、少なくてもこの一年は、月に一回くらいは会える。それって、普段の12倍の遭遇率だと思うんですが、両親にとってはそれでも不満なようです。がんばって親孝行してるつもりなんですが、どうあっても足りないんですねえ。)

※ちなみに、「しふく」で変換しようとしたら、まず最初に「私服」(これはわかるけど)、それから「雌伏」(ぐひひのひ)、そんで「私腹」(ええ?)、その後にやっと「至福」ってどゆこと???(笑)


●ブログのトップ画像は

先週、銀閣寺で撮影したものです。

2008 nov blog 4

これだけ見ると、誰もいなかったみたいですが、とんでもな~い(笑)。あんまりの混雑ぶりに、この写真を撮るのにめちゃくちゃ待ちました。人通りが途絶えるのを待って待って・・・でも、ダメだったんですよね(苦笑)。(写真が窓の上部だけなのは、そのせいです。)

その前まで使っていたこちらは、永観堂の紅葉さん。すでに日の落ちかけた夕方だったので、画像が暗くて・・・目がくらむほどに美しかったのに、めぼしい写真はあんまりありません(笑)。

2008 nov blog 3

そのさらに前に使ったのは、富士山のふもと、河口湖畔で撮影した紅葉。今から、もうひと月前のことです・・・なんだか、ずいぶん前のような気がするなあ。

2008 nov blog 2

日本の秋は、ほんとうに美しいです。錦秋とかね、そういううつくしい日本語があることを、あらためて思い出します。


【29/11/2008 14:45】 島流し生活2008~ | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

10月 | 2008年11月 | 12月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。