ペンギンを探して

●どうしても

探せなくて、困ってます・・・(笑)。

欲しいのは、Suicaのペンギン。知らない人はゴメンナサイ、JR東日本の発行するICカード「SUICA」のマスコットです(笑)。なんともとぼけた、可愛いヤツなんですよ~。

http://www.eki-net.biz/suica-goods/top/CSfTop.jsp

もともとキャラクターグッズに弱いわたし・・・じゃなくて、うちの可愛い仮称☆洋介くん(もうすぐ2歳!)が現在、なぜだか個人的にペンギン・ブームなんだそうで(笑)。そうなるとやっぱり、ぬいぐるみを買ってあげたくなるんですが(おばバカ全開中)、これがないんですよねえ、Suicaペンギンのぬいぐるみ(苦笑)。

「別に、Suicaのペンギンじゃなくても・・・」

家族はやや呆れ気味ですが、でも、あの子が欲しいんだも~ん(笑)。クリスマス、お正月とイベントが続く(=つまりおもちゃがよく売れる)この時期に、話題のキャラクターグッズがフル・ラインナップじゃないなんて、それって商売人としてどうよ・・・?(笑)

しばらくは理想のペンギンを求めて、ネットの海を漂う日々が続きそうです(笑)。


●読みました♪

読んだのは、実は発売直後なんですけどね(笑)。

きのう何食べた? 2 (2) (モーニングKC)きのう何食べた? 2 (2) (モーニングKC)
(2008/11/21)
よしなが ふみ

商品詳細を見る

ホントあいかわらず、上手いなあ(笑)。

いや、面白かったです(笑)。なんていうんでしょうね・・・たとえば、『春抱き』が極上の仔牛フィレステーキ、フォアグラとポルチーニ添えだとしたら、よしながふみのこの連載は、料亭で出てくる鮭茶漬け(最高級のカツオだし汁)みたいな感じ?

比較するのが可笑しいぐらい、まったく別の味わいをもった作品なんですが、でもどっちも美味しいのね。それでもって、『春抱き』病患者(重症)の場合、そんなふうにまるっきりテイストも方向性もちがう作品だっていうのに、それでも『春抱き』変換しちゃうわけですが(苦笑)。

ま、それは置いておいて。。。

前回すでに簡単なレビューを書いたので、よろしかったら、あらすじはそちらを参考にしてください(笑)。男性誌に連載されているBL・・・ってだけで、実はかなりスゴイと思いますが、あくまであっさりと、ふたりの中年ほも(おっと!)カップルの日常生活を淡々と描いているのが新鮮。地味といえば地味なんだけど、スルメみたいっていうか、かっぱえびせんみたいっていうか、けっこう後を引きますね(笑)。

っていうかこれ、本質的には、料理(レシピ)マンガなんですよねえ(笑)。要するに、「おうちでご飯を食べよう、つくろう」ってメッセージが主眼なんだと思ってますが、あるいは、そういう体裁を隠れ蓑にして上手に、さりげなく、BLやゲイへの抵抗感を拭い去っているのかな。

で、2巻を読んだわたしには、ひとつの疑問が芽生えました(笑)。

「ねえ、あのさ~」
「ほえ?」
「シロさんとケンジくんが最初にえっちしたのって、いつなんだろうね?」
「そりゃあ、決まってるじゃない・・・」

というわけで、小鳥さんの答えは単純明快でした(笑)。


【08/12/2008 07:53】 書籍・マンガ | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

11月 | 2008年12月 | 01月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。