大掃除☆レポート(ロンドン編)

●ロンドンは

夕焼けが素晴らしく美しかったです・・・ええ、到着した日は(笑)。

でもその翌朝は、どんよりとひどく曇っていて、しのつく雨もちらほら。ああ、ロンドンの12月だよなあ、という感じでしょうか(笑)。

「明日の朝は午前7時に、リビングに集合!」

と威勢のいい号令をかけて、すっかり身も心もお掃除隊長になりきっていた小鳥さんは、実はちょっと風邪気味(飛行機の中が妙に寒かったので)。寝る前にお薬を飲んだのが災い(幸い?)して、9時過ぎまで、まったく起きて来ませんでした・・・(笑)。

まあ、それはともかく!(笑)

いろいろとハプニングはあったものの、順調に引越し準備(という名の大掃除)を進めています。あ・・・順調だと思っているのはわたしだけで、小鳥さんのほうは、すでに半日のロスがあったと焦っているようですが(苦笑)。(だって性格の差だけは、如何ともしがたいですもの。・・・彼女、すっごいせっかちで捨て魔なんだよ~。)

それにしても、一日だけですでに、60リッターのゴミ袋にして5つ分の「要らないもの」を発掘しました(苦笑)。心を鬼にして捨てた(半ば強制的に捨てさせられた)お洋服やハンドバッグが中心ですが、それにしても、それだけ大量の不要品と暮らしていたのかと思うと、複雑ですね。。。

「要る? 本当に要るのか? 何年もう使ってないんだ? ほら、要らないだろう?」

って、巨大なポリ袋を抱えて仁王立ちの小鳥さんに、ニコリともせずにたたみかけるように言われたら、なんだか恐ろしくて、そうそう逆らえるものじゃないです(苦笑)。本当に、そういう点では容赦ないんですよねえ。もっとも、「捨てられないタイプ」の人間にとっては、優柔不断を許さない彼女みたいなタイプは、必要悪なのかもしれませんが。

なので、一度も手を通していないスーツやブラウスも、もう着そうにないという理由で、ずいぶん処分しちゃいました。もったいないと言えばそうですが、でもチャリティ・ショップに持っていく時間も余裕もないので、しょうがないです(苦笑)。

「え~、でも、もったいないじゃん~」
「ダメ。要らないでしょ?」
「でもほら、まだキレイだし・・・」
「要らないでしょ?」
「だけどさあ、すごい高かったんだよ~」
「へえ、それで?」
「・・・いつかまた流行って、着る機会があるかもしれないよ・・・」
「ほお、それは何時のこと?」

・・・あぐぐ~(爆)。

「捨てる!」快適生活―部屋スッキリの法則「捨てる!」快適生活―部屋スッキリの法則
(2001/04)
飯田 久恵

商品詳細を見る

あはは、こんな本があるんですねえ(笑)。

(ところでわたしは、自他共に認める捨てられない女ですが、片づけられない女ではないと、自分では思っています。とにかくモノを溜め込むタイプですが、きちんと整理整頓はできるんですよね~。それがいいのか悪いのか、よくわかりません。。。)

ガラクタを捨てて、スッキリ暮らす―もしものとき、あなたのモノは誰が片づけますかガラクタを捨てて、スッキリ暮らす―もしものとき、あなたのモノは誰が片づけますか
(2007/12)
飯田 久恵

商品詳細を見る

・・・わたしの場合は、すでに専属の捨て魔を見つけたってことかな・・・(笑)。


【20/12/2008 00:44】 London Life | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

11月 | 2008年12月 | 01月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。