金沢紀行 その3

●それにしても

先週までの暖かさがウソみたいな寒さですねえ。。。

花冷えという言葉はとても好きですが(笑)、でも、もう4月になるというのに、なんだか冬に逆戻りみたい。まるで、ロンドンみたい。あ、それはそれで、悪くないですけど(笑)。


●今はまっているもの

は、別に大したものではないです。

タリーズの、あったかいカフェモカ(笑)。トールサイズで、はふはふしながらすすってます。癒し系というか、おやつの代わりというか。あま~いんだけど、それがなごみなのね(笑)。午後3時~4時くらいの間に、気がつくとカフェモカを買いに行っているような・・・?

う~ん、少し頻度を減らしたほうがいいかも(苦笑)。


●金沢の写真を

いくつか(笑)。

今日は、3月20日撮影分です(いつものコンパクト・デジカメ)。

kanazawa 001

これ、ホントにすごいですよね~。

JR金沢駅東口の、もてなしドームって言うんだそうです。かなりのサイズの構築物で、うわ~っと開ける視界にクラクラ(笑)。ガラス+スティールの建物は嫌いじゃないので、なんだか嬉しくなりました。写真を撮っている人も多かったけど、この全貌を撮るのは大変です(笑)。

kanazawa 002

さてこちらは、今回お泊りした駅前のホテルの一室(リニューアルツインだそうです)。

なかなかゴージャスな「金沢仕様」で、あちこちに蒔絵デザインのアートだの、加賀友禅の意匠だの、金箔などが使われていて、でも全体としてはシャープでモダンな感じで、とっても良かったです(笑)。かなり前から予約していたので、比較的お得に泊まれました。

kanazawa 003   kanazawa 004

これ、ちょっと写真が暗いですねえ(苦笑)。

お茶会のメンバーのみなさんとお会いしたあと、まずは素敵な和スイーツを食べに行きました。それがこの、不室屋さんのカフェ。これがもう、すっごくお洒落なお店なんですよ♪

桜あんみつと、不室屋パフェ。どちらも絶品でしたよ~(小鳥さんからあんみつを奪ったくせに、自分はパフェをひと口もあげていないことに、食べ終わってから気づきました・・・し、失態!)

あ、こっそりお隣りに置いているのは、某さまがお茶会のためにわざわざ作ってきたくださった、ハンドメイドの「お茶会のしおり」です(笑)。ご挨拶の言葉から、式次第(爆)、おまけに『春抱き』萌えクイズまで盛りだくさん!

(こんなこと、今までやったこともなかった自分の不明を恥じました。くすん。)

http://www.fumuroya.co.jp/

ちなみにこのカフェ、最終日に小鳥さんともう一度行きました(笑)。抹茶ラテ、美味しかったです。

さらに、蛇足ネタ(笑)>>

このお店の東京支店があるのが、なんと東京ミッドタウン・・・って、それ、わたしんちのすぐそば(笑)。徒歩でも10分くらいで行ける場所にあります。まさに、知らなかったなあ、って感じですね。

kanazawa 005   kanazawa 006

で、こちらは、二次会?(本会?)の居酒屋さんでのお食事です。

駅前の居酒屋だからって、バカにしてはいけません(笑)。これがねえ、本当に美味しいお料理ばっかりで、かなりレベルが高かったように思います。金沢ってホント、美食の街なんですね~。(でもお値段は、東京のフツーの居酒屋さんよりも安いのです。)

kanazawa 007   kanazawa 008

旬の海の幸を食べよう、ということで、甘エビ、ホタルイカ、のど黒などをたっぷり(笑)。美味しいお魚が大好きな小鳥さんもわたしも、最後まで舌鼓を打っていました。

・・・って、これ、全然お茶会のレポートじゃないじゃんか(爆)。

グルメ報告で終わってますが、お茶会の話は、またいずれ・・・!!


【25/03/2009 21:56】 旅★たべもの | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

02月 | 2009年03月 | 04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。