通勤ラッシュのお話

●TBのお題から

「どんなお魚料理がお好き?」

お魚、ほぼ何でも好きです♪

昔からずっと好きですが、大好き、って思えるようになったのは、少々オトナ(おばちゃん?)になってからかなあ(苦笑)。トシをとってよかった、と思えることのひとつかもしれません(笑)。

ふだんイギリスに住んでいると、その辺で手に入るお魚のバラエティがとにかく少ないので(サーモンもドーバー・ソウルも美味ですけどね)、日本のシーフードの豊かさに、今更ながら感動したりもします。島流しのヨロコビ、ですね(笑)。

何が好きかって、特に意識したことはないけど。。。

sakana 1

地元☆湘南海岸で獲れる、ものすご~く新鮮なシラスも好きだし、お寿司(お刺身より好きかも)ならば何でも食べるし。子持ちししゃもも、鯖の味噌煮も、秋刀魚の塩焼きも、アジの開きも大好き(笑)。家庭料理中心というか、庶民派・・・?

sakana 2   sakana 3

鮭なら・・・どう食べても美味しいので、調理方法を決められないです(笑)。

北陸旅行ではほんとに、日本海の海の幸をしみじみと堪能しましたし(甘エビ大好きなので余計に!)、関西方面に行けば、瀬戸内の海産物(アナゴ、タコ、カキなど)がおいしくって幸せ。

・・・要するに、何でもいいのね(苦笑)。

地のもの、旬のものが美味しいのはあたりまえだけど、でもそのあたりまえを楽しめることが、幸せだと思っています。(あ、あと、イワシのつみれとか、ちくわや蒲鉾など、加工されたお魚たちも好きです。日本人だなあ、って思います。)

そういえば。。。

仮称☆洋介くんのメロメロとーしゃん(笑)は子供のころ、熱を出して寝込んだり、お誕生日だったりと「特別な日」には、なぜか決まって、母に子持ちカレイの煮付けをおねだりしてました(笑)。

「何か食べたいものある?」
「ポテトチップ!」
「・・・」
「子持ちカレイ!」
「・・・」

(ホントに病気なのかよ、と幼いわたしは疑問に思ったものです。)

考えてみれば、ずいぶん渋いテイストの小学生もいたもんですが、病気はともかく、問題は彼がおとめ座生まれであることでした(笑)。ええ、だってその時期って、子持ちカレイは旬ではないので、魚屋さんに行ってもないんですもの。

(今はどうなのか不明ですが、少なくとも当時は、時期はずれのお魚を探すのは楽ではなかったですよね?)

彼はそれでお誕生日に好物が食べられず、何度もがっかりしてきましたけど、でもそういう経験を通じて、野菜や果物と同じく、お魚にも季節がある・・・ってことを学んだように思います(笑)。

あは、なんだかちょっと、懐かしい(笑)。


●優先席のおはなし

この掲示板を見て、少し考えてしまいました。。。

電車の優先席@東京

妊婦@優先席

匿名で発言できるサイトだから、冷たいのかもしれない。気配りする必要もなければ、周囲に好かれる努力も要らないから。いや、冷たいというより、絶対に口にはしないけど、これが正直な気持ちなんだろうなあ。掛け値なしの本音だとしたら、むしろ知ってたほうがいいのかも・・・?

と思いつつ、なんとなく殺伐とした、自己中心的なコメントが予想外に多くて、一抹の寂しさを覚えました。誰が悪いわけじゃないけど、それだけ余裕がない、ギリギリいっぱいで疲れ果てている労働者が多い、ということなのかもしれません。

(東京だけだとは思わないけど、地価の高い過密都市特有の現象ですよね。)


【29/03/2009 10:11】 社会・時事ニュース | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

02月 | 2009年03月 | 04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。