突然、訃報が飛び込んで来て

●あまりにも

急なニュースだったので、どう受け止めていいものか。。。

元巨人、阪神投手の小林繁氏急死

【プロ野球】「空白の1日」の小林繁氏が死去

だって今の世の中、還暦以前に亡くなるなんて、早死にって呼んでもいいレベルでしょう?

阪神の小林投手。

ひょろっと細い身体で、毎回もう精根を尽くして投げるような流麗なサイドスローで、巨人戦にめっぽう強かった。

・・・というのは、正しい表現ではないですね。

小林選手が(疑惑の)トレードを経て、心ならずも巨人から阪神にやってきた、遠い昔のあの日。江川のワガママの犠牲になり、ジャイアンツに売り飛ばされた(と本人は思ったでしょう)彼が、涙ながらに記者会見するその姿を見て、

「な、な、なんてヒドイ!!」

子供心にわたしは泣き、大の男が流す悔し涙にしびれ、そしてそのまま筋金入りのアンチ巨人、そして阪神タイガースのファンになったのです。

そう、阪神の小林投手。

おそらくとても熱いひとなんでしょうけど、それでも「悲劇の」なんて形容詞がなぜか似合ってしまう風貌で、なんともストイックな雰囲気ですらあったね。

これはわたしの勝手なイメージかもしれませんが、巨人への反骨精神がユニフォームを着て歩いてるような、ピリピリしたピッチャーでした。

最多勝、沢村賞。

どんだけ好きだったか、どんだけ応援していたか、言葉では言い尽くせません。

まだ死ぬような年齢じゃないのに。

ご冥福をお祈りします。。。


【17/01/2010 19:52】 社会・時事ニュース | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

12月 | 2010年01月 | 02月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。