赤い鳥居と霊狐たち (佐助稲荷)

●幼稚園ラプソディ

・・・といっても、わたしは外野なんですけど(苦笑)。

もちろん、そろそろ4歳になろうとする仮称☆洋介くんのことです。

可愛くてかわいくてどうしようもなく可愛くて、そりゃもうメロメロ(死語)に、理屈抜きに溺愛してはいますが、とはいえ、所詮はおばちゃんですからねえ。

何かできるわけでもなく、ただただ、話を聞かされてハラハラドキドキするだけです(苦笑)。

ホント、大変なんですねえ。

都内で、親が希望する条件に見合うような理想の幼稚園を探すのがこんなに大変だなんて・・・びっくりです。

正直、「少子化じゃなかったの?」って感じ。

(うちの甥っ子の場合、3年保育ならばちょうどスタートするはずの春先にお引っ越しと、弟くんの誕生がありましたので、中途編入?通園?のような格好になります。)

お金もずいぶんかかるようですが(私立ならば特に)、こちらは子ども手当だの、区の補助金だのがあるようで、その点はありがたいと思いますが。

そういう苦労話を聞いていて、しみじみと思うのが。。。

お父さんとお母さんで、子供の教育に関する基本的な価値観というか、ポリシーが同じだというのが、どれほど重要か・・・ということです。

育児はおろか、結婚すらしていないわたしにとっては、こちらもあくまで「外野」でしかありませんが、子供をどういうふうに育てたいか、という価値観が夫婦で共有されていなかったら、さぞかし大変だろうという想像くらいはつくからです。

幼稚園の選択ひとつをとっても、そこには歴然とした差が出てくると思いますもの。

幸い・・・というべきか、仮称☆洋介くんのお父さんとお母さんは、どちらものんびりとした田舎育ち(笑)。

将来どうなるかはわかりませんが、今はとにかく、子供にあくせくとお勉強を強いることに抵抗があるらしいので、「ほどほど」「おっとり」路線で行くようです。

でもそういうのって、今後まわりの影響を受けたりするだろうし、いろいろな情報が入って来るたびに揺れるだろうと思うので・・・ああ、大変だろうなあ。

ましてお母さんは特に、これからどんどん、子供がらみの複雑な人間関係の渦に巻き込まれていくでしょうし・・・外野ではありますが、こっちも心配の種は尽きません。

(取り越し苦労って、こういうのを言うんだろうなあ。)

幸せになってほしい、それだけなんですけどね。

「子育てって、大変すぎる・・・!」

それにしても、到底わたしには背負えない重責だと、こういうときひそかに思います。

未熟なのか、身勝手なのか、悲観的にすぎるのか?

そのすべてかもしれませんが、わたしがそういう考え方をしてしまうので、余計にね、子供を育てているお父さん、お母さんには敬服するばかりです。



●これは先週の

鎌倉の写真です。


IMG_1352.jpg


春からずっと、行こうと思いつつ行けずにいた(理由=めちゃくちゃ暑いから)、佐助稲荷。


IMG_1274.jpg


ようやく、この赤い鳥居に辿り着きました。


IMG_1282.jpg


京都の伏見稲荷ほどの数もスケールも知名度もないですが、それでも実に、「絵になる」神社。

晩秋とは思えないほどの、うっそうと濃い緑の森に抱かれた佐助稲荷には、独特の雰囲気があります。


IMG_1293.jpg


かつて、源頼朝の夢枕にこの佐助稲荷の神様が立ち、挙兵を勧めて・・・云々という由緒については、ネットで検索してみてください(笑)。


IMG_1315.jpg


誰もいない、しんと静まり返った境内。

ホント、森の茂みの奥から、得体のしれないざわめきが聞こえて来るんですよ・・・(苦笑)。

怖いとは思いませんが、異空間に迷い込んでしまったような、狐たちにからかわれているような、そんな心もとない感覚に陥ります。


IMG_1333.jpg


どこを見ても、狐だらけ。

(いや、お稲荷さんですから、あたりまえなんですけど。)


IMG_1325.jpg


あ、「誰もいない」と書きましたが、それはわたしが幸運にも、そういうタイミングに訪れただけです。

お休みの日となると観光客も多いですし、そうではない日も、ハイキングや写生のグループがよく訪れているらしいので、賑やかな日も多いんじゃないかなあ。

(某さま曰く、最近の「パワースポット」ブーム?で、若い女性の訪問者も増えているそうです。)

写真を撮る人にとっても、ここは絶好のロケーションですしね・・・(笑)。


IMG_1349.jpg


ところでご近所には、こちらも有名な銭洗弁天があります。

徒歩で数分しか離れていないので、セットで訪れる人が多いみたいですね。

また、佐助稲荷を含むこのエリアには、源氏山公園があります。この時期、たぶん紅葉スポットのはず・・・!



●では、

また。。。



【24/11/2010 22:13】 旅★たべもの | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

10月 | 2010年11月 | 12月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。