Much ado about something

●台風一過?

投稿事件で被害届、京大に抗議殺到 同志社は学内対応

いざ冷静になってみると・・・ってことでしょうね。

たしかに、みんな(わたし自身もそうですが)大騒ぎしすぎた。

マスコミも、大学側も。

まるで、インターネットや携帯端末を利用した今回の不正行為が、まるで世界初の椿事であったかのように。

まるで、大企業のトップシークレットを暴く驚異の産業スパイが暗躍したかのように。

まるで、極悪非道の重罪みたいに。

「前代未聞の不祥事!」

と息巻く大学関係者を見て、何を今さら、とひそかに笑っていた受験生・元受験生もけっこういたりして?

(ケータイを利用したカンニングがどのくらい行われているのか、見当もつかないですけど。)

まあ、なんというか、わたしのような野次馬からすると、好奇心をいたく刺激する事件だったのはホントなんですけどね(笑)。

なぜそんなに気になったのかというと、それはもちろん、「試験会場での厳しい監督の目をかいくぐって、どうやって?」という、素朴な疑問があったから。

そう、「受験生がこっそりデスクの下でケータイをいじる」なんてまず出来るわけない、という前提があってのことなんですよね。

だからこそ、誰も単独犯だとは思わなかった。

外部に協力者がいるとか、よほど特殊な機能を持ったケータイ端末なんだろうとか、いろいろな憶測が飛び交ったわけです(笑)。

でも、ふたを開けてみたら、どうやら単に監視がゆるかっただけ―――みたい。

そうなると途端に、事件の見方も変わってきますよね。

もちろん、不正は不正です。

たまたまできる状況だったからカンニングをした、というのは言い訳にも免罪符にもなりませんが、受験の監督体制がきちんとしていれば、防げた事態ではあるわけです。

「落ち度はなかった」という大学側の抗弁が、むなしく聞こえてしまうのはやむを得ません。

(今回の京大のリアクションはいかにもお役所的で、「これまでと同じ監視体制」=問題はなかった、の一点張り。テクノロジーの発達に合わせて監視のあり方を常時アップデートしてきたのか、その辺が気になります。)

カンニングはダメ、それは当然。

だけど19歳の予備校生のした愚かな行為が、果たして警察に逮捕・身柄拘束されるに値するほどのことだったのか・・・この答えは、簡単には出ませんね。



●では、

あまりに眠いので(薬のせい?)、この辺で。。。



【08/03/2011 23:35】 社会・時事ニュース | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

02月 | 2011年03月 | 04月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。