亀戸天神の藤を拝みに

●福島で

撮った写真が、2台のカメラで合計だいたい1200枚くらい。

いつもより多いのか、少ないのかはご想像にお任せします・・・(笑)。

(ちなみにカメラは、オリンパスE-PL1+レンズ2本、そしてリコーCX4でした。これ以上の軽量化はちょっと無理・・・と言ったら、小鳥さんに呆れられましたけど。)

いずれにしても、まだ画像を整理していないので、後ほどあらためてご紹介しますね。

とりあえず。。。

先に申し上げておくと、会津若松のお城(鶴ヶ城)の桜は、今が見ごろ~散り始めです。

(東京よりも数週間おそいわけですので、やっぱり北なんだなあ、と実感しますね。街のあちこちで鯉のぼりを見かけて・・・桜と同時期に端午の節句がやって来るというのも、新鮮な感じです。)

葉っぱが出始めている桜も多いけど、まだ十分に見られると思います。

ほんの少し山のほう、たとえば武家屋敷のあたりならば、まだ桜は満開の状態。

今後のお天気にもよりますが、まだ数日はお花見ができるんじゃないかなあ。

機会があれば、ぜひどうぞ♪

あ、ちなみに、郡山あたりの桜は終わりかけに見えました。

少なくとも平地の市街地では、落花しきり。

それだけ暖かい、ということなんでしょうね。



●さてさて

まずはこちらを、ご紹介しておきますね。

ちょうどこれからが、見頃だと思いますので。


P4289986.jpg


言わずと知れた東京きっての藤の名所、亀戸天神です。

錦糸町の駅から歩いて15分くらい―――あ、亀戸って駅もあるんですけど、距離は同じくらい。

http://www.kameidotenjin.or.jp/

訪れたのは4月28日の午後、非常にあっつい日でした(笑)。

この時点で開花はやっと五分、といったところでしょうか。


P4280007.jpg


こんなふうに咲き誇っているのはごくわずかでしたが、それでもいい匂いでしたよ~。

今年は震災の影響で、ゴールデンウィークだというのに人出が少ないって。

・・・そう聞いていましたけど、そうかなあ?

混雑というほどではありませんでしたけど、それでも結構、大勢の観光客で賑わっていました。

といってもたしかに、元気な高齢者(のバスツアー客)がほとんどで、外国人の姿はまばらでしたけどね・・・屋台がほとんど営業してなかったのも、そのせいかしら。


P4280073.jpg


藤棚の向こうには、東京スカイツリー。

どの角度で撮るといいのか、上手に藤が入るのか、ものすごく悩み・・・成功してないですね(爆)。


P4280020.jpg


亀戸だけに(ホント?)、お池にはものすごくたくさんの亀がいました・・・(笑)。


P4280054s.jpg


アートっぽい効果を狙った逆光ショットですが・・・うぐぐ。

イマイチだなあ。

オマケ>>


RIMG0096_20110501153835.jpg


リコーCX4の「ミニチュアライズ」モードで撮影。

実にとりとめのない写真ですが、こういうお遊びっぽい画像も悪くないかも。

GW後半、きっと藤は満開を迎えます。

さぞかし壮観だろうと思いますので、近くまで行ったらお立ち寄りになってね。



【01/05/2011 15:50】 旅★たべもの | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

04月 | 2011年05月 | 06月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。