満天星にあやかって

●TBのお題から

「夜行列車に乗ったことありますか?」

あります・・・カナダで、大学生のころね(笑)。

カナダ全10州を横断するという、若気の至りとしか思えない旅行でした。

ふつうの夜行列車で、寝台列車(これは今でも憧れ!)ではなかったので、ちょっと背もたれをリクライニングさせて、そのまんま寝るわけです。

ま、プライバシーはないし、ひとり旅で荷物も気になったので、あまり睡眠は取れなかったと思います。

それでノヴァ・スコシアからブリティッシュ・コロンビアまで・・・よくやったよなあ。

行程の一部は友人と同行したり、知り合いを訪ねたりもしましたので、完全「おひとりさま」じゃなかったですけどね、今から考えるとわりと大胆かも。

当時20歳・・・両親がよく許したよね、って自分で言うか(汗)。

なぜ夜行かって、そりゃもちろん、安いからです。

昼間は観光をして、夜になると移動・・・って、宿泊費を浮かせるにはもっとも合理的ですもの。

(いつも電車で寝るのもしんどいので、ときどきはホテル、というか夏季に一般に開放される大学寮やYMCAに泊まっていました。ホント、若かった!)

オタワもモントリオールも好きだし、(高校時代にホームステイしていた)エドモントンは今でも心のふるさとみたいに思っていますが、美しさではプリンス・エドワード・アイランドがいちばんでした。

宿泊した小さなB&Bで、朝から大量のロブスター!(島の特産品)が出たことは今でも鮮明に覚えてます。

遠いとおい昔の思い出です。



●ちなみに

超どうでもいい話ですが・・・(笑)。

なぜか、「夜行列車」という言葉で連想するのは、

①上野発の夜行列車 降りたときから~ 青森駅は雪の中~♪

②さあ行くんだ その顔をあげて~ 新しい風に心を洗おう~♪

・・・だったりします(爆)。

わかりますよね、ね、ね?



●満天の星の

今日の一枚は、これ。


RIMG0358.jpg


ちっちゃくて白くて、ものすご~く可愛い♪

たぶん関東南部ではとっくに終わってますが・・・河口湖のあたりで撮りました。

ドウダンツツジ、です。

いわゆるツツジには絶対に見えないですけど、調べてみたら、ツツジ科ドウダンツツジ属なんですってね。

漢字で書くと、灯台(燈台)躑躅。

響きいもゴッツイし、可愛げのない難しい漢字で、PCじゃなかったら書けませんねえ(苦笑)。

でも別名というか、「満天星躑躅」とも書くんですよ。


RIMG0337.jpg


満天の星・・・そっちのほうが見た目にも合うし、ずっと可愛い(笑)。

あ、そういえば、ドウダンツツジは秋もとっても美しいですね。

紅葉してあざやかな紅に染まるので、庭園などでも非常に目立ちます。

花言葉は、「節制」「上品」・・・なるほど(笑)。


オマケ>>


RIMG0299.jpg


存在感のある山ツツジも、けっこう好きです・・・(笑)。


2011-5-blog3.jpg


ブログの現在のトップ画像がこれ、なんだか妖しい雰囲気ですよね。



●毎日なんだか

ヘンなお天気ですね。

梅雨入りも今年は早いみたいですし、あんまりニュースにならなくなったけど、余震も続いています。

南の海から、大きな台風も来てるとか。。。

あんまりこれ以上、心配の種が増えませんように。



【26/05/2011 21:59】 写真☆カメラ | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

04月 | 2011年05月 | 06月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。