とあるポメラーの告白

●ひかり回線の

工事は、あっけないほど簡単に終わりました(笑)。

その後で、自分でインターネットに再接続する作業(ホームゲイトウェイを中心に無線LANのルータなど機器を正しく繋げるプロセス)も、今までどおり無線でコネクトできるかどうか確認する作業も、ほんの数分でおしまい(わたしはこういうの好きなのです)。

うまく行って良かった・・・というか、やや拍子抜けかも?

(ペシミストではないと自認していますが、こういうときって予期しない、それも原因のよくわからないトラブルが起きて、なかなかネット環境が構築できないってのを、どういうわけか想定していたように思います。)

ひかり、早いですね~。

さくさく動いて、気持ちがいいです。

そもそもゲームをしたり、高画質の動画を見るわけではないので、「劇的に」早いのかどうか、よくわかりませんけど・・・(笑)。

余談ですが、ひかりに乗り換えたのは、実は父の意向です。

わたしは今までのブロードバンド(ADSL)で必要十分だと思っていたので、光ファイバー導入を考えたこともなかったんですが、70代の父の方が一歩先を行ってました(笑)。

コストを見ても、総合的にはちょっと得になるようなので、正しい判断なのかも。

(従来のNTT電話回線から、ひかりで一括サービスを受けることになったので、月々のランニングコストが若干これまでよりも安くなります。)

もっとも、まだ初日です(笑)。

今後トラブルが発生しないことを、祈るばかりです。



●書きかけの

お話は、気づいたらずいぶん量がたまっています。

いい感じで、2話~3話分くらいあるかも。

小鳥さんとわたしは、これを「ポメラ効果」と呼んでいます(笑)。

5分でも、20分でも無駄にしない。

つまり、「まとまってない」細切れの時間がちょっとでもあれば、ささっとあの子を出動させて、1行でも10行でもいいから、書けるだけは書いておく・・・というのが、意外な?成果を生み出しました。

塵も積もれば・・・って感じですね(笑)。

もともとぐうたらなわたしは、いろいろ面白いネタを考えついても、

「次にちゃんと時間を見つけて書こう!」

と思うばかりで、やる気はあっても、なかなかエンジンがかからないタイプ(汗)。

・・・別にね、やりたくないことを先送りにしてるってわけじゃないんですけど、機動性に欠けるというか、本当に腰が重いのです(苦笑)。

じっくり集中できるように、一度にまとめて書きたいのは山々ですが、実際にはそんなクオリティ・タイムはめったにない。

それなら、ゼロよりは今の「こまぎれドラフト」のほうがマシ、ですもの。

・・・って、偉そうですね(爆)。

近々ぜひとも、みなさまに読んでいただけるといいなあ、と思うんですが、問題がひとつ。

なんせコマギレ作業なので、テンションは低めなのです(苦笑)。

淡々と状況説明を書いているときはそれでOKですけど、いざ色っぽい場面にさしかかると、低めのテンションってのは困りものですね~。

ガーっと突っ走る勢いが、ヨコシマなピンク色の妄想に燃える心(笑)が、××シーンに臨場感と熱をもたらすと信じていますが―――いかんせん、ロー・テンションではねえ。

お陰で、不器用なふたりが半裸で行きつ戻りつ、すすんだと思ったら後退するというような、何とも言えないオカシナことになっております(笑)。

なんつうか、拷問のように長い前戯・・・って感じ?(爆)

「焦らしプレイにもほどがある!」

というのは、ドラフトを読んでいる小鳥さんの弁。

どうやら、永遠に終わらない寸前のいちゃいちゃ?に、しびれを切らしているようです。

「どうしよう、手直ししたほうがいいのかな・・・?」

でも、それにはほら、まとまった時間が要るじゃない・・・(笑)。


【18/09/2011 01:31】 「ゆすらうめ異聞」関連 | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

08月 | 2011年09月 | 10月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。