すでに夏認定・・・

●いきなり

なんだか、暑くなりました・・・(汗)。

ほんの数日前まで、寒い春はいつまで続くんだ、なんて文句を言ってたのに。

「・・・あちんだよ(爆)」

はらはらと散る桜を恨めしげに見上げつつ、そうつぶやいたワタシです。

18度、いや、日中はあっさり21度・・・だったっけ。

「真夏。ロンドン的には」

というのは、わたしの(あまりインテリジェンスのない)口ぐせ。

これが出ると、小鳥さんは黙って笑います。

しょうもないなあ、という乾いた微笑(汗)。

そういうわけで消耗しています。

暑がりのわたし(と同志若干名)にとっては、4月から10月までが夏です。

東京の場合。

ホントですよ、しんどいったら。。。



●京都の

事故、酷いですね・・・あまりにも酷い。

軽自動車が人ごみに突っ込み、暴走して何十人もなぎ倒したって大惨事でしょう。

京都・祇園の車進入、運転中に発作か 歩行者ら7人死亡

祇園はいつだって混雑していますが(南座の前あたり~ですよね)、ましてやこの時期。

桜が満開の古都ですから、さぞかし賑わっていたと思います。

それなのに、なんてこと。

繰り返される、どう考えても起きずに済んだはずの事故に、愕然とします。

死亡した容疑者は、てんかんの持病を持っていたらしいと報道されています。

それは情状にならないどころか、逆に責任加重要素でしょう。

(被疑者が死亡しているので、情状酌量も加重もないんですけど。)

本人は、病気で発作が出る可能性を知っていた。

運転中に発作が起きたらどうなるか、最近続いた悲惨な事故もあり、当然よく知っていた。

医者も家族も、運転をやめろと言っていた。

それなのにクルマのハンドルを握ったなんて、許せない。

(なりたくてこういう病気になる人なんかいない、というのは何の抗弁にもなりません。たとえば目の見えない人は、車を運転させてもらえない。それと同じ事です。)

なにかあったら、自分が死ぬリスクばかりか、関係のない他人を轢く可能性があると知ってたんだから。

これは「故意」だとしか思えない。

文字通り、殺人行為だとしか言いようがないでしょう。

こんなのに巻き込まれて亡くなった人、けがをした人やその家族は、本当に浮かばれないよ。

無論これは、てんかん患者への差別とはまったく別の問題です。

てんかん患者に免許を交付すべきかどうか、という議論とも関係ありません。

ひとりの、無責任なドライバーの良心(の欠如)の問題。

「俺は大丈夫」と豪語して飲酒運転する馬鹿と、同じくらいたちが悪いと思います。

(マジョリティのてんかん患者さんは、きちんと危機意識を持って生活していることでしょう。こういう無責任な同病者がいることで、いちばん迷惑しているのは彼らかもしれません。)

なんてこと、本当に忌々しい。

被害者とそのご家族が、本当に本当にお気の毒です。


【13/04/2012 03:10】 島流し生活2008~ | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

03月 | 2012年04月 | 05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。