『春抱き』が帰って来たよ! ヾ(〃^∇^)ノ♪♪♪

●ホントは

いつもどおり、日付が変わってから、レビューを上げようと思っていたのですが。

でも、カウンタの数字が久しぶりに猛スピードでぐるぐる回り続けているので、早めに置いておきます(笑)。

こんな興奮は、久しぶりですから。

初めての方もいつもの方も、いっぱいの応援コメント、ありがとうございました!

しょうもなくゆるい感想ですが、よろしかったら読んでやってください。

(あとで、この日記の日付を4月29日付に直すと思いますが、ご了承ください。)

なお、うだうだしてる部分もありますが、大らかに見守ってくださると嬉しいです。



☆ ☆ ☆ ☆ ☆



●今日は夏!

完全にもう、夏の陽気でした。

GWスタートに相応しい、というか何と言うか。

すでにわたしの服装は、真夏仕様です。

半袖と、強力日傘と、タオルマフラーと、日焼け止めべ~ったり(笑)。

最近は日膨れがヒドイので、こうでもしないと危険なのです・・・(汗)。



●さてさて

お待ちかね、です(笑)。

早起きして行って参りました、駅前の本屋。

来た見た勝った、じゃなくて買った!(笑)


BE×BOY GOLD (ビーボーイゴールド) 2012年 06月号 [雑誌]BE×BOY GOLD (ビーボーイゴールド) 2012年 06月号 [雑誌]
(2012/04/28)
不明

商品詳細を見る



開店早々(午前10時5分)の書店は、今日発売の雑誌の荷解きすら始まったばかりでした。

人もまばらで照明も暗め、まだまだ眠た~い雰囲気。

「雑誌、予約してるんですが!」

勢い込むおばちゃん二人の真剣さに、きっとお店のお姉さんも引いただろうなあ。

「少々お待ちください」

(心の声:なんだよ、朝っぱらから高齢腐女子かよ~。)

バイトちゃん(とおぼしき女の子)が取り置きの棚を焦って探してる間に、床に積み上げられた雑誌の山から、あっさりゴールドを見つけ出したわたしたち。

―――表紙、チラリと見えてたからね。

普段はトロいくせに、こういうときは異常に目ざとい(笑)。

「あの、ここにあるんですけど」

いいから早く寄越せモード、全開でした(爆)。

※店員さん、ごめんなさい。

まあ、そんなわけで。

無事に、be-boy GOLD6月号を手に入れました。

あああああ、よかった~。

(心配してくださったみなさま、ありがとうございました!)

うちに帰るまで待・て・な・い、待ちたくない♪

とばかり、そのまま近くのドトールにしけ込み。

モーニング・セットを頼むのももどかしく、最奥のテーブル席に陣取って、おもむろに読書スタートです(笑)。

いい歳の大人がみっともない・・・と言われたら、ぐうの音も出ない状況ですけど、気にしない。

『春抱き』の前には、世間体もなにも虚しい。

―――小鳥さんもわたしも無言で、ひさびさの『春抱き』に没頭しました。

静かな幸せ。

67ページ分の幸せ。

うっふっふ。



●ここからは

ほんのちょっとですが、レビューめいたものを。

※以下、結構ネタバレを含みますので、ストーリーを知りたくない方はここで止めてください。

※あたりまえですが、ここに書く感想・コメント・ツッコミはすべて、わたし個人の独断と偏見によるものです。気に入らなかったら・・・ごめんなさい、スルーしてね。









まず、全体の印象。

『春抱き』が帰って来た!

それだけで、まずは幸せです(笑)。

絵もすっかり戻ってるし、登場人物も(某だれかさんを除き)相変わらず。

この「相変わらず」というのは、もともとの、休載以前のあの『春抱き』ワールドが戻って来た、という意味です。

これだけでもう、十分すぎるほど嬉しい。

いろいろとまあ、勝手に危惧していたので(苦笑)。

長かった休載期間をまったく感じさせない、まるで先月のお話の続きだよ、みたいなさらっとした滑り出しでした。

見事な平常運転だよなあ。

(一応は読み切りってことになってるけど、そんなわけないじゃん! 次は12月ですか?)


次に、岩城さん=信長ね(笑)。

※これ自体がストーリーの中心となるわけではありません。

大河ドラマの脇役(主役はどうやら千利休らしい・・・これはこれで、気になるかも)として、織田信長役で登場し、どうやらかなり話題になっている模様。

意外性のあるキャスティングだと言われてるらしいですが、そうかなあ(笑)。

むしろ、これ以上ないひらめきのキャスティングだと思うけど。

ご存知のとおり、わたしは昔から岩城さんが歴史上の人物をやるなら(他にもいろいろ、マイナーながら個性的なキャラは思いつくものの)、絶対に信長だと思ってましたから♪

念願の、カラーで信長岩城さんを見られて、うっとり・・・(笑)。

センセ、本当にありがとう!!

(・・・って、テメエのために描いたんじゃねえって!)

『春抱き』で、まさかの信長萌えです。

いやあ、もうね、口ひげが似合いすぎてクラクラしました。

「これで、髭の岩城さんも解禁かな~?」
「やめれ(爆)」

小鳥さんには、たしなめられましたけどね(汗)。


それから、えっち。

・・・これは、また後ほど。



(つづく)

【29/04/2012 00:06】 春を抱いていた | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

03月 | 2012年04月 | 05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。