へろりんこ。

●たくさんの

拍手とコメント、ありがとうございます。

久しぶりの『春抱き』に、みなさんがもの凄く喜んでいらっしゃるのがわかります。

ホントにホントに、嬉しいもん。

と同時に、「ゆすらうめ異聞」の復帰を待っているというコメントも、本当にありがたい。

(今このタイミングで、自分のサイトがネット上に存在しないというのは、非常に辛いものがあります。)

きっと、復活しますから。

ま、負けないもん。



●昨日は

怒涛のゆす茶会でした。

『春抱き』を愛する仲間との集まりは不定期にずっと続いていますが、

「最新号の発売後に、みんな興奮したまんまでお茶会をする」

―――というのは久しぶりだったので、盛り上がりましたね~。

いやあ、本当にハイテンションの一日でした。

10人ほとんどが、切り抜いた『春抱き』(薄い本バージョン)を持って登場するほど(笑)。

※GOLDの他作品に用はないので、『春抱き』だけキレイに切り取って持ち歩きます。

以前はね、フツーに雑誌にお話が掲載されるたびに、こうやって集まってたんですよね。

最新号の内容について、ああだこうだ、ディスカッション&(たまに)反省会(笑)。

それが恒例で、楽しかったの。

気のおけない仲間たちで、誉めたりケチをつけたり、忌憚ない感想を交換できるのがメリットでね~。

(言うまでもないことですが、言論の自由というか、単によかった、素晴らしかったで終わらずに、思ったことはなんでも言えるって大事ですよね。『春抱き』ファンは大人だなあ、と思ってます。)

もっとも昨日は、おおむねお祝いモードでした。

10時間ほどしゃべり続け、それでもなお足りずに、もどかしく思いながらお開き。

電車の時間、ありますからねえ。


DSCF0946.jpg


(写真は、夜の部=二次会会場のそばの夜景。)

お茶会レポートは、またいずれ。

参加者のみなさまに、心からお礼を申し上げます。



●昨日の

レビューもどきは、えっと・・・(笑)。

あらすじすら書いてないことに、あとで気づきました(汗)。

追記をあらためて載せますので(たぶん)、少々お待ちください。

あ、そういえば>>

これも書くのを忘れちゃったけど、信長・岩城さんがお持ちの素敵な扇子ね。

どっかで見たことのある文様と色だと思っていたら、アレなんですね。

「冬蝉」DVDのジャケットイラスト。

秋月さんの背景画だと気づいて、なんだか嬉しかったなあ。


冬の蝉 第一巻 (初回限定版) ?江戸恋唄? [DVD]冬の蝉 第一巻 (初回限定版) ?江戸恋唄? [DVD]
(2007/02/23)
森川智之、三木眞一郎 他

商品詳細を見る



岩城さん、本当に時代劇が似合います(笑)。

ほかにも、今回の67ページで気づいたことはありますが、それもまたいずれ。。。

今日はもう、完全に充電切れ状態です。


【30/04/2012 13:50】 「ゆすらうめ異聞」関連 | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

03月 | 2012年04月 | 05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。