欣喜雀躍! ゆす茶会レポート その1

●さてさて

先日ちょっとばかり、ご案内したとおり。

『春抱き』復活を祝して、久しぶりのお茶会を催しました。


BE×BOY GOLD (ビーボーイゴールド) 2012年 06月号 [雑誌]BE×BOY GOLD (ビーボーイゴールド) 2012年 06月号 [雑誌]
(2012/04/28)
不明

商品詳細を見る



久しぶり・・・ってのは、アレです。

10人も集まる規模で行うのが久しぶり、という意味です。

『春抱き』を愛する仲間内の中でも常連さん数名とは、もちろんわりと定期的にお会いしていますし、去年は軽井沢で、夏の強化合宿までしましたけど(汗)。

大勢でわいわいやるのは、また格別!別格の楽しさです♪


DSCF0867s.jpg


強力な雨女=小鳥さんの威力?はどこへやら、4月29日は快晴でした。

この日に設定したのは、もちろん、GOLD発売日の直後だから。

この29日~30日を逃すと、GW後半まで待たなくてはならず、そうなったらせっかくの大興奮も・・・そうですね、しぼんでしまうわけじゃないけど、ほら、やっぱり当初の感動は慣れに変わるじゃない?

それは避けたいなあ、というのが幹事=の意図でした。

(数日よけいに経ったから熱が冷めるとか、そういう心配をしてたわけじゃないけど。)


DSCF0877.jpg


まあまあ人数が多く、かつ絶対的に周囲に会話の内容が漏れない「個室」環境が必要・・・となると。

場所さがしは結構、むずかしいんですが。

今回は幸いにも、あっさりとゴージャスなホテルのパーティールーム(個室カラオケ)を予約できました♪


DSCF0878.jpg


GWの都心のシティホテル。

・・・これはなかなかの穴場です(笑)。

広々としたパーティールーム(完全防音)に小鳥さんがひとりだけだと、広く見えますね~。

フツーのカラオケよりもずっと上品で、なかなかいい感じです。

(ホテルのレストランフロアなので閑静で落ち着いていること、スタッフの教育が非常に行き届いていること、そしてお手洗いが綺麗なこと・・・あたりもポイント?)


DSCF0883.jpg


でもすぐにみなさんが集まって、賑やかになりました。

いつだって楽しい仲間ですが、この日は特別に笑顔、笑顔(笑)。

遠くは大阪から、夜行バスで駆けつけてくれたお嬢さんもいて、そういうのって嬉しいですね。


DSCF0884.jpg


ホテルのケータリングなので、ランチはなかなか豪華です(笑)。

10人前ともなると、盛りつけもボリュームがありますね。

ここに載っているほかにも、ホットディッシュなどあり。


DSCF0885s.jpg


ソフトドリンクのみ、フリードリンクでした。

(お酒は別料金なのですが、結局、誰も頼まなかったなあ。)


BE×BOY GOLD (ビーボーイゴールド) 2012年 06月号 [雑誌]BE×BOY GOLD (ビーボーイゴールド) 2012年 06月号 [雑誌]
(2012/04/28)
不明

商品詳細を見る



まずは、ほぼ全員が、GOLDを取り出しました・・・(汗)。

これはなんというか、ゆす茶会では珍しくない光景です。

たまに会話の中で、誰も気づかない、細かいコマ隅チェックが入ることがあるのと、さすがに発売日の翌日では、台詞などを全部おぼえているってわけにはいきませんものね。

(完璧にとは言いませんが、わたしは『春抱き』の台詞からコマ外のセンセの手書きまで、ほぼすべて暗記してしまいます。暗記しようと努力してるわけじゃなくて、覚えちゃうんですよ・・・!)

そしてなにより、そばに持っていたいから!(笑)

カラーの岩城さんや香藤くんを、垂涎のまなざしで見つめるオバチャンズ。

もとい、熱心な『春抱き』ファンの恍惚の表情ってのは、めったに見られるものじゃない・・・かも(爆)。

肉食女子モード、全開です。

やばいったら、もう(笑)。


DSCF0889.jpg


5時間ぶっ続けでおしゃべりした、その内容をすべて記録するのは不可能。

(誰も、いちどもカラオケのマイクには触れもせず。)

・・・というより、そこまで細かく記憶している自信はないです(汗)。

楽しかった、嬉しかった、可愛かった―――的な、フツーのほめ言葉は、あたりまえなので省略。

『春抱き』が、ちゃんと『春抱き』らしく戻って来た。

・・・という安堵が、まず最初ですね。

一方で、まだまだ「それはどうなの?」、と首をひねる箇所もあって、そこは活発なディスカッションになりました。

みなさんの感想、コメントや疑問をまとめると、こんな感じでしょうか?

※ランダムな、あくまでわたしの主観によるまとめです。


(つづく)


【03/05/2012 05:04】 春を抱いていた | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

04月 | 2012年05月 | 06月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。