蛙鳴蝉噪! ゆす茶会レポート その3

●いったい、いつまで

お茶会レポートは続くんでしょう・・・?

調子に乗るのもいい加減にしろ、って感じですよね?

さしもの記憶力を誇るわたしも、日が経つにつれ、何を話したのかだんだん思い出せなくなっています(苦笑)。

個々のネタは覚えていても、それがどういう会話のつながりで始まったのか、忘れていたり。

「そんな話したっけ?」

という苦情は、こっそり、わたし宛てにお願いします。



●そういえば

そろそろ、彼女が東京にやって来ますね。

鉄壁のかわいこちゃん、です(笑)。


vermeer001.jpg


本物は、ちいさいんですよね。

「え、これだけ?」

というカンバスのサイズかもしれません。

小さいけど、でも、存在感はありますよ~。

単に、有名な絵だから、じゃなくて。

素直に、思わず引き込まれると思います。

だって、このうるんだ瞳と唇の生命力が凄い。

・・・物語が、この子が振り向く前と後の話が、いろいろ浮かんで来ます。

なんというか、不思議な、透明感のある、ひそやかなエロス・・・?

目の前にしたらたぶん、この視線に釘づけになることでしょう。

http://www.asahi.com/mauritshuis2012/

ベストはもちろん、マウリッツハイス美術館で見ることですが、オランダはちょっと遠い。

だったら、せっかく来てくれるんだし、日本で見られるときにぜひ会いに行ってください♪

(それにしても、よく貸してくれたなあ。)

たぶん死ぬほど混雑して、彼女とゆっくり視線を交わす余裕はない・・・でしょうけど。

(おまけにチケット、めちゃくちゃ高いよね。)

でもほら、他にもレンブラント先生など、わりとメジャーなラインアップですから。

(ルーベンスは個人的には好みじゃないけど、キレイで見栄えがするし、いいと思います。あんまり目立たない?印象だけど、ハルスやライスダールはいいよ~。)

梅雨・・・ってことだけが、この絵画展のネックかも(苦笑)。

(以上、10代の頃からフェルメールおたくのワタシがお送りしました。)



●さても

お茶会、です。

開催したのが4月29日でしたから、もう・・・10日以上前じゃん(汗)。

書き落としてることもいっぱいあると思いますが、写真はひとまず、夜の部に移ります。


DSCF0894.jpg


後楽園のそばの、高層ビルの中のお店です。

レストランというより、イマドキの(よくある)ちょっと洒落た創作和食の居酒屋ですね。

特別に何か、そこを選ぶ理由があったわけじゃなくて。

(わたしはアンチ巨人だけど、まあ、それだけで排除はしません。)

基本的に、予算とお店の雰囲気とお料理の内容と、寛げる個室があるかどうか。

お店の雰囲気、これはいちばん難しいですね~。

自分でチェックするのにも限界があるので、やはりネットの情報に頼りがちです。

なんというか、勘がはたらく、としか言いようがないかも(笑)。

(予算ですが、コースで5000円+飲み物よりも、飲み放題つきで6000円のほうが結果的に安くあがるとか、個室料が発生するかどうかとか、そういう基準で決めます。人数が多いので、ほとんどコースを事前予約です。少人数なら、その場で個々で決めてもらうほうがいいけど。)

最近は飲み放題つきコースが増えてるけど、気になるのはその中身。

(ほとんど)飲まないわたしには、フリーで提供されるお酒のレベルを判断するのが難しいですね。

お店によっては、ホントにチープなお酒しか出ないところもあるようで・・・こっちの研究は、まだまだです。

(ソフトドリンク派が過半数ですが、それでも2杯、3杯と飲めばやっぱり、飲み放題のほうがお得だろうと思っています。・・・そうよね?)

まあ、飲み放題の場合は、あとでお会計がラクってのも理由かも。

次に、タバコの臭いがとにかくダメなので、禁煙かどうかも重要なチェックポイント。

(喫煙者ゼロの、とってもクリーンな環境です、うふふ。)

それから、イス席または掘り炬燵かどうか。

最後に、清潔な(シャワー)トイレがあることが期待できる環境かどうか。

トイレって、便不便のみならず、その場所のイメージに影響しますからねえ。

―――結局、ワガママなんですよね・・・(汗)。

そういうのにこだわらない、大らかな仲間が幸いにも多いので、みなさんニコニコと快く、わたしの好きにさせてくれます。

ありがたいことです。

幹事を務めているというより、みなさんのご厚意に甘えているんだと思ってます。


DSCF0899.jpg


さて、と。

昼間はホテルのパーティー・フードだったので、夜はがらりと変わって和食。

とりあえずはビールとサワーと、人数の半分はソフトドリンクで乾杯しました。

話題は・・・なんだろう、いろいろあったけど―――えっと。

本調子ではない香藤くんの「目ヂカラ」がないと、そんなことも話したかなあ。

(あ、これは、昼の部だったかも。)


(つづく)


【10/05/2012 00:52】 春を抱いていた | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

04月 | 2012年05月 | 06月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。