年の数だけ・・・(足りないし)

●雪が・・・

降るのかな。

まだ気配はないけど、そろそろなんだろうか。

今のところ、降雪の前のあのきゅ~っと冷える感じはないですね。

一月の爆弾低気圧のとき、「都心はさして積もらない」と予報が大ハズレした気象庁も、

「今回は雪! 平野でもきっと雪! 最低でも10センチは積もるから!!」

って、一生懸命だなあ・・・(遠い目)。

JR東日本はすでに、ほとんどの路線で朝の間引き運転を決定。

ま、まだひとカケラも降ってないうちから、ずいぶんお早い決定ですね(汗)。

そういえば、各種ネットスーパーからも、早々と

「明日のお天気次第では、配送が遅れたりできなかったりするかも♪ うふ♪ そのときはゴメンね♪」

とかいうメールの嵐だった・・・(笑)。

備えあれば憂いなし。

とはいうものの、先月の教訓が、やや効きすぎているような気も。

明日、起きてからのお楽しみ・・・?(汗)



●ちょっとばかり

遅れてしまいましたが、先日の写真をいくつかアップします。

節分の日。

実はこれ、ホントに偶然に遭遇したイベントなのです。

散歩の途中に、たまたまね。

通りかかったお寺さんの、節分追儺式(せつぶんついなしき)。


RIMG3432.jpg


ちょっと覗いてみると、けっこうな人だかりがありました。

「おお、見てみよう♪」

めんどくさがる小鳥さんを拝み倒して、境内の奥へ。

小さなお寺のローカルイベントっぽいけど、それでも100人~200人はいる感じ。

いや、もっといたかも。

「なんか、あるみたい・・・?」

実はここでも、豆まきイベントがあったんですね。

TVニュースで紹介されるような、派手なものではありませんでしたけど。

ゲストに、「松ヶ根(まつがね)部屋一門」。

はて、どこかで聞いたことが、あるような・・・?

奥さんの名前が「みづえ」と聞いて、それで思い出しました。

「・・・わ、若嶋津じゃないの!」

覚えていますか、若嶋津関。

細くて背が高くて、けっこう二枚目で知られたお相撲さん。

大関・・・だったよね。

あの頃、とても人気があったと思います。

千代ちゃんにはてんで敵わなかったけど、それ以外ではけっこう強かったイメージ。

アイドル歌手だった高田みづえと、そういえば、結婚したよなあ。

ああ、なんて昭和の記憶。


RIMG3459.jpg


・・・などと思い出しているうちに、まずは節分会(せつうぶんえ)法要が始まりました。

「修法師」による祈祷です。

これがなかなかダイナミックで(変な表現ですが)、見ていて興味深かった。

考えてみたら、お寺さんで本格的な節分会を見るのは、初めてでした。


RIMG3463.jpg


まもなく住職さんなどと一緒に、お相撲さんたちが登場。

スーツの上に裃(かみしも)を羽織っているのが、松ヶ根親方(元・若嶋津)です。


RIMG3465.jpg


細い。

背が高い。

往年の面影・・・ある、かな・・・?

ニコニコしてるけど、なんか、すごくやつれた印象・・・?

まだ50代だと思うけど、髪の毛のせいなのか病気でもしたのか、ちょっと老けて見えました。

「そういえば・・・」

この部屋、大相撲の八百長騒動のとき、いろいろあったんですよね。

詳細はわたしも知らないけど、きっと親方、相当に苦労したんでしょう。


RIMG3479.jpg


でも、それでも福豆をまく仕草は、なかなか堂に入っていました。

あ、なんか、ちょっとカッコいいかも(笑)。

ご覧のとおり、小さなリコーCX4(光学10倍ズーム)が、目いっぱい頑張ってくれました。


RIMG3486.jpg


写真を撮るのは、けっこう大変でした(笑)。

そりゃあね、海老蔵や横綱・白鵬が登場した成田山新勝寺なんかに比べたら、小さな集まりです。

いかにも地元の住民が、わりとのん気に集まって来た感じ。

それでも、いざ豆がまかれると、みんなやっぱりわ~っと飛びつくんですよね(笑)。

欲しいもんね、できるなら(笑)。

身体が反射的に、投げられた豆(やお菓子)を掴もうと動いちゃう。

押しあいになるほどじゃないけど、どうしても人の波が揺れます。

子供や老人も多いので、危ないって思うこともありました(汗)。


RIMG3500.jpg


カメラを構えつつ、豆もほしくてフラフラ(笑)。

高田みづえちゃんも豆をまいてましたけど、わたしからかなり遠い位置。

「う~、撮れないかも~」

「足元、あぶないって!」

ときどき小鳥さんに引き戻されて、なんとか助かりました(汗)。

で、結局・・・?

自力では豆をキャッチできませんでしたけど、隣りにいたおじさんがくれました。

「うちは、もうあるから」

って、気持ち良く譲ってくださったのですね。

大きな紙袋を振りかざし、何個も、何十個もひとりで取る人がいるなか(あれはズルイ!)、そういう親切な方もいたものです。

それだけで、少し幸せな気持ちになりました。


RIMG3529.jpg


お釈迦様の福豆。

これで今年も健康でいられる・・・といいなあ。

教訓 = 豆取りと撮影は両立しない(苦笑)。

どちらかに専念しないと、まさに「二兎を追う者」になると思いました。


【06/02/2013 01:33】 旅★たべもの | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

01月 | 2013年02月 | 03月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。