桜ハンター、こっそり始動

●やっぱり

桜は、いいですね~。


IMG_5276.jpg


なんというかもう、無条件に、ほれぼれと見とれてしまう。

「サクラサク!」

わくわくするような気持ちだけは、オバチャンになろうとも変わりません(笑)。

近所のソメイヨシノはまだ咲き始め~せいぜい五分咲き。

日当たりのせいもあるでしょうけど、たぶん満開まであと数日でしょう。

雨風次第、ですけど。


IMG_5465.jpg


ご近所の古刹では、枝垂れ桜が満開でした。

木として特別大きいわけじゃないけど、なかなか雰囲気があります。

静かな境内で、そこだけぱあっと明るいのね。


IMG_5487.jpg


もっとも、小ぶりに見えた枝も、近づくとこんな感じ。

滝のような見事な枝垂れ。

ボリュームというか、見上げるととても迫力があります。


IMG_5586.jpg


春の息吹はもちろん、桜の専売特許ではありません(笑)。

巨大な柳の木が何本かあり、この青柳・・・いや、芽柳が実に見事でした。

淡い黄緑色に光って、やわらかい若葉がさらさらと風になびいている。

石川啄木の、かの有名な

「やわらかに柳あをめる北上の 岸辺目に見ゆ 泣けとごとくに」

は・・・もしかしたら「芽柳」よりもうちょっと後、しっかりと緑の「青柳」かもしれないけど。

でも、やはりこの名歌を思い出さずにはいられません。

せつないほどの望郷の歌。

啄木の詩歌はどれも、ストレートにぐっと胸に迫りますね。

桜の写真、続きはまた明日。

(それにしても、桜を撮るのは本当にむずかしい。)



●こんなに

長い書評、ちょっと見たことがない。

※自分が『春抱き』について書いたアホレビューを除く(爆)。

成熟社会の経済学――長期不況をどう克服するか [著]小野善康

いや、長いというか、何なのコレ(笑)。

この本の骨子をまとめ、延々とコメントしているのね。

「これ、書評っていうのか・・・?」

意地悪に突っ込みたくもなりますが、それは置いておきましょう。

だって、せっかくこれだけ詳しく内容をネタバレしてくれてるんですもの。

中身は、超がつくほどマジメな経済学。

―――と書いただけで、大半の人にスルーされてしまいそうですが、しかし。

この評を読む限り、大変におもしろい内容です。

どうして日本が、こんなに長いこと、不況に喘いでいるのか。

政府の経済政策が、どうして何をやってもハンパなく「見当違い」に感じられるのか。

要するに、「これまでの経済学」がいかに役に立たないか。

・・・それを解説する本のようです。

「どうすればこの不況から抜け出せるのか・・・うむむ、抜け出せる気がしないし(汗)」

「どんなにお金を遣え、遣えって言われても、こんな不安な時代に、安易に消費してらんないってば!」

という、庶民がとっくに感覚的にわかっていること。

そこに気づいた経済学者が書いた本、ってことでしょうか。

いやあ、面白そう。

ほら、世間ではよく言うでしょう?

「若者の(海外)旅行離れ」 「若者のクルマ離れ」

「若者の酒(飲み会)離れ」 「若者の恋愛離れ」

・・・いやもう、ホントに、なんでもかんでも離れ・・・(笑)。

お金をつかうこと、お金が減るリスクを背負うことを極端に嫌う世代が台頭している。

―――ことを、マスコミ(記者はバブル世代なのか?)はことさら大げさに書き立て、

「最近の若者は消極的すぎて覇気がない」

とかなんとか、テキトーなことを言いますよね。

でも、そういう彼らの態度は単純に、生きている社会がちがうことを示しているだけ。

今は「成熟社会」で、右肩上がりの時代とはちがう。

何でもかんでも欲しかった、買いたかった時代はすでに過去のもの。

・・・ということのようです。


成熟社会の経済学――長期不況をどう克服するか (岩波新書)成熟社会の経済学――長期不況をどう克服するか (岩波新書)
(2012/01/21)
小野 善康

商品詳細を見る


読んでみたいリスト入りです(笑)。


【23/03/2013 02:03】 写真☆カメラ | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

02月 | 2013年03月 | 04月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。