この時期になると・・・

☆二本目です☆

※こっちの記事のほうが先に書かれていたんですけどね。

時系列イレギュラーですみません。




●ひええ

さっむーい!

今朝はほんとに冷えました。

この冬いちばん、というやつですね。

寒くてお布団から出るのがつらい季節、とうとう到来かあ。

うぐぐ。

でも、ねー。

こういう日は気がきゅっと冷たくて、青がホントにきれい。

目の覚めるような青。

冬の青の美しさは、本当に言葉には尽くせません。

(と思うのは、南関東に暮らすからかもしれませんが。)

「よし、お天気だ!」

雲ひとつない真っ青なを見て、テンションが上がらないといったら嘘になります。

きっと今日は、富士山がよーく見える。

そう思うとわくわくします。

寒いけど。

でも、晴れてるんだから文句は言うまい。

・・・やっぱり、寒いけど。

でも、青きれいだもん。

うん。

※このあたり、メリットとデメリットでぐるぐる。

アホっぽくてすみません(笑)。






●これは

今日ではなくて、先月のある日の



DSCF7971ssss.jpg


晴れ間と、曇り空のまさに境目。

前線なのかな???

「馬の背を分ける・・・?」

という言葉を思い出したけど、どうなんだろう。

普通は、雨に関してつかわれる表現ですよね。



DSCF7975ssss.jpg


この迫力は、小さな写真では伝わらないよなあ。

実際には、見渡す限りの空が、くっきり二分されていました。

初めて見たわけじゃないけど、ちょうど写真を撮れる状態だったのは初めてかも。

撮りようによっては、ドラマティックです。



DSCF7977ssss.jpg


ぼーっと見上げていると、雲がゆっくり動いているのがわかります。

徐々に、徐々に、青空が広がっていきました。



DSCF7980ssss.jpg


もっとも、ここはふつうの住宅街。

空を狙ってるとはいえ、あんまり長いこと写真を撮ってると、

「あの人、なにしてるの?」

なんて思われてしまう、かも(汗)。

・・・と言ったら、

「今さら、なに言ってるの」

小鳥さんには笑われました。

ご近所の人はもうとっくに慣れてるでしょう、とのこと。

あー。

うん、そうね。

カメラを持ってうろうろしてる、大柄のオバチャン。

・・・たしかに、目立つわ(爆)。






●この時期に

なると、毎年そわそわします。

ふだん行かないようなサイトにも出かけて、ネット検索にも余念がない。

なにを・・・?

というと、コレ(笑)。


このミステリーがすごい! 2015年版このミステリーがすごい! 2015年版
(2014/12/10)
『このミステリーがすごい!』編集部

商品詳細を見る



年末のおたのしみ、です。

この一年間(正確には前年11月~今年10月)に出版されたミステリ作品の総括。

ランキング自体は、わたしにとってはオマケみたいなもの。

今年、大勢の人がおもしろいと思った(=良質と思われる)本のガイドブック。

そんな感覚で、楽しんでいます。


ちなみに>>

ここでいう「ミステリ」は、かなり定義が広い。

狭義のミステリというと、

「殺人事件が起きて、誰かが探偵役となって謎を追いかけ、犯人/動機/トリックを解明する」

というのが基本パターン。

犯人あて、が王道です。

(倒叙スタイルとか、いろいろバリエーションはありますが、それは置いておいて。)

これが「広義の」ミステリとなると、

☆警察小説
☆ホラー
☆サスペンス
☆犯罪小説
☆SFよりの作品
☆ファンタジーよりの作品
☆謎とき要素のあるライトノベル

なんかも全部、入ってしまうのね。

ゆえに、「このミス」に紹介されてはいても、

「わたしの好みじゃないなあ」

という作品も結構あります。

これは、どんなレビューでも同じですよね。


「警察小説」や「犯罪小説」は、(狭義の)ミステリじゃないのか・・・?

といわれると、わたしもよくわからない(笑)。


「犯罪小説」は、たぶん

“重点が犯罪者とその犯罪に置かれている”

ってことだと思う。

犯人探しはポイントじゃない、というか。

その犯罪や犯罪者をカッコよく、ノワール風に描いたり。

(たとえば、マフィアのボスが主人公だったり。)

逆に、闇の世界でしか生きいられない人間の絶望、みたいな描きかたをすることもあるでしょう。

犯罪者の心理や、警察に追い詰められていくプロセス。

そっちが主眼、ということではないかと思います。

有名どころでいうと、宮部みゆきの「模倣犯」。

貴志祐介の「悪の教典」あたりが、最近ではメジャーな犯罪小説じゃないかしら。


模倣犯1 (新潮文庫)模倣犯1 (新潮文庫)
(2005/11/26)
宮部 みゆき

商品詳細を見る


悪の教典〈上〉 (文春文庫)悪の教典〈上〉 (文春文庫)
(2012/08/03)
貴志 祐介

商品詳細を見る



「警察小説」は、ミステリとほぼ同義のときもありますよね。

単に、犯人さがしをするのが警察官というだけ。

・・・というケースもあるし、それ以外の話もありますね。

警察という組織の問題点や、人間関係が焦点の作品もけっこう多い。

(警察という)お仕事小説、という側面もある。

たとえば佐々木譲の「警官の血」は、すごい大作だし名作だと思うけど、狭義のミステリじゃない。

まさに警察小説だよなあ、という感じ。


警官の血〈上〉 (新潮文庫)警官の血〈上〉 (新潮文庫)
(2009/12/24)
佐々木 譲

商品詳細を見る


警官の血〈下〉 (新潮文庫)警官の血〈下〉 (新潮文庫)
(2009/12/24)
佐々木 譲

商品詳細を見る



でもじゃあ、

「警察官が謎ときをしていたら、それは警察小説であって、(狭義の)ミステリじゃないのか?」

と問われると、どうかなあ。

それもちがう気がします(笑)。

「マークスの山」あたりは、ややボーダーライン。

奇想、天を動かす」になると、たしかに謎ときをしてるのは警察官ですが、これはもう完全にミステリだよなあ。

そう考えると、線引きはとても微妙です。


マークスの山〈上〉 (新潮文庫)マークスの山〈上〉 (新潮文庫)
(2011/07/28)
高村 薫

商品詳細を見る


奇想、天を動かす (光文社文庫)奇想、天を動かす (光文社文庫)
(1993/03)
島田 荘司

商品詳細を見る



もともと日本のミステリは、アレです。

とくに現代では、「名探偵」はなかなか成立しにくい。

社会的リアリティを求めれば求めるほど、

“警察官ではない人間が犯罪捜査にかかわり、警察を出し抜いて謎を解く”

というお話は、つくりづらい傾向があるんですよね。

犯罪や被害者にかかわる秘密の情報を、なんで(警察官でもない)人間が知り得るのか。

捜査権もない人間が、なんで遺族や関係者の話を聞いたり、現場をチェックできたりするのか。

・・・ね?

冷静に考えると、「ねえよ!」なんですよね(苦笑)。

弁護士や検察官ですら、そこまでは許されない。

私立探偵ならなおさら。

まして小説家やフツーのOL、あるいは学生が探偵役をつとめるミステリってのは、現実的には無理がある。

決して、それを否定するわけじゃないけど。

というか、そういうミステリも大好きですが(笑)。

「本格ミステリにリアリティは必要ない!」

と言い切る人すら、いますしね。

・・・でも、まあ。

警察小説が多いのは、だから、必然なのだと思います。


以下の二冊はいずれも、

「いわゆる名探偵

なるものの存在をおちょくったり、その意義に疑問を呈したりする “問題作” です。

麻耶雄嵩(まやゆたか)はそもそも、アンチ・ミステリというか。

推理小説という枠組み(お約束)を無視した推理小説を書く、ひねくれ天才肌(笑)。

熱烈なファンも多いけど、一般受けはしないタイプですね。

(個人的には、彼は異端ではあるけど真摯だと思う。生来まっとうなミステリを好きすぎて、知りすぎて変な方向に発展してしまった・・・んじゃないかと思っています。ツンデレみすてり好き、なのかも。)

つまり、麻耶雄嵩名探偵をおちょくっても、何とも思わない(笑)。

でもそれを、現代ミステリ界の帝王である東野圭吾がやると、ちょっとびっくり。

ミステリ界の、というよりも出版界の超売れっ子、大正義作家(笑)、ですものね。

密室犯罪だの、嵐の山荘だの。

ミステリ界の定石やお約束を、いろいろと皮肉ってくれます。

なかなか面白いよ。


名探偵の掟 (講談社文庫)名探偵の掟 (講談社文庫)
(1999/07/15)
東野 圭吾

商品詳細を見る


貴族探偵 (集英社文庫)貴族探偵 (集英社文庫)
(2013/10/18)
麻耶 雄嵩

商品詳細を見る



ここ数年、ずっと続いてる警察小説ブーム。

それはある意味、

「一見ぬぼーっとしたいち個人=名探偵が、警察の懸命の捜査をよそに、知恵と勘で難問をあざやかに解決する!」

タイプのミステリを、荒唐無稽だと思う人が多い、ってことなのかも。


あ、いかん・・・(汗)。

なんか脱線してしまいました。

キリがないので、この辺で!






●では、

またね。。。


【03/12/2014 17:21】 書籍・マンガ | Comments (0)

パンダとロケット

はやぶさ2

はやぶさ2 H2Aロケットで打ち上げ

打ち上げ、なんども伸びてたけど。

無事に成功してよかった。

ホントによかった。

片道だけで、三年半の宇宙の旅かあ。

無事でいってらっしゃい。

まったく、無人でどうしてそんなことができるのか、およそ想像もつきません(笑)。

宇宙とか、実はさほど興味はないのが正直なところです。

昔はそういうのにロマンを感じたのに、今はダメだなあ(汗)。

でも、家族が多少、H2Aロケットの開発にかかわっていて。

苦労話を聞かされているだけに、いくらか思い入れ?がある。

種子島宇宙センターという言葉にも、反応してしまう(笑)。

だから、というわけでもないけど。

素直に、うまくいってほしいと思います。

わたしにはなにもわからないけど、ね・・・(笑)。

おっと!

でも、ひとつだけわかることがある。

三年半って、きっとすぐだ(爆)。

「え、もう帰って来たの!?」

数年後に、そうつぶやくのはまちがいない。

そう思うオバチャンでした。






ロケットよりも

こっちのほうがニュースかも?(笑)

パンダの双子の赤ちゃん誕生 その瞬間を撮影

パンダ最強。

かわいい。

というか、ネズミのようだけどね・・・(汗)。

上野はうまく行かないのに、和歌山はスゴイよね。

自然交配で、もう何度も赤ちゃんが生まれてる。

よっぽどお父さんとお母さんの相性がいいんだろうなあ。

新生児を抱くお母さんの手つきにも、慣れというか、余裕が垣間見えます。

かわいいなあ。

一度ホンモノを見てみたい。

甥っ子ちゃんに見せたいというのもあるけど、自分自身が見たいのです・・・(笑)。






●では、

またあとで。。。

【03/12/2014 16:00】 社会・時事ニュース | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

11月 | 2014年12月 | 01月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。