白鷺を追って

●さっむい!

と、何度かいたら気がすむのか(汗)。

みなさま、ご無事でお過ごしでしょうか。


WS000744.jpg


等圧線バウムクーヘンがいかにも不気味だ。

雨も雪もみぞれも、

「まだクリスマス前なのに、どういうこと?」

もはや、そんな感想すらどこか寒々しい。

早いよね。

本格的なが来るの、いつもより早いよね・・・?

周囲は、そんな話ばかりです。






●さても

先日の散歩の際。

大きな真っ白い鳥に出会いました。

サギ

白鷺。

鷺娘・・・は、置いておいて(汗)。

羽根を広げるとゆうに1メートルはありそうな、大きなサギです。



IMG_2889ssff.jpg


シラサギの仲間では最大の、ダイサギ

・・・いや、ホントに(笑)。

あまりにも見たまんまですが、そういう名前なのです。

http://www.birdfan.net/pg/kind/ord04/fam0400/spe040012/

ほかにチュウサギ、コサギとありますので、

「わかりやすくていいけど、もうちょっと考えた名前があっても良いのでは?」

そう、思ってしまいますね。

コウノトリ目サギ科。

・・・というのが伝統的な分類ですが、ウィキペディア先生によれば、最近

「ペリカン科に近縁であり、コウノトリ目からペリカン目に移された」

らしい、です。

実は、サギの顔をよーく見ると、ペリカンに似てるのよね(笑)。

だから、ペリカン目と言われても違和感ないなあ。



IMG_2835x1ssff.jpg


とにかく、首が長い!

キリンかよ、というレベル。

パッと見、身体とのバランスが悪く見えてしまう。

(チュウサギやコサギは、ここまで 「バランスのとれない感じ」 はない。)

自分でも長すぎて、持て余してたりして?

こんなに長い意味があるの???

ポッキリ折れそうで、見てると不安にならない???

・・・いろいろと疑問がわきます(笑)。

そして、この個体。

やたらと近くにいました。

写真の背景を見ればおわかりのとおり、いつもの自然公園で見かけました。

先月カメラに収めた個体と、同じ子かもしれません。

あたりには、たくさんの水鳥たち。

野鳥の楽園、なんですよね。

エサをやる人が多いせいか、ここの野鳥はとにかく人に慣れています。

まったく怖がらないどころか、人の足音を聞いて近づいてくるほど。

カモたちが人に慣れてるのは、だから今さら驚かない。

でも、サギまで・・・?(笑)

まわりに何人も大人と子供がいるのに、そらもう見事なくらい、我関せず。

近くに寄って写真を撮れるのはいいけど、

「野鳥として、その警戒心のなさはどうよ?」

ふと、ね。

心配になったりします(笑)。



IMG_2836x1ssff.jpg


で、このサギくん。

無心でごはんを狙っている最中でした。

その様子の撮影に(いちおう)成功したので、アップしてみます。

あんまり上手くないけど(笑)。

連写でおそろしい枚数を費やしたので、ほんの一部だけ。

コマ番号を振ったのは、単にわかりやすさのため。



IMG_2839ssff.jpg


人間のみならず、ほかの水鳥たちも総スルー。

近くを人が通ろうと、犬が散歩してようと、子供が声をあげようと。

まるっきり無視する度胸は、大したもんだ(笑)。

大きな鳥ゆえのゆとりなのか。

じっとじっと、水面を見つめていました。



IMG_2840ssff.jpg


くいーっと。

にょきにょき首が伸びます。

吸い寄せられるように、水面へ。



IMG_2841ssff.jpg


で、これだよ・・・(笑)。

いきなり頭をね、水に突っ込むの。

(鵜のように)クチバシからすいっとダイブするかと思いきや、飛び込むわけじゃないのね。

バッシャーン!!

あくまで顔を突っ込むだけ。

しなる長い首に、びっくりしました(笑)。



IMG_2843ssff.jpg


で、羽を大きくバサバサッ。

わずか一秒、二秒のことです。



IMG_2844ssff.jpg


ふと見ると、ちゃんとお魚を咥えてる。

一瞬の早業。

お見事ですねー。



IMG_2850ssff.jpg


魚は一瞬のうちに、飲み込まれてしまいました。

早い。

で、こんなふうに、端正な立ち姿を見せてくれます。

再び、エサを探すために。



IMG_2857ssff.jpg


これが、いちばんマシなショットかなあ。

S字型のながーい首。

羽ばたく様子は、やはりとても美しい。



IMG_2859ssff.jpg


今度も、あっという間にお魚をゲット。

狩りのしぐさ、なかなか優美です。



IMG_2864ssff.jpg


そして、このドヤ顔・・・(笑)。

見てるとホント、飽きません。

しかし、写真

ヘタすぎて、ブレブレです。

飛翔する姿をロクに撮れなくて、くやしかった。

スピードについて行けないのですよね(汗)。

精進します。






●そして

アヒルである・・・(笑)。

巨大アヒル、この冬も会える 15日から大阪・中之島

いいなあ。

また会いたいなあ。

どうしていつも大阪なの?

羨ましい!






●では、

またね。。。


【17/12/2014 03:38】 写真☆カメラ | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

11月 | 2014年12月 | 01月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。