Tender Greens (be-boy GOLD2015年02月号) 前夜祭(笑)

●うひゃひゃ♪

やっぱり。

やっぱり、でしたね(笑)。

そう来たか。

やってくれちゃったよね、うん。

もうね、ふやけた笑いが止まりません(笑)。



BE・BOY GOLD (ビーボーイゴールド) 2015年02月号BE・BOY GOLD (ビーボーイゴールド) 2015年02月号
(2014/12/27)
不明

商品詳細を見る




どーん、と。

予想どおりだったので、思わず叫んでしまったよー。

なんて素晴らしい(爆)。


詳細は、こちらの過去記事へ>>

http://kyosukelove.blog58.fc2.com/blog-entry-3430.html

(予想が当たったことに関しては、まあ前号の流れから見て、誰でも想像はできたこと。あんまり大いばりするのも、恥ずかしいですね。)


キャッチコピー、あれだよね。

逆だろう、と思います。


かっこいい・・・。

のに、可愛い!!



が正しいと思うの。

だって男としてカッコいい、男性として立体感がある。

そこが魅力的なのが、まず基本。

その次に、だけど最愛のダンナの前では・・・ってね?

そういうことでしょう(笑)。



BE・BOY GOLD (ビーボーイゴールド) 2015年02月号BE・BOY GOLD (ビーボーイゴールド) 2015年02月号
(2014/12/27)
不明

商品詳細を見る




しっかし!

ホントにやっちゃったんだあ。

いや、やられちゃった、かな。

岩城さん・・・(笑)。

うっとり。

しみじみ。

そして、なんか妙に気恥ずかしい。

おん年ン歳ってのは、このさい置いておこう。

そういう問題じゃない(笑)。

いまのわたしの気持ちは、

「そうでしょそうでしょ、そう来なくっちゃ♪♪♪」 が70%ほど、

「うっわあー、いいのコレ!?」 が20%ほど、

そして

「い、岩城さん、お気の毒に・・・(よよよ」 が10%くらい。

そんな複雑なオトメゴコロです。


GOLDを代表する受けキャラって、他にいないから、あたりまえ。

いや、GOLDどころか、全BL界を見まわしても、岩城さん以上の存在はめったにない。

そう、あたりまえ。

当然の、納得の表紙です。

うん。

そうなんだけど、でも・・・?

でも、でも、なー。

ふはは(汗)。

かくも奇怪なファン心理。



BE・BOY GOLD (ビーボーイゴールド) 2015年02月号BE・BOY GOLD (ビーボーイゴールド) 2015年02月号
(2014/12/27)
不明

商品詳細を見る




それにしても、まったくもったいない。

惜しい。

(いや、これが見たかったんだから、惜しいってのはオカシイんだけど。)

でも、そう思うよね?

こんなお美しい岩城さんのお顔に、こんなに文字が載りまくるなんて。

先生。

GOLD編集部のみなさま。

お願いです。

この美麗なイラスト、なーんもテキストの載ってない本来の姿で見たいです。

欲をいえば、同じぐらいどアップの香藤くんとセットで♪

*:.。☆..。.(´∀`人)

来年あたり、イラスト集でも出しません???

カレンダーでもいいけど。

*:.。☆..。.(´∀`人)

ふふふ。

妄想は果てしなく広がります。



BE・BOY GOLD (ビーボーイゴールド) 2015年02月号BE・BOY GOLD (ビーボーイゴールド) 2015年02月号
(2014/12/27)
不明

商品詳細を見る




あ、試し読みも見ました。

(公式サイトのセンセのコメントも読みました。)

といっても、あれじゃなーんもわからないよね(笑)。

わかるようなこと、見せてくれるわけないけど。

ただ純粋に、カラーイラストきれい!!

と、ひとまず言っておきます。

67ページでしょ?

表紙イラストでしょ?

おまけに巻頭カラー。


春抱き』祭りじゃありませんか。


いいねえ。

こうでなくちゃ。

ふふふ。





●というわけで

なんかもう、読む前からテンションおかしい(笑)。

明日これでどうなってしまうのか。

いまから心配です。

では、またね。。。


【26/12/2014 22:19】 春を抱いていた | Comments (0)

そこにいるから、どうしてもね

●Boxing Day

やっぱり寒いなあ。

むこう数日はどうも冷えるみたいで、やーな感じです。

『春抱き』パワーで乗り切るしかない!

・・・ですよね。

うん。

がんばろう。





●コメントや拍手

いつもいつも、ありがとうございます。

「ましゅまさんの岩城さん語り、ひさしぶりですね!」

と言われて、正直おどろいてしまいました(笑)。

久しぶりなの???

そうだっけ???

・・・って。

自分ではなんだかんだ、常にその話をしている感覚なのです。

わはは。

ぽよよん岩城さん。

更新したいのですが、もうじきGOLDでしょう?

気もそぞろなので、作業が手につきません(汗)。

もうしばらくお待ちください。

土曜日にGOLD買って、お茶会に駆けつけて。

その後はレビューもどきを(たぶん)書くだろうから、うむむ。

いまの段階では予定が見えません・・・(汗)。





●今日は

いくつか、野鳥写真を。

鳥や猫、その他の動物。

あらためてデータベースを見ると、けっこう撮っていることに気づきます。

不思議なものです。

特別に思い入れがあるわけじゃないし、真剣に追いかけてるわけじゃない。

(そもそも、動物にそれほど関心があったわけですらないような・・・?)

いわば、ふだんの散歩の副産物。

でも、歩いていれば目にとまる。

あれ、と思うとカメラを向ける。

日常の中の非日常、的な出会いというか、発見というか。

(カメラを持って歩いていなければ、はなから見えないかもしれない。)

撮るとなれば、なるべくうまく撮りたいと思う。

撮ったはいいけど、それが何かわからない。

「コレなに?」

いきおい、帰宅してからネットで調べる。

―――これの繰り返しです(笑)。

気づいたら、カモの仲間なんて結構くわしくなってたりして。

おかしなものですね。



DSCF8294xss.jpg


なんか、やたら可愛いメジロが撮れました(笑)。

花の蜜を吸っているところ。

冬場はよく住宅街でも見かけますが、まさかこんな身近で見るとは。

黄色い花は、マホニア・チャリティ。

ヒイラギナンテン(柊南天)の仲間です。

メジロはまた、別の機会にご紹介の予定。



DSCF8414xss.jpg


こちらは、かなり距離をおいての撮影。

生け垣の中でモゾモゾ、動いてるモノを発見し、

「なんだろう?」

超望遠で撮ってみたら、こんな感じの鳥でした。

見たことがない種類です。

お腹の部分が白と、ゴールドに近い明るい橙色。

くちばしが黒ずんだ黄色。

大きさは20センチちょっとで、ムクドリくらい。

「はて・・・?」



DSCF8431xss.jpg


帰宅してから、ウェブの野鳥図鑑を探しました。

アカハラ

お腹の部分が赤い(だいだい色)だから。

・・・そうかよ(笑)。

メジロといい、なんというか、野鳥のネーミングはおおむね安易ですね(笑)。

ちなみに>>

アカハラでぐぐると、真っ先に出て来るのはこの鳥。

ですが、それ以外のヒットはほとんど、

“アカデミック・ハラスメント”

に関するものばかりでした。

たしかに、そうかもなあ。

ただ単にカタカナで「アカハラ」と書かれたら、わたしもそっちを先に連想すると思うもの。



IMG_2923mss.jpg


しかし、どの鳥もよく肥えているなあ・・・(笑)。

まるまると太っているのは、冬毛のせいか?

(正確にいうと、鳥が冬にころころ丸いのは、羽を膨らませているから。羽毛の原理というか、空気を抱きこんだほうが温かいから、なんだそうです。)

ムクドリは、アレです。

ビジュアル的には、あんまり好みではない(笑)。

頬のところの白い毛と、あざやかなオレンジ色のくちばし&足は悪くないけど。

そのくせ見かけると、

「おお、がんばってるな!」

などと妙に応援したくなるのは、なぜだろう(笑)。



IMG_2925mss.jpg


このムクドリは、車道にいました。

けっこう交通があるのに、なぜか堂々としている。

車が来るとひょいと避けるけど、またすぐに戻ってくる。

なにをしているのか???

しばらく見てたけど、わかりませんでした。



IMG_2771x1sss3.jpg


こちらは、例の自然公園です。

いつも水鳥の撮影をするところ。

実はここで、小さな鳥を見つけました。



IMG_2771x1sss1.jpg


見えますか・・・?

こんなに縮小した写真では、まずわからないと思うけど。

いちおう、目印をつけておきました。



IMG_2771x1sss2.jpg


こうやって見て、やっとわかる。

そう、カワセミです。

ブッポウソウ目カワセミ科。

身体のサイズはちんまり、スズメと同じくらい。

(体長はスズメより大きいけど、それは大きなクチバシのせい。)



IMG_2773ssf.jpg


限界まで拡大すると、こんな感じです。

お腹の部分があかるい橙色なので、それが見つけるヒント。

運がよければ、羽のあざやかなブルーグリーンも見える(はず)。

・・・とはいうものの、小さいですからね(汗)。

見つけたのは、単に偶然です。

視力の(非常に)悪いわたしですが、この日はついてました。



IMG_2784x1ssf.jpg


飛んでいって、さらに遠い場所に(汗)。

望遠レンズの限界に挑戦というか、限界を超えていたというか。

もうね、無理やり撮ってる感じでした。



IMG_2791ssf.jpg


トリミングしてるし、画質はよくありません。

むしろ手持ちだし、肉眼でほぼ見えないにもかかわらず、ピントが(そこそこ)合ってくれたのがスゴイ(笑)。

半ばあてずっぽうでフォーカスしてるのに、ね。

デジタル一眼さまさまです。



IMG_2792ssf.jpg


そしてやっぱり、カワセミってかわいい。

華やかな色合いも魅力的ですが、頭でっかちなのよね。

そこがキュートなんだと思います(笑)。




sagi-collage01saa.jpg



sagi-collage02s.jpg


そして最後は、サギ(ダイサギ)の飛翔シーン集。

逃げるアングルばっかり。

ブレブレだし、正直ろくなもんじゃない。

ゆえに、まとめてごまかしています(笑)。

ダイナミックなんですけどねえ。

せっかくの大物ですから、今度はもうちょっとまともに撮りたいものです。





●では、

ひとまず、またね。。。


【26/12/2014 03:02】 写真☆カメラ | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

11月 | 2014年12月 | 01月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。