理性も、羞恥心も吹っ飛ぶほどの

☆追記 5月3日午後☆

反省点を書くのを忘れてました。

この追記は下の記事の、いちばん最後だと思ってください。

運動不足。

それはもう間違いありません。

体重減らせ。

・・・はい(汗)。

が、それとは別に、ストレッチ。

身体を柔軟にたもつ習慣は大切だと、痛感しています。

整体とかマッサージもありですが、お金をかけなくても、自分でもできる。

運動するひまがなくても、ストレッチはできる。

同じ姿勢でずっと動かない、のがいちばん体によくないそうです。

特にPC、というかデスクワーク。

(ゲームをやってようが、真面目にお仕事してようがね。)

人間の身体はそういうふうにできてない、と以前、ほかの医者に言われました。

わかっちゃいるけど、むずかしい。

現代病みたいなものでもある。

でもちょっと伸びをするとか、行きたくなくてもトイレに行くとか。

そこでちょっと腰をひねるとか、立ったり座ったりするとか。

その程度でも、ないよりずっといいらしい。

PCの前に釘づけで、気がついたらもう〇時!

・・・なんて、オフィスでも自宅でもよくあります(汗)。

筋肉も凝り固まるし、血行も悪くなる。

そういうのがわたしの場合、めぐりめぐって昨年の入院にも、今回のこれにも関連してるようです。

(((((((;´д`)))))))

ストレッチ、がんばります。

うん。









●さて

GWですよ。

ε=ε=ε=(ノ^∇^)ノわぁ~い!

・・・って、あはは。

そんな大騒ぎするほどのことでもないか。

(*´◒`*)

残念ながら?カレンダー通りなので、5連休です。

正直、じゅうぶん嬉しい(笑)。

(*´∀`*)

と同時に、お正月以外で、(有給をつかわずに)これだけ休めることってない。

―――そう思うと、なんかわびしくもあるなあ。

予定では今ごろ、実家にいるはずでした。

両親と近場に遊びに行くつもりでした。

(箱根とか鎌倉とか、すぐに行けるどこか。)

が、体調不良でお流れ・・・(汗)。

というわけで、ちょっと予定変更です。

明日は行けるかな。

行けるといいなあ。







●さて

ご心配をおかけした、足腰痛いよ~案件ですが。

(老化とともに、体調不良ブログになってて申し訳ない。)

GW谷間の出勤日だった昨日。

ランチタイムダッシュで、整形外科に行ってきました。

410円タクシーの恩恵を、はじめて味わった気がします。

近距離で、ふだんなら歩けるし歩くでしょうから。



その外科は、実は去年いちど行ったところ。

というか初診でかかったものの、

「これは皮膚科の仕事だから」

と、すぐに別の医者に引き渡されたので、そういえばお金を払った記憶がないや。

ええ、そうです。

それが、昨年「ほうかしきえん」の診断を受けた最初でした(皮膚科でね)。

ぐえ。

紆余曲折の末に、自宅により近い総合病院に入院する一週間ほど前のことです。

あう、また思い出してしまった(汗)。

あのときも連休の合間だった。

即入院すべき事態だと、その皮膚科医に一週間はやく言われていればなあ、と。

結果論ですが、ちょびっとだけど思ってはいます。



いやいや。

それは昨年のお話。

今は、今のことを書こう。

外科はけっこう混んでるように見えたけど、診療はけっこう早かったなあ。

1時間でちゃんとオフィスに戻れました(笑)。

どこがいつから痛いのか問診票をチェックしながら、最初にレントゲン撮影。

「はい、ここに寝てー」

「もうちょっとこっちに来て、ブラウスはめくって」

「脚はこっち」

「もっとまっすぐにしてねー」

やさしいお姉さんでしたけど、これがねえ。

痛いんだよ~(泣)。

指示通りに動きたくないわけじゃなくて、痛くて動けないのよ~。

なにしろ腰からぶっとい足、ふくらはぎから足首あたりまで、引っ張られるように痛い。

「うぎ~」

ひきつるというか、けいれん気味。

「ぐえ~」

ちょっと姿勢を変えるのが、息切れレベルの大惨事になります(汗)。

「ごお~」

触られてもいない、ホント、自分で動いてるだけでも。

「◎★♪!!☆●☐▲!!♪☆!」

「・・・だいじょうぶ?」

「うえ~」

⌒☆ヽ(。◇°)ノ ドテッ!!

いや、落ちてはいないけど(笑)。

(ρ_;)。。。

もぞもぞ、ぐだぐだでお医者さんには申し訳ないけど、きびきび動けないのですね。

ああ、みっともない。

・・・と今は思いますが、やってる最中は必死です。

脂汗をかきつつ、なんとかレントゲン終了。



「ぜえぜえ・・・」

「じゃあ、こっちに来てね~」

で、流れるように診察室へ。

よれよれでしたけどね。

はげたおっさん(失礼、院長です)がニコニコしつつ、

「うんうん、大丈夫だよ~」

(わたしの心の声) 「なにが大丈夫なんだよハゲ!」

※痛さのあまり、平常心が死んでいます。

※取り乱していたので許してね。

「骨には異常なし。だいじょうぶ、だいじょうぶ」

「では、あの、何が・・・」

「凝り、だね」

お医者さんいわく、極度の筋肉痛。

それが神経を圧迫して、するどい痛みをもたらしている。

だけど骨は問題ないし、他の部分もまあまあ健闘してる。

(なにがどう頑張っているのか、それは説明なし。)

過去のぎっくり腰や、昨年の利き足の手術のことも言ったら、

「ああ、なるほどね~」

おっさん、ひとり納得してました。



凝り、かあ。

凝りでこんなに、半身不随みたいにひどい目に遭うのか。

凝りってこわい。

「はい、ここにうつぶせに寝てねー」

「はい・・・」

ぜえぜえ。

腰が痛く、ひきつるように片脚が動かない状態ですからね。

診察台に寝るって、なかなかの苦行です。

のろのろ、おそるおそる。

「ぐええ・・・」

いてえ。

いてえんだよ。

:・。・゜゜・(≧◯≦)・゜゜・。・

うつ伏せとか、拷問かよ。

(((((((;´д`)))))))

人間、これだけ痛いと理性はどこかに飛んでいきますね(爆)。

ふだんのわたしならある、なけなしの羞恥心。

去年の入院記録でも書きましたが、そりゃおばちゃんだけど、おばちゃんなりの羞恥心はある。

通常の精神状態なら、ろくすっぽケアもしてない腰とか脚とか。

誰かに見せたいわけがねえ。

つか、見せること自体がありえない。

(そういう羞恥心というかおそれが、病院に行くのをためらわせていたのはあると思う。)

が、人間わりと都合よくできているものです(笑)。

いざとなると、繊細な悩みなんか吹っ飛ぶ。

痛いのを止めてくれるなら、もう何でもいい状態・・・に近い。

「じゃあ、注射するね~」

痛みのあまりのたうち回り、息も絶え絶え。

なんかもうね、気持ち的にぐちゃぐちゃでしたからね(笑)。

看護師さんがぺろん、と服をまくり上げたり。

パンツのベルトを触ったり。

・・・してるのを辛うじて、認識していたかどうか。

:・。・゜゜・(≧◯≦)・゜゜・。・

だから注射の針どころか、注射器の姿すら見てません(笑)。

「痛い~」

ズキズキしてそれどころじゃない、そのすきに注射を打たれました。

ちくん。

「へ?」

「ほ~ら、痛くないでしょ~?」

いや、痛いっす。

完璧に、確実に、超がつくほど痛いっす。

ただそれが、注射の痛みではないってだけで(笑)。

「は~い、もう一本ね~」

ちくん。

「ふう・・・」

「はい、終わりだよ~」

たぶん、実は5分とかかってないんじゃなかろうか。

拷問されてる側にとっては、ものすごい修羅場だったけど(笑)。

あっさり治療は終わり。

「あとは、そっちでレーザー受けてね~」

「はい・・・」

(;ε ;)



以下、レーザー照射はとくに面白くないのでパス。

最後に、いっぱい薬をもらいました。

ボルタレン、ロキソニン。

ボルタレンって、たぶん最強クラスの鎮痛剤ですよね。

これが効かなかったらもう後がない、的なことを聞いたことがあります(汗)。

ミオナールは、筋肉弛緩剤かな。

それからセルベックスで、こちらは胃薬だそうです。

ロキソニンで胃が荒れるのを防ぐとか、そんな感じ。

あとは、ロキソニンの湿布。

わたしは素人なのであれですが、

「なんかずいぶん強い薬が出たんだな」

という気がします。

それだけ症状がひどかったってことでしょうか。

連休中なので、お医者さんにかかれないときに痛くなったときのため、もあるでしょうね。

座薬って、はじめてもらったよ・・・(汗)。

本当に痛いときだけ、と言われてます。

使わないで済むといいなあ。



以上。

しょうもない激痛レポートでした。

書いたとおり、痛いのは症状そのものであって、治療ではありません。

それだけが救いでした。



上記の治療から、18時間がすぎた今。

どうなっているかというと、痛みはかなりやわらぎました。

24時間前の痛さを10とすると、今は3ぐらいでしょうか。

「常に痛い」から、「動作によっては痛い」に変わったので、けっこう楽になりました。

筋肉がやや柔らかくなっているのは、これは触感でわかります。

あきらかに、緊張が解けている感じ。

どんだけカッチコチだったんだよ・・・(笑)。

この調子で改善してほしいものです。

連休が明けたら、リハビリに行くように言われています。

腰痛はくせになるから、きちんとケアしたほうがいいって。

がんばろう。



そういえば>>

小鳥さんは昔、ひどいぎっくり腰をやったことがあるそうです。

まだ20代だったんじゃないかなあ。

「ひどい」というのは、商業ビルのシャッターを開けようとしてかがみ込んで、そこで発症。

痛さで硬直して動けず、文字通り、ぶっ倒れたそうです。

コロンと道端に。

シャッターを開けようとしていた、その姿勢のままで。

車道沿いだというのに、動けなかったとか。

(今なら「ケータイで救急車呼べよ」ですが、年代的に、おそらく携帯電話の普及する前かと。)

幸いすぐに同僚が出勤して来て、倒れたまんまの彼女を発見。

そのまま車で病院に運ばれたそうな。

治療はともかく、その後のリハビリ通院が半年も続いたと聞いています。

よほど重症だったんだろうと思うし、なにより痛そう(汗)。

その後の彼女はしかし、一度も腰をやっていません。

丁寧なリハビリの効果なんでしょうね。

わたしも見習おう。







●というわけで

みなさまも、どうぞご自愛ください。

では、またね。。。


【03/05/2017 09:29】 雑談☆日々のあれこれ | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム