飲まれたら負け

●金曜日は

夕方から雨でした。

冷たい雨、ざーざー降り。

「うげえ・・・」

すずしい~。

いや、寒い!(笑)

|||(-_-;)||||||

さすがにね、肌寒かったと思います。

(例によって、それでも電車の中は異様に暑いとか、そういうのは別として。)

で、飲み会でした。

同僚有志との、慰労会というか、歓送迎会というか。

年に一度か、二度しかないレアイベント。

オフィスのつきあい強要とかではなく、仲のいいメンバーのみなので、嫌ではない。

むしろ楽しかったけど、お天気は最悪だったなあ。

ついてない。

(o´_`o)ハァ・・・

赤坂の中華料理店で、食べ放題飲み放題。

安いお店なので期待してなかったのですが(ひどいね)、アタリでした。

餃子も、春巻も、麻婆豆腐も、炒飯も、その他お料理いろいろ、おいしかった。

あっさりめのお上品な味つけ。

だけど麻婆豆腐なんかは、きっちり辛い!

餃子で有名な店なので、餃子はもちろんウマウマ。

(〃∇〃)

飲みもののほうは薄めというか、まあ、お値段なり・・・?(笑)

わたしはサワー程度しか飲まないし、それが薄くてほぼジュースでも気にならない。

お酒が目当てのひとは、もしかしたらがっかりしたかもしれません。

(^~^;)

で、まあ、そういう場ですからね。

どうしてもある程度は、職場のぐちになりますよね。

通常はほどほどっていうか、みんなさ、そこはわきまえてさ?

あまり深刻にならないように、辛辣になりすぎないように、コントロールはするんですよね。

その場にいない上司の悪口をいうにしても、加減するというか。

「こんなことがあってさー、もう、やんなっちゃうよね!」

適当なところで切り上げて、笑いに持って行くとか。

飲み会の雰囲気を壊すような真似はしない。

・・・そういうもんだ、と思ってました。

が、昨夜はひとり。

よほどストレスが溜まっていたんでしょうけど、否定的な言葉が止まらない同僚がいたのよね。

わたしと同世代の女性です。

ふだんはおとなしいタイプの彼女が、もうね、罵詈雑言のオンパレード。

お酒の勢いもあったんでしょうけど、参ったなあ。

しんどかった。

(((((((;´д`)))))))

職場の愚痴ってあるあるだけど、意外とセンシティブです。

あまり鋭い、きびしい言葉が続くと笑えないし、重たい問題提起とか要らない。

「まあまあ、そうはいってもさ・・・」

誰かが彼女の不満をいなして、話題を切り替えようとしても、引きずり戻される。

「こんなの、奴隷でしかない」

「こんな劣悪な環境で、なんで耐えなくちゃいけないの・・・」

彼女の言葉は、こんな感じ。

大変だよねえ、とみんな流しつつ、誰も同意はしないから、彼女はよけいにいきり立つ。

(自分の意見はごく普通で、あたりまえで、みんな賛同すると思ってたみたいね。)

「だって、そうでしょ!?」

おいおい。

やめようよ~。

今みんなが働いている場所の否定って、あれです。

言ってる本人にその自覚はないんだろうけど、今そこで一緒に飲んでる仲間をもバッサリ傷つける。

不愉快にさせる。

彼女は入社して一年半ほどですが、昨日の場には勤続五年、十年って人もいました。

ヾ(´▽`;)ゝ

まずいよー。

言いすぎだよー。

(ある意味、純なのかもしれないとは思う。他の人は本音なんか言わないもの。)

途中からはみんなスルーして、

「ほら、いいから、この紹興酒でも飲みな?」

的な扱いになったけど、ああいうのも空気を読めないっていうんだろうなあ。

わたしは酔わないので(飲んでないので)、ハラハラしどおしでした。

いちおう、歓迎会でもあった。

転職して入ってきたばっかりの人も、いるわけですよ。

勤続が長くなって、おそらくもうずっとこの職場にいるんだろうな、って人もいるわけですよ。

彼女の徹底否定を聞いて、彼らがどう思うか。

―――うう。

お酒に飲まれるタイプなのかもしれない。

(酔いが免罪符になるとは、これっぽっちも思っていません。酒を理由に無礼が許されると思ってるひとはきらい。)

いい歳なんだし、察して、考えてほしかったな。

_(_"_;)_

わたしはちなみに、話題をそらそうとする係でした。

彼女に同情し、なだめる係は、もっとやさしいほかの同僚がしてくれた。

不快だと思うと、わたしはわりとばっさり反撃してしまうのです(汗)。

バキッ( `o´)ノ)゜3)゜∵∴ブハッ

ひと言多い、というタイプですね(汗)。

「わたしはそうは思ってないけど?」

「それは貴女の主観でしょ」

とか言いたくなってしまうけど、それじゃあどう考えても火に油です。

口論になってしまったら、宴会ぶち壊し。

いやいや、それはダメでしょう。

心中おだやかではなかったけど、がんばって我慢した!(笑)

・・・と思ってる時点で、わたしも大したことねえな。

未熟者。

ぐう。

帰宅は結局、日付が変わってから。

たのしかったよ。

たのしかったけど、なんだかなあ。

職場の人間関係がベースである以上、避けられないもやもやはある。

そういうものなんかなあ。







●土曜日

くたくたに疲れて、引きこもり。

室内は、なんかもうめちゃくちゃに寒い。

冷える。

なんなのこれ?

こんなに寒い予報だったっけ?

あわてて探し出したフリースを着て、お布団にもぐる。

あはは。

極端から極端に走った感はありますね。

「ん、あれ?」

Yahoo!の天気予報をみると、最高気温が20度前後。

涼しいだろうけど、そこまで冷えてはいない。

おかしい。

風邪・・・?

いや、そういう自覚もないよなあ。

うぐぐ。

夕方、小鳥さんに電話した。

おお、ようやく連絡が来たか、みたいな反応でした。

(前日の飲み会とか、わたしのスケジュールは必ず伝えてるので。)

ふう。

そんな土曜日。







●では、

またね。。。


【07/10/2017 18:48】 雑談☆日々のあれこれ | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム