できることなら

●眠い・・・

いきなり月曜日からねむい(笑)。

寒いし。

(^~^;)

週末にちょっとはしゃぐと、これです。

情けないなー。







●オフィスで

ちょっと、落ち込んだ話。

先日、中途採用に応募して来たお嬢さんが来ました。

採用ではなくて、体験入社というか、一日トライアルというか。

そういうものがありまして。

インターンとはちがうけど、そっちに近いかも。

ふだん、経験者しか採用しない事務所です。

ボスが、そういうポリシー。

そのせいか、わりとおじさんとおばちゃんの牙城です(笑)。

30代以上はいるけど、たぶん20代の社員はいないんじゃないかな。

それがどういうわけか、やって来たのは20代前半の女の子。

びっくりでした。

若い。

本当に、幼いくらい若い。

第二新卒、とか呼ばれるひとです。

(と、あとで知った。)

社会人経験ほぼゼロの子を、あえて試すということは、よほど成績がいいんだろうな。

書面で落とされなかっただけの、何かがあるんだと思います。

採用するつもりがないひとを、わざわざ呼びませんよね。

実際ハキハキして、頭の回転の早い子でした。

いい感じの子だな、とは思いました。

ホントです。

本当に一生懸命でかわいらしいなあ、とも。



が、しかし。

しかし。

申し訳ないけれど、後日の採点では、辛い点をつけざるを得なかった。

(^~^;)

ねえ。

しんどい。

決して好き嫌いの問題じゃないから、なんとなく気の毒ではある。

あ、大谷翔平くんと同じぐらいの年齢です(笑)。

(o´_`o)ハァ・・・



いい子なんだよなー。

たぶん、磨けばものになる。

丁寧に業務を教えて2年ぐらいしたら、戦力になるかもしれない。

でも、うちのオフィスでは難しいだろうな、としか思えなかった。

うう。

わたしのいるチームは人数が少なく、常に人手不足。

もっともっと人が要る職場です。

ましてこのところ、怒涛の勢いで業務が増えてる。

(すみません、なんかグチみたいですね。)

ひとりひとりが、複数の専門分野を担当しないと間に合わない。

ひとりひとりが、自分の案件を自分で考えて動かせないと困る。



それでアップアップのところに、新人はきつい。

新人さん自身にとってもきついでしょうが、周囲の人間に育てる余裕がない。

そこが、情けないところです。

ひとを育てる環境にない。

―――それが事実なのですね。

電話対応や英文メールの書き方から、いちいち教える・・・誰が?(汗)

みんな時間ないよ?

時候の挨拶を知らず、英語で電話に出るのが怖いという子を、手取り足取り。

しつこくいいますが、彼女がダメだったのではない。

あの年齢なら、そういったことを知らなくても、できなくてもおかしくはない。

教えればいいのです。

時間をかけて、育てればいい。

それが、できるのなら。



客観的にみれば、これは求職者と求人者のミスマッチ。

それだけのことです。

誰が悪いわけでもないと思います。

でも、なんとなく落ち込みますね。

ダメなものはダメ。

縁がなかった。

そういうことなんですけど、やはり。

やる気のある若いひとをはじく職場って、どうなんだ。

※採用の決定をするのはわたしじゃないけど。

忸怩たる思いがあります。

|||(-_-;)||||||







●では、

またね。。。

【19/12/2017 01:09】 雑談☆日々のあれこれ | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

11月 | 2017年12月 | 01月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。