今日も寒い

●今日は

今日も、かなあ。

寝くたれて、超☆彡寝くたれておりました。

すーぴー。

ぐーぐー。

うぐぐ。

(^~^;)



子供のころから変わらないんですけど、金曜日の夜。

明日は仕事がない!っていう晩の解放感って、ありますよね。

若いころみたいに友人と外で過ごすことは、今となってはあまりない(汗)。

花金(ハナキン)とか、完全に死語ですよね。

でも、うちにいても、金曜日の夜はわくわくしちゃう。

うきうき。

ヽ(*´∀`*)ノ

子供か(笑)。

夜更かしできる喜び。

ダラダラ起きていてもいい喜び。

―――この年になっても、それは変わりません。

ヾ(´▽`;)ゝ



過去に何度も書いてるとおり、わたしは、寝るのがもったいないと考えるほう。

休息・睡眠に当てなくてはいけない時間が惜しい。

寝なくて済むなら、寝たくない。

そういう派 (どんな派だ) なんですよね。

「寝るのが好き」
「寝るのが趣味」

というひとたちについては、正直うらやましい。

精神的にそれは健全なことだよなあ、と思うから。

まるで逆の考えかたですよね。

まあ、世の中にはロング・スリーパーと、そうでないタイプがいるから。

体質的に、気質的に、変えようがないんだろうと思ってます。



いや、まあ、それでね?

休日前にさんざん夜更かしをして、ほぼ明け方になってから眠る。

そのせいで、土曜日の寝くたれ率は非常に高い(汗)。

結局、寝てるわけですので、ホントしょうもないです。

電話が鳴ったりすればさすがに起きますが、メールの着信音。

その程度では、気づかないことも多い。

「おーい、起きてる?」

小鳥さんから来てるメールに気づかず爆睡していて、

「うにょ?」

気づいたら、

「寝てるみたいだから、今日はもういいや」

という2通目のメールが来てることも、しばしば。

しばしば・・・(汗)。

(^~^;)

すまんのう。



いちおう言い訳をすると、もともと予定があるときはちゃんと起きてます。

彼女にしても、ホントに用があれば電話をかけてきます。

「今日はどうする?」

的なメールが来るのは、つまり特に予定も約束もなく、会っても会わなくてもいいような場合(笑)。

わたしの家がスーパーや商店街に近いから、声をかけてくれる。

彼女の買い物のついで。

そんな感じです(笑)。



今日の場合は、ギリでした。

「もういいや、今日はそっち行かない」

という2通目のメールが来る前に、かろうじて目が覚めました。

(そっけないメールの文面ですが、べつに怒っているわけではないです。・・・そのはずです。)

お、いかん。

慌てて電話をして、待ち合わせ時間を決めました。

ぎりセーフやん。



会ってなにを話すか?

別に、何でもいいのです(笑)。

ふつうにおしゃべり。

『春抱き』に及ぶこともありますが、そうでないほうが多いですね。

仕事の話とか、さいきん読んだ本の話とか。

あとは、彼女のうちにいるお嬢さん(猫)の話かなあ。

かわいいのよね。

小柄な縞三毛の美人さん。

なんとも気まぐれで、いまだに定番カリカリがない(汗)。

好ききらいがはっきりしてる。

もともと食が細いから、食べないとなると飼い主は必死です。

あれもだめ、これもだめ。

くんくんとにおいを嗅いで、ぷいっとそっぽを向くことも多い。

・・・というような、話をですね。

わりと延々と聞いています(笑)。

大変だよなあ。







●雑談ばっかりで

すみません。

例の感想は、ちょっとずつ書いてます。

☆彡

先日のりんごジュース。

新製品「トキ」を発見しましたので、さっそくゲット。

まだ味見をしていないので、感想はまた今度。

☆彡

野菜の高騰。

葉っぱものはお天気に影響されやすいから、しょうがないとは思う。

でも、まじで、高いですよね。

白菜やキャベツ。

うちの地元スーパーはわりとがんばっていますが、でもなー。

4分の1で199円の白菜、見るからにちっちゃい。

小ぶり、なんてもんじゃない。

コスパがいいかどうかではなく、心配になってしまうのは、

「もしかして、まだ十分に育ってないのに、むりやり出荷したんだろうか」

みたいなことです。

そんなことをしたら、あとで白菜がなくなってしまうんじゃない?

勝手にいろいろ心配です。

☆彡

乳幼児の虐待のニュース。

(悲しいことに)つねにあるニュースではあるけど、このところ酷くない?

なんか多すぎやしませんか。

あまりにも悲惨な話が多すぎる。

それで失われる命が、未来がおおすぎる。

貧困や学力格差が遠因にある、というのはわかる。

でも、外野からみると、なんでもっと強力にお役所が介入しないの?

「なんだかんだ、子供は親元にいるのが幸せ」

という原則論(まちがってはいないでしょうが)には、例外がこんなにある。

これだけ例外があるなら、もはや原則論は崩壊してるのでは。

性悪説というか、もうちょっと疑ってかかってもいいのでは?

もうちょっと積極的に介入できないもの?

児相や警察も大変だとは思いますが、ドラスティックな対策をとらないと、人命の救助はできないのでは。

そんなふうに思ってしまいます。

毎年どれだけ子供が死んでいるのか。

本当にせつない。







●では、

またね。。。


【13/01/2018 20:14】 雑談☆日々のあれこれ | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

12月 | 2018年01月 | 02月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。