戦力外になる前に

●たまたま

偶然なんでしょうけど、ね。

☆彡

イチローくんが古巣であるシアトル・マリナーズに復帰して、ちょっと話題になりました。

彼にはあのユニフォームがいちばん似合う。

そう思うから、なんとなく嬉しい。

イチメーターのおばさん(エイミーさん)も、喜んでいるんじゃないかなあ。

※ごめん、知らないひとはぐぐってね。

いずれメジャーの殿堂入りをするときも、おそらくマリナーズのイチロー選手として、だ。

(もちろん、達成すればそれは日本人として初の快挙。ただし、引退した後の話です。)

その意味でも感慨深い。

だけど、少しだけね。

少しだけ、切なくもあるなあ。

マリナーズでこれから何年もやる、というなら話は別ですが。

(ご本人はそのつもりかもしれない。)

ああ、そうか。

これが花道というものか。

粋なはからいではある、たぶん。

今年がおそらく、メジャーでのイチローくんを見る最後の年になるのかな、と。

そう思わずにはいられない。

それは寂しいなあ。

50歳まで現役でやるって、昔から言ってたものね。

今は44歳だから、あと6年?

いやあ。

頑張ってほしいけど、あまり・・・あまり、さ。

現実味はないかもしれない(汗)。

いや、いや。

彼のことだから、わからないか。

常に周りをびっくりさせてきた、世紀の天才バッターだ。

野手としても超一流。

引退フライング報道も、正直慣れっこでしょうね。

目いっぱい、今年も活躍してほしいものです。

☆彡

そのイチローくんと、ほぼ同じタイミングで。

上原投手(43歳)が、巨人への復帰を発表しました。

彼はメジャー選手ですが、日本野球界に復帰。

古巣であるジャイアンツに戻ることになりました。

わたしはアンチ〇〇(今さらなので省略)だから、いわゆる坊主憎けりゃ袈裟まで憎い、状態です(笑)。

つまりこっちは心情的にはどうでもいいんだけど、上原選手のメジャーでの活躍は知っている。

どういう評価を受けていたかも知ってる。

あたりまえか。

「メジャーでやれないなら引退する」

といってた彼が巨人に戻ったのは、ちょっと意外。

(出身球団なのは事実ですが、あんまりあの球団を好きそうには見えなかった。)

意外だけど、とにかく野球をやりたかったんだろうなあ、と思う。

☆彡

今年のメジャー市場は、ちょっとおかしい。

かなりおかしい。

報道もされていますが、なんでしょうね?

いきなり超・就職氷河期が来たような、そんな感じ。

フリーエージェント市場が冷えっ冷えで、スター選手たちの新しい所属先がなかなか決まらなかった。

というか、今もそうなのかも。

日本人選手の動向を見ても、それがわかります。

契約継続中で心配がなかったのは、たぶんまーくんだけ。

ダルビッシュも、青木選手も、軒並み契約が宙ぶらりんでした。

ダルはスターなので、最終的にはちゃんと決まった。

青木選手は、諦めたのか待ちきれなかったのか、日本に帰って来た。

古巣のヤクルトね。

イチローくんも、上原投手も、そのあおりを思いっきり受けた格好ですが、道は分かれました。

辛抱して辛抱して、待って待って待って、幸運にもメジャーに残ったイチローくん。

待って待って待ったはずですが、結局は日本に帰ることを選んだ上原投手。

こうなると、もう、優れているから契約をもらえる、とか。

そんな単純なものじゃないよなあ。

レジェンドクラスの実績のある選手でも、ある程度の年齢になると、わりとぽいっと捨てられる。

実力主義・・・なのかなあ。

うーん。

現時点での実力至上主義?

メジャーでは高額の年俸をもらうだけに、その価値があるかどうか、極端にシビアにみられる。

過去の実績とか、貢献とか。

ホントどうでもいいのかよ、と思うときもある。

(ガンガン実力を発揮して)年俸が高額になりすぎて、払えないからイチローくんを切った、ともいわれるマリナーズ。

それが今や、メジャーの最低賃金にちかい値段で、彼を呼び戻す。

そういうもの、なんでしょうね。

いや、うれしいんだけど。

でもどこか、もやもやもある。

(^~^;)

ま、いっか。

そういうのも全部、ぜんぶ承知でイチローくんはOKしたんだものね。

過去の栄光にすがって生きる選手なら、とっくの昔にやめている。

外野があれこれ言うことじゃない。

うん。

そう思おう。

ヾ(´▽`;)ゝ



ちなみに>>

これっぽちも好きではないので、名前を書きたくもないけど(笑)。

昨シーズン終了後、巨人を自由契約になったMという選手がいます。

30代後半の長距離バッター。

巨人では大活躍したこともあるし、イマイチだったこともある。

でもそこそこの仕事はしていたし、ホームランの数も、打率も悪くはない。

お家事情で控えに回ることが多かったけど、他のチームならたぶん主砲クラス。

つまり、クビになるほどの選手ではない。

そう思われていたのに、自由契約。

「ウチにいると控え選手あつかいで気の毒だから、どこか別の球団でレギュラーになって活躍してね」

的な、親心・・・であった、と当初はいわれてました。

だが、しかし。

周囲の想像に反して、誰も手を上げない。

「ぜひウチに来てくれ!」

という声がまったく聞かれない。

もうそろそろシーズン開幕だというのに、所属先が決まらない。

引く手あまただろうと思われていたのに、ですよ。

「それなりのオファーを寄越すなら、考えてやってもいいぜ!」

みたいに余裕だった彼ですが、1か月、2か月、3か月・・・と経つうちに、焦りが見えてきました。

「野球をやらせてもらえるなら、どこでも行く」

だんだん、そんな謙虚な発言が増えてきました。

これは、ちょっと驚いたなあ。

好きな選手ではないが、先にも書いたとおり、それなりの実力をもった有名選手です。

日本人の長距離砲というのは、そう簡単に生まれてくるものではない。

12球団のどこもが 「要らない」 なんて、あるんだろうか?

ねえ。

はたからみると、ちょい不可解です。

ヾ(´▽`;)ゝ

そうこうしているうちに、もう3月。

結局、彼は栃木の独立リーグのチームに行きました。

心ならずも、でしょうね。

栃木のチームには申し訳ないが、場違いな気がしてなりません。

なんでだろうねえ。

年齢はたしかにやや高いけど、37歳ぐらいなら他にもいる。

大きな怪我もなく、まあまあ守れる。

巨人では4番を打ったこともある。

かつては億もらってたひとですが、そこにはこだわらないといってる。

ほんと、不思議だ。

(^~^;)







●などなど

最近はどうもベテラン選手の動向が気になります。

それもこれも、わたし自身がそういう域にいるからでしょうか(笑)。

いつまでバリバリ現役でいられるか。

いつ、戦力外通告を受けるのか。

(((((((;´д`)))))))

役に立たないから、もう出て行っていいよ、と。

いわれる日が来るのか。

そりゃ、来るわね。

いつか。

うぐぐ。

では、またね。。。



【12/03/2018 04:32】 スポーツ | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

02月 | 2018年03月 | 04月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。