One thing at a time

●大谷くんの

メジャーデビュー。

ヾ(〃^∇^)ノ♪♪♪

あ、投手としてのメジャーデビューね。

6回を投げて3安打、1四球。

6奪三振。

ここまでは、いい数字だ(笑)。

球も走ってたし、コントロールもよかった。

変化球も冴えてた。

で、失点3、自責点3。

あらら。

たったの3安打で3失点というのが、まあ、あれだ。

ホームランの怖さ。

下位打線でも軽く打てちゃう、メジャーだわね。









ちゃんとQS(クオリティスタート)を達成して、一勝目。

幸先がいい。

チームがちゃんと、勝たせてくれたよね。

92球で6回というのも、彼にしてはいい出来。

(*´∀`*)

全投球を見ましたが、落ち着いていました。

闘志は、もちろん。

だけどクールでしたね。

気負ってるんだろうけど、気負いは感じなかった。

どれだけ注目されようと、それに関しては、日本での5年がある。

大騒ぎされても自分を保つ、そういうのは身についているんでしょう。

ヾ(´▽`;)ゝ



赤とグレーのユニフォームが似合っているかは、ちょっと疑問。

というか、あんまりかっこよくないよね・・・(汗)。

まあ、花巻東のユニフォームもアレだったから、そこはしょうがないか。



だけど、すんなり馴染んでた。

そして、ものすごく楽しそうだった。

はじめて野球をやるときのワクワクを思い出した、っていってたなあ。

一塁へ一生懸命走ることが教訓だ、ともいってた。

(というのはもちろん、打者のときの話ね。)

なんでしょうね、この初々しさ(笑)。

いや、すごくふてぶてしくもあるんだけど。

野球、好きなんだなあ。

好きで、好きで、誰よりもうまくなりたくて。

それでとうとう、メジャーまで来た。

・・・ね。

その話を、彼に関してだけは、すなおに信じられる。

それがすげえ(笑)。



23歳。

まだまだこれから、です。

メジャーでのキャリアは、怪我さえしなければあと10年ある。

もっとかも?

大谷くんは、いずれはスターになると思うけど、まだスターじゃなくていいよ。

期待の若手。

それでいい。



二刀流は大変だと思う。

記録という意味では不利だしね。

やめろって、どっちかに絞れって。

一部の人にはずっと言われ続けるでしょう。

でも、貫いてほしいなあ。

やりたいと思う限りは、やってほしい。

がんばってほしい。

ヽ(´▽`*)人(*´▽`)人(´▽`*)人(*´▽`)ノ



おまけ>>

試合を見て思ったけど、キャッチャーがうまい。

本当にうまい。

構えたら動かないし、どんな球でも余裕でとる。

変化球を逸らさない。

球がこぼれた場合の動きが早い、早い。

日本ハムでは、大谷くんはそっち方面では、いまいち恵まれてなかったからなあ。

絶対に受け止めてくれる、という安心感。

ピッチャーにとってそれは、ものすごく重要でしょう。

よかったねえ、と思う。



もうひとつ>>

大谷翔平くんは、今日がやっとデビュー。

これから打たれるときも、ダメなときもあるでしょう。

勝って、負けてを繰り返して、偉大になるんだと思います。

そう考えると、まーくんはすごいな。

渡米してから、まあまあ安定しているし。

なんだかんだ、ヤンキーズを支えてる。

むろんメッタクソ打たれたり、ブーイング受けたり、そりゃもういろんな経験をしている。

そういうのを乗り越えて、今年も先発をつとめる。

大変なことだなあ、と思います。







●では、

またね。。。

【03/04/2018 00:05】 スポーツ | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

03月 | 2018年04月 | 05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。