Downright ridiculous

☆追記☆

大谷くん、メジャーの週刊MVPに選ばれたそうです。

当然だよね。














●だから

もうやめて・・・(笑)。

ヾ(´▽`;)ゝ

いや、やめないで。

でもやめて。

・・・アホか(笑)。



だってねえ。

大谷くんの登板試合。

2度目の先発。

エンジェルズのホームスタジアムでの初登板。

ヽ(*´∀`*)ノ

見たいけど。

見たいけど、でも無理。

朝の5時から試合を見るわけにはいかないから、ねー。

試合の結果を、オフィスに行ってから知ることになります。



ぎゃあ。

なんなの。

2勝目。

無失点、被安打1。

四球1。

7回まで投げて12奪三振。

91球。

わお。

なんだこれ。

ほぼカンペキではないか。

恐ろしい子。



数字だけ知って、内容はあとで知りました。

わお。

本当に、7回途中までパーフェクトペースだったのか。









ああ、白いユニフォームはいいなあ。

似合ってると思います。



凄いところ、そのいち。

前回だいぶ抜けていたスライダーや、ストレート。

修正されて、低めによくコントロールされてました。

速球で空振り三振を何度も、何度もとってる。

これはすげえ。

投球フォームが安定してる。

投げた後で、左右に傾ぐことがない、ように見えます。

これもすごい。



凄いところ、そのに。

初めてのヒットを打たれて、まあ、そこはいい。

いいというか、しょうがない。

でも、途端にフォームが乱れましたね。

次のバッターに、あげなくてもいいストレートの四球。

ワイルドピッチ気味の、ひでえ球だった(笑)。

キャッチャーの上手さに感謝しなくちゃね。

ふだん冷静な大谷くんでも動揺というか、バランスが乱れるんだなあ。

ベンチはすかさず、タイムをとってマウンドにコーチを行かせています。

さすがですね。

そこでどんな会話があったのかは、知りません。

でも、それで彼は自身を・・・というか自信を取り戻したようです。

次を凡打に打ち取り、その次の打者を三振に。

おお!

この日いちばんのガッツポーズが出ました(笑)。

自ら招いたピンチを、自らが断ち切る。

たいしたものだ。



凄いところ、そのさん。

試合後の記者会見で、そのフォアボールを今日の反省点に挙げたところ。

完全試合は意識していなかった。

そのうち打たれるだろうと思ってはいた。

そして打たれたそのときに、どう対応するか。

どう気持ちを切り替え、ピンチを抑えるか。

―――それを考えていた、んだそうです。

そうやってちゃんと想定していたのに、浮足立ってフォアボールを与えてしまった。

それが反省点だ、と。

大谷くんは、淡々とそういってました。

(((((((;´д`)))))))



おいおいおい。

まだ23歳ですよ。

メジャーデビューしてやっと、1週間がすぎたところ。

それなのに、この思考はすごいよね。

なるほど、どんどん上手になるわけだ。







●ちなみに

この日、エンジェルスタジアムは満員御礼。

ここ20年ほど、開幕戦ですら満席にならなかったというのに。

チケットがいつもの3倍くらいした、という話もある。

すごいねえ。

みんな、背番号17の活躍を見に来たわけだ。

じっさい彼らは、大谷くんの奪三振ショーを目にした。

僥倖だよね。

いいなー。



2ストライクになると、みんな立ち上がる。

次の三振を期待して。

それはもう、異様な雰囲気でした。

こんなすごい応援してもらったら、大谷くんじゃなくても盛り上がるよなあ。

圧巻の投球の陰には、ファンの声援がある。

それをしみじみ感じました。







●では、

またね。。。


【10/04/2018 05:42】 スポーツ | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

03月 | 2018年04月 | 05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。