『春抱きALIVE』 5巻、来月発売

●そうじゃないかな、

と思って(期待して)はいましたが。

でも、やっぱり決まるとうれしいですよね。

春抱きALIVE』の5巻。

ヾ(〃^∇^)ノ♪♪♪

6月9日に、発売決定したそうです。

・:*:・( ̄∀ ̄ )。・:*:・

※教えてくださった某さま、ありがとうね!

6月は基本的にキライ。

雨が降って暑いから。

(´-`).。oO...

香藤くんだけじゃなくて、小鳥さんのお誕生日も、6月なんですけどね。)

でも、『春抱き』コミックスが出るというだけで、生きていける気がする(笑)。

もうちょっとだけ、がんばろうと思えます。

ヽ(*´∀`*)ノ

うれしいなー。

わりとマジに、生きる糧です。

春抱き』。

ねえ。

加筆は当然、あるんですよね?(笑)

お愉しみ、ですよね?(笑)

( *゚w゚)

えへへ。

最近はほとんど見られない、傍若無人ないちゃらぶ。

そういうのを、見たいです(笑)。

無茶ぶり?

でも、それまでがんばって生きよう。

諦めずに生きよう。

そう思わせてくれる岩城さん、偉大です。







●え?

最近のオマエは、大谷翔平のことしか書かねえだろって?

ヾ(´▽`;)ゝ

いやあ。

それはそうなんですけど。

大谷くんはたしかに、今のわたしの喜びです。

希望の光。

えへ。

厳密にいうと、2016年の9月ぐらいから(笑)。

そのころに何があったかというと、個人的なことですが、いきなり入院しました。

あれはしんどかったなー。

目の前が真っ暗になったもんなあ。

※生死にかかわるようなもんじゃなかったけど。

ちょうどそのころ、日本ハムが破竹の勢いで、パ・リーグ制覇に邁進していた。

ソフトバンクに追いつけ、追い越せ。

大谷くんの活躍もあって、とても勢いに乗っていました。

その熱にたまたま触れて、それで感化されたんだと思います(笑)。

単純だから、勝ち馬に乗ったのかも。



でも、まあ。

今アメリカで、毎日キラキラ輝いてる大谷くんを見ると、うるっとします。

がんばってるなあ。

嬉しくて、楽しくてしょうがないんだなあ。

活躍もしてるけど、課題もいっぱい。

毎日がチャレンジで、それがたまらなく面白いんでしょうね。

未完の大器。

まだまだこれから。

それでいて、周囲をあっといわせてる。

なんかね、昨年までふつうに日本でプレイしてたのが、信じられない(笑)。

それも昨シーズンはケガで、まともに仕事できてなかったもんなあ。

ああ、そうか。

昨年まともに野球ができなかったからこそ、いま思いっきりできるのが楽しいんだね。

それはよかった。

(*´∇`*)



どうでもいいですが、不思議なことに。

一昨年たまたま日本ハムの躍動が目について、わたしはなんとなくファンになった。

贔屓のチーム、という意識はないけど。

でも、選手たちはみんなわりと好き(笑)。

エンジェルズのメンツも、同じです。

大谷くんがいるから見てるだけですが、なんかみんないいやつっぽい。

メジャーのわりには、殺伐としてないのよね。

ほんわかしてる、気がする。

それがまあ、チームが頂点に行かない理由かもしれないけど・・・(汗)。

ちなみに>>

ほんわかゆるい、と感じるのは、東部ヤンキーズと比較しての話だ。

カリフォルニアと、ニューヨークの違いだろうか。

まーくんがいるから何年も見ていますが、いつまでたっても、ヤンキーズは好きになれない(笑)。

選手たちにも、あまり好感は持たない、持てない。

(((((((;´д`)))))))

どうしてでしょうね。

※あくまでわたしの主観です。ファンの人にはすまん。







●では、

またね。。。



【12/05/2018 23:57】 春を抱いていた | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

04月 | 2018年05月 | 06月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。