可愛いのである。

●本日の

ショータイム。

大谷くんの・・・昨日、いや一昨日のネタですね。

可愛くて、もうたまらん。

❀.(*´◡`*)❀.❀.(*´◡`*)❀













さて、これで事情がわかる・・・かなあ。

エンジェルズの本拠地での試合の終了直後の映像です。

9回表。

相手チームであるレンジャーズの最後の攻撃。

最後のバッターが内野ゴロに倒れて、試合終了。

エンジェルズの勝ち。

それを見て大喜びの大谷くん、真っ先にベンチから飛び出します。

(大谷くんは指名打者=守備につかないので、味方が守ってるときはベンチにいるのだ。さみしいね。)

勝ったら、ほら。

いつも選手がみんな出てきて、お互いにねぎらいますよね。

ぞろぞろ並んでハイタッチする、あれです。



が、あれれ?

両チームの選手たちが、一斉に飛び出して来てます。

(ふつうなら、負けたチームはとっととベンチに引き上げます。)

2塁のあたりで、小競り合い。

「え?」

大谷くんも、様子がおかしいことに気づきます。

それもそのはず。

最後のプレイで、ちょっとトラブルが起きてました。



レンジャーズの打者が、内野ゴロを打つ。

1塁走者(背番号12)が、2塁めがけて走る。

・・・んですけど、おいおい。

スライディングの際に、2塁のカバーに入ってたエンジェルズの選手(背番号2)の足を、ね・・・?

(ちなみにシモンズ選手、名ショートとして知られています。)







どうよ、これ。

セカンドにすべり込む・・・というより、シモンズ選手の足をはらいに行ってませんかね。

スパイクで脛を蹴ってるんでは?

守備妨害。

もちろん、1塁に送球させない(送球を遅らせる、または悪送球を誘う)ためです。

シモンズ選手はうまいので、結果的には1塁でアウト。

試合終了になりました。

が、危険スライディングじゃないの?

ゲッツー崩し、とも呼ばれます。

「おい!」
「何すんだよ」

・・・的な、感情的なやり取りがあったようです。

この手の危険スライディングは、もちろん禁止されているんですけどね。



正直、乱闘騒ぎ(未遂)、というほどではない。

よく見ると、ほら。

ヒートアップしてるレンジャーズの12番を、宥めようとしてるのもレンジャーズの選手たちです。

(あとで調べてみると、もともと短気なタイプらしく、ケンカの前例が多い選手みたい。)

青いユニフォームに囲まれているでしょう?

落ち着け、っていわれてるんだと思う。

そこに登場した赤いユニフォームは、もちろん、プホルズ選手です。

最年長だし、エンジェルズの兄貴だし、メジャーきってのビッグネームでもある。

つまり、こういうときに先頭に立ってケンカをおさめてナンボ、の人ですね(笑)。

「Hey, take it easy man!」

とかなんとか、いってるんだろうと想像します。

こういうのって、見てると選手たちの立ち位置がよくわかります。

トラブルの中心に真っ先に割って入るのが、プホルズとトラウト。

この二人がチームの中心選手だから、納得だわね。

あとはイアン・キンズラーか。

彼はトレードで来たばっかりだけど、やっぱり30代のベテランです。

(前面にいるのが野手で、投手はみんな後から来る感じですね。)



トラブルといっても、そこまで険悪な雰囲気ではない。

けど、でもこういうとき、あれです。

両チームとも、ベンチを空にして全員が顔を揃えます。

そういうもの、らしいですよ。

そんな喧噪の中に、大谷くんは知らずに飛び出していったわけで。

(//∇//)

でかいから目立つけど、ルーキーだしなあ。

最年少だろうしなあ。

びびってるようには見えないけど、戸惑ってる感じはある。

ハラハラしてるんでしょうかね。



でも、かわいいのはこの後だ。

そこに大谷くんがいるのに気づいて、最初にスキャッグズ選手が声をかけます。

タイラー・スキャッグズ。

エンジェルズの先発投手のひとり。

肩に手をかけて、ちょっと守るようなしぐさをする。

「下がってろ、大丈夫だから」

みたいな感じでしょうか。

その後で、今度は青いユニフォームが大谷くんに近づきます。

彼は身長が2メートルあるので、大谷くんよりもでかい。

軽くボディータッチで、

「おう、どうした」

みたいな感じ?

レンジャーズの、クリス・マーティン投手。

かつて日本ハムファイターズで、大谷くんのチームメイトでした。

2年かな?

つまり彼とのつきあいのほうが、エンジェルズの今の同僚とのつきあいよりずっと長い。

マーティンの顔を見て、大谷くんはホッとした表情です。

なんかね、安心してるのがかわいい。

マーティンが当然のように、そばにいるミズハラ通訳に話を通すのもおもしろい。

ミズハラさん、もともと日本ハムで、マーティンのような外国人選手の通訳だったからね。

(つか、乱闘さわぎに通訳まで出て来てるんかい!)

なんだ、これ。

大谷くんはにこにこ。

❀.(*´◡`*)❀.❀.(*´◡`*)❀

マーティンもにこにこ。

❀.(*´◡`*)❀.❀.(*´◡`*)❀

物騒なトラブルにまぎれて、なんかほのぼのしてるぞ。

ヽ(*´∀`*)ノ

危機感ないけど、いいのか(笑)。







●というわけで

かわいかったのよ、ショーヘイ。

ヾ(´▽`;)ゝ

では、またね。。。


【04/06/2018 01:27】 スポーツ | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

05月 | 2018年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。