Perseverance, man

●ふう・・・

あついですね。

ホント、気温・・・数字は大したことないのに、暑いです。

(((((((;´д`)))))))

6月に入ったばかりで、これ。

先が思いやられます。

ぐう。







●おっさんずラブ

・・・はね、うん。

楽しかったし、絶妙のバランスで演出がうまかったとは思いますが、はまったかなー?

どうかしら。

最終回を見ただけですので、そこまではいえない(汗)。

通りすがりのみーはー、です。

過去回を見たいと思うほどの盛り上がりはない・・・です。

(^~^;)

個人的にね、ビジュアルに問題があるんだよぉ。

※あくまで、非常に個人的な見解です。

あんなに男性がたくさん登場するのに、カッコいい、かわいいと思えるひとがひとりしかいない。

うはは。

すみません。。。

ひとりでは、萌えが足りません。

残念。

ちなみに、根暗っぽいメガネのお兄さん(おじさん)です。

はい。

名前は知らん。

でも、ちょっと岩城さんっぽい・・・ぽくない?(汗)

ヾ(´▽`;)ゝ

そういうことだ。







●大谷(兄)は

ふつうの、社会人野球のお兄さん(おじさん)ですよ。

真面目なお父さんなの。

真っ赤なユニフォームであの長身なので、遠目にみると、

「おお!?」

ってなりますね。

お母さんがスポーツ選手で大柄だからなんでしょうけど、えらく恵まれた体格の兄弟です。

ふたりが並んでいるところ、見てみたい。

顔はね、そっくり! ・・・ってほどじゃない。

明らかにちがう。

でも、お父さんとお母さんの顔を見るとね、なんでしょう。

絶妙なDNAブレンドなのがわかります(笑)。

お父さんのここは、お兄ちゃんのここに行って、弟のあそこになって。

お母さんのここが、お兄ちゃんに受け継がれて、弟のここにも現れてる、って。

神秘の世界。

(ご両親ともまだ若く見えますが、もうおじいちゃんおばあちゃんなのね。)

・:*:・( ̄∀ ̄ )。・:*:・



それよりも、動画で見たお兄ちゃんは新鮮でした。

ガッツポーズの仕方とか、ああ!って残念がってるときとか。

そういう仕草が、弟をほうふつとさせる。

家族って、思いがけないところが似るじゃない?

そういう気がします。

ヽ(*´∀`*)ノ

そして、兄もちょっとぽよよん(気味)だった。

インタビューされて、もちろん有名な弟のせいでインタビューされてるわけですが、

「今日あたりラインが来るんじゃないかなー」

ってさ、とてもうれしそうだった。

ニコニコしてて、目がやさしそう。

弟をものすごく可愛がってるんだろうなあ、と。

そういう印象でした。

大谷翔平のあの、しょうもないクソガキキャラは、この家族がつくったのか(笑)。

甘やかしすぎだろ(笑)。

―――とね。

❀.(*´◡`*)❀.❀.(*´◡`*)❀







●痛い・・・

おっと。

その大谷翔平くんです。

またしても指のマメ(blisters)で降板。

これは痛い。

いろんな意味で。

うぐぐ。

(どうでもいいけど、マメという日本語よりも、「blister」のほうが痛そうなイメージ。)







大谷くんの手には、2種類のマメがある。

手のひらや指の付け根にできるのは、バットを振ってできるマメ。

打者のマメ。

悪化するとひどいけど、これらのマメは、ピッチングには影響しない。

・・・らしい。

投球に問題があるのは、指先のマメ。

投手のマメ。

主に人差し指、中指。

変化球を投げるときに、この指で思いっきり引っかけて飛ばす。

ボールの縫い目に指をかけてね。

指先は、コントロールの源です。

それはそれは、ちょっと素人には想像もできない強い力がかかる。

だからプロなら、避けられない。

彼だって昔から投手やってるので、そんなことはわかってる。

マメとはある意味、長~いつきあいのはず。

では、なぜ?

MLBでつかってるボールが、日本の公式球とちがうから。

彼自身が若いから、まだマメ歴も短い。

アメリカの乾燥した気候。

・・・いろんな理由があるだろうなあ。



滑りやすい球、だそうですよ。

メジャーのボール。

するっと抜けないように、大谷くんが懸命に指に息を吹きかけているの、ご存知でしょうか。

今年は頻繁に、その姿を見る。

こぶしをつくって、その中に息を吹き込んでる。

日本ではあまり見なかった仕草です。

指に息をかけるってのはつまり、湿らせているわけです。

指先を舐めるわけにはいかないからね(笑)。

だが、しかし。

指先を湿らせるってことは、極端にいえば、皮がふやけるわけですよ。

皮膚がしっとりするわけだから。

そしてマメにいちばん良くないことは、この

「指を濡らす」

行為なんですって。

マメが固く、カラカラに乾燥してこわばり、半ば感覚もないぐらいならば、投手は大丈夫。

だけどマメが柔らかくふやけてしまうと、今度は皮がむける。

出血する。

傷がつくと、あたりまえですが治るのにも時間がかかる。

・・・って。

かつてエンジェルズにいた日本人投手、高橋なんとか・・・が言ってました(笑)。

なんだっけ、名前。

あ、彼がいってたのは、マメは乾かしておかないとダメ、ってだけです。

お風呂に入るときも手をビニール袋に包んで、濡れないようにするとか。

そんなことをいってました。



乾燥する空気とボールに対するグリップがほしいから、指に息をふきかける。

でもそれが、ブリスターには逆効果なのでは・・・?

と、まあ。

素人が思ったわけですね(汗)。

ヾ(´▽`;)ゝ



悔しいだろうなあ。

訓練とか努力で、どうにかなる問題じゃないからなあ。

めちゃくちゃ不本意そうでしたもんね。

投球内容は悪くないのに、勝ちから遠ざかっているのも辛い。

(じっさい、防御率は下がり続けています。勝ちはつかないけど。)

これもメジャーの試練か。

翔平、がんばれ。



そして>>

大谷くんのネタで落ち込んだときは、こんなのを読む(笑)。

Annoyed Shohei Ohtani Had Hoped U.S. Baseball Players Wouldn’t Be This Bad

ちょっと古いけど、楽しいですよ。

Satireですので、あまり本気にしないでね・・・(笑)。

( *゚w゚)







●では、

またね。。。

【07/06/2018 23:33】 スポーツ | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

05月 | 2018年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。