地震

●最近

首都圏でも、ちょっと地震が続いています。

千葉とか、茨城とか。

そこへ来て、大阪北部のあの大地震だ。

いやな感じ。

肝が冷えました。



連絡をくださった関西のみなさま。

ありがとうございます。

さぞ恐ろしかっただろうと思いますが、ひとまず無事でよかった。

本当によかった。

大阪、京都、滋賀、兵庫、岡山、広島。

『春抱き』仲間は、ふしぎと関西以西に多い。



大阪の地震が発生したのは、朝8時ちょっと前。

通勤、通学ラッシュの最中ですね。

マグニチュードで6.1というから、規模としては「中程度」。

(と、テレビで専門家がいってた。)

それなのに揺れた。

震度6弱というと、東日本大震災の被災地と同じくらい揺れた、ということになります。

わたしが体験したのは、震度5くらい。

あのときですら、立っていられないレベルだった。

・・・震度6の世界は、想像もできません。



大阪の揺れの激しさの原因は、直下型の地震だったから。

そのうえ、震源地が深さ10キロ? 13キロ?と浅かった。

震源地が地表に近いと、被害は大きくなりますね。

おそろしい。



大事な友だちが高槻にいますが、無事だとわかりました。

自宅も大丈夫らしいですが、しかし、ライフラインは一部断絶。

ガスや水は、一日でも出ないと困る。

生活に支障が出るなんてレベルじゃない。

一刻も早く、復旧することを願うばかりです。



家族が関西にいるのですが、こちらは少し離れているので無事。

この日、用事で大阪に出向くところだった、そうです。

朝のうちに地震が来たので取りやめたそうです。

たまたま、運が良かった。

行っていたらきっと、帰宅難民になっていたでしょう。



悲劇もあった。

というか、何なんだあのブロック塀は。

小学校のプールの脇の高い塀。

いかにも安定感がなくて、あれは違法建築じゃないのか。

あの真下が、通学路だったのね。

小学生が、それで被害に遭うなんて。

あんまりだ。



壁は危ない。

地震が来たら、壁から離れろ。

子供に、そういえばいいのか?

というと、そんな単純な問題でもない気がします。

壁が倒れてくることを想定して、そこから離れるとなると・・・?

車道のど真ん中に飛び出さないといけない、かもしれない。

無理。

狭い道だったら、両方が壁だったりする。

危険すぎる。

どこへ、どう逃げろというのか。

あの倒壊した壁を見ながら、暗澹たる気持ちになりました。



通学路を、子供と一緒に歩いてたしかめるとか・・・?

もしここで地震が来たら、ここに走る。

ここで地震に遭ったら、こっちに逃げるって。

全行程、くまなく決めておくとか?

それって現実的なんだろうか。

小学生とか、あっちへふらふら、こっちへふらふらするしなあ。

寄り道、回り道もあるだろうしなあ。







●などと

甥っ子ちゃんたちを想像してしまうせいか、怖い。

よけいなことを考えてしまいます。

やめよう。

ひとまずは。

これ以上の被害が出ませんように。

早く、被災した方々の生活がもとに戻りますように。

では、またね。。。



【19/06/2018 02:42】 社会・時事ニュース | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

05月 | 2018年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。