A famous win we should have got

●今日も

元気いっぱい、チカラいっぱいあっついねえ。

(;´д`) ι(´Д`υ)アツィー

まったくもう。

なんとかならんのか。

(ならない。)







●福助!

先日ちらりと話題に出た、中村福助。

病気療養中の歌舞伎役者。

成駒屋。

還暦・・・には、まだなってないと思う。

50代後半くらい?

予定なら今ごろは、中村歌右衛門になっていたひと。

その福助が、秋の公演から舞台に復帰するそうです。

おお。

これは本当に、本当にめでたい。

めちゃくちゃ嬉しい知らせです。

今、立女形(=たておやま)は本当に少ない。

それも大きな舞台の主役を張れるクラスの人というと、深刻に少ない。

(実力や人気ももちろんですが、家の格式というのがあるので。)

そういう意味で、スターである福助の存在は大きい。

美人だし、声はいいし。

おきゃんな町娘から花魁まで、できる人ですからね。

戻って来てくれるのは朗報です。

よかった。

海老蔵が團十郎になるときの、揚巻はアナタだよ。

2年後には完全復活でお願いします。

そう信じています。







●ガパオライス

って、ご存知ですか?

タイ料理。

わたしはエスニック料理のブームに疎いらしく、あまり知らない。

知らないけど、おいしそうだと思ってね。

先日、ほっともっとで買ってみた(笑)。

ちょっと酸っぱくて、ほどほどに辛くて、美味しかった。

―――という話を、友人にしたら、ですね。

「え、酸っぱいの?」

と意外そうに言われました。

あれ。

添えられていたレモンを絞ってかけたからですが、まちがってた?(汗)

そもそもどういう味であるべきなのか。

それを知らないので、混乱中。

ガパオライスに詳しいかたがいたら、教えてください。

ヾ(´▽`;)ゝ







●さて

サッカーワールドカップ

日本代表は、惜しくも敗れたようです。

ベストエイトは遠いね。

世界は遠い。

リアルタイムで見る気力がなかったので、翌朝、オフィスで結果を知りました。

たぶん、その時点で試合結果を知らなかった東京で唯一の人間かもね(笑)。

朝はPCをつける暇などないので、それはしょうがない。

同僚に試合内容をきいて、

「悪いけど・・・申し訳ないけど、起きて見てなくってよかった・・・」

だって、絶対に死ぬほど期待して、最後にどん底に突き落とされるじゃんか。

落ち込むに決まってる。

泣くかもしれん。

いやだよ、そんなの。

|||(-_-;)||||||

がんばった! すごい!

称賛するのはいい。

選手たちはよくやった! 大会前あれだけいろいろ言われてて、よく戦った!

・・・うん。

それは事実なんですけど、でもさ。

わたしがアホだからかもしれないけど、いつまでも、自分たちを打ち負かした敵将に、

「日本はよくやった。素晴らしいチームだった。我々は負けてたかもしれない」

と誉められて、それで喜んでいてはダメだと思うの。

世界のメディアが称賛したから、何?

結果、負けたんじゃん。。。

敵わなかったんじゃん。

悔しい。

本当に悔しい。

(ρ_;)。。。

相手をあれだけ追い詰めたのに、追い詰めたと思ったのに。

なんで、なんで最後に巻き返されたのか。

一時はあれだけ優位に立ちながら、どうして相手を kill off することができなかったのか。

「善戦」 とか 「健闘」 はもう要らない。

勝ちを。

非情に、なにがなんでも、勝ちを奪い取る姿を見たいです。

日本人は努力とか、過程を重んじる民族です。

それは美徳ですが、スポーツの国際大会では、勝たないと意味がない。

結果がすべて。

勝ちを。

勝ちがほしかった、です。







●では、

またね。。。

【04/07/2018 05:36】 スポーツ | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。