(;´д`)ゞあちぃ~(´∀`;)ゞ

暑い

普段ならさらりとかわせることすら、スルーできなくなります。

それで、暑いのに余計にイライラします。

あついんじゃ~!!(ノ-_-)ノ ~┻━┻

あぐ。

修行が足りないのか。

ココロガセマイのか。

知らん。

むかっとするもんは、してしまう。

(((((((;´д`)))))))



バスを待つ行列を無視するおばちゃんたち、とか。

(・・・いいたかないが、整列マナーを無視するとか、そういうのって高齢者が多い気がします。)

ターミナル駅の自動改札で ♪ピンポン♪ をやらかすおっさんとか。

あ、これは若い女性も多いなあ。

(チャージ不足か定期の期限切れで、改札を通れないという意味。朝のラッシュでやめれ。)

今のこの時期、観光客も多い。

ホントに多い。

巨大なスーツケースを引いて、ラッシュの駅を集団でうろうろ。

改札のすぐ前の広いエリアで座り込む。

邪魔。

本当にジャマ。

なんだけど、彼らは特に悪くないと、自分に必死に言い聞かせます(笑)。

「・・・おもてなし、おもてなし・・・」

頼むから、東京のターミナル駅の朝のラッシュ時は避けてくれないかね?

祈るように、そう思う。

(o´_`o)ハァ・・・



いや、しかし。

来年はラグビーのワールドカップが日本に来る。

その次の年は、いよいよオリンピックです。

大丈夫なんだろうか。

交通インフラ的に、そして気候的に。

心配になります。







暑いのは

もちろん、妖怪アセミドロだけではない。

暑がり同志のひとりが、こんなメールをくれました。

「ああ、本当に夏眠できるものならしたい。涼しい洞穴とかで・・・」

なるほど、冬眠ならぬ夏眠。

わかりすぎる。

そこで、わたしの妄想は広がります。

ヾ(´▽`;)ゝ

いっそのこと、アメフトの好守のように、2チームの交代制にしたらどうだろう?

(´-`).。oO...

日本の労働者を夏眠組(暑いのキライ)と、冬眠組(寒いのキライ)に分ける。

5月から10月までは、夏眠組は涼しい洞穴かなんかで寝る。

活動しない。

その間は、冬眠組が働く。

11月から4月までは、その逆です。

冬眠組はぬくぬく眠りにつき、夏眠組ははたらく。

2交代制なので、朝のラッシュも人数が半分。

街の混みかたも半分。

うひゃ。

いいなあ。

・:*:・( ̄∀ ̄ )。・:*:・

※妄想ですからね。

※辻褄の合わない部分は、適当にスルーしてください。







●なんて

とてつもなくアホなことをほざいてますが、あのね。

これだけ暑いと、心配になるのは被災地です。

西日本各地の豪に見舞われたエリア。

ニュースを見るたびに、亡くなった人たちの数が増える。

NHKの現時点の発表で、

「175人死亡、62人安否不明」 だそうです。

本当にいたたまれない。

救助や捜索は、今も続いています。

そこの住民だけではない。

警察や消防、自衛隊のみなさんも大変でしょう。

避難しているひとたちも、後片づけの人たちも、この暑さはきついでしょう。

公民館や体育館って、たぶんエアコンないですよね。

好きなときにシャワーを使える・・・とも、思えない。

(冬よりましといわれてますが、暑がりのわたしなので、今この時期に被災するほうが恐ろしく感じます。)

本当に、熱中症がおそろしい。

浸水したり、倒壊したところの衛生問題も心配です。

ささやかに募金するぐらいしかできないけど、早くもとの生活が戻りますように。

というか、これ以上被害が広がりませんように。

二次被害に遭う人が増えませんように。







●では、

またね。。。


【12/07/2018 04:02】 雑談☆日々のあれこれ | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。