夏の甲子園

●ふう・・・

横浜高校。

とりあえず初戦を勝ちました。

わたしにとって、これ以上はない甲子園の大正義。

史上最強の高校だと、かなりの主観ですが思ってます。

勝って。

勝ち残ってほしい。



花巻東は、惜しくも敗れた。

大谷くんの母校ですね。

(ネットで)なぜかヒールだといわれてるけど、理由は知らん。

鹿児島実業が負けると、なぜかいつも地味に悲しい。

(思い入れの理由は、鹿児島出身の祖母が、いつも応援していたから。)

なんとなく好きな学校。

なんとなく応援したくなる学校。

あまりによく勝つので、いつの間にか校歌を覚えてしまった学校。

子供のころの記憶とあいまって、いろいろありますね。



高校野球

今年は100回大会だそうです。

今のわたしはもう、なんというか、高校野球はいい(笑)。

もういい。

もう十分。

一生懸命に見るステージを、とうに卒業した気分。

好きは好きなんですけど、しんどいからもう追いかけない。

ニュースでちらっと、結果を知ればいい。

(知らなくてもいい。)

ただ、がんばれ。

ただ、熱中症で倒れるひとなく、無事に済んでほしい。



夢のあった時代。

最高に熱かった時代。

というのは、やはり自分自身の青春時代とリンクしているようです。

あの頃がいちばん、って。

どうしても思ってしまうのね(笑)。

神奈川県民なので、どうしても横浜高校。

横浜商業(Y校と呼ばれてるのは、こっち)。

桐蔭学園。

そのあたりに思い入れがある。

だけど、甲子園で遭遇したスターたち。

強豪たち。

というとやはり、この2校しかなかろう。

PL学園。

池田高校。

いろいろね、取り沙汰されてるのは知ってる。

卒業生であるあのひと、このひとに、いろんな・・・まあ、芳しくない経歴があることも。

でも、さ。

清原くんが甲子園の主役で、それも歴代で最高の主役であった。

それを否定することはできまい。

(桑田くんも、ね。)

清原くんにかなう相手がいるとしたら、松坂大輔くらいじゃなかろうか。

荒木大輔はアイドルだったけど、実力的にはかなわないでしょう。

輝かしい甲子園のスター。

残念ながら、その後の重たい事実があって、彼はなかったことになってる。

それはもう、やむを得ないとは思う。

少なくとも西武にいたころまでは、球界屈指のスターだったんだけどね。

人気も、実力も。

本来なら・・・経歴に、傷がなければ。

レジェンド始球式で、最初か、最後に堂々と登場してたのは、彼だったはずだ。

そう思うと、本当にさびしいね。

犯罪は犯罪だし、別に大目に見ろとも思わない。

ただひたすら、自分の青春時代の思い出。

もっとも輝かしいアイコンが、そうやって、表舞台に出て来られない状態にあるという事実。

それがせつないです。

過去の栄光は事実なんですけどね。

ああ、池田高校。

蔦監督リスペクト。

本当に、素晴らしくおもしろい学校でした。

金満PLとは正反対の、県立高校のスターたち。

楽しかったなあ。



最後に>>

戦争がらみで、これ。

“101回目”の甲子園

これはまったく、知らなかった。







●では、

またね。。。



【10/08/2018 01:51】 スポーツ | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

07月 | 2018年08月 | 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。