正しいも間違ってるもない。どうでもいいよ。

●興味はない、

とかいいつつ。

所詮はみーはーなので、ちらっと動画を見てしまった。

((((ノ ̄▽ ̄;)ノ

何かというと、いにえすた。

あの、イニエスタ。

ポドルスキーとのコンビで、Jリーグ移籍後の初ゴール。

おお。

すごい。

ワールドクラス。

こういうのがきっかけで、Jリーグがもっと話題になるといいね。

観客が増えて、もっと盛り上がるといい。

そういう中から、次のスターも生まれる・・・んじゃないかしら。







●おまけ

あ。

ついでにサッカー、というかサッカーにまつわる英語問題。

日本から誰かが、プレミアリーグのNewcastle Unitedに移籍したらしい。

北の古豪ですね。

日本では、おおむね 「ニューカッスル」 と表記されてます。

で、これが気になる・・・(笑)。

米語じゃなくて、英語

それもいわゆるBBC英語(標準語、的なイメージ)では、たしかに、

「castle」はカタカナでしいて書くと、キャッスルではなくて、カッスル。

つうか、やや カースル に近い感じです。

鼻に抜ける感じ(笑)。

だから、ニューカッスル、って日本語で書かれてるのだと思います。



だが、しかし。

実際にNewcastle(地名)に住む、そのエリアのひとたち。

地元の言葉では、なんというか、ニューキャッスル・・・なのである。

「にゅーかーする」とかいう、南の人間の変に気取ったアクセントはちゃうやろ。

それは取り澄ました、かっこつけたBBC英語風の読みかたやで。

・・・というのが、どうも、地元の見解のようです。

イングランド北部の(まあ田舎といえば田舎)の、中央=ロンドンのインテリ層への反発。

クイーンズ英語、BBC英語たらいう、お上品でかっこつけた特権階級様の言葉への拒否感。

地元民はそんなふうにしゃべってないぞ、おい。

とかね、そういう感情があるのだと思われます。

そんなわけで、わたしは 「ニューキャッスル」 派です(笑)。

地名だから、その地元での発音にならう、という感じ。

これがたとえばウィンザー城であるなら、ウィンザー 「カースル」 ですけどね。



ちなみに>>

クイーンズ英語、という表現自体がイマイチ(イギリスでは)人気がない。

正直にいいますが、ロイヤル・ファミリーのしゃべる英語は、あれはあれでちょいと特殊です。

あれをスタンダード、標準、つまり 「正しい」 英語だというのかおかしい。

あれはおハイソ特権階級、貴族階級の特殊な訛り。

ロンドンのスタンダードですらない。

・・・というのが現代の認識なの。

なので代用的に、BBC英語、という表現があります。

ありました。

BBCのアナウンサーは、きっちり言語的研修を経て、プロとしてのしゃべりを体得するからね。

それがイギリスの標準だ、という。

そういう時代も・・・ありました。

が、しかし。

現代では、それもとっくに揺らいでいます。



「正しい英語」 とはなんぞや。

あっちこっち地方で話されている方言は、それでは、間違った英語だとでも?

劣っているとでも?

・・・という批判が、当然ながら出てきます。

ひとつの国の中で使われている言語に、正しいも間違ってるも、あるか。

方言がダメで、標準語がよい、という価値観は偏見では?

と、そんな言語リベラリズム。

その結果、今ではBBCのアナウンサーでも、あまり方言を修正しません。

BBC名物キャスターのHuw Edwardsとか、Kirsty Warkとかは顕著な例ですね。

彼らのウェールズ訛り、スコットランド訛りは、彼らのトレードマークですらある。

看板キャスターが あえて 標準語にこだわらないのが、今のBBC。

いや、あれだ。

もはや標準語とは何なのか、わからないかもね。







●あれ

なんか脱線してしまった。

イギリスは小さな国です。

日本の国土の7割ぐらいしかないし、人口も半分くらい。

ホントに、その昔、七つの海を制したのか? とすら思う(笑)。

でも、言葉はめちゃくちゃ豊かです。

方言の多さ、その多種多様ぶりもすごい。

あんな狭い国なのにね。

日本も相当に豊かだと思いますが、イギリスのほうが上手かもしれない。

※日本が劣ってるという意味じゃないよ。



日本語歴史もまた、非常にユニーク。

これだけの広い国土で、言葉が 「あまり分かれなかった」 ミラクルがあります。

参考までに>>

日本語はなぜ「日本の共通語」なのか? ― 地形で解く日本史の謎

面白いですよね。







●では、

意味不明のまま、またね。。。



【11/08/2018 21:33】 社会・時事ニュース | Comments (0)
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

07月 | 2018年08月 | 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。